はじめに・ご挨拶

初めまして。

長野県の須坂市と言う小さな街で建設業を営んでいる、   Createの土方と申します。

当社ホームページ クリエイト

去年、台風によって土手の崩壊や冠水、家の崩壊によって飼われていたペットや野良が行き場を無くしてしまい、逃げたのか分かりませんが、泥の片付けをしようと被災地に戻ると僕の車から猫の鳴き声がするなと思って探してみたら、なんとエンジンルームに子猫がいるじゃありませんか…

体重は580gの小さな男の子で慌てて病院に連れて行きましたが異常はないそうで一安心!びしょびしょになりながらも一生懸命鳴いている姿を見ると保健所に渡すことも出来ずに一緒に暮らすことを決めました、その後も成犬のワンチャンが1匹に、成猫の猫ちゃん1匹が被災地で震えていたので保護いたしました…


下の写真は頭に怪我をしてしまい手当した時の写真です。

虐待なのか災害に巻き込まれたのか…

とりあえず手当しました、、、

2階建ての所有物件ではありますが、事務所や倉庫と使用しているため、事務所スペースには、近付けられず2階の住居部屋では先住犬1匹と先住猫1匹、保護猫2匹、保護犬1匹の5匹…

充分に育ててパートナーを探す快適なスペースがありません。

そこで庭の一部に増築工事を行い、

専用のハウスを作ってあげたい!

そう思い、今回クラウドファンディングに初挑戦させて頂く決意を決めました。

保護施設にあたり、同級生や仕事仲間、知人も協力してくれると言うことでスタッフに動物取扱責任者1名にスタッフ2人をボランティア価格でお願いしております。

飼育頭数はわんちゃんか猫ちゃんかによって頭数は定かにはなりませんが、5ルームを用意しますので、動物病院の診断、指示の元管理し、病気の猫等も引き受けていきますので感染症対策として別ルームも用意して動物の愛護及び管理に関する法律施行規則』や『動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目』に則って適切に運営していきます。

このプロジェクトで実現したいこと

私達の地域では未だに被災の傷跡が深く一緒に暮らす事が出来なくなってしまった子や迷い猫、家がなくなったペット、野良が多い事もあり、このプロジェクトで皆さんお力をお借りして、今いる子達やこれから保護していく子達がこれから先、良きパートナーに巡り会ったり、生きていく場所を作っていきたいです!

私たちの地域のご紹介

私が住む、ここ長野・須坂はぶどうやりんごがとても有名な所です!

自然も豊かで山を見ながら入る温泉街もありとてものどかです!

プロジェクトを立ち上げた背景


まだ、ここ須坂やその近辺では台風の傷跡がまだあります、それによって家を失ったペットや飼っていたくとも飼えなくなってしまった方、親と離れてしまった猫、多頭崩壊や飼育放棄等に殺処分されてしまう猫、道端に捨てられてしまう猫。

現状、数え切れない程います…

全ての子達を救える程、私には力がありません、ですが、住んでいる地域やその近隣なら救ってあげられる命があるのではないかと思いました。

今回偶然ながらも被災した事もあり、たくさんの子達が私の所へ来てくれました

ハウスが完成すれば、もっとたくさんの子達を保護したり、安心して暮らしパートナーと会える場所になると思います。

多くの人と触れ合い、出会い、人の優しくて温かい温もりを知っていって欲しいと思うので助けたいと言う方もハウスに入って頂けるようにしたいと思っております!

資金の使い道・実施スケジュール

目標額まで行くか分かりませんし、このコロナの状況化ですので日程通り行くか分かりませんが300万円集まりましたら

250万が増築費

30万円がHP作成費

20万がご飯代等になります。

10/10 着工 基礎工事

10/15から下地組み

10/25から木工事

11/5から外壁工事

11/13から内装工事、設備工事、電気工事

11/25から施設の機材等の設備導入

12月5日から看板工事、雑工事

12/10 OPEN予定

3820065

長野県須坂市相之島522

店舗名(仮)1にゃん

リターンのご紹介

A 長野産 シャインマスカット5000円分相当(1200g程度)

B 長野産シャインマスカット・ナガノパープル両方セット5000円分相当(シャインマスカット600g×2ナガノパープル600g)

A.Bのリターンは私が台風の震災時にボランティアや災害復興工事で出会わせて頂いた農家様達からです。

A.B.どれにもランダムに撮影させて頂いた保護した子達の写真裏にメッセージを添えて送らせて頂きます。

最後に

長くなりましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ほんの少しでも大丈夫です、皆さんのその少しが猫ちゃんやワンチャンの明日を、未来を救います。

どうか皆様宜しくお願い致します。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください