はじめに・ご挨拶

広島県東広島市豊栄町で水稲(お米の生産)をメインでやっております、平均年齢75歳のおじいちゃん農業法人です。平均75歳と言ってもまだまだ現役!80歳を超えるおじいちゃんもトラクターやコンバインに乗り作業しております。冒頭にも記載しましたが、とても不利な農業地域のため、金銭面でもとても苦しいです。いままでそれを見てきたからか、子供たちは皆都会に出て行ってしまいました。

しかし、我々農家がいなくなれば、日本のお米はどうなる!里山風景はどうなる!クマや猪、鹿が街に出てくる!そんな思いで農業を続けております。いつかはやっててよかった、ありがとうという時代が来ることを願っております。

また、現在はお米が中心ですが、お米以外の農産物の生産も増やしております。その理由としては、お米は補助金ありきの作物です。しかし、昨今補助金もだんだん減り、金銭面で難しくなってきております。少しでも利益が出る農産物をと思い、りんごやぶどう、サフラン等も作っております。


商品・お店が作られた背景

効率を求めて安いお米の生産は、中山間地では不可能です。こだわって付加価値の高いお米の生産をおこなっております。そこで我々が生産しているのが古代米(黒米、赤米、緑米)です。ネット等で検索していただきますとわかると思いますが、栄養価が高く、しかも高い単価で取引されております。この黒米をレストランやホテルに出荷しておりましたが、コロナの影響で出荷量が激減。大量に余っております。皆様のお力を借りて、この黒米を整理したいです。もう8月、次のお米が収穫されます。おコメ保管の冷蔵庫を空にしなければ、新しいお米の保存ができません。よろしくお願いします。


私たちの商品・お店のこだわり

中山間地で気温差が大きいため、おいしいお米になっております。(個人の感覚になります)

また、分水嶺で北は日本海、南は瀬戸内海に流れ込むため、水がおいしくきれいな地帯で生産しております。


リターンのご紹介

広島県東広島市豊栄町で生産した黒米をリターン商品とさせて頂きます。


プロジェクトで実現したいこと

コロナで在庫が多い黒米をなくしたいです。


資金の使い道・スケジュール

お米以外の事業として、観光りんご園を昨年事業継承しました。

 名称:小石川観光りんご園

 場所:広島県東広島市豊栄町清武1373-1

 アクセス:山陽自動車道西条インターより北へ約30分

2代にわたりりんご園を営んでこられましたが、御病気でお亡くなりになりました。

我々の地域から観光資源が無くなっては、人口流失、地域衰退に拍車がかかるため、何とかならないかと検討しておりました。事業継承者を探しましたが結局見つからず、ならば我々が・・・・・と思い昨年継承しました。昨年は手探り状態で営業しましたが、大幅な赤字。

今年は、体制他を整え沢山のりんごが実りました。この事業をさらに柱にするために、施設の整備を行いたいと考えております。

スケジュール

2020年9月       プロジェクト終了

2020年9月       リターン発送(米)

2020年10月下旬を予定 リターン発送(りんご)

2020年10月      りんご園施設の機材購入



最後に

今年のりんご園の開園は、9月5日(土)です。はじめは直売所だけでの販売ですが、りんご狩りは、9月26日(土)から楽しんでいただける予定にしております。

じゃらんからもりんご狩りの予約を行っております。広島県東広島市豊栄町の『小石川観光りんご園』で検索してください。

※掲載の写真は掲載中の写真は、弊社で掲載権利を持っております。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください