ご挨拶・トトちゃんのこれまで

コロナ禍で何かと大変な折、本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます!

夫、母、保護猫2匹と暮らす石井と申します。

身近にいる不幸な猫を救いたいと思い、仕事のかたわら、

個人で不妊去勢(TNR)や保護譲渡をしてきました。

これまで200頭あまりの猫を、心優しい里親さん家族に繋いでまいりました。

今年6月、7年間にわたり肥大型心筋症、巨大結腸症、腎不全の治療をしてきた

愛猫ゆきまる(13歳)を看取り、これを一つの区切りとして、

飼い主のいない猫を増やさない活動から引退しようと思っていた矢先、

近所の多頭エサやり宅の傍で、衰弱し、うずくまっている子猫を見つけました。

動物病院へ直行しました。この子猫がトトです。

保護直後の写真です。生後一か月半弱。320g。重度の猫風邪。

結膜炎で両眼が開きません。下痢。ノミによる貧血。

下腹部はノミの糞で黒く変色。

抗生剤の注射、インターフェロンの点鼻薬、目薬、下痢止めで

治療しました。そして、10日後…


復活しました!抗生剤はまだ投与中。

ニャ~ンと鳴けず、チッチ、チッチと虫のような声でした。

ホッとしたのも束の間、検便でコクシジウムが見つかって、駆除。

ようやく下痢も治り、元気に遊び出して一安心したところ、

今度は便に回虫がいるのを発見して駆虫。

活発に走り回るようになり、先住猫たちにもアタック開始!

そろそろ里親さん探しをと思っていた折、また下痢となり、

数日しても治らないので、かかりつけ医を受診したところ、なんと!?

腹水が溜まっており、血液検査の数値からも、ほぼFIP(猫伝染性腹膜炎)

と診断されました。

腹水を遺伝子検査したところ、9/9、FIP陽性と判定されました。


プロジェクトをやろうと思った理由/このプロジェクトで実現したいこと

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、猫の体内に取り込まれた猫コロナウイルスが

強毒性のFIPウイルスに突然変異して発症します。

※人には感染しません。

原因は解明されていませんが、子猫に多く、発症した猫は

数日~数か月で死に至る怖い病気です。

FIPについて知ってはいましたが、自分が保護した猫が罹患したのは

初めてです!


トトが、ほぼFIPと診断された時は、呆然としました。

新薬候補のMutianの投与が現状、唯一、トトの命を救う手段ですが、

未承認で非常に高額であると聞いていました。

正直、保護した子猫に100万円の治療をしてあげられる経済的な余裕は

ありません。お手上げです。一時は看取る覚悟もしましたが、

これまで、猫風邪やコクシジウムと闘って、克服してきたトトが、

このままFIPで死んでしまうのも、とてもつらく、無念でなりませんでした。

診断された夜、真摯に保護譲渡活動に取り組まれているボランティアさんに

連絡しました。すると、彼女いわく、

「トトちゃんはFIPが早く見つかって、助かる確率が高い」

「FIPの治療は高額すぎて、個人で負担するのは厳しい。
 みんなで支える治療になっている」

こうした心強い言葉に背中を押され、悩んだすえ、

本プロジェクトを立ち上げ、

クラウドファンディングに挑戦することにしました。

これまでの保護活動はすべて自費で賄い、寄付を募ったことはありませんが、

(近年、ノミ・寄生虫駆除、ワクチン、ウイルス検査代、《月齢によっては、
 +不妊去勢費用》は、 里親さんより、 病院の領収書と引き換えに
 実費をいただいておりますが、それ以外の医療費は私の方で負担しております)

今回はお薬代があまりにも高額なため、ご理解、ご賛同いただける皆さまの

お力添えをいただけましたら本当に助かります。

トトのいのちを救うだけでなく、

本プロジェクトの【活動報告】に治療記録を残し、

今後のFIP治療の進展に少しでもお役に立てればと願っております。

尚、トトは投薬を終えてからも、観察期間があり、再発も無いとは言い切れないので、

我が家の大切な一員として、一緒に暮らしていこうと思います。


これまでの活動

9月5日 かかりつけ動物病院で、FIPと暫定的に診断される。

9月7日 病気の進行に一刻の猶予もないため、協力病院にて
    Mutianの投薬開始。FIPウエットタイプ・中期と診断される。

          ↓

 ※トトの場合、寛解する確率は8割~9割とのことです。

9月9日 遺伝子検査の結果が届く。FIP陽性、確定。
 (上部に掲載しています)

※投与数日後、腹水が溜まっていたお腹がへっこみました。

※投与1週間で、炎症マーカーSAAが、61.74 →3.75(基準値)
 にまで下がりました。

9月14日 2回目の通院。血液検査、貧血の注射、鉄分、Mutian追加購入。

       ↓


9月22日 3回目の通院。エコー検査の結果、腹水無し。
     血液検査の結果、肝臓、貧血の数値が基準値の範囲内に。
     下痢が続いているため、下痢止めとMutian追加購入。

                       ↓

                         ↓


現在、見たところ元気で体重が増加していますが、下痢の治療中です。


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、協力病院でのFIP治療に限定して

使わせていただければ幸いと存じます。

※Mutianは84日間、毎日定時の連続投与が必要です。

<薬代>体重1キロにつき100mg(2,400円)の投与

9/7~10/4  体重1.5~1.9キロまで、100mgX2錠を投与。

  2400円X2錠X28日=134.400円  税込 147.840円

※成長期のため、今後、体重の増加に伴い、投与量も増えていきます。
 以下、試算となります。

10/5~11/1  体重2キロになると、50mg(1200円)を1錠追加。

   2400円X2錠X28日=134,400円
   1200円X1錠X28日=33,600円  合計 168,000円
                    税込 184,800円

11/2~11/29 体重2.5キロになると、100mg(2400円)を1錠追加。

   2400円X3錠X28日=201.600円  税込 221.760円

薬代の合計予測(税込) → 554,400

薬の投与の傍ら、定期的に通院し、血液検査、エコー検査、症状に応じて
種々の検査や注射、別の内服薬などが必要となります。
※肉芽種などが見つかった場合は混合タイプとなり、投薬量は1.5倍になります。

今後、1回の通院で治療費10,000円(税込)X通院全6回=60,000円と試算します。
(9/22までに、3回通院 → Mutian代金を除く治療費合計=28,215円)
 薬代を除く治療費の合計予測=88,215円

薬代と治療費の合計は、64,2615と見込まれます。

※キャンプファイヤーの手数料17%+消費税を考慮し、目標金額を
 設定させていただきました。

上記はトトの治療が順調に進んだ場合の試算ですので、今後
実際にかかる費用の詳細は、その都度、ご報告いたします。



リターンについて

気持ちばかりですが、お礼のメールやお手紙、トトの写真データ、

ポストカード、ストラップ、トートバッグ、手作り雑貨を

ご支援いただいた金額に応じて用意させていただきます。

また、キャンプファイヤーの【活動報告】にて、資金の使途と治療経過を
随時ご報告いたします。


実施スケジュール

トトの投薬開始は9月7日 → 投薬終了は11月29日です

定期的に通院し、血液検査やエコー検査、症状に応じた各種検査、

病状によって、適宜、治療が施され、薬が処方されます。

Mutian投与終了後、経過観察となる予定です。

再発しなければ、寛解となります。


最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

今まで、さまざまな猫の治療をしてきましたが、今回、

トトがFIPを発症し、この病気のむごさを突きつけられました。

腎不全や心臓疾患は継続的に治療をして、生きながらえることもできます。

FIPはワクチンで予防もできず、ある日、突然、発症して、

進行が早く、診断されれば、猫と飼い主にとって、死の宣告にも

等しい病気です。

昨年あたりから、新薬候補があらわれましたが、

問題は、価格があまりにも高額なことです。

プロジェクトの作成なども、スマホやパソコンの操作に慣れていないと

難しそうです。(私も、その一人ですが)

おそらく今後、協力病院も増え、新薬候補で治療する飼い主も増える

と思われますが、今、これを書いている間にも、

全国各地で、FIPと診断され、情報に辿りつけなかったり、

辿りついても、高額ゆえにあきらめ、愛猫を看取る飼い主さんたちの

胸中を思うと、本当に心が痛みます。

FIPはもはや不治の病ではなく、現実に、寛解できる病気になっています。

トトをFIPから快復させたいのはもちろんですが、

同じ立場に立たされる猫と飼い主さんのために、一日も早く、

膨大な費用負担なく、FIPの治療ができるようになることを

願ってやみません。

今後は、プロジェクトを立ち上げるお手伝いもしたいと思います。

どうかご協力ご支援のほどよろしくお願い申しあげます。

最近のトトちゃんは、ニィーッ、ニィーッ、と鳴きます。


※【Mutian】は日本において動物医薬品として承認されていません。

 トトの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえで、

 トトにとって投与が必要と考えていますが、

 全てのFIPの猫にMutianが有効であるという趣旨ではありません。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、
リターンをお届けします。


  • 2020/10/15 22:45

    こんばんは。この度はトトに多大なご支援、ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。温かい励ましのメッセージにも、心より感謝申し上げます。※銀行口座への直接お振込み、お手渡しでいただいたご支援につきましては、 プロジェクト終了時のご報告でまとめて掲載いたします。第1回目の【活動報告】となり...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください