・ご挨拶

はじめまして、この度はご覧頂き誠にありがとうございます。

ボボの飼い主のゆずきと申します

一昨年専門学校を卒業し、今はアイリストとして働いています。

出会いですが、仕事帰りに犬を見て癒されたく、

たまたま立ち寄ったペットショップにてボボと出会いました。

大きくなっていたのか、他の猫ちゃんとは違う大きなゲージに入っていて、

いつでも撫でる事ができました。

実家には犬が2頭いるのですが、猫をちゃんと撫でたことがなく、

こんな猫って可愛いんだ。

というのを知り、それから猫が大好きになっていきました。

それから仕事が早く終わる日は会いに行くようになり、

母に一緒に暮らしたいと相談したところ。

もう働いて一人で生活しているんだから、自分ができると思った事はやってみなさい、

と言ってくれました。

その後、ボボさんと1月から二人暮らしの生活が始まりましたが…

先月8月末頃から元気がなくなってしまい、病院に連れて行きました。

診断の結果は FIP(猫伝染性腹膜炎) のドライタイプだと伝えられ、

今の日本の薬では助からない病気と聞いて、泣いてしまいました…。


・このプロジェクトで実現したいこと

FIP(猫伝染性腹膜炎)の新薬と言われている、

MUTIAN(ムティアン)の投薬治療をしてあげたいです。

獣医になろうと思っている友達や、猫を飼っている知り合いの方などに相談をしたり、

ネットで色々と調べたところ。

まだ日本では認可されていない、FIPに効く薬があることを知りました。

ただ、この新しい薬は日本ではまだ未承認で買えず、

個人輸入での購入が必要なのと、とても高い薬と言う事を知りました。

ボボさんを元気にできるのであれば、

私ができることはしてあげたいと思うようになりました。

ただ、一昨年専門学校を卒業したばかりの私には到底払える金額ではなく、

少し貯めた貯金をおろしても、全て払える金額ではありませんでした。

そんな時、FIP闘病中の猫ちゃん飼い主さん達が支援を募っているのを見て、

私も何かできるかもしれないと思い、このプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。 

今後、私のように同じ経験をしている人や、これから同じ経験をするかもしれない飼い主さんの為にも、

お役に立てるような内容や情報を伝えていきたいです。


また、新薬と言われている「ムティアン」は、

日本において動物医薬品としてまだ承認されておらず、

私の個人的な自己責任と判断のうえで、与える必要があると思い決めました。

※「ムティアン」は日本において動物医薬品として承認されていません。

ボボさんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえで、

ボボさんにとって投与が必要と考えていますが、

全てのFIPの猫に「ムティアン」が有効であるという趣旨ではありません。



・プロジェクトをやろうと思った流れです


先月8月下旬からあまり夜の運動会がなくなってきた。

1歳になったので、だんだんと大人になってきたのかと思い、最初は気にしていませんでした。

その時はまだ、朝にはご飯の催促で起こしてくれたりと食欲はありました。

その後1週間ほどして、大好きなオモチャにもあまり興味を示さなくなり、

この時、何か具合でも悪いのかなと思うようになり、注意するようになりました。


9月2日頃

ご飯を少し残すようになり、食欲が少しなくなったような気がしました。

うんちはしっかりしていました。

甘えてはくるので、カリカリに飽きたのかな?と思っていました。

9月3日頃

前日より少しまた食欲がなくなり、

それでも朝と夜にカリカリを25グラム弱は食べてくれていました。

まだうんちも正常に出ています。

9月4日頃

また前日よりも食欲がなくなり、朝のうんちがでませんでした。

食べた量は朝と夜にカリカリを20グラムほど。

このあたりから体が少し熱い気がしてきました。

9月5日頃

食欲がまたなくなりました。

朝と夜のごはんはカリカリが20グラム以下。

体も熱っぽく、耳の穴に指を入れると熱いなと思うほどです。

この日うんちは出ませんでした。

9月6日頃

食欲がさらになくなり、朝のご飯はカリカリを15グラムほど、

夜はカリカリ10グラムとちゅーるを少し舐めるだけになりました。

このあたりから夜でも部屋を徘徊することもなく、寝ているようになりました。

9月7日頃

食欲がなく、朝はカリカリを10グラムほど、うんちは出ません。

夜はちゅーるを少し舐めるぐらいです。

あまり動かずご飯の時以外は寝るようになっていました。

9月8日頃

朝の挨拶もなく、お気に入りの場所で寝ていました。

頭を撫でると目をあけますが、瞬膜が戻らず、見るからに具合が悪そうでした。

カリカリご飯を食べなくなってしまい、ササミを茹でてあげました。

10グラムほど食べ、夜もササミを10グラム弱食べました。

この時、目玉を少し押し上げてみたところ、結膜炎の様な症状が出ていました。

9月9日頃

午前中仕事のお休みをもらい、かかりつけの病院に連れて行き、

様子がおかしいのを先生に伝え、血液検査・エコー・体温検査をしました。

その時、エコーで腸間膜リンパ節が少し腫れていると言われ、

体温は39.6分でした。

もしかしたらFIPの可能性もあるかもしれないとの事。

先生がFIPの検査実施してくれました。

その日はステロイド・抗生物質の薬を7日分もらい、その日から飲ませる事になりました。

9月10日頃

薬のせいか、少しだけ食欲が戻りましたが、うんちは出ません。

朝・夜ともにササミ10グラムほどです。

体温39.7分


9月11日頃

この日、先生から連絡があり、血液検査の結果を聞きました。

総蛋白が11.7g/dLと基準値を上回り、アルブミンが2.1g/dLと平均値を下回ります。

またA/G比と言うのが0.2と平均値より下回るとの内容でした。


FIPの検査結果は抗体価が1600倍と言う数字が出ていて、FIPと伝えられました。

この時にドライタイプとも言われました。

家に帰り、何がなんだかわからず、どうしていいかわからなくなってしまいました。


9月12日~15日まで

仕事も手につかず、ボボの事ばかり考えてしまい仕事になりませんでした。

お金をどう用意するか、借りられるのか、仕事を変えるなど色々考えてばかりでした。

頂いステロイドと抗生剤のせいか。

ボボさんの食欲は少し戻り、朝にカリカリ10g、夜にササミを5gほど食べるのが続きます。

ですが、熱はずっと39度を超え、うんちも出ません。

体重は4日間で200g落ちました。

9月16日頃

色々考えた結果、少し貯めれた自分の貯金を新薬に使おうと決心しました。

クレジットカードも20万まで使えるようにしました。

新薬を処方できる病院を探しました。

9月17日頃

新薬を処方できる病院を探しましたが、

車を持っていないのと、仕事を休んでしまうとお給料が減ってしまうので、

自分で個人輸入する事を決め、

それから与える量や、病気の症状などを沢山調べました。

ボボさんの場合、ドライタイプなので、初期段階の場合は1kgにつき、100mgを飲ませるとの事。

中期の場合や目にブドウ膜炎がみられる場合は基本の1.5倍の量を与えるとの事。

幸い、まだブドウ膜炎のような症状は出ておらず、ぐったり寝ているだけでした。

9月18日頃

新薬のサイトからムティアンを購入。

200mgを20カプセル

100mgを20カプセル

50mgを20カプセル購入しました。

合計で1540ドル

日本円で大体169400円でした。

こちらをカードで支払い、使ったカード金額を貯金で全額返済、

また購入する流れで進めようと考えました。

・薬が届くまでの9月19日頃から22日まで

薬が届くまでに最短で5日かかると言われました。

その間にもボボはどんどん元気がなくなってきてしまい、

19日には、朝にササミ5gほど。

夜はササミを10gも食べなくなってしまいました。

うんちも出ません。

21日頃にはササミも食べなくなってしまい、夜に新しく買ってきたおやつを少し食べるだけで、

後は寝てしまいます。

夜に小さなコロコロとしたうんちをしました。

その後、22日には寝たきりになってしまい、体は熱があり少し左目がくもり初めてしまいました。

そして22日の午後に薬が届きます。

購入から5日後で届きました。

投与は24時間おきに決まった時間に与えなければなりません、

時間の誤差は1時間ほど大丈夫との事。

仕事が遅くなってしまった日でも決まった時間で与えられるよう、22時に薬の時間となりました。

与えたい気持ちを抑え、22時まで待ちました。

ようやく22時になったので、ボボを起こすと左目にブドウ膜炎の症状が出始めてしまい、

初期から中期の症状になってしまいました。

もう1日早ければなど色々考えましたが、過ぎてしまった事。

薬の量を1.5倍にして与える事に決めました。

以下が投与の予定を決めました。

現在ボボは体重が3kgです。

中期の場合は1.5倍の1kgにつき150gとなり、1日に与える量が450mgになります。

金額にすると1日10890円

1日に1万円を超えてしまいました…

その後、順調に体重が増えるにつれ投与量も増えていくことになります。

1週間目 体重3000g~ 1日 450mg       

1日 10890円  1週間 76230円

2週間  体重3125g~ 1日 500mg

1日 12100円  1週間 84700円   

3週間  体重3300g~ 1日 550mg

1日 13310円  1週間 93170円

4週間  体重3450g~ 1日 550mg

1日 13310円  1週間 93170円 

5週間  体重3600g~ 1日 600mg 

1日 14520円  1週間 101640円 

6週間  体重3725g~ 1日 600mg

1日 14520円  1週間 101640円   

7週間  体重3850g~ 1日 600mg

1日 14520円  1週間 101640円 

8週間  体重4000g~ 1日 650mg

1日 15730円  1週間 110110円 

9週間  体重4125g~ 1日 650mg

1日 15730円  1週間 110110円 

10週間  体重4250g~ 1日 650mg

1日 15730円  1週間 110110円 

11週間  体重4375g~ 1日 700mg

1日 16940円  1週間 118580円

12週間  体重4500g  1日  700mg

1日 16940円  1週間 118580円

84日間の薬代だけで120万円になります。

とても高く、不安でしかない金額です。

それでも決意をして始めたこと。

弱気になってはダメと言われたので、

私も明るくボボに接し、薬の投与を続けようと思いました。


・これまでの活動です

9月22日

ぐったりしているボボ、22時がきたので450mgの投与を始めました。

200mgが2カプセル

50mgが1カプセルの合計3カプセルです。

与え方は、カプセルに少しちゅーるを塗り、

口をあけて、なるべく喉の奥の方にカプセルを落とし、

ごっくんするまで口を抑えてあげました。

ですが、1時間後少し吐いてしまいました。

その後、いつもと変わらず寝てしまいます。

左目のブドウ膜炎はさらにひどくなってしまいました。

9月23日

朝起きても隣にボボさんはいません。

心配になり、お気に入りの場所を見に行くとミャーと鳴いてくれましたが、

元気はありません。

その後、左目のブドウ膜炎がとても気になっていたので、

見てみると昨日より少し酷くなっていました。

ブドウ膜炎がこの後どうなるかとても心配です。

9月24日

夜に隣にきていたらしく、朝まで一緒に寝ました。

撫でるとゴロゴロいいますが、寝てばかりです。

朝はササミを5gmほどでした。

家から帰ると、布団で寝ていました

声をかけると少しミャーの声が大きく?

なったかな?と言う感じでした。

夜はササミを7gmほど食べてくれました。

うんちは出ませんでした。

9月25日

お薬4日目。

お休みでした。

朝ササミ8gm弱。

一日家に居たのか、私の膝で少し寝てくれた後寝室へ。

それから夕方まで寝ていました。

18時頃わたしが冷蔵庫をあさっていると、

後ろからミャーとの一言。

食欲あるの?もしかして薬効いてる?

なんて嬉しくなり、今日新しく買ってきたごはんを与える。

新しいカリカリには見向きもしないで、ササミを7gm食べてくれました。

うんちはコロコロとした小さなものを頑張ってしてくれました。

頑張ってお薬も3カプセル投与できました。

左目の赤さは変わらずです。

9月26日

起きても隣にはいませんでした。

いつものところに行くといません。

後ろを向いたら居ました。

おはようございますのミャーを一言。

少し張りがあるかな?

左目を見ると少しですが、赤みが薄くなっているような…。

ササミを5gm、また新しくあけたカリカリを5粒ほど食べてくれましたが…

吐きました…、しかも全部…。

仕事なのでササミを茶碗にいれて出社。

21時頃帰宅。遅くなってしまい心配で急いで帰ります。

ドアを開けると、何週間ぶりかの玄関までお出迎え。

玄関で泣いてしまいました。

ササミは少し食べた模様。

また3カプセルを無理やり投与です。

そのあと0時頃、カリカリを10粒程食べてくれました。

うんちはせず、早々と布団で寝てしまいました。

9月27日

朝隣にいました。

撫でるとミャーと張りのあるガラガラ声です。

ご飯食べる?と聞くとミャーとの長い声。

元気になってるかも…。

ササミを10gm弱食べてくれました。

カリカリは匂いだけ。

早番の為、出社。

帰ると玄関でのお出迎え。

少し心が明るくなりました。

夜ごはんはササミを10gm食べてくれましたが、

吐いてしまいます。

カリカリを5粒程食べ、投与の時間です。

また無理やり飲ませるのに成功。

そのあとは寝てしまいました。

薬飲むと眠くなる??

ボボさん元気になってくれるといいな…。

また新しくお薬を頼みました。

光熱費などが重なってしまい、

今回カードで96800円分しか買えませんでした。


・資金の使い道

集まった支援金ですが、全てFIP治療薬の購入費用に使わせていただきます。

ボボさんの場合、84日分の投与量が50400mgが必要になります。(概算)

薬購入費、約120万円+検査費用他約15万円=合計135万円

現在、私の貯金で16万円程使いました。

カードで払った薬代を全額返済し、できるだけ同じ量を購入します。

目標金額は私の貯金35万円を差し引いた金額とさせてください。

貯金がなくなってしまった後ですが。

銀行に行ってお金が借りられるか、休みの日に相談しに行きます。


・リターンについて

ボボさんの『活動報告』をさせていただきます。

※なるべく内容を明るく書いていきたいと思っています。


リターンの中身ですが、

何種類か知り合いのイラストレーターさんが、ボボさんのイラストを描いてくれました。

ステッカーやトートバック。マグカップなどにしようかと思っています。

準備出来次第、画像を載せていきます。

種類別にご確認頂けたら嬉しです。



・実施スケジュール

9月22日より、新薬を投与 450mg~

先生と相談をして、10月22日と11月24日と12月14日に動物病院にて検査。

(エコー・血液検査・FIP検査)

投薬終了日 12月14日予定となりました。

検査の結果により、投与が延長の場合もあるそうで心配です。


・最後に

長々と書いた文章を読んで頂きありがとうございます。

私は高校を卒業してから、専門学校を卒業し。

就職が決まり、初めて一人で生活するようになりました。

地方から出てきたばかりの私には、

寂しい時も泣きたい時も、いつもボボさんは友達でもあり、

大切な家族でもありました。いつも触り過ぎて逃げられますが…。

母が自分でできる事はやってみなさいと言ってくれたおかげで、

自分で大切な命を守る責任、働かないと暮らしていけない大変さ。

もうすべてが嫌で、実家に帰ってしまいたい時でも、

ボボさんに会うと、私が頑張らなきゃこの子も生きていけない。

と言う勇気と、もう私は大人、家では猫を1匹養っている。

と言う責任を感じられたのが、

とても今に繋がっていると思います。(今思うとですが…)

投与を続け、少し元気になってきているようにも思い、

少しですが、希望が持てています。

今は病気を知った時の、落ち込んでダメ人間になっていた私に少しでも大丈夫。

と伝えてあげあたいくらいです。

長い間読んで頂き、ありがとうございます。

図々しいと思われる方もいらっしゃると思います。

応援してやるか。と思ってくれた方。

どうかよろしくお願いします。(._.)

ゆずき


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/11/05 22:22

    第1回 経過観察報告こんにちは(*Ü*)先週の木曜日に病院へ行ってきて、検査結果の用紙を日曜日に取りに行きました。先生もビックリするほど、効果が出てました(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧まだ正常サンプルと比べるとやや盛りあがってはいますが…以前と比べると断然的に下がってます。こちらのFCoV抗体価は、...

  • 2020/10/27 23:21

    19日~25日(投与30日目~37日目)今週も完璧な投与でした॑⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝⋆*ご飯も毎日20g×2+おやつ5g×2(º﹃º`)ウンチも良好すぎるぐらいで、毎日出てました( •́ฅ•̀ )具合が悪かった時は、20g食べさせるのも、色々試行錯誤して食べさせていたなぁ…最初の症状は便...

  • 2020/10/21 20:26

    2日投与11日目朝ご飯の催促有り!〇 20g×2、おやつ5gうんち◎今日は帰ってきてからベッタリでした(*´﹃`*)可愛いねぇ(๑♡ᴗ♡๑)ブドウ膜炎の症状はもうほとんど無くなったね!夜の運動会は毎晩開催されます( ˊᵕˋ ;)走り回りすぎて、逆に心配になっちゃうぐらいです(๑´▽`๑)体重も...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください