日本一のフライドポテトをつくるべく、じゃがいも生産日本一の北海道に二人で訪問し、道内だけで50種類以上あるといわれているじゃがいもの中からハンバーガーに負けない主役級のフライドポテトをつくります。北海道に行って農家の方と直接契約をして仕入れコストの削減を行い安価なハンバーガーセットの提供を致します。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、カフェ&バ―レンタル大井町店長の佐久間 卓(サクマ スグル)@ramenpapiです。
私は20代前半から飲食店で働き飲食業で約10年の経験を積んできました。

現在はカフェ&バ―レンタル大井町の新規ハンバーガー事業の立ち上げに携わらせて頂いております。

米国ロスアンゼルスに旅行に行った際に出会ったオーナーと賑やかなスタッフ達とハンバーガー事業の立ち上げの準備をしております。
新たな時代と人にマッチしたハンバーガー事業を考え目指し奔走中です。

▼このプロジェクトで実現したいこと

"生産者の顔が見えるフライドポテト”

じゃがいも生産日本一を誇る北海道に実際にオーナーと二人で足を運び、
道内だけで約50種類あると言われる品種の中から
日本一に相応しいじゃがいもをみつけ
農家の方と直接契約を行い、味はもちろんのこと安心と信頼の生産者の顔が見えるフライドポテトを提供してみなさんをワクワクさせたい。
そんな思いから今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

ハンバーガー大国、米国ロスアンゼルスで食べたハンバーガーとフライドポテトが忘れられない。。。

ロスアンゼルスで出会ったオーナーと私が品川区大井町にオープンしたカフェバーで国産の素材にこだわったハンバーガー事業を立ち上げ、後々は移動販売やケータリングサービス等も行って東京を盛り上げていこうと考えました。

ハンバーガーの相方といえばフライドポテト。
ハンバーガーだけでなく、フライドポテトも本気でこだわりたい。

ハンバーガーとポテトで二度美味しい。
そんなハンバーガー事業を立ち上げたい。

▼私たちの考えるファーストフードとは?

昨今の国内の流行のハンバーガー店は店舗の立地であったり、素材のこだわりから単価が2000円近くする所謂プレミアムバーガーの販売をされているお店がほとんどではないでしょうか。

私たちの考えるハンバーガー事業の方向性は、出来たてを安価で美味しく気軽にテイクアウトできるハンバーガーセットを提供すること。

生産農家と直接契約する事によりじゃがいもの仕入れコストを下げて、ハンバーガーとフライドポテト、ドリンクのセットで価格を1000円以下に抑えてハンバーガーの素材にも国産にこだわりパティは和牛を100%使用
フライドポテトはオーダーを受けてからフライヤーで揚げ、アツアツの状態で提供
公園やご自宅、職場で食べれるハンバーガーセットの販売を予定しております。

パトロンの皆様ご支援ご協力をお願い致します。

▼資金の使い道

オーナーと私の2人分
北海道までの飛行機代 4万円(格安LCCを使用)
現地でのレンタカー代、ガソリン代 2万円
現地での宿代 2万円
じゃがいもの買い付け費用 7万円
合計15万円
の以上となります。

▼リターンについて

※和牛ハンバーガーセットに関しましては店舗にお越し頂く必要が御座います。

3000円 
和牛ハンバーガーセット2セット

3000円 
今回のプロジェクトで契約をしたじゃがいも1キロをご自宅にお届け

5000円 
じゃがいも3キロをご自宅にお届け

10000円 
じゃがいも10キロをご自宅にお届け

30000円 
じゃがいも10キロをご自宅にお届けと和牛ハンバーガーセット5セット

▼最後に

今後はハンバーガー事業を中心に色々なイベントへの出店やケータリングサービスも計画しております。

和牛を使ったハンバーガーを通して日本国内だけでなく海外の方達との交流も深めていければと願っております。

パトロンの皆様ご支援ご協力をお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください