< プロジェクト概要まとめ >

1分でわかるプロジェクト紹介・・・

総集編はコチラから!



===以下、本文へ!===

【1】ご挨拶

【2】Youth Theatre Japan とは?

【3】ALICE IN Wonderland とは?

【4】プロジェクト起案の背景

【5】Japan Expo とは?

【6】プロジェクトの内容

【7】必要資金 / ご支援の使い道

【8】リターンのラインナップ ・御礼

【9】公演までのスケジュール

【10】最後に


===


【1】ご挨拶


本記事にお目通しいただき

ありがとうございます。

Youth Theatre Japan スタッフの

川瀬岳大と申します。




私たちYouth Theatre Japan (YTJ)

ミュージカルやコンサートなどの公演活動を行う

ユースシアター = 若者たちの劇団です。





『若者たちの良きパートナーとなり、

彼らが夢中になって取り組める目標を提案し、

達成に向けて全力で挑戦する環境を整えること』

を理念に掲げて活動しています。





劇団員(以下、YTJメンバー)の年齢層は幅広く

下は未就学児(幼稚園生)から上は社会人まで。


その中でも、劇団としての

パフォーマンスの中核を担っているのは、

10代(ティーンエージャー)のメンバーたちです。



そんな彼らと共に

一生に一度の青春を賭けるに相応しい

ワクワクする目標の実現に挑戦したく、

今回のプロジェクト発足に至りました。


===

コロナパンデミックが収束した暁に

中学生メンバーが創るオリジナルミュージカル

不思議の国のアリス ALICE IN Wonderland 

世界一規模の大きな日本文化の祭典である 

Japan Expo Paris ジャパンエキスポにて

25万人のお客様に向けて上演する

===


これが、今回皆さまに応援いただきたい

と考えているプロジェクトの趣旨です。




【2】Youth Theatre Japan とは?

『10年来のパートナー』


Youth Theatre Japan とは

日本初の国際的なユースシアター

= 若者たちの劇団 です。


舞台活動を行う上で

『パートナーシップ』『プロジェクトベース』

という2つのコンセプトを大切にしています。



若者たちを『対等なパートナー』と捉え

目標を共有化する『プロジェクト』を立ち上げ

この実現に向けて共に力をあわせる

というスタンスです。


劇団でのキャリアの長いメンバーは、

それこそ10年来のパートナーとして

活動に参画しています。



私自身、かつて自身の担当した

幼稚園生向けのレッスン

いつもスタジオの角で

泣きべそをかいていたメンバーが、

現在は中学生グループのリーダーとして

チームを一つにまとめようと

真摯に向き合っている姿を目にする度に

言葉にし難い感動を覚えます。



小学校では6年間だけ。

中学や高校では3年間だけ。


YTJでの活動をともにするメンバーとは、

実に10年にわたって様々な目標に一緒に挑戦し、

彼らの成功・失敗・挫折・再起・成長

見届けることができる。


教育に携わる仕事をしている人間にとって

これ以上の喜びはないと強く感じます。



対等なパートナーとして

YTJが担う最も重要な役割は、

彼らがワクワクして取り組める目標

共に発見し、共に追求し、共に達成すること

であると捉えています。



Youth Theatre Japanが過去に

新国立劇場・梅田芸術劇場・博多座 など

日本有数の劇場にて公演活動を行ってきたことも、

ディズニーやブロードウェイ など

著名作品のライセンス契約を結んできたのも、


全てはメンバーにとって

貴重な青春を賭けて挑戦する価値のある

心躍る目標を共有するため、です。




【3】ALICE IN Wonderland とは?

『中学生の等身大の魅力を120%引き出す』


Youth Theatre Japan は毎年8月に

ミュージカルの定期公演を主催しており、

過去のレパートリーの多くは

海外プロダクションの上演権を取得して

原作の構成や演出を踏襲するかたちで

実施してきました。


ディズニーミュージカル

『101 Dalmatians 101匹わんちゃん』

ブロードウェイミュージカル

『A Tale of Two Cities 二都物語』など。


しかし

これらの作品のどれを振り返っても、


『中学生が等身大の魅力を

最大限に発揮できる作品』


はありませんでした。


可愛らしい仔犬を演じるには

成熟しすぎているし、

フランス革命に身を投じる活動家としては

幼すぎる。



人生で最も多感な年頃を迎え

心身の急激な変化に伴う戸惑いと相まって

全力疾走できずに燻っている姿を横目に、

パートナーとして

もっと彼らに貢献できることがあるはずだ

と信じていた私は、


『等身大の彼らが

まずは日本全国で一番

イキイキと輝ける空間

を創り上げること』


を必達目標として掲げ、

ALICE IN Wonderland 

の企画制作に着手しました。



当時も今でも変わらぬ想いで

最も大切にしていることは、

出演者全員が「これは自分の作品だ」と

誇りに感じるプロダクションにすること、です。


オールスターキャストの群集劇、

お客様を360°取り囲む舞台構造、

シャープなダンス演目と豊かな合唱表現、

アドリブ・集団コント・一発芸 など、

『出演者一人一人の色が重なり合い

全員が自然体の魅力を思う存分発揮できる』

そのような環境をメンバーと共に作り出すことに

全身全霊をかけて取り組んできました。




そして初演から数え3年目の2020年春、

積極性・チームの団結力・プロ意識、

「メンバー自身の力と意志で

最高の成果を生み出す」

という姿勢が高く評価され、

劇団専用劇場において

念願の“ロングラン公演”企画

の実施が決定しました。




【4】プロジェクト起案の背景

『コロナによる公演中止、目標喪失』



この挑戦に先立って

私たちがメンバーと共に掲げた目標は

プロのパフォーマーとして活躍する

という将来の夢の第一歩として

“公演の商業的な成功”を成し遂げるために

3,000名のお客様をお迎えし

予測を超えた感動を届ける』

というものでした。




ところが、

ようやく作品としてのまとまりが見えた矢先、

新型コロナウィルス感染拡大に対する懸念から

全ての公演の中止・活動自粛、という結論に

至らざるを得ない状況となってしまいました。




中学生としての限られた3年間、

チーム一丸となって努力を重ねた彼らにとって

突然に目標への挑戦の機会を失ったことの影響は

継続するコロナ禍・活動自粛の閉塞感と相まって

想像を絶する甚大さでした。


長年共に歩んできたパートナーたち

楽しい・嬉しい・悲しい・悔しい

などの表情にはよく見覚えがあるものの、

活動自粛期間後の再会初日に目の当たりにした

意志や覇気のない眼差しに触れたのは初めてで

図らずも言葉を失ってしまいました。


“withコロナ” 世界の舞台制作の将来は、

携わる全ての人間にとって未だに不透明です。


業界の誰もが試行錯誤を重ねながら

あるべき姿を模索している状況の中で、

プロフェッショナルとして活躍を志すメンバーが

進む道が未来に続いているのかもわからないまま

困惑して立ち尽くす様子を目の当たりにして、


「今、彼らに必要なものは、

心躍る “目標” と “挑戦” が創り出す

“未来への希望” だ!」


そう強く確信いたしました。

これが本プロジェクト起案に

至ったきっかけです。




【5】 Japan Expo とは?

世界から“クール”と捉えられる日本の魅力


念願のロングラン公演中止を払拭するほどの

心躍るプロジェクトは何だろう?と考えた時、

真っ先に頭に思い浮かんだものが

『海外公演の実現』という挑戦でした。



Youth Theatre Japan はこれまでにも

日本の若者たちの国際的なプレゼンスを高めるべく

日本国外における様々なイベントへ

精力的に出演しています。


憧れのブロードウェイ
カーネギーホールの舞台に立った
ニューヨーク公演


日本大使館主催で
日星国交樹立50周年をお祝いする
シンガポール公演


カナダ建国150周年の記念祭典
スペシャルゲストとして招聘された
トロント公演


そして『中学生×ALICE』が最も輝く舞台として

Japan Expo Paris ジャパンエキスポ

今回の挑戦の照準を定めました。


毎年夏にフランス・パリで開催されるこのイベントは、

日本が2010年以降の新成長戦略の一環に掲げる

『クール・ジャパン戦略推進事業』第一弾に選出された

日本のポップカルチャーのショーケースです。



4日間の総来場者数 25万名

を数える、世界最大の日本文化祭であり、

過去にはPerfume や きゃりーぱみゅぱみゅなど

現在においては “COOL JAPAN” を象徴するような

著名アーティストの出演歴があります。


『世界から“クール”と捉えられる日本の魅力』

を発信することが求められるこのイベントは、

サブカルテイストのデザインや

演出構成を取り入れたALICEとの親和性が高く、

中学生メンバーが輝く舞台として

これは胸が高鳴る目標になるぞ!と感じ、

早速メンバーやスタッフとの

実現に向けた作戦会議を開始しました。


【6】プロジェクト内容
『日仏文化交流:ALICE2ヶ年計画』


『ALICE IN Wonderland パリ公演@Japan Expo』

実現に向けた国内エージェントとの出演交渉の結果

団体の公演実績やキャストのポテンシャルが高く評価され

来夏の当該イベントにおける上演許可をいただきました。


しかし喜びも束の間、

依然猛威を振るう新型コロナウィルス感染拡大や

これに起因する国際情勢悪化のニュースを勘案し、

海外公演活動を懸念する声が上がりました。


このことを受け、

本プロジェクトの主題について、

“渡仏のタイミングを2022年以降に調整し

Japan Expo出演に至るまでの軌跡を描く”

『日仏文化交流:ALICE2ヶ年計画』

として再定義しました。


直近2年間で

【ホップ】【ステップ】【ジャンプ】

の3段階を想定しています。


+++++

①【ホップ】ALICE『和』ver 制作

緑さす古刹・永源寺において

和装デザインを反映した衣装に身を包み 

『Japanderland』 のプロモーション映像撮影



②【ステップ】国内における日仏交流

フランス政府直轄の仏文化発信機関

アンスティチュフランセとのコラボレーション企画



③【ジャンプ】渡仏、Japan Expo 出演

『任天堂ブース』に次ぐ高集客エリアである

SAKURAステージにおける舞台パフォーマンス、

東京ドーム3個分相当の広大なエリアを駆使した

フラッシュモブ・来場者との交流会

+++++

*渡仏・Japan Expo 出演につきましては、

国際情勢如何でさらに先延ばしになってしまう

可能性も十分にあり得ると判断しております。

しかし、いずれコロナパンデミックが収束し

安全な環境下でツアー実現する日が来ることを信じて、

海外のお客様にも心からお楽しみいただけるよう

『和』のテイストを演出に取り入れつつ

ノンバーバルなエンタメとしての要素を強め

作品をさらに進化させてまいります。


▼日舞・空手道・殺陣
などの要素を取り入れた振付制作

▼琴・尺八・三味線・和太鼓
など邦楽器による音源制作

▼着物・羽織袴・法被
など和装を反映した美術デザイン制作



【7】必要資金 / ご支援の使い道

今回のプロジェクトでは、

【ホップ】【ステップ】の必要資金として

以下の内容を想定しています。

*()内は現段階の概算です。

++++++++++++++++++


▼衣装 / 大小道具 / 美術 / デザイン制作費
(¥1,000,000)

▼撮影テクニカル費 :機材・人員
(¥700,000)

▼イベント施設利用料
(¥800,000)

▼ロイヤリティフィー
(¥1,500,000)


¥4,000,000

++++++++++++++++++

また、目標額を達成した場合の余剰金は、
将来的に渡仏・パリ公演が実現できた暁に
以下の費用の補填に充てさせていただきます。

++++++++++++++++++


① 渡航・滞在経費 

▼日仏往復航空券代金
(¥200,000/名 × 33名)

▼滞在中宿泊代金
(¥10,000/泊 × 8泊 × 18部屋)

▼滞在中食事代金
(¥1,000/食 × 24食 × 33名)

▼滞在中公共交通機関利用料金
(¥2500/日 × 8日 × 33名)


②演目構成経費

▼演目出展費用
(¥1,200,000)

▼ステージテクニカル費用
(¥1,200,000)

▼ブース装飾美術制作・運搬費用
(¥900,000)


¥12,792,000

++++++++++++++++++


【8】リターンのラインナップ ・御礼

*本プロジェクトは、
All or Nothing 方式で実施します。
また、コロナ禍に起因する国内外情勢の変動や
主催者側のイベント延期・中止の判断に応じて
国内公演への切り替えなどの対応をとったうえで
リターン内容を調整する可能性があります。


++++++++++++++++++

①【応援『1000倍返し!!!!』】
メッセージ動画

応援してくださった方へ

全身全霊の感謝の気持ちを込めて

応援1000倍返しだ!!!


キャストが、
あなたの目標に対する挑戦に、
心を込めてエールを贈ります!

↓<サンプル>↓


++++++++++++++++++

②【120%で共感します!!】
メッセージ動画

応援いただいた皆さんの心境に、
キャストが全力で共感する映像をお届けします。

喜んでいるあなた、全力でお祝いします
怒っているあなた、全力で発散しましょう
哀しみに暮れるあなた、全力で寄り添います
楽しみを希うあなた、全力で探しにいきましょう

↓<サンプル>↓


++++++++++++++++++

③【一筆入魂!!】
キャラクターサイン集


キャストのサイン入り色紙をお届けします。
全身全霊で魂込めます!!

9キャラクターの直筆サイン入り色紙を、
全3種類でご用意します

 ▼『Tea Party お茶会』
 ▼『The Trial 裁判』
 ▼『Unbirthday たんじょばない日』


++++++++++++++++++

④【初演限定グッズ復刻】
オリジナルトートバッグ / ミニパンフ


2018年の初演にて、
来場者へプレゼントされた幻のアイテムを
ミニパンフレットと併せてお届けします!


++++++++++++++++++

⑤【カメラを止めるな!】
ALICE 24分抜粋ver 一本撮り映像


ALICE IN Wonderland の魅力を
25分に凝縮したダイジェスト版
一本撮り映像の鑑賞URL付き
オリジナルポストカードをお届けします!


++++++++++++++++++

⑥【特別オンラインチケット】
JAPANderland リハ見学会


YouTube・Zoom等の
オンラインサービスを使用して、
本番同様に衣装を着用した
リハーサル(ゲネ)風景を見学し
キャストと交流ができる権利です!


*来夏公演計画の調整状況に応じて、
ホール・舞台を使用せず
スタジオ等からの配信する形態に
変更の可能性があります。


++++++++++++++++++

⑦【仮装大賞!!】
衣装レンタル・記念写真撮影


ALICE IN Wonderland に登場する
『カラフル』で『ヴィヴィッド』で『摩訶不思議』な
舞台衣装を着て、記念写真を撮影する権利です!


++++++++++++++++++

⑧【笑いあり!涙あり!こんなのアリ!?】
ドキュメンタリ映像


国内での日仏文化交流に挑戦する
メンバーたちの舞台裏を
2021年を通してカメラが追いかけます!


++++++++++++++++++

⑨【つくって、あそぼ!】
新キャラ作成会議参加券


ミュージカル本編の
脚本家・デザイナー・映像クリエイターが同席し
合計10時間のディスカッションを経て
あなたのアイディアを形にします!


++++++++++++++++++

⑩【パーソナルコーチング】
個別面談によるキャリア設計


芸事で生計を立てるための
道筋を整理したいあなたへ
パフォーマーとしての
キャリアコンサルティング
及び スキルアップのための
プライベートレッスンを行います!


++++++++++++++++++

⑩【いつかあんな風に!を応援】
小学生を『公演勉強会』へ招待

Youth Theatre Japan に所属する
全国の小学生メンバーを、
中学生の出演する舞台の
ゲネプロ(本番同様のリハーサル)
及び終了後のキャスト交流会
に招待する権利です!

++++++++++++++++++


【9】公演までのスケジュール


▼2021年1月10日〜2月23日 
クラウドファンディング期間

▼2021年3月〜4月 
本編アレンジ・美術制作期間

▼2021年4月〜7月
リハーサル期間

▼2021年8月
ALICE IN Wonderland 夏季公演
於:横浜YTJホール / COOL JAPAN PARK OSAKA

『Japanderland』プロモーション映像制作
於:臨済宗永源寺派 大本山 永源寺

▼2021年月10日〜2022年3月
国内開催・日仏文化交流イベント
アンスティチュフランセ / ヴィラ九条山
コラボレーション企画


==========

*以下、渡仏・Japan Expo出演について
2022年7月を理想のタイミング
と定義している一方、
コロナ禍に伴う国際情勢の変動
及び主催団体の招聘演目調整により
催行可能な時期は未定です。

▼2022年5月
パリ公演キャストオーディション実施

▼2022年6月
最終リハーサル期間

▼2022年7月11日〜7月18日
パリ遠征

▼2022年7月30日〜8月15日
凱旋公演期間


【10】最後に


このプロジェクトを通じて、子どもたちに

『素晴らしい目標』に再度巡り合ってほしい、

と本気で願っております。


私が高校時代の恩師に頂いた、

子どもたちと向き合う時に

今でも大切にしている言葉があります。


「青春とは、己の可能性に対する、

残酷なまでの挑戦である」


子どもたちには、成長過程の中で、

一生分の情熱を傾けたくなるような

心躍る『目標』に出会い、

『挑戦』の舞台に立ってほしい。


彼らが再び目を輝かせて

夢中になれるような機会を創り上げるために、

本ページをご覧いただいた皆さまの

ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。


以上、末尾までお目通しいただき、

本当にありがとうございました。


Youth Theatre Japan
川瀬岳大





このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください