はじめに・ご挨拶

QiNARI(キナリ)は2000年生まれの山川ひなの(ヤマカワヒナノ)と高野夏雨(タカノナツメ)を中心とした音楽ユニットです。2020年8月7日に自主制作盤1st Single 「興味ないから」を各種ストリーミング+MV公開いたしました。

もともと舞台女優として活躍していた山川の歌声をきいた高野が声をかけたことで活動がスタート。高野も音楽に集中することを決め一念発起。今後もコンスタントに曲を上げていく予定です。


ディスコグラフィー

2020年8月7日 自主制作盤1st Single 「興味ないから」リリース(タイトルタップでMVへ)

2020年8月14日 自主制作盤2nd Single 「チャイナ・バイ・チャイナ」リリース(タイトルタップでMVへ)


私たちが目指すところ

QiNARIの音楽をより多くの方々に届けること、

一緒にQiNARIの音楽を皆さんと作っていく、ことです。


ここでメンバーからのコメントを紹介させてくだい。

ーボーカル 山川ひなのよりー

初めましてQiNARIのボーカルの山川ひなのです。小さい時からずっと舞台で演技をすることが大好きでした。今年私は20歳になリました。もっと自分の表現の幅を広げたいと感じていて、でも演技以外自分ができる表現ってなんだろうな。と考えていました。そんな時に私が出ている舞台を見ていた夏雨に声をかけられました。「初めまして、よかったらわたしの曲を歌いませんか。」と。

QiNARIのつくる曲は20歳のこの帰路で悩んだり揺れたりする気持ちを表現してくれているようで、歌っているうちにもっとこの音楽を多くの人に届けてみたいと思うようになりました。楽曲は現在各種ストリーミングで配信しています。自分の声を聞くとちょっと恥ずかしくなる時もありますが、一度私たちのPVを見てくださるととっても嬉しいです。走り始めたばかりのQiNARIをたくさんの方と一緒に作り、もっと多くの方々へ私たちの音楽を届けたいです。


ー作曲 高野夏雨より

初めまして。自分は舞台や、音楽が好きで、色々巡っているときに、山川を見つけて思わず声をかけてしまいました。彼女は一見キラキラしてるのですが、自分とあんまり変わらない属性で、そこを気に入っています。自分はただ好きに曲を書いているだけで、恐縮なのですが、少しでも多くの皆様に届くといいなって思います。

世の中にいる人には、いろんな役割があると思います。自分は立ち行かないことばかりの人生でしたが、この道では少しでも、皆さんと同じようなところに行けたらいいなと思ってます。ご支援お願いいたします。


御支援金の使い道

12月にアルバムリリースをしたく、楽曲制作・PV制作費に使用させていただきます。
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください