ウィークエンドシアターについて

連続ドラマを中心に執筆する脚本家・江頭美智留が主宰となり、自身のオリジナル作品を発表する機会と情熱を持った若い役者たちの活躍の場として2018年4月に立ち上げた演劇ユニットです。演劇を、もっと身近で気軽な娯楽にしようと、 歌舞伎町にあるショーレストランで毎週土日の午後、約1時間の短編を1日2回上演。シリアスあり、コメディあり、サスペンスありで、毎月、演目もキャストも変えて上演を続けてきました。作品には、好評をいただき、再演を繰り返したものも複数あり、大阪公演も実現。2年間で再演を含めて20作品、約320公演、出演した役者は延べ約150人。



このプロジェクトで実現したいこと

毎週土日の公演を続けてきた2年間の集大成として、長編での劇場公演を行いたいと若手の役者たちから声が上がり、ファイナル公演を2020年4月に下北沢の劇地下で上演することが決定。ただし、この公演、役者達が役者として芝居をするだけでなく、資金面でも制作面でもすべてを全員で分担し、「公演を打つ」ことそのものを目標としました。
作品は、連続ドラマを作るスタッフたちの悪戦苦闘ぶりを描く「スタッフルーム」。演劇とテレビドラマ、ジャンルは違えど、ひとつの作品を創り上げる人たちの情熱は同じ。ファイナル公演にはピッタリな内容です。ウィークエンドシアターを応援して下さったお客様に、少しでも成長した自分たちの芝居で恩返ししたいのはもちろん、ウィークエンドシアターを知らない多くのお客様にも、「敷居の低い演劇」を楽しんでもらいたいと、昨年の夏から準備してきました。主宰・脚本担当の江頭が劇団時代に何度も客演して頂いた木根尚登さんの特別出演も決定。稽古もスタートしていました。
そんな矢先のコロナ禍。他の演劇公演同様、私たちも公演の延期という苦渋の決断をせざるを得ませんでした。延期とは言え、同じメンバーでの実現も決して簡単ではないだろうと思い、事実上の中止なのかも……そんな思いを抱えていたところ、特別出演の木根尚登さんから、2021年1月ならスケジュールを空けられるとの申し出が!
予定していた4月公演は完売日も多く、楽しみにして下さっていたお客様に、この作品を届けよう! この作品を全員で全力で世に出そう! 全員が思いを新たに致しました。




プロジェクトをやろうと思った理由

作品を世に出すぞ! という思いは強いものの、小劇場のガイドラインでは、感染対策のひとつとして、客席を半分にしなければなりません。これでは到底、制作費を賄うことはできず、また、4月公演でスケジュールを空けてくれていた舞台監督、音響、照明さんへのギャラはお支払いさせて頂いたものの、延期公演では別のスタッフさんを新たにお願いするため、その費用も追加になり、このままでは、費用的に実現不可能。客席が半分である以上、どんなに頑張っても、少なくとも百万円は下らない赤字になってしまいます。
本来ならば、「公演を打つ」ということは、赤字覚悟で臨むべきことですが、コロナという予測できなかった事態により、予想をはるかに超える赤字となり、私たちの力だけでは太刀打ちできません。
それでも、この作品を楽しみにして下さっている多くのお客様に作品を届けたい、ファイナル公演を成功させたいという私たちのワガママな思いにどうぞ、力を貸して下さい。
なお、無事に上演となった場合には、有料配信、DVD制作も視野に入れております。


これまでの活動

すでに書いた通り、ウィークエンドシアターは、2018年の4月から毎週土日の午後、毎月、演目もキャストも変えて、約1時間の短編を1日2回、上演してきました。以下、活動の全記録です。

2018年4月「赤と黒のオセロ」
2018年5月「混浴露天風呂殺人事件」
2018年6月「おさかなくわえたサナエさん」
2018年7月「大女優誕生!」
2018年8月「赤と黒のオセロ」(再演)
2018年9月「レディーストーク」
2018年10月「名前を呼んで、もう一度」
2018年11月「父さんの殺人」
2018年12月「名前を呼んで、もう一度」(再演)
2019年2月「大安不吉日」
2019年3月「名前を呼んで、もう一度」(再演) 東京公演・大阪公演
2019年4月「父さんの殺人」(再演)
2019年5月「レディーストーク」(再演)
2019年6月「律儀な強盗犯」
2019年7月「正しいホシの見つけ方」
2019年8月~9月「赤と黒のオセロ」(再演) 東京公演・大阪公演
2019年10月「エスケープ」東京公演・大阪公演
2019年11月「ウェディングベールに包まれて」
2020年2月「エスケープ」(再演)
2020年3月「名前を呼んで、もう一度」(再演)


資金の使い道

赤字の補填と公演の有料配信、DVD制作に使わせて下さい。


リターンについて

千円から三万円までさまざまなコースをご用意させて頂きました。


(1)1,000円/キャスト全員からのお礼のメッセージ動画をメールで送らせて頂きます。

(2)1,000円/お好きなキャストのブロマイド1種類。備考欄にお好きなキャストの名前をご記入下さい。

(3)3,000円/お好きなキャストのブロマイド3種類・お好きなキャストからのあなたに向けたメッセージ動画をメールで送らせて頂きます。備考欄にお好きなキャストの名前を1名のみご記入下さい。※木根尚登は除きます※

(4)5,000円/お好きなキャストのブロマイド3種類・お好きなキャストからのあなたに向けたメッセージ動画・お好きなキャストがあなたのために自由な発想で何かをプレゼント。備考欄にお好きなキャストの名前を1名のみご記入下さい。※木根尚登は除きます※

(5)6,000円/台本・キャスト全員集合写真・公演パンフレット

(6)10,000円/台本・キャスト全員集合写真・あなたのお名前(本名でもあだ名でも)をスポンサーとして記載した公演パンフレット・稽古中のオフショット動画

(7)10,000円/ご希望のキャスト・スタッフとの10分間zoom交流権。各キャスト・スタッフそれぞれ、限定10名です。※木根尚登は除きます※



(8)30,000円/台本・キャスト全員集合写真・あなたのお名前(本名でもあだ名でも) をスポンサーとして記載した公演パンフレット・稽古中のオフショット動画・あなたの写真(ご自身でもペットでも好きな写真)を入れて、あなただけの公演オリジナルポスター作成。キャスト全員の写真も入ります。


実施スケジュール

延期公演「スタッフルーム」は、2021年1月27日(水)~1月31日(日)、下北沢のGeki地下にて上演致します。タイムスケジュール等の詳細は今後決定次第、ブログやツイッターにてお知らせ致します。
ウィークエンドシアターブログ/https://ameblo.jp/weekendtheater/
チケットの予約開始は、12月上旬予定です。
なお、リターンにつきましては、公演終了後の2月に発送、実施させて頂きます。


最後に

ウィークエンドシアターは、毎週土日に上演するにあたって、会場のショーレストランの方々、そして、多くの温かいお客様のご支援により、活動を続けて来れました。その活動過程で未熟ながらも若い役者たちが、自分たちで「公演を打つ」という思いを抱くことになったのは、主宰としては本当に嬉しいことでした。ファイナル公演の準備がスタートしてからも、次々とアクシデントやトラブルが起こり、主宰の私から何度も怒られながら、それでも投げ出さず、歯を食いしばって準備を続けて来た若い役者達の熱い思いを、どうか支えて下さい。必ずや応援して良かったと思って頂ける作品に仕上げます!

なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/11/21 10:41

    皆様のご支援のお陰で、締切まで4日を残して目標額を達成することができました。本当にありがとうございます!このあと、引き続き、ご支援を頂戴できましたら、皆様に喜んでいただける何かをお届けできるようにしたいと考えております。引き続き、応援のほど、よろしくお願い致します。本当にありがとうございました!

  • 2020/10/05 22:00

    リクエストを頂き、新たなリターンとして、木根尚登さんのブロマイド3種類のコースを追加させていただきました。1,000円コースとは種類が違うものになります。イラストはイメージです。

  • 2020/10/02 13:33

    ウィークエンドシアターファイナル公演「スタッフルーム」上演のため、初めてクラウドファンディングを実施させて頂きましたが、公開から半日あまりで、予想を上回るご支援を頂いております。リターンのひとつであるブロマイドの撮影についても、いつも以上に、グループラインが活発に動いています。皆様のご支援、本...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください