はじめに・ご挨拶

稲垣千尋です!川魚を初めて釣り、喜んでいる写真

はじめまして、稲垣千尋です。大学4年生で、観光学を学んでおります。
現在、復興庁主催のインターンシップに参加しております。具体的には、福島県・郡山市に拠点を置き、移住支援事業を展開している、株式会社アルストロメリアにて、福島県のPR動画作成に取り組んでいます。

私がこのインターンシップに参加した理由は主に二つあります。
一つ目は、大学で研究している観光について、より深い知識を、リアルな現場から身につけたかったからです。コロナウィルスの影響で、フィールドワーク調査が出来なくなってしまった今、オンラインにて観光地の課題を聞き、それに対してPR動画作成というアプローチができる機会に魅力を感じました!

二つ目は、将来観光による地域創生に貢献できるような仕事に就きたいと考えているからです。まだまだ不明瞭なところはありますが、このインターンシップで「何をするときにやりがいを感じるのか?」「自分はどのような社会貢献ができるか?」を考える機会にしたいと考えております。

Zoomにてミーティングを重ねています!

株式会社アルストロメリアでインターンシップをしているのは私だけではありません!島根・高知・神奈川・埼玉など全国各地から5人の学生が集い、オンラインで現地の方へのヒアリングや企画立案をしています。


このプロジェクトで実現したいこと

ヲタ芸パフォーマンスHAND CLAP踊ってみたの2本、動画を作成し、YouTube・Instagramに配信します。福島の名を世界に響かせましょう!

ヲタ芸パフォーマンス動画には、サイリウムダンス世界王者を含む、福島でヲタ芸に励む若者たちに出演していただく予定です!観光名所鶴ヶ城や郡山市が舞台になったといわれる、アニメ「未確認で進行形」の聖地を背景に、鮮やかなヲタ芸パフォーマンスをお届けします!

HAND CLAP動画には、福島県内のフラダンス教室・道の駅のスタッフ、念仏踊りの踊り手の方々に出演していただく予定です。現地の方々に、現在エクササイズ動画として流行しているHAND CLAPを踊っていただき、福島を観光地・移住地として認識していただけるようなPR動画にしていきたいです。

制作した動画は株式会社アルストロメリア 公式YouTubeチャンネル株式会社アルストロメリアのInstagramに投稿し、全世界へと配信します!完成は10月末~11月の予定です。


プロジェクトをやろうと思った理由

プロジェクトに取り組む主な目的は、人々が抱く、福島へのネガティブなイメージをポジティブなものに変えることです。

YouTubeで「Fukushima」と検索した際の上位動画この目的を掲げたきっかけは、YouTubeで「Fukushima」と検索したときのことでした。検索結果にあがってくるものは、殆ど原発・東日本大震災関連。検索結果に観光PRの動画がないことに、驚きました。今回、ヲタ芸動画とHAND CLAP動画を作成するにあたっての最大目標は、「Fukushima」と検索した際、作成した動画をトップにすることです!その結果、海外の方が「Fukushimaはもう原発地域ではない。訪れてみたい!」と旅行地の候補に入れてもらえるような動画を制作したいと考えております。


これまでの活動

私たちは既に企画を実行に移す段階に移行しております。

【ヲタ芸動画】
サイリウムダンス世界王者に出演いただくことになりました!
*現在、「未確認で進行形」のアニメシーンを動画内に挿入できるよう、アニメ制作会社に許可を申請しております!

【HAND CLAP動画】
*既にフラダンス教室、念仏踊りの踊り手の方々、道の駅のスタッフに出演してもらえないかの許可を申請しております!
*インターン生が現地を訪れ、アクアマリン福島などの観光スポットの前で撮影を進めています!


資金の使い道

支援していただいたお金は、動画制作のために使わせていただきます!

動画制作費には、出演していただいた方への謝礼や交通費等に加え、撮影するインターン生の交通費等がが含まれます。

*ヲタ芸動画:5万円

*HAND CLAP動画:5万円


募集方式

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターンについて

支援してくださった方全員にサンクスレターをお送りします。


実施スケジュール

【ヲタ芸動画】

撮影:10月末
配信予定:11月中旬


【HAND CLAP動画】

撮影:現在~10月中旬

配信予定:10月末


最後に

コロナウィルスの影響で、直近に日本各地・海外からの観光客を、福島県に引き寄せることは難しいかもしれません。

ですが、長期的な目で俯瞰し、5年後、10年後にあってほしい福島の理想像を思い浮かべてみてください。

その理想像に近づけるために、”あなたの力”が必要です!

私たちと一緒に、福島を盛り上げましょう!ご支援宜しくお願い致します

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください