【10/13追記】
プロジェクト開始から3日も経たないうちに目標額の60万円を突破いたしました!
ご支援してくださった皆様、本当にありがとうございます!

プロジェクトは来月まで続くため、ここから増えていく金額は全てアルバムのクオリティアップの為に使用させていただきます!
また、ストレッチゴールの設定につきましても近いうちにお知らせする予定です。
支援して良かったな、と思っていただけるよう精一杯制作に取り組んで参りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします…!

-   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -  


皆様こんにちは!作曲家・ピアニストのしょご/ShogoNomuraと申します。
初めましての方もいると思いますので、まずは簡単な自己紹介からさせていただきたいと思います。

現在某芸術大学でクラシックや現代音楽を研究する傍、フリーの作曲家として音楽ゲームへの楽曲提供や、(非公開案件ですが)アニメ音楽に関係するお仕事をしています。また個人の活動として、自作曲の公開及びピアノ演奏動画の投稿といった活動も積極的に行っています。

今年「太鼓の達人」様に提供した楽曲です。


今夏はいわゆる「バズり」に恵まれ、多くの方に音楽を聴いていただくことができました。


こういったサントラのような曲も!



このように商業同人関係なく活動してまいりましたが、来年春の大学卒業を機に
現名義での活動を終了」することになりました。(https://twitter.com/shogopiya116/status/1292846473508343810?s=20

自分が将来やりたいこと・進みたい道などを考えた上での決断で後悔はしていません。
……がしかし、最後にどうしても実現させたいことがあるのです。

それは「今までの活動の集大成となるようなCDを最後に作りたい!」ということです。

今まで(公開停止したものも含め)2枚のオリジナルアルバムをリリースしてきましたが、予算やスケジュールの都合上、ダウンロード販売しかできませんでした。

今回はおそらく最後のアルバムになるので、一切妥協することなく、できうる限り最高の形でアルバムを制作したいと思っています。

そのためには多額の制作費が必要になってくる訳ですが、恥ずかしながら学生の私では全てを賄うのが難しい状況です。厚かましいのは重々承知ですが、今回は皆さまにご支援願いたく、当プロジェクトを立ち上げさせていただいた次第です。



・CDプレス代金

・楽曲制作費

・ジャケット等のデザイン料

・リターン制作費・郵送料

・クロスフェード等、動画制作料

・Campfire手数料(支援総額の17%)

以上を見積もった結果、今回はゴールを60万円に設定させていただきました。



【①完成版CD(ラストアルバム)】

今回のプロジェクトで制作するCDです。
こちらは基本のリターンとして、全てのコースに適用されます。(CD完成後順次発送いたします。)


【②限定ポストカード】

ラストアルバムをモチーフにしたポストカードです。
パトロン様限定で、全てのコースに適用されます。


【③限定ピアノアルバム】

こちらは非売品ということで、パトロン様だけの「限定音源」になります。
アルバム未収録曲や新曲を集めた、ピアノ曲オンリーのミニアルバムになる予定です。


【④限定ピアノ楽譜】

今まで発表してきた楽曲の中から1曲を厳選し、完全新規アレンジとして楽譜化をいたします。
こちらもパトロン様限定の配布となります。


【⑤CDクレジット】

完成版CDのクレジットに、感謝の意を込めてお名前を記載いたします。

※CDクレジットのコースをお申し込みされる方は、必ず備考欄に「ご希望のお名前(本名でも仮名でも構いません)」の記入をお願いします。(備考欄が空欄の場合や、希望名をこちらが不適切(公序良俗に反するものを含む)と判断した場合は、CAMPFIREのアカウント名で記載させていただきます。)


【⑥シークレットトラック】

当コース限定にシークレットトラック」をご用意いたします(2~3曲を予定)。
今回のプロジェクトのために制作する音源のため、当コースのパトロン様限定楽曲となります。




最後までご覧いただきありがとうございます!
皆さまからのご支援を頂くからには一切の妥協をせず、最高の作品になるよう全力を尽くすつもりです。

なお、Twitterの方でもお知らせしましたが、ご支援額が目標額に届かなかった場合には潔く当プロジェクトの中止とさせていただく所存です(そのため、今回のプロジェクトは<All-or-Nothing方式>で実施します。)

おそらくこのラストアルバム制作が現名義での最後の活動になります。
今回初めて私を見つけてくださった方々、そして今まで私を応援してくださった方々に向け、最後にCDという形で感謝の気持ちをお届けしたいと思っています。

どうか、何卒よろしくお願いいたします!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください