はじめに・ご挨拶

はじめまして。大阪府泉佐野市にあります関西中央交通のツシマです!
先日、第1回のクラウドファンディングをさせていただきましたが、大変ありがたいことに、5名の方からご支援をいただきました!心より御礼申し上げます。
ですが、正直に申し上げまして、まだまだ当社の経営は厳しい状態が続いております。
そこで、改めてご支援いただける方を募集させていただくことにしました。

私ツシマは、北海道から単身関西に出てきて、関西の魅力を多くの方に知っていただきたいという思いから、2002年に貸切バス会社を立ち上げました。
また、沖縄の魅力ももっと発信したいと思い、2017年には沖縄にも営業所を開設しました。
観光バスドライバーから経営者となりひたすら頑張ってきました。

会社を設立してから18年間、リーマンショックやSARS、震災などの苦難を乗り越えてきましたが、今回のコロナの影響は8ヶ月にも及び、売上はほぼゼロになりました。国からの支援や融資などもありましたが、既に底をつきました。

この8ヶ月は、観光バスのリース会社や関係取引先からのご協力でやりくりしてきましたが、そろそろ限界です。しかしここで負けるわけには参りません!一緒に耐えてきた社員の皆や関係者様のためにも生き残りたい!その気持ちを毎日奮い立たせています。
2ヶ月ほど前から、円形脱毛が5か所……悲しいですが、ハゲハゲになってもいい!生き残り、必ず魅力あるサービスを提供できる会社に!

裸一貫からスタートした関西中央交通にご支援をお願いいたします。青い海青い空の沖縄、お笑いと食の関西から素晴らしい旅のおもてなしをご提供できる日を信じて頑張ります。

「やさしさと楽しさをお届けする快適バス空間」をモットーとし、地域の方々の送迎・観光を中心に、近年ではインバウンド(訪日外国人観光客)のお客様のバスツアーでもご利用いただいております。
日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」において、安全輸送に対する取り組みが優良と認められ、3つ星の評価を頂いております。

https://kanchu.co.jp/index.html

このプロジェクトで実現したいこと

まず、弊社で働く従業員の生活の保証の一部として活用させていただきたいと考えております。
そして、ご支援を頂いた方々に大阪の魅力を伝えたい、観光バスの魅力を伝えられる企画をしたいと考えております。


プロジェクトをやろうと思った理由

昨年の後半は大型台風、年が明けてすぐに新型コロナと、観光業界には厳しい出来事が続きました。
特に新型コロナの影響で2020年2月以降の予約はほぼ全てキャンセルという状況になってしまい弊社の車庫には半年間バスがびっしり止まってしまいました……。
以前までもSARS、鳥インフルエンザ、大型台風、東日本大震災等の様々な出来事の影響によりバスが動かないということを経験してきましたが、今回のように半年経った現在でも先が見えないというのは前代未聞です…。
2020年9月以降、少しずつ観光バスの仕事が復活してきていますが、前年比売上は25%程度の見込みです。

この状況でも、固定費は待ってはくれません。
弊社が一番大切にしてきたことは「人材」 「安全」であり、働いてもらう社員、そしてお客様を守るバスを大事にしてきました。
しかし、その2つにかかるコストは売上に関わらず固定で発生します。
先が見えない状況下である今、会社を存続させることが雇用を守ること、お客様に乗って頂くためのバスを守ることに繋がると考えております。
コロナが終息した後万全な体制でお客様をお迎えするためには、皆さまの支援が必要であると判断し、このプロジェクトを立ち上げました。


資金の使い道

・営業経費(主に人件費)


リターンについて

【ご支援のお志】:500円・1,000円・3,000円・5,000円
支援、応援のご協力お願い致します。
お礼のメールを送らせて頂きます。
1,000円ご支援いただいた方には弊社特製クリアファイルを提供いたします。
3,000円ご支援いただいた方には弊社特製ミニタオルを提供いたします。
5,000円ご支援いただいた方には弊社特製クリアファイルとミニタオルを提供いたします。

【乗車体験】:10,000円
弊社大型バスにご乗車いただき、お好きな行程で
バスの快適なドライブをお楽しみください。


実施スケジュール

2020年10月30日、クラウドファンディング終了。
2020年11月上旬、メール及びグッズを順次送付させていただきます。


最後に

まだ先が見えない状況の中、不安な毎日が続いていますが、皆様が安心して外出できる日が来た時、快適な旅行を提供できるよう努めてまります。
このプロジェクトが無ければ繋がることがなかった皆様とのご縁を形にできることを楽しみにしております。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください