【ネクストゴールにチャレンジします】
【プロジェクト終了まで残り8日で170万円の目標達成しました!】

皆様、本当にありがとうございます!!!!!
プロジェクト終了まで残り8日ということろで、第1の目標である170万円を達成いたしました!!

プロジェクトはまだ残り僅か8日間あります。
170万円では足りなかった【一般社団法人の申請費用】と【自己資金のみで行う予定だった焙煎工房の整備充実費用】を集めるため、ネクストゴール200万円を設定させていただきます。

▷一般社団法人の申請 ⇒ 法人としての信用が高まり運営が潤滑になる 《約12万円》
▷焙煎工房の整備充実 ⇒ バリアフリーの充実、様々な珈琲器具をお客様が試せるように 《集まった費用で可能な限り》

この2つのことを実現するため、200万円のネクストゴールを設定することにします。

最後の最後まで、障害者の未来を変えるために、社会を変えるためにどうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


初めまして。what's!? coffeeの代表を務めている柴田恭兵と申します。
僕は聴覚障害を持つバリスタとして活動しており、what's!? coffeeは当事者である聴覚障害を中心とした障害を持つ方の夢を、コーヒーを軸にサポートするという目的で始めました。

{柴田恭兵プロフィール}

代表的な取り組みとしては、
「障害者バリスタを企業の社内専属バリスタへ」{詳細} プロジェクトの研修講師

「デフサッカー・フットサル日本代表、愛知県代表とコーヒーでコラボ」{詳細}

キッチンカー出店、講演会やコーヒーセミナーも全国各地から呼んで頂き活動してきました。

前回のクラウドファンディング 

ですが、非常に苦戦を強いられたものが「新型コロナウイルス」でした。
様々な面で売上に影響が出たことは言うまでもありません。

what's!? coffeeがこれから進むべき道は、新型コロナウイルスの出現により大きく軌道修正する必要があると感じ、今回は新しい珈琲専門ブランドの立ち上げを決意しました。


新型コロナウイルスの影響が出ている業界は多岐に渡りますが、その中でも臨機応変に対応することが難しいものがあります。

それは、就労継続支援事業所です。

今回提携する就労継続支援事業所
"一般社団法人あすなろ" 様
就労継続支援事業所とは、障害を持つ方が仕事をする場です。

現在、新型コロナウイルスにより大きく変化が起こっているのが、自動車業界です。
生産ラインの減少や自動運転開発による自動車業界の方向転換が始まっています。

愛知県岡崎市は就労継続支援事業所に対して自動車部品の製造の仕事を依頼するケースが多く見られ、その依頼自体が減っています。

自動車業界からの仕事が減少している現状に対して、what's!? coffeeで少しでも仕事を作れないか...そう考えた末に出た答えが、

就労継続支援事業所との連携を前提とした、
珈琲豆専門のブランドを新しく一から立ち上げよう!


what's!? coffeeの進む道と一致した瞬間です。

◆珍しい珈琲豆と珈琲にまつわるオリジナル雑貨

コンセプトは

「自分らしく生きる君に」

頑張らない生き方を選ぶことも、自分らしく生きるという意味で正解なはず。
君にあって僕にないもの。それぞれの良さを大切にできるように。

そして僕ら障害者も含めて誰もが自分らしく生きることができる未来を。

そんな願いを込めて、ブランド名は

「君と僕と珈琲と」インスタグラム

珈琲は苦味と酸味あえて抑え、甘味を一番に引き出す珈琲です。

豊かに感じられる甘味の強調こそが、今まで珈琲を苦手だった方にもおすすめの飲みやすい味わいになります。

僕はイタリアでの珈琲修行経験もあり、ヨーロッパ認定バリスタ資格も取得しております。カフェやコーヒースタンドの店長も務め、珈琲農園の現地視察も行って来ました。

その経験や人脈を元に、世界各地の珍しい高品質な珈琲豆を仕入れ、丁寧に焙煎を行います。

美味しい珈琲豆を作るためには、人の手により1粒ずつ豆を選別する必要があり、その作業や梱包の作業を就労継続支援事業所の方達と共に作業します。

提携先の就労継続支援事業所は、第一段階として岡崎市の「一般社団法人あすなろ」様が決まっております。※どれだけの量の仕事依頼を就労継続支援事業所にできるか現段階では見えない為、ひとまずは1件のみで確定しております。

更に、美味しく飲める期限が過ぎた珈琲豆や抽出後のコーヒーカスを回収し、それをまた就労継続支援事業所の方と共に作業し、珈琲キャンドルや珈琲石鹸、珈琲グラノーラなど珈琲にまつわる雑貨へ生まれ変えます。

珈琲を無駄にすることなく最後まで、みんなで一緒にこだわりを持って作り上げていきます。

◆リターンのご紹介

・手染め珈琲色エコバッグ
※1つずつ手作業で染めていく為、
色合いはそれぞれ異なります

・手作り珈琲キャンドル
※写真のキャンドルはイメージです。
デザイン等これから活動報告にて
お知らせしていきます。

・「君と僕と珈琲と」自家焙煎コーヒーバッグ

紅茶に使われるティーバッグに珈琲を詰め込むことで、誰でも手軽に美味しい珈琲をお飲みいただけます。ティーバッグに珈琲を詰める作業は、就労継続支援事業所の方とともに1つずつ詰めていきます。

パッケージデザインやロゴなどは全てwhat's!? coffeeの代表である私、柴田が担当しております。自分用としても贈り物としてもお使い頂ける、シンプルでメッセージ性のあるデザインをイメージしました。



・「君と僕と珈琲と」自家焙煎珈琲豆

生豆の仕入れは商社を通してだけでなく、個人輸入している方からの仕入れや現地視察を行ったドミニカ共和国の農園との直接取引など、様々な場所から仕入れていきます。

エチオピアやグアテマラなどはもちろん、ミャンマー、ラオス、中国、台湾など珍しい国の農園の珈琲豆も積極的に取り扱いを行っていきます。


◆プロジェクトで実現したいこと

what's!? coffeeの代表である私も聴覚障害があり、聴力は両耳平均87db程度。
障害者手帳は4級を持っています。聴覚障害を持つバリスタとして約2年間活動を行ってきて、称賛されることもあれば批判を受けることもありました。

障害は社会が作り出す

という言葉が有名です。聞こえない耳を持って生まれた瞬間から自動的に障害者という言葉の枠組みで生きることが決まってしまう。

少しずつ増えてきましたが、まだまだ珈琲と障害というジャンルは珍しい組み合わせです。

what's!? coffeeとして過去に、同じ聴覚障害者に対してだけでなく、他の障害や車椅子、障害を持つ児童に対してもご依頼いただき珈琲教室を行ってきました。障害者とそうでない方が自然と混ざり合って珈琲を楽しむ空間がそこには確かにありました。

その時、僕は珈琲に新しい可能性を感じました。多くの人が日常で手にする珈琲は、僅か一滴かもしれませんが社会を変える力があるのかもしれないと。

僕の夢の一つに、琲農園〜カップ1杯に至るまで全ての工程において障害者が関わっているブランドを作ることがあります。

それは現代社会に対する挑戦的側面もありますが、何より珈琲に触れる日常の1コマが、当たり前のように障害者も一緒になって作られた珈琲であること。自然と手に取られるような珈琲に大きな意味があること。

それは、社会にある障害という言葉の壁を優しく包み込み無くしてくれる一つの手段となるかもしれないからです。


◆資金の使い道・スケジュール

今回のプロジェクトで集まった支援金は「君と僕と珈琲と」を立ち上げるために必要な珈琲の焙煎機、(約120万円)を購入するために使わせていただきます。

残りの支援金は作業所の整備とGoodMorning掲載手数料となります。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも可能な範囲の焙煎機を購入し、プロジェクトを実行、必ずリターンをお届けいたします。



仮に、皆様のおかげで目標金額を上回ることができましたら、現状よりも焙煎機のランクをあげる、もしくは作業所の整備を充実化するなどに使わせて頂きます。焙煎機のランクが上がるということは一度に焙煎できる量が多くなることにも繋がりますので、より多くの方に珈琲をお届けできることになります。

◆最後に

このプロジェクトは、目標金額が達成でも未達成でも必ず動いていきます。
そして、就労継続支援事業所に対して少しでも多く仕事を依頼することができるよう、店舗やオフィスへの卸先を半年で契約数

50件を目指します。

通常の方法での卸にこだわるのではなく、サブスクリプションの導入やコーヒーマシンの無償貸し出し、ドリップパックでの卸など店舗様が導入しやすい最低限の価格帯での卸も行い、1人でも多くのお客様の目に触れる機会を増やします。

卸先もカフェ等飲食に限らず、美容院やフィットネスジム、接骨院や美容系施設など様々なお客様に飲み物を提供する機会がある場所にもお願いしていきたいと考えております。

更に、企業や医院などに対しても福利厚生としての珈琲サービスも導入も目指し、美味しい珈琲×社会貢献性という2つのメリットで選んでいただけるブランドを必ず作り上げていくことをお約束します。

もちろん店頭での珈琲豆販売、オンラインショップでの販売も行っていきます。個人向け珈琲豆配送サービスや定額珈琲豆販売など、こちらも柔軟な販売スタイルを導入していきます。

このプロジェクトは福祉×珈琲への取り組みにより新しい世界を切り開く挑戦です。
今回の挑戦を自分1人で頑張るのではなく、同じように障害を持つ方と、そしてご支援頂いた皆様と一丸となって挑戦することに意味があると僕は思っています。

珈琲豆をただ購入するということ以上の、参加者、仲間、輪となって進むことが障害者とそうでない方の垣根を無くす手段の一つであり、傍観者には得られない新しい未来への切符として、君と僕と珈琲との仲間になって欲しいです。

皆様のご支援を心よりお待ちしております。よろしくお願い致します。

what's!? coffee
代表:柴田恭兵
住所:愛知県岡崎市明大寺町出口12−10
珈琲事業の運営、キッチンカー、間借り店舗営業、出張珈琲サービスなど
過去実績:2019年5月クラウドファンディング達成、「障害者バリスタ育成プロジェクト」の研修講師、講演会の開催、ドミニカ共和国コーヒー農園との直接取引(現地訪問) 等

  • 2020/10/30 19:14

    おおよそ1ヶ月間毎日続いたこの活動報告も、これで最後になります。全部読んでる人なんてそうそういないと思いますが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。さて、結果としては目標の170万円は達成し210万円を超える勢いで終えることができそうです。ここまでくることができたのは、ご支援...

  • 2020/10/29 19:35

    初日のまだ始まって数時間だった時、写真のような感じで始まってました。1週間で達成率40%までいけたのは本当に嬉しくて、クラウドファンディングの成功率のデータ上は80%以上の支援スピードでした。蓋をあけてみたら、いまは達成率122%。本当に嬉しいです。この活動報告も明日で最後になります。(もっと...

  • 2020/10/28 18:16

    と言うことで、オカビズの秋元さんが日本テレビのニュースで取り上げてくださいました。本当にありがとうございます。来月には別のテレビからの取材もある予定です。地元系です。なんだかんだとすごい広まっていく中で、結果を出さないとなあとずっと計画を練っています。ひとまず珈琲豆の売り上げを月50万円ぐらい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください