はじめに

ープロジェクトの概要
UYAJ(在日ウズベキスタン青年協会)は草の根で日本とウズベキスタンの関係をより深くする活動をしております。この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた日本への入国禁止措置やウズベキスタンにおける外出制限等で日本語教育の機会を喪失してしまった方々に対してプロによる日本語のオンライン授業を当面の間無料で提供します。

解決したい社会課題

ウズベキスタンでは日本人の勤勉さや高い技術力を学ぼうと、多くの人々が日本語を学んできました。
ウズベキスタンは 、歴史を遡れば第二次世界大戦後に旧ソ連邦によって抑留された日本人の勤勉さを目の当たりにした人たちも多く、日本の存在感が強い国です。また、ウズベキスタン国内の相当数の大学に日本語学科があり日本語学習意欲も高く、日本語コンテスト等では多くの上位者を排出するなど、日本から遠く離れた地であっても日本語を学ぼうという熱い意欲を持った学生が多くいます。さらに、日本にとってもその外交的な重要性からJICAやJETROのオフィス、日本センター等が設置されるなど、近年両国の関係は益々密接になって来ました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、ウズベキスタン政府は国民に外出禁止という厳しい措置を取らざるを得なくなり、図書館や日本語学校に行きたくても行けなくなってしまいました。また、日本政府は入国拒否を実施しており、ウズベキスタンに在住している学生は日本に来ることができず、日本語を学ぶ機会を喪失してしまいました

また、ウズベキスタンの平均月収は月約3万円である一方、日本のオンライン講座などの年間授業料は60万円以上とおよそ平均月収の20ヵ月分と高額のため、日本語の授業は気軽に受けられるようなものではありません。

日本の言語・文化・技術に興味を持っていても、日本語を学ぶという最初の段階に高い壁がそびえたっているというのが現状です。

そこでUYAJは、ウズベキスタンでの日本語学習の灯を消さないために、当面の間日本語学習を望む人たちに対して無料のオンライン授業を提供することにしました。

ウズベキスタンで日本語学習を望む人たちを募ったところ、予想をはるかに上回る300名以上の応募があり、選考の末188名の学習者が受講する事になりましたが、UYAJメンバーだけでは回しきれないため、急遽日本語の先生を雇う事に致しました。

プロによる日本語の授業を提供するために日本語の先生方への月謝を捻出するためのご支援を皆様より頂きたいと思い、クラウドファンディングに挑戦する事にしました。

このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトを通じて日本語学習者188名に対して3か月間、JLPT(日本語能力試験)の区分を目安に学習者の能力に合ったプロによる日本語講座を提供して、各学習者の日本語運用能力を高め、学習者が躓きやすい部分を重点的にカバーします。

オンライン授業の様子(初級)

プロジェクト対象者:188名(学習者の日本語レベルは下記グラフ参照)

授業内容及び各クラスの受講者数は以下の通りです。

・初級1組
 受講者数:35人
 目標:N5 合格
・初級2組
 受講者数:35人
 目標:N5 合格

・N4レベル1組
 受講者数:44人
 目標:N4 合格
・N4レベル2組
 受講者数:44人
 目標:N4 合格

・N2レベル
 受講者数:30人
 目標: N2 合格


資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道

人件費:37.5万円(日本語教師の方への謝礼)

事業費:約10.2万円(リターン及びリターン発送料)

手数料:約12.3万円(14%+税)

UYAJは専従職員を持たず、全員が本業を持ちながら平日夜や週末を使って活動しています。このため人件費が発生しません。また、オンライン授業にかかる資機材やソフトウェアはUYAJが負担します。万が一、ご支援金が余剰した場合や、ご支援金が目標を上回った場合は、本事業の実費に充てさせていただきます。

実施スケジュール

■プロジェクト期間

2020年9月~2020年11月末

2020年08月28日:クラス分け・新規学習者に対するオリエンテーション

2020年09月01日:授業開始

2020年11月28日:9月期修了式

2020年12月上旬:リターン順次発送開始

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

高額のご支援を下さった方には、返礼品としてウズベキスタンの伝統工芸品をお送りいたします。

1,000円:お礼のメール

3,000円:お礼のメール+ウズベキスタン観光庁特製ボールペン(数量160個限定)

5000円:お礼のメール+カシュタ(刺繍)入りのお財布

5000円:お礼のメール+クロク縫いのお財布 

10,000円:お礼のメール+ウズベキスタンの伝統的な刺繍入りのお財布

12,000円:お礼のメール+ウズベキスタンの伝統的な刺繍入りポーチ

15,000円:お礼のメール+ウズベキスタンの伝統的な染め物手提げカバン

*財布・ポーチ、カバンなどは手作りのため写真の通りの模様ではありません。


UYAJ(在日ウズベキスタン青年協会)に関して


UYAJは、日本に住むウズベキスタン人の互助会として設立され、日本語が不自由なウズベキスタン出身者への生活支援、就職活動支援、ウズベキスタンの現地情報の提供、日本人学生向けにフィールドワークの開催、日本の小中学校におけるウズベキスタンの広報活動など、日本とウズベキスタンの関係を草の根で盛り上げていく活動を実施してきました。

ウズベキスタン共和国大使館(港区)での集合写真

ウズベキスタン青年組合年次会合の様子

その活動が認められ、2018年には本国ウズベキスタン青年組合の公認を受け、在日ウズベキスタン大使館等の協力のもと「在日ウズベキスタン青年協会」が法人格を取得しました。

ウズベキスタン出身の学生への就職活動支援の様子


2019年には中央アジア出身で、日本の大学や専門学校で勉学に励んでいる学生を対象に「中央アジアジョブフェア」を開催し、オンライン/オフライン両方で就職活動支援を行いました。

さらに、同年には独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の国内留学生会ネットワーク促進事業における協力団体として認定を受け、ウズベキスタン出身の学生への支援を強化してまいりました。

ウズベキスタン出身の留学生への日本語教育支援事業の様子

今後もウズベキスタンと日本の架け橋となるべく引き続き活動を続けてまいります。今年度は日本在住のウズベキスタン出身者だけでなく、日本在住者または日本に留学予定だったウズベキスタン人に対する支援も拡充していく予定です。

本ページに掲載している写真の権利は在日ウズベキスタン青年協会(UYAJ)が有します。

  • 2020/10/26 07:00

    岡田眞紀TOKU株式会社 代表取締役ネイルサロンマキ オーナーネイリスト日本ネイリスト協会 認定講師(Official Educator)オンラインで日本語を勉強されているウズベキスタンの学生さんたちを応援します。わたしが初めてウズベキスタンを訪問したのは2014年の春でした。大...

  • 2020/10/21 06:30

    岡田光太郎さん一般財政法人国際情報化協力センター(富士通から出向中)Planning&Coordination Division General Managerメッセージ日本に興味を持ってくれ、日本語を学んでくださっている若いウズベキスタンのみなさんを応援します。みなさん一人一人が...

  • 2020/10/20 05:00

    皆さん、こんにちはジャリロブ アクバルと申します。現在、名古屋経済大学大学院の博士課程において、日本の会計や経理分野を学んでいます。将来は日本の税理士や公認会計士の資格を取得し、母国ウズベキスタンと日本を繋ぐために必要とされる人材になりたいと考えています。2020年の1月から世界中に広げ始めた...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください