【はじめに】

はじめまして。株式会社大醐 WEB事業部 入社2年目の今村です。

コロナの影響で、マスクをすることが当たり前の社会になりました。

弊社は衣料雑貨メーカーで「健康・安全・美容」と「日本の物づくりを未来へ伝える」の2つのテーマを元に「絹屋」ブランドでシルクの靴下・腹巻・マスク等を企画販売しています。

絹屋のマスクは肌にあたる内側が100%シルクになっていて、マスクによる肌荒れに悩んでいる方やマスクで肌をさらにつるつるにしたい方にお使いいただいています。

そんな絹屋ブランドで、とあるマスクを生産している最中、一つの問題に衝突します。

我々が求める、耳が痛くない・お肌にやさしい マスクひもが日本全土を探しても見つからないのです。

ないのなら作るしかない。弊社の持ち味でもあるフットワークの軽さで自らが求めるマスクひもを作ってしまえばいいんだと。そうして耳ひもを作ってくれる工場を探すところから始まりました。

その結果、様々な苦労と紆余曲折を経て最高の耳ひもが完成しました。完全オリジナルの耳ひもなので生産には大量の数が必要になります。実際に出来上がったものは約10,000mになりました。とてもいい耳ひもができたと自負していますが、会社のチカラだけではこの数を消化しきることができません。そこで皆様のチカラをお借りできないかとCAMPFIREでクラウドファンディングすることにしました。


【なぜ、この耳ひもがいいのか】

マスクをしているとき、耳が痛くなりませんか?

その大きな原因は耳ひもが長時間耳に圧迫することで起きる痛みだと言われています。

私たちはその問題を解決しながらも快適に過ごすことができる耳ひもを開発しました。

この耳ひもは大きく分けて3つの工程から作られています。

その工程を順に追っていきましょう。


①伸縮性のある、シルクの「糸」をつくる。

お肌に優しい耳ひもを作るためにまず考えたことはシルクを使うことです。

お肌に優しい=絹(シルク)。

大醐ではブランド「絹屋」を展開しており、お肌に優しいといえばシルクという方程式がありました。 さっそく絹紡糸を使って耳ひもを作ってみましたが思ったような伸縮性と柔らかさがあるひもが出来ませんでした。そこで気づいたことは、ひもを作る前にまず伸縮性のある新しいシルクの糸を作る必要があるということでした。

この糸は、1本のゴムにシルクをカバーリングとよばれる撚糸方法で巻き付けています。そうすることでゴムの伸縮性を活かしながら外側をシルクで覆うことができ、お肌に優しい耳ひもを作ることができます。 

  

②パイル状でふっくらとした「ひも」にする。


②の工程では①で作ったシルクの糸を「ひも」にしていきます。

リリアン編みのメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は内側が靴下のように空洞になることで、弾力が生まれ、柔らかい感触になります。2つ目は外側がパイル状になることです。パイルはよくタオルに使われていてふわふわとした優しい肌触りが特徴です。この二つのメリットが合わさることで内側も外側もふわふわとした柔らかくてお肌に優しいみみひもが完成しました。




③高圧と蒸気をかけることで収縮させ、さらにソフトな感触に。

※写真左:スチーム後、写真右:スチーム前


完成したひもをさらに高圧と蒸気をかけることで以下のメリットを生むことができます。

①寸法の安定

②よりソフトな感触に

通常であれば、②の工程までで完成としても十分なクオリティの耳ひもです。しかしこのひもは③の工程で高圧と蒸気をかけることで伸縮率が安定し、さらに安定したソフトな感触に仕上がります。

自信を持って、今までない最高の耳紐ができたと自負しています。


これら全ての工程を愛知県の工場で行うことにより、地元の伝統や知恵を守ることに貢献しています。


【使用イメージ】

着けてることを忘れてしまうくらいの優しい肌あたり。


耳ひもはご自身のサイズに合わせて結んでいただけます。


伸縮性はもちろん抜群。



【株式会社大醐のモノづくりへの想い】

株式会社大醐は「日本の物づくりを未来へ伝え、全ての人に優しい会社を目指します。」

お客様に商品を気にいってもらった結果、実はそれが世の中のためになっていた。そんな商品を作りたいのです。

無農薬野菜に例えて言うなら、身体にいいけれど、高くて、まずい無農薬野菜ではない。私たちが作りたいのは、みんなが欲しがるようなおいしくて、リーズナブルな野菜。それがついでに無農薬で体によかったらこんなに良いことはないと考えています。

もっと具体的に言うなら、お客様がデザインが良くて買った商品だけど、実は買って使うことが、世の中のためになっているそんな商品をつくりたいのです。

物を企画することを生業にしている私たちにとって今の日本の問題点は、物づくりの工場さんが毎年毎年、倒産、廃業で減っていること。30年先50年先の日本を考えたときに、工場さんは、今の3分の1か、5分の1に減少しているかもしれません。

私たちは、誰が、どんな想いで作ったものなのかを大切にしていきたい。長い年月をかけて培われた日本の伝統や、知恵を守り未来に伝えたい。

大醐は、トレンドや流行に左右されるアパレル商品ではなく、着る事ことで、暑さ寒さの中でも過ごしやすくなるエコな暮らしを提案できる商品を提案し続けます。その想いの延長線上に今回の最高のマスクひもプロジェクトもあります。是非、皆様にもご協力いただければ助かります。 

株式会社大醐 後藤裕一

会社HP:https://daigojapan.jp/


【資金の使い道】

・大量にできた耳ひもの販売。

・抗菌シルクの糸の開発。

【リターンのご説明】

全て、送料込みの金額になります。

1人分=60cmです。(少し長めになっております。カットしてお使いください。)

シルクの耳ひものカラーは生成・桜色・銀色・紺色の4色です。

●シルクの耳ひもお試しセット 4色セット各60cm (各1人分) 1,300円

●シルクの耳ひも 1色5m(8人分) 1,300円

●シルクの耳ひも 1色 10m(16人分)2,000円

●シルクの耳ひも 1色 20m(32人分)4,000円

●シルクの耳ひも 1色 40m(64人分)8,000円


【リターン品の配送スケジュール】

プロジェクト終了後より順次発送を開始いたします。


【最後に】

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。プロジェクト実行者の今村です。コロナウィルスが蔓延してから、私たちの生活は一変しました。マスクの着用・消毒・ソーシャルディスタンスなど常に感染を対策することに追われています。この危機を乗り越えるために会社として何ができるのか・私として何ができるのかを考えた結果、インターネットを通じて、良い感染対策衣類を世の中に出すことでした。このプロジェクトもその中の1つです。感染対策を意識するあまり、手や顔といったお肌が荒れてしまった方、ご高齢者で体に負担をかけながらも感染対策をされている方など無理をされている方が多くいらっしゃると思います。そんな方たちへ少しでも助けになるようなプロジェクトにできればという想いを乗せています。どうぞよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※写真・動画等は全て権利者から許可を得て掲載しています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください