ご挨拶

 去る9月5日の未明、アートギャラリーPIN-UPが火災により全焼してしまう事故に見舞われました。新型コロナウイルス感染症の影響により、PIN-UPでも展覧会の延期や中止が続き、再開の方法を模索していたところでの事故でした。
 まだ復帰の目処も立っていない状況ではありますが、火災被害の補填と再オープンに向けた資金調達として、クラウドファンディングを立ち上げる運びとなりました。


PIN-UPとは

 PIN-UPは、沖縄県の宜野湾市真栄原、通称”新町”と呼ばれる地域にあるギャラリーです。新町はもともと「特殊飲食街」として知られていた地域。2017年5月にオープンした当ギャラリーも元性風俗店の店舗を賃貸し改装したものです。沖縄県内においても複雑な背景を持つ地域に、多様なアートと触れられる場を作ろうと県内外、海外のアーティストに個展の場を提供してきました。

 これまで行った個展の代表的なものとしましては、石川竜一「adrenalimi(a)x」(2018年)、藤代冥砂「3books,2eyes,1voice and you.」(2019年)、Asako Moriyama「Schatztruhe★」(2019年)があります。

 オープンして3年目のギャラリーですので、まだまだ多くのことに挑戦したい、と考えていた矢先、コロナ禍と火災被害に見舞われるかたちとなってしまいました。


これまでの活動

石川竜一「adrenalimi(a)x」(2018年)

藤代冥砂「3books,2eyes,1voice and you.」(2019年)


Simon Fernandes「Para Sempre Parquelândia」 (2019)

作家コメント

・ピンナップは2017年にオープンして以来、県内外問わず、国境も跨いで、第一線で活躍している表現者から若い表現者まで、ジャンルや知名度に囚われない、意欲的な展示企画を実現してきました。

そのアクティブな動きは、ギャラリー自体を一時的に県外に移動させるポップアップストア等にもつながっていました。展示の方法や空間の使い方にもとても柔軟に対応し、表現の可能性と向き合える場所だったように思います。

昨今のコロナ渦のなか、生活のデジタル化が進んでいますが、デジタル、アナログ問わず、そこにプラットホーム的な存在が必要であることには変わりありません。オーナーの許田さんにはそのプラットホームを運営する力があると多くの人々に期待されています。沖縄の現在の文化を支え、これからを担っていく環境の再建にご協力お願いいたします。 

<石川竜一 >



資金の使い道

□ 火災で作品を失った作家への補償・支援
 勇崎哲史氏の写真展「蝉、生まれいずるころ。 沖縄戦 戦争遺跡という場(トポス)での十六夜」が全て焼失している他、館内で保管していた石川竜一氏の作品や、多くの若手作家の作品なども修復不能のダメージを受けています。


□ 場所を変えての新ピンナップの立ち上げ
 宜野湾市の方針により、新町地域は再開発されることが数年前から決められてます。当ギャラリーもコロナ禍と火災の有無に関わらず、2021年4月以降での立ち退き、移転が決定しておりました。現在の状況は測らずして、この予定が早まったことにもなります。

 新ギャラリーの場所、物件等については現在候補を探している段階で「沖縄県内で」ということだけ決定しています。失われたギャラリーの成り立ちやスタイルは踏襲しつつ、多くの作家とアートファンの集う場所を1日も早く再開させたいというのが、オーナー含めた関係者の望みです。


□ 新ピンナップの設備費(壁、照明、家電、家具、資材、書籍、ドリンク、作品など)
  9月5日の未明、ギャラリーで火災が発生。「全焼」の被害を受けることなりました。事故後、警察と消防による現場検証も行われましたが火災は原因不明として処理される運びとなりました。死傷者が出なかったことが不幸中の幸いです。しかしながら、全ての備品が火災焼失となりましたので、館内の備品も全てそろえ直す必要があります。



リターンについて

 多くの方に支援いただきたいという願いから、3種類の支援コースを設けました。


応援コース ギャラリー再建の応援を主にご参加いただくものです。お礼のお手紙と、ご希望の方はHPにてお名前を記載させていただきます。

新ギャラリー特典コース ギャラリー再建後にご利用いただけるリターンをご用意しております。

アート支援コース これまで当ギャラリーに関わってくださった作家さんたちより、リターンとして、作品やグッズをご提供いただいたものです。支援のお願いをする場ではありますが、皆さまとアート作品・表現物の出会いもお手伝いできれば幸いです。


※ リターン品は期間中随時更新予定です。当ページを「お気に入り登録」をいただくことですてきな作品たちの情報をいち早くおとどけします。



実施スケジュール



メディアに取り上げていただきました!

 沖縄県内の新聞・ラジオ・テレビを中心に、PIN-UPの現状、クラウドファンディングのことをお伝えいただいております。随時こちらにもリンクさせていただきます。


沖縄タイムスさま
原因不明の火災で全焼したギャラリー 若手アーティストが支援 沖縄のPIN-UP(ピンナップ)


琉球新報さま
「アートを止めない」 全焼したギャラリーPIN-UP 復活へ支援の輪 県内外から催しや募金



沖縄テレビさま
火災で失われたアートの発信地 復活へ踏み出した一歩



最後に

 

  火災が発生した直後はただただショックで、もうギャラリー経営は辞めようかという判断も頭に過ぎりました。しかし直後から多くの作家の方々が現場に駆け付けてくれ、県外からも支援の要請をいただきました。この時、私自身はPIN-UPが多くの方々にとって大事な場所であるということを再認識いたしました。「今はへこんでいる場合ではない」と自分に言い聞かせ、地域のアートの拠点を再建すべく歩み続けています。
 皆様のご支援のほどよろしくお願いします。

PIN-UP GALLERY オーナー 許田 盛哉



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください