はじめに・ご挨拶

はじめまして。

このページをご覧いただきありがとうございます。

今年はじめに猫を家族に迎え入れました。

昨年末に生まれたばかりのエキゾチックショートヘアのチッくんです。

コロナ禍の最中我が家も色々ありましたが、言葉で表せないほどのかわいさにみんな笑顔になりました。

小柄なのにわんぱくでとても元気、先住猫のことが大好きで毎日一緒に走り回っていましたが

梅雨の頃、少し食欲が減ったかなと気にしていたらほんの数週間でほとんど食べなくなり、全く遊ばなくなりました。

たった2.4kgの体重が3日で200gも減っておかしいと思い病院へ行きました。

耳を疑う診断でした。FIPという助かる見込みがほとんど無い難病の可能性が高いとのこと。

猫を飼い始める前に少しネットで読んだ程度で、その発症する確率の低さから自分には無縁だと思い込んでいました。

病院から泣きながら帰りました。

帰ってすぐ、病院の先生が不確実な情報だけどと前置きした上で教えてくれた、未承認の新薬について調べて処方してくれる病院の情報まで何とかたどり着きました。
少し遠かったのですが幸いその日のうちに駆け込むことが出来ました。やはりFIPと診断されて早期に治療を開始することができました。


このプロジェクトで実現したいこと

チッくんのFIP治療継続のご支援をお願いします。

初めは、高額だけど一括払いでは無いのでとりあえず投薬し始めてみようという気持ちでした。

他に打つ手が無かったからです。

弱って死んでいく姿を見ているだけはどうしても出来ませんでした。

迎え入れた人間にとっては一人の家族でした。

うちの猫の場合、効果が出ていると感じるので治療を継続したいです。

(※新薬「MUTIAN」は日本において動物医薬品として承認されていません。チッくんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでチッくんにとって投与が必要と考えていますが、全てのFIPの猫に「MUTIAN」が有効であるという趣旨ではありません。)


プロジェクトをやろうと思った理由

現在は目に見えて効果が出ており食欲も元気もだんだんと発症前に戻りつつあるように感じております。

継続するための薬代が一ヶ月20万円ほどかかっています。

以下のように、家計を圧迫する額となってしまいました。

7月2週 ¥109,350、7月4週 ¥89,200、8月1週 ¥88,020、8月3週 ¥89,010、9月1週 ¥102,350

現在の合計 ¥477,930

残り数回の診察で、最後までかかる薬代を含めると 合計約60万円以上となる予定です。

目標金額については、上記に診察料とCAMPFIREの手数料(17%)などを含めて【77万円】とさせていただきました。

投薬終了後に再発するかもしれません。でも規定の投薬終了日までとにかくチッくんの回復力を手伝ってあげたい。そう思っています。


リターン

頂いた金額に応じて準備いたします。

また、「活動報告」にてご支援いただいた方限定にその後の経緯や資金の使い道などを公開いたします。


資金の使い道

ご支援頂いた貴重なお金は、全てチッくんのFIP治療代金のみに使用します。


実施スケジュール

7月から投薬を開始しています。一旦10月に終了予定で、その後経過観察となります。

7月14日 投薬開始
7月26日 再診
8月9日 再診
8月23日 再診
9月5日 再診
9月19日 再診
10月6日 投薬終了予定
10月7日頃 再診・検査予定 問題なければ投薬終了・経過観察開始
10年29月 クラウドファンディング終了
11月上旬 リターン発送


最後に

ほぼ生まれて間もなくうちにやってきて、毎日本当に可愛がりました。

コロナ禍ではありましたが、チックンのかわいさとお茶目なキャラクターのおかげで我が家は温かさと幸せな気持ちでいれました。

これからもずっと楽しい人生を一緒に送ろうと思った矢先、

まだ生後半年足らずでこんなことになってしまい、何がいけなかったのか、

色々なことがもしかしたらストレスになっていたのではないかと悔やみ後悔しました。

それでも薬を頑張って飲み続けて、小さな体で一生懸命頑張ってくれているチッくんに

なんとか奇跡を起こしたい気持ちでいっぱいです。


しかし自分1人の力だけでは厳しく、大変恐縮ではありますが、皆さまのお力をお貸しいただければと思っております。


〈All-in方式〉本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください