はじめに・ご挨拶

初めまして、oniwaです。

oniwaとは、東京都内で活動する劇団「TEAM空想笑年」に所属する俳優・衣装担当の中島玲奈と

音響担当のMana-Tが新たに立ち上げたユニットです。

2020年、新型コロナウィルスの感染拡大によりTEAM空想笑年の本公演が中止となり、

年内の活動を休憩することになってしまいました。

しかし私たちは表現者です。

どうにかしてお客様の前に立ちたい。

私たちの表現で、こんな時期だからこそ楽しんでもらえる企画をお届けしたい。

そういった思いから二人で「SLEEPASLEEP」というタイトルで公演を打つことにいたしました。


このプロジェクトで実現したいこと

これはきっと、誰かの夢。

oniwa asobi day1「SLEEPASLEEP」

「SLEEPASLEEP」では、夢の中の世界を舞台に飛沫リスクを最大限に回避した3本の無言劇を上演します。

役者は言葉を発しません。

もしかしたら役者が登場しない時間もあるかもしれません。

この作品をできる限り細部までこだわって、できる限りたくさんの方に、

できる限り気楽にお越しいただける価格で提供したいと考えています。

照明は優しさの中にほんのり毒々しさを併せ持つような世界観を表現していただきたく、

繊細な明かり作りに全面的な信頼を置いているFictiFさんをお招きします。


プロジェクトをやろうと思った理由

「SLEEPASLEEP」はこのコロナ禍だからこそ形にしようと思った企画です。

舞台の脇役と思われがちなスタッフたちも表現がしたくてうずうずしています。

舞台があり、客席があり、俳優が纏う衣装や舞台を照らす明かりや劇場内に漂う音を生で楽しんでいただきたい。

配信公演では味わえない<劇場という空間そのもの>を提供するという、ある意味贅沢な企画を

舞台公演が少なくなっているこの時期だからこそやってみようと考えました。


これまでの活動

私たちが所属しているTEAM空想笑年ではこれまで8回の本公演と

お客様の目の前で脚本の読み合わせから稽古、音響照明作り、本番を1日で行うイベント

「りあるたいむ!」を10回にわたり開催してきました。

また、中島玲奈は俳優・衣装の、Mana-Tは音響の技術を外部団体で活かして活動しています。


資金の使い道

いただいた支援金は主に衣装・舞台美術のグレードアップと、

劇場に足を運んだという何よりの記念になるようなこだわりのオリジナルグッズの製作に使います。

チケット収入だけでは理想通りの作品を作り上げることが難しいと思い、皆様にお力をお借りしたいと考えています。

また、目標金額を大幅に越えて達成した場合は

通常2500円を予定している入場料を金額任意の「おひねり制」に切り替えます。


リターンについて

劇場という空間づくりにこだわった公演ですので、舞台写真や舞台上で撮影したお礼動画を製作します。

また、舞台に上がって音と明かりを浴びていただく体験型リターン「舞台ツアー」もご用意します。

言葉を発さぬ役者があなたを夢の中へご招待します。


実施スケジュール

9月20日 小作品タイトル・出演者など情報公開

随時 衣装・舞台美術・グッズなど製作

10月 稽古・チケット発売

10月28日(水) 劇場仕込み 

10月29日(木)〜11月1日(日) 公演

11月〜12月 リターン送付


最後に

2020年は私たちにとっても、きっと皆様にとっても忘れられない年になりそうだと感じています。

ただ辛く苦しい自粛期間だった、で終わらせたくはない。

どんな時でも前を向いて、あるいは後ろや上や下にスポットを当てることもあるかと思いますが

全力でアートを楽しもうと足掻く表現者たちの姿に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください