はじめまして、ボクの名前はPOMA。(本名:保井こうじ)

いきなりですが、あなたにお願いがあります。

「どうかボクを助けてください。」

というのも、、、

ですが、適応障害を直したいから、あなたに助けて欲しいというわけではありません。

むしろ、今のボクは「適応障害と共に生きていこう」と思っています。

ごく最近、そう思えるようになったのです。

そして、あなたに助けて欲しいとお願いしているのは、そう思えるようになったキッカケが関係しています。

「適応障害と共に生きて行こう」と思えるようになったボクは、今年の6月下旬から新しいビジネスを始めました。つい先日のことです。
そして、それはこれまでやったこともない、「コーチング」という仕事です。

コーチングと聞いてもイメージがわかないかも知れません。
少し説明させてください。。。


ボクの始めたコーチングというのは、
「あなた自身が自分を見つめ直すことで、今の自分にちゃんと気付き、そこから本当の自分を見つけて、自分らしく生きていける」
その方法を二人三脚で教えながら、サポートしていくというものです。

あなたは、自分で自分を見つめ直すのであれば、コーチなんて必要ないのでは?と思われたでしょうか。

確かに、自分一人できるのであれば、一人でやればいいのですが、、、

コーチが必要となる理由は2つあります。


1つ目は、「自分を見つめ直す方法」を知っている人が少ないからです。

そのようは方法は世の中にたくさんあると思いますが、自分に合う方法、自分でもできる方法となると、その方法と出会える可能性は低いでしょう。
ボクの行った「自分を見つめ直す方法」は、自分の半生を振り返りながら、問題と感じる一つ一つの出来事を自問自答していくという単純なことでした。

ボクは自問自答するだけで、考え方が変わり、行動できるようになり、自分らしく生きられるようになったのです。自問自答という単純な方法だからこそ、この方法を世に広めたいと思っています。
そして、この方法はボクが自分で行った方法であり、そこにはボクなりのルールがあるので、その通りに行ってもらえるためにも、コーチが必要です。


2つ目は、自分一人で自分を見つめ直すことはシンドいからです。

ボク自身、自分を見つめ直す中で、何度もツラい思いをしました。
「こんなのオレじゃない」と目をそらしたくなるような自分を直視しなければならないからです。
言葉が大げさに聞こえるかも知れませんが、吐きそうな思いをしながら、それでも答えが出るまで見つめ直した時が何度もありました。

ボクの場合は、コーチは存在しませんでしたが、どうしても自分を見つめ直すことに本気で取り組まなければならない決意と覚悟があったので、なんとか乗り越えられてきました。

この話は、後ほど詳しく説明しています。

そういう理由があって、その方法を教え、実践してもらい、アドバイスをしながら応援とサポートできるようなコーチが必要なのです。

先ほど少し書きましたが、実は、ボク自身も自分を見つめ直す必要がありました。
そうしなければ、いつまで経っても変わることができないと感じるできごとがあったからです。

ボクは自分なりに自分を見つめ直しはじめて、「自分を見つめ直す方法」を見つけました。

そこから、この方法を広めるコーチングがしたいと思うようになったのです。

この方法を使えば「あなた自身が自分を見つめ直すことで、今の自分にちゃんと気付き、そこから本当の自分を見つけて、自分らしく生きていける」ので、どなたに試してもらってもいいのですが、、、



と、ボクは思っています。

一口で適応障害と言っても、その症状や原因は様々だと思います。
なので、すべての適応障害の方に試して欲しいとも言えませんし、ボクは医者ではないので、乗り越えられる保証もできません。

ボクは適応障害と診断されてから1年半くらい自分に悩みました。
もう一生自分らしく生きられないんじゃないかと考えた時期もありました。
リハビリのように、少しずつ人と会う機会を増やしたり、行動をしたりしてはいましたが、何かが変わるわけでもありませんでした。

適応障害になったことで、ストレスに敏感になり、大きな負荷を感じるような行動が怖いと思うようになったことも原因かも知れません。

ですが、「自分を見つめ直す方法」を見つけてから、どんどん自分が変わり出し、意欲も湧いてきて、行動もできるようになり、「適応障害と共に生きていこう」と思えるようにもなったのです。

なので、この方法は少しでも前向きになれる方法だと思います。
何より、ボク自身には効果てきめんなのです。


ボクは、適応障害になって、仕事もすべて放り出し、離婚することにもなり、ほぼ鬱のような状態で実家で療養していました。

正直、本当にこの先何をしたらいいのかなんて考える力もありませんでした。
仕事というプレッシャーを負うことが怖くて仕方ありませんでした。
新たな人間関係を築く勇気なんて持てるはずもありませんでした。

ところが、今はそうではありません。


適応障害と共に生きていくって選択肢もあるんだと気付けたことは、大きな発見でした。
自分を見つめ直すことで、そう思える自分なれたということも、大きな発見でした。
そして、その方法を自分で見つけたということも、大きな発見でした。


自分なりの方法で適応障害を恐れることなく、生きていこうと前向きになれていること、これはボクだからできたことではないと思うのです。

やり方を知って、理解してくれる人がいて、応援してくれる人がいるのであれば、そのチャンスは誰にでもあると、ボクは信じたいのです。


今の時代、パワハラやモラハラだけでなく、SNS疲れ、ネットでの炎上など、過度のストレスを感じてしまう人は増え続けていると思います。人目にさらされる機会があまりにも多くなってしまったことで、ストレスに敏感になっている人は多いと思うのです。

なので、、、

ボクと同じ用に適応障害を抱えている方、
適応障害でなくとも、環境によるストレスで悩んでいる方、
自分に自信がなくなってしまっている方、

にこそ、このコーチングを受けて欲しいと考えるようになりました。

ただ、かつてのボクがそうだったように、適応障害を抱えると、仕事ができなくなることもあります。
そこまでではなくとも、自分一人で生きていくほどの稼ぎしか得られなくなることもあります。
ですが、ボク自身も仕事としてコーチングをするので、対価はいただきます。

となると、適応障害に悩む方と、このコーチングは成立しない可能性が高いのです。



今回、ボクがお願いしたいことは3つあります。


1つ目は、始めたばかりのビジネスなので、最初のクライアントが欲しいのです。

これは、実績が欲しいということと、ボク自身が実際にコーチングの経験を積みたいということです。
実際のところ、ボクの周りに適応障害を抱えている人はいません。
そのため、ボク以外の方がどのような症状を抱えているのかも分かりません。

ですが、「自分を変えたい」と悩んでいる方が多いことは知っています。
なので、ボク自身がコーチとしての自信を得るためにも、あなたに最初のクライアントになって欲しいのです。

コーチングの開始時期は、支援金の入金後となる、2021年9月頃を予定しています。


2つ目は、このコーチングの存在を知ってもらうための広告を継続して出したいからです。

広告には、Facebook広告を利用します。
そこで毎月5万円ほどの広告を出し、ボクが見つけた「自分を見つめ直す方法」を一人でも多くの適応障害で悩まれている方に知って欲しいと思っています。

「自分を見つめ直す方法」は、ボク自身が発見した方法をまとめたPDFとして、販売しています。
適応障害を抱えると、コーチングも怖いと思われる人もいるでしょうから、そういう方たちには、まず方法について知ってもらうだけでも意義があると思うのです。

広告の掲載は、支援金の入金後となる、2021年9月頃を予定しており、終了時期は6ヶ月後の2022年2月を予定しています。


3つ目は、あなたの支援で、コーチングにかかる費用を抑えて申し込めるようにしたいからです。

自分を変えたいと本気で望んでいる方がいても、その方が適応障害であれば、先述の通り稼ぎが少ない可能性があります。
そこで、一人辺りのコーチング費用の50%を支援いただければ、適応障害の方も申し込みしやすくなるのではないか?と考えています。

費用の50%にしているのは、無料やあまりにも安い場合、自発的に取り組むことから逃げてしまう可能性が高くなることと、自分を変えたいと本気で思っていない方が申し込む可能性があるためです。

このご支援で申し込みをできるのは、今後出すFacebook広告からの申込者に限らせてもらい、その際に作る申し込み用のランディングページには、ご支援いただいた方のお名前を掲載させていただきます。


またこれは個人的な理由ですが、ボクにはお付き合いしている方がいます。
その恋人の存在なくしては、ボクはコーチングの仕事を始めることさえできなかったし、適応障害とともに生きていこうなんて思うこともできませんでした。

なので、恋人への感謝の気持ちも込めて、このプロジェクトを成功させたいと思っています。


ここからは、ボクがコーチングを始めることにした経緯を説明させてください。



ボクは、2019年に適応障害になりました。
適応障害は、ストレスにより、今いる環境に耐えられなくなるという障害のようです。
当時、ボクは結婚していて、子どもも2人いるのですが、ボクの適応障害は仕事と家庭の2つの環境が原因でした。(※ボクが診断を受けたお医者様がそう仰っていました)


適応障害が発症した2019年8月20日、ボクは自宅へ帰る途中、車の中で突然、心が壊れました。

本当に突然のことで理解はできませんでしたが、訳もなく涙が溢れて止まらなくなったのです。
確かに、この瞬間まで、仕事のプレッシャーや家庭のプレッシャーに悩んではいましたが、乗り越えられると必死になって頑張っていたので、まさかこんなことが起こるとは考えられませんでした。

涙が溢れると同時に「もう家にも帰れへん。誰とも会われへん。どこかに逃げな壊れる」という思いが頭をよぎりました。
いきなりのことでしたが、(元)妻と2人の子どもの元にさえ帰れない精神状態になってしまったのです。


今でもそんな精神状態は考えられませんが、その時のボクは何が起きたのか全く理解できませんでした。
ただ、すべてから逃げなければ、本当に壊れてしまう。という危機感だけを感じていました。

その日の夜、自宅の裏にある空き地に車を置いたボクは、スマホも車内に置き、車と家のを自宅のポストへ入れ、財布とたまたま車に載せていた2日分くらいの着替えだけを持って、1階の窓から微かに聞こえる子どもたちの笑い声に、「今までありがとう。ごめんな。逃げるパパを許してください」と頭を下げて、宛もなく現実逃避をしたのです。

家を背にして歩き出してからも涙が止まりませんでした。
ボクの帰りを、まだかまだかと待つ子どもたちさえも裏切らなければいけないほどに、ボクの心は壊れてしまったのです。。。

宛のなかったボクは、フラフラと歩きながら、寝る場所を探していました。命を絶つ勇気はなかったし、そのつもりでもなかったのでしょう。ボクはただただ、誰もボクを知らない場所に逃げたかっただけでした。

ところが、宛もなく1時間ほど歩いた先で、突然の雨に見舞われます。
まるで、ボクの行いを良しとしないかのように、雷雨を伴うような大雨が降り始めたのです。

風邪をひきたくなかったボクは、急いで雨をしのげる場所を探しましたが、屋根がある場所へ戻った頃には、ずぶ濡れになってしまいました。
さらに、精神的な疲労に加えて歩き疲れたこともあり、どうしても横になりたいと思ったボクは、ネットカフェに泊まることにしました。


ですが、次の日もその次の日も天候は悪かったのです。

8月23日の時点で、ボクは隣の市まで行くことしかできませんでした。本当は宛もないまま隣県に行き、そこでお金も尽きて、野垂れ死ぬのも悪くないとか考えていたのですが、やはり許される行為ではなかったんだと思います。

そして、その日の朝方、ネットカフェにいたボクは警察に保護されました。家族や親兄弟が捜索願いを出して、寝る間も惜しんで探してくれていたからです。
友だちや親戚までもが3日間、ボクを必死で探し回っていたと聞いています。

それでもボクがネットカフェに泊まっていなければ、絶対に見つかるはずはなかったと思いますが、、、本当はボク自身も見つけて欲しかったし、探して欲しかったのかも知れません。


それから、ボクが突然消えることを恐れた(元)妻の心配もあり、しばらくの間、人の目がある実家で過ごすことになりました。

そして、しばらくして、相当思い悩んだであろう(元)妻から離婚を求められました。

決断としては仕方がなかったと思います。なぜなら、ボクが適応障害になったから離婚を求められた訳ではありません。実は、この数ヶ月前から離婚の話は出ていたからです。

ただ、この決断はお互い苦しんだ末のものだと思っています。

離婚することになったボクはそのまま実家で療養しながら、自分のこれからの人生を模索し始めることになりました。幸い、今も子どもたちとは月に一度会うことができています。

冒頭にも書きましたが、適応障害と診断した病院の先生曰く、ボクのストレスの原因は、仕事と家庭、とのことでした。そして、適応障害の発症を抑えるには、環境から離れるしかないとも言われました。

そんなこともあって、実家に帰って3ヶ月ほど、ボクはスマホを持ちませんでした。
仕事先の方々には迷惑をかける結果となりましたが、自分の命との天秤にはかけられません。

なので、ボクは新しくストレスのないような人生をスタートさせようと決めました。
自分の中で、8月20日にボクは一度死に、8月23日に復活したと思うことにしました。
つまり、あの日からこっちの人生はオマケだから、もう命尽きるまでストレスを感じないように、楽しむしかないと決めたのです。


ですが、何がしたいのかも分からないままでしたし、すぐに仕事ができる状態でもなかったので、とにかくやってみたいことをやってみようと思い、2019年の12月頃からYoutubeを始めたり、顔見知りの方にパソコンを教えたりすることで、少しずつ行動できるようにしていきました。

2020年の春頃には父の仕事を少し手伝えるようにまで回復したので、それらをこなしながら、これから何をしようかと引き続き、模索していました。

結局、特にやりたいことも見つからないまま、2020年はコロナもあって終わってしまいます。


そして2021年1月、ボクはなんとなくインストールしたマッチングアプリで恋人と出会います。

たいした仕事もない状態だったし、39歳という年齢でこのような状態では自分に自信が持てるわけでもないし、適応障害もあったので、当初は恋愛がしたかった、という訳でもありませんでした。
ただ、女性の写真を眺めて楽しむくらいの感覚で、運良くメッセージのやり取りでもできれば少しは人生を楽しむ意欲も湧くかも知れないと、気軽な気持ちだったのです。

ですが、そんなすべての不安をかき消すくらいの女性を見つけてしまったのです。

彼女の写真を見た瞬間に「オレにはこの人しかおらん」という直感が走りました。

今の自分の状態などを考えている場合ではなかったのです。
当時、ボクは滋賀県在住です。そして彼女は愛知県在住でした。
遠くはないけど、決して近いわけでもないというその距離では諦めてもおかしくないのですが、距離さえもいといませんでした。

適応障害になって以来、人間関係のストレスから逃げていたボクが、はじめて意欲を持って、積極的に人と対する行動しようと思えたのです。今思えば、人間の本能が偉大だということかも知れませんね。

そんなボクの想いが届いたのか、本当に幸いなことに、彼女からも連絡がありマッチングできたのです。

マッチングできてから彼女とはたくさんのメッセージを交換しました。

そして、出会ってから11日後にはじめて会い、そこで完全に惚れたボクは、その3日後に彼女に告白をして恋人同士になったのです。

ですが、ボクは浮気をしてしまいました。


それは、ボクにとっては趣味仲間と共通の趣味である位置情報ゲームを楽しむだけのものでした。
ですが、その方は女性でした。

そのことを恋人に伝えていたとは言え、やはり異性と2人で会うというのは浮気です。

そんな当たり前のことを何も思わず、ボクはその方と会ってしまいました。
もちろん、ただ位置情報ゲームを楽しんで終わっただけなのですが、恋人が快く思うはずはありません。

そして、ボクは恋人にフラレました。


ですが、ボクは浮気だけが原因でフラれたわけではありませんでした。
その時のボクには分からなかったのですが、ボクがフラれたのは、それまでにボクが気付かずにいた色々なウソが積み重なってのことだったのです。

浮気の反省をしていたボクは、なぜ悪気なく浮気をしてしまったのかと、自分を見つめ直すようになりました。

なぜなら、ボクは「何がなんでも変わって、恋人と復縁する」と決意し、覚悟を決めたからです。

そのため、これまではそんなことをしたともなかったのですが、瞑想を始めたり、恋人がやっていたヨガのその思想を勉強してみたりしながら、とにかく自分を顧みなければいけないと反省を始めました。


適応障害を抱えているボクにとって、自分を見つめ直すということは、とてもシンドいことでした。
フラれたことで落ち込んでいる自分をさらに追い込むようなことをしているのですから、シンドいのは当たり前です。

ですが、それでも心は前向きでした。

さらに、これは幸いなことなのですが、ボクをフッた後も彼女はボクとLINEでのメッセージはしてくれていました。そのお陰で、心も前向きになれたし、自分が反省していることを伝える機会もあったのです。

ですが、ただ反省するだけでは意味がありません。


ボクの中の何が原因となったのか、具体的にはボクの中にある間違った思考の正体とは何なのか?それを知らなければ、根本から解決はできません。

寝ても起きても、自分と向き合う日々が続きました。

彼女とのLINEの中でも色々と気付かされることがありました。
彼女は、自分と向き合い始めたボクにたくさんのアドバイスをくれました。

行動するボクを信じてくれていたのだと思います。
ボクは、成長して絶対に復縁するということを誓っていました。
それが、できなければ結局、彼女を裏切ったままで終わってしまいます。

ボクは、いつしか適応障害を自分への言い訳にしたくないと、思うようにもなっていました。
自分にだって本気で行動ができるんだと思うようになっていったのです。


そして、3月19日と20日に2つの大きなターニングポイントを迎えます。

これからあなたが読まれる話は、ボクにとって、とても大きな意味のある物語です。

それは、ボクが適応障害になった根本的な理由にさえ気付けたような、そんな大切な出来事です。
なので、あなたにも色眼鏡なしで、この話を読んでいただければ、嬉しいです。


3月19日にボクは彼女から「一緒にここに泊まりに行きたいです」と嬉しいLINEをもらいました。

その瞬間のボクは、誘われたことに、ただただ喜んでいたのですが、実はそんな単純な話ではありませんでした。

そのホテルは、一泊12万円もする高級リゾートホテルでした。
「え?なんでこんな高いところに?」と思いました。
ほとんど稼ぎがないことを知っているのだから、なんなら連れて行ってもらえるのか?とさえ思ったのです。

ただ、さすがに自分の分くらいはなんとかしなければ話にならないと思ったボクは、「12万円ならなんとかできます」と強がりました。本当は8万円くらいしかなんとかできないと思っていたのですが、、、

ところが、彼女は「目標は24万で」と言って来たのです。

さすがにボクは震えました。
なんとかすれば12万円を稼げる可能性はあっても、24万円なんてどうすればいいんやと、ビビってしまいましたが、とにかく頭をフル回転させて考えながら行動するしかできません。


ですが、これはボクが必死に行動できるようになるために、そして、本気で行動することで得られる自信を知ってもらうために、と彼女が考えてくれたボクへの優しさだったのです。

やはりここでもボクは、適応障害を言い訳にせず、自分を見つめ直しながら、頭を使って、何とかして24万円稼ぐことだけに集中しました。

旅行は4月12日と決まり、彼女の想いに応えるためにも、ボクは何が何でも3週間ほどで24万円を稼がなくてはいけませんでした。

この試練が1つ目の大きなターニングポイントです。

そして、さらに翌日に2つ目のターニングポイントが来ました。

3月20日、ボクは彼女からLINEである質問をされました。

それは、ヨガの思想から自分を見つめ直すような質問だったのですが、ボクはその質問に対して、熟考した答えを長文で返したのです。

すると、その答えを読んだ彼女から「自分の考えていることを文字にする才能があるから、書くことを全身全霊でやってみてください」と言われたのです。


確かに、ボクは昔から言葉で想いを伝えるよりも、手紙で伝える方が素直に自分を表現できていましたし、ブログを書くのも好きでした。なんなら若い頃は小説も書いていたぐらいでした。

そこで、ボクは自分を見つめ直す場として、翌日の3月21日にブログを開設し、そこで日々自問自答するようになったのです。

このブログの開設も大きなターニングポイントでした。

ブログの中で毎日のように自分と向き合うことで、ボクはこれまで以上の速度で自分の弱さなどに気付き始めたのです。


ボクは一日に何度も自問自答する記事を書きました。

そして、、、

・なぜ悪気なく浮気をしてしまったのか?
・恋人に対してウソを積み重ねていたのはなぜか?
・12万円さえ稼ぐことが怖いのはなぜか?

などを自問自答することで、ほんの数日の内に、それらの原因となった自分にも気付いたのです。


そんなことを繰り返した結果、約束から2週間もかからず、4月1日には24万円も稼ぎました。

さらに、自問自答を繰り返す中での変化と成長の末、4月24日にボクは恋人との復縁も実現できました。


この時、ボクは、、、


「本気で自分を見つめ直し、それを日々継続すれば、人は変われる」


と実感したのです。

それ以降もボクはブログを通じて自分を見つめ直し続けて来ました。

そして、いつからかブログで行っている「自問自答」のスゴさに自分で感動してしまいました。
この方法を継続するだけで、誰でも変われるとさえ思うようになったのです。

そこから、ボクは自分が書いた記事を読み返し、自分の自問自答にはいくつかのルールがあることを見つけました。

そうして、それらをまとめた冊子「あなたを変える自問自答のメソッド」も作りました。
これが、ボクが何度も言っていた「自分を見つめ直す方法」です。


この冊子の中に書かれたメソッドを実践すれば、自分一人で自分を変えることも不可能ではありません。
事実、ボクがその体験を何度もしているのです。

そして、自分を変えることは、本当の自分として生きられるということでした。
ボクは、自分の弱さと向き合い、そこから本当の自分を知る度に、自分の抱えていた問題に気付き、どうすれば問題から解放されるのか、その方法を理解していきました。


このメソッドを「自分を変えたい」と悩みながらも、どうしたら良いのか分からない人たちに知ってもらうために、自問自答コーチングをしようと考えるようになっていました。

そんな中、突然のことですが、5月5日にボクは自分のために実家から恋人のいる愛知県へと引っ越しました。

引っ越した理由は単純です。
ボクが適応障害だからです。

適応障害の原因は、仕事と家庭と言われましたが、実は実家もその対象だったのです。
ボクは昔から実家にいることが苦痛だったからです。

実家にいると、誰からしらがボクを頼ります。
それは本来なら大したことではありません。
ですが、ボクにとってはとてもストレスに感じることでした。

そのことに気付いたのも自問自答のお陰です。


でも、なかなか引っ越しを決断することはできません。
それは、実家に帰って来てから、お世話になった親兄弟への気遣いもありました。
さらには、引っ越し資金もありません。

それでも、恋人は分かってくれていました。

ボクがいくら自分を見つめ直して、少し成長できたとしても、実家でストレスを感じているままでは、この先どうしようもないと気付いてくれていたのです。

ボクは恋人を愛しています。恋人もボクを愛していくれています。
将来は、結婚をして一緒に生活をしたいとも考えています。

でも、ボクが縮こまって、行動もできずに、勇気も出せずに、口先だけで良いことを言っていても、何一つ叶えられないことを彼女は分かっていました。

そこで、そんなボクの背中を押して、すぐに行動できるように、恋人は引っ越し資金を立て替えてくれました。

お陰で、ボクはすぐに引っ越しを決めて、行動しました。


ところが、ここで別の問題が起こります。

はじめての一人暮らしと、突然「自由」になったことで、漠然とした不安を抱えてしまったのです。

それから1ヶ月ほど、ボクは何をしたらいいのかがさっぱり分からなくなってしまいました。
幸い、仕事はパソコンがあればなんとかできることばかりでしたが、それを続けるだけなら実家にいても同じことです。

恋人の大きな愛情に背中を押してもらったにも関わらず、またボクは元に戻りそうになっていたのです。

1ヶ月ほどの間、ブログでの自問自答の数も少し減っていたと思います。
自分でも何が不安なのかも分からないまま、どうしていいのかも分からずにいました。

そして、そんなボクを見かねて、恋人が「しっかりと日々、自分を見つめ直してください」とアドバイスをくれました。


そう言われて再び、しっかりと自分を見つめ直し始めたボクは、愛知へ来る前に「あなたを変える自問自答のメソッド」を使って、コーチングをしようと思っていたことを思い出したのです。
そして、引っ越してからは、そのための行動を何もしていないことに気付きました。

不安の正体は、何も行動していないことだったのです。

そこから、もう一度自分を見つめ直し、目指すべき場所、目指すべき自分にも気付けました。
この自問自答のメソッドを使って、目指すべき場所、目指すべき自分とは、、、

ボクが24万円稼ぐチャレンジをしていた時、恐れはありましたが、何も言い訳せずに「できる」と自分を信じて、自問自答と仕事に取りくんでいました。

言い訳をしている暇があるなら、とにかく行動した方が良いと思い出したのです。

そして、ボクは「自分を変えたい」と本気で思っている方へのコーチングを始めるための行動をし始めました。

ランディングページを何個か作っては、Facebook広告をいくつか出しました。
ブログでも宣伝したり、知り合いにメールしたり、思いつくことはとにかくやるようにしました。

でも、なかなかクライアントは見つかりません。
そこで、ボクは考えました。


「自分を変えたい」と思っている方というのは、あまりにも定義が広すぎる。
もっと、ボク自身が寄り添える方を対象にしたほうがよいのではないか?

そんなことを考える内に、ボク自身が適応障害に悩み、苦しみ、行動できずにいたことを思い出し、そこから「自分を見つめ直す方法」を見つけて、「適応障害と共に生きていこう」と思えるようになったことを思い出したのです。

そこで、ボクは自分を助けてくれた「自問自答のメソッド」を知ってもらうことで、ボクと同じ用に適応障害に悩まされながらも自分を変えたいと思っている人を導きたいと思うようになりました。


お恥ずかしいことばかりですが、ボクは「夢」や「やりたいこと」のために、行動できたことがありませんでした。
いつも何かしら言い訳をつけて、諦めてばかりいました。

やがてそれが自信喪失に繋がり、仕事もうまくいかず、家庭さえも守れず、適応障害へと自分を追い込む結果になっていったのです。

そんな自分が変わることができたのは、ボク自身のお陰ではありません。
ボクを理解し、応援し、支えてくれている恋人がいるからです。
彼女のお陰で、ボクは、本気で行動することができ、自分を変えることができ、やりたいことに気付き、夢さえも持てるようになったのです。


そしてつい先日のこと、さらに恋人から言われたのです。

「1日でも早くクライアントを見つけたら、今よりもっと惚れます」と。。。

これに対してボクは、やはりビビっています。ですが、それ以上に燃えています。

そのためには、言い訳などしている暇はありません。


自分で決めたことに対して、ボクはしっかりとその道を歩く覚悟を持たなければ、恋人の想いに応えることもできないままになってしまいます。

そして、ボク自身がようやく見つけた自分のやりたいことも、実現できずに終わるかも知れません。

だから、あなたに助けて欲しいのです。


ボクがブログを始めたのは約4ヶ月前のことです。

それまでにどれだけの数の自問自答を行ったのかは覚えていませんが、ブログの記事が7月13日の時点で310本あるので、50〜100本ほどは自分を見つめ直すような記事を書いていると思います。


これほどのペースで行えたのは、恋人の存在があったからですが、やはりボク自身が「自分を変えたい」「言い訳をしない自分になりたい」という強い思いがあるからこそです。

そして、その強い思いを実現する方法を自分で見つけたことが大きいです。

もちろん、変化や成長をしていても、戸惑ってしまうこともあります。
不安に襲われることもあります。

それでも、自問自答さえ忘れることなく続けていれば、なんとかなるのだということも度々経験してきました。


ボクは、この「自問自答のメソッド」は、しっかりと取り組めば誰にでも使える方法だと思っています。

そして、適応障害を抱えながらでも自分を変えたいと思っているのに、

何をしても上手くいかなくて悩んでいる人、、、
どうすればいいのか分からずに困っている人、、、
いつも同じことでつまづいてしまうような人、、、

そのような人たちに「自問自答のメソッド」を知ってもらいたいのです。


本気で自分と向き合うことができれば、人は自分を変えることができるし、継続すれば成長することもできる、と知ってもらいたいのです。

ここで言う成長は、精神的成長です。
行動すること、決意することへの怖さに対して、立ち向かえるようになるのです。


ボクはそうして自分の過ちの根本に気付いたり、無理だと思いこんでいたことを実現できたり、恋人と復縁したり、引っ越しするという決断もできました。

その結果、「適応障害と共に生きていこう」と思えるようにもなり、心に不安を感じることが減りました。
さらに、自問自答のメソッドを世に広めたいという、自分がやりたいことまで見つけることができました。
そして、今新たな人生を歩き出すために、「自問自答コーチング」という新たな仕事を始める覚悟ができました。

これらはすべて、「自問自答のメソッド」で自分を見つめ直してきたお陰です。



適応障害になる前から、ボクには大きな欠点がありました。

自営業のボクに仕事を依頼される方は、有り難いことに、ボクの人柄、知識、能力を認めてくれた上で仕事の依頼をくれます。ボクは、人に好かれやすい性格なので、本当にたくさんの方に信頼されて、仕事をもらえていました。
もちろん、ボク自身も、その思いに応えようと、必死で頑張って来ました。

ですが、ボクは「オレなんかがお金を稼げるわけがない」という呪いの言葉で自分を呪っていたのです。


つまり、ボクはどんな仕事をしても、自分の仕事を信じ切ることができなかったのです。
自分に自信を持つことができないまま、仕事をやって来ました。

その結果、本当なら、10万円は請求したい仕事でも、自信がないから「3万円で」と安く請け負うことになります。そうなると、労力と時間だけが削られて、働けば働くほど損するのです。

そうして、ボクは自分で自分の首を締めて生きていました。

気付けば、生活費を満額入れられなくなり、足りない分を借金で補填するようになり、資金繰りは悪化の一途。それでも仕事をしなければ借金も返せないので、仕事を受けますが、自信がないからちゃんとした金額の請求ができない。

負のループを自ら作り出していったのです。


もちろん、生活費を満額渡せなくなると(元)妻からも責められます。自尊心を傷付けられるような言葉を何度も浴びせられました。そして、余計に自信を無くすのです。

自信がなくなるにつれ、仕事のクオリティも落ちます。
ボクは自分で適応障害となる環境を作っていったのです。

完全に自信を失った結果、ボクは適応障害が発症し、すべてから逃げ出したのです。

そんなボクのままだったから、恋人から「24万円稼いでください」と言われたときも「頑張って8万円」「頭使っても12万円」と、到底24万円はムリだと決めつけていたのです。


ところが、自分を見つめ直す中で、ボクは気付きました。

「そもそも、請求を8万円でせずに、24万円ですればいいだけではないのか?」と。。。

これはどういうことでしょうか?


ボクが最初から自分の仕事の価値が8万円と思い込んでいたことが原因だということです。
自信のなさが数字に現れていることが原因なのです。

つまり、この仕事は24万円の価値があるから、24万円請求する。
「オレがした仕事なんだから24万円の価値がある」
と自信を持って請求するだけで良かったのです。

事実、それだけのことで、8万円が3倍の24万円になったのです。

こうして、恋人はボクに「自信を持って生きてください」ということを教えてくれました。

大げさですが、39年間自分に自信が持てなかったボクが、はじめて自信を持てるようになり始めたのです。

自分の価値が低いと思っていたことが原因だったことも、自問自答の中で気付きました。



ボクの作った「あなたを変える自問自答のメソッド」は、あなたが自分で自分に気付けるための方法です。

そこから、新しい自分を見つけ、新しい自分として生きていくまでの道しるべをまとめたものです。

適応障害という病気は、ボクの場合、自分に自信がないということが根本的な原因でしたが、これは自信がなくなれば誰にでも起こり得る病気でもあります。

自信に満ちあふれていそうな芸能人でさえ適応障害を抱えているというのは、昨今話題になっています。

それほど現代はストレスが蔓延していると言うことなのでしょう。
もう一つ言えるとすれば、情報が多すぎるがゆえに、周りを気にしてばかりで、自分を見つめ直す時間を持てなくなった現代社会の生んだ病気が適応障害と言えるかも知れません。


自分では気付いていないだけで、適応障害を抱えている方もいるかも知れません。予備軍となればさらに多いかも知れません。

あなたも、もしかしたら適応障害と隣合わせで生きているのかも知れません。


きっと、現代では誰もが適応障害になり得るのだと思います。

そうなった時、自分はもう無理だと諦めてしまってはダメです。
だからと言って、無理をしてまで行動することもダメです。
何もせずに言い訳をして生きていく、これもダメです。

ですが、ボクが変われたように、あなたも自分に気付くことで、新しい自分と出会うことができます。
もし、あなたが適応障害でないとしても、「変わりたい」と思っているのであれば、「あなたを変える自問自答のメソッド」を知り、実践することで、新しい自分と出会うことができるでしょう。


ボクが目指したいのは、一人ひとりが自分と向き合うことで、自分を見つめ直すことで、人生を前向きに考えられる。そんな未来なのです。


ボクがこのクラウンドファンディングで実現したいことは、3つあります。


①一人でも多くの方に「自問自答のメソッド」を知っていただきたい

ボクは一人でも多くの方に「あなたを変える自問自答のメソッド」を知って欲しいと考えています。

そこで、「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をすべてのリターンに含めさせていただきます。
なぜなら、あなたにもお読みいただき、ご自身で実践してもらい、良ければフィードバックをいただきたいのです。それにより、このメソッドがさらにブラッシュアップもされると思うからです。

さらに、Facebook広告にて、適応障害を抱えながら、行動したくてもできない方に、このメソッドを知ってもらい、そこからコーチングに繋げたいとも考えています。

この「あなたを変える自問自答のメソッド」は、ボクが自分を変えることができた方法です。

自分で言うのもなんですが、この方法は人生を変えられるだけの価値があります。少なくとも、ボクの人生は変わりました。


②コーチングの最初のクライアントを獲得したい

もちろん、ただ知ってもらうだけではなく、自問自答に取りくんでもらい、実際にあなたにも自分を変えられるということを体感して欲しいと思っています。

その為のコーチングをボクにさせてください。
そして、コーチングの実績を作らせて欲しいのです。

始めたばかりのボクにとって、最初のクライアントは非常に重要で貴重な存在となります。
実のところ、適応障害で悩む方を最初のクライアントにすることは、やはり怖さがあります。

まずは、ボク自身がこの仕事に自信を持てることができなければ、ボクのやりたいことはできないでしょう。そこで、あなたからの応援をいただくことで、ボクは将来に対する不安も消し去ることができます。

当たり前のことですが、コーチングには全力を尽くします。
期間内にボクができることはすべてやらせていただきます。それでも至らぬ点があれば、そこを伝えていもらい、コーチング自体もブラッシュアップさせていただきます。


③適応障害でも自分で行動したいと悩む方を導きたい

導くなんて言い方は、厚かましいかも知れませんね。

ボクの実践してきた方法を知ってもらい、アドバイスやサポートを通じて、ボクが変われたように、新しい自分と出会い、変わって欲しいと思っています。

できれば、「適応障害と共に生きていこう」と前向きに思えるようになって欲しいです。


ボクたちは、自分自身を否定しがちだと思います。
そうではなくて、自分の中でマイナスと感じるようなことも自分なのだと認められる強さを持つことができれば、人は成長できると思うのです。


だからこそ、ボクと同じ用に適応障害に悩む方には、適応障害の自分を否定するのではなく、共に行きていくという選択肢もあることを知っていただき、明るい未来を描いてもらえればと思うのです。


最後に、やはり私情ですが

恋人に喜んで欲しいという思いもあります。

何度も何度もボクを助けてくれている恋人に喜んで欲しいと思っています。
私情でしかありませんが、適応障害であるボクを理解し、ここまで導いてくれた彼女への恩返しは、ボクが第2の人生をしっかりと自分の足で歩き出すことだと思っています。

セルフグロースパートナー POMA

ボクは1981年、京都市に生まれ、20歳までを京都市伏見区で過ごしました。
その後、2001年に滋賀県大津市へ実家が引っ越し、2003年から父の営む税理士事務所の職員として就職します。もちろん、税理士になると思ってのことでした。

ですが、その試験の難解さから税理士を断念したボクは、そこから自分で生きる道を探すべく、得意だったHP制作などをメイン事業にした株式会社プライムサンズを2007年に設立し、それ以来、HP制作、チラシ制作、動画マーケティングなどを仕事として請け負うようになります。

そんな中、偶然知り合った方に人柄と話術を認められ、JR西日本京都支社へ地域貢献のプログラムのプレゼンをさせてもらえたり(お陰様で導入も決定し2018〜2019年の1年半ほど運用していました)、滋賀県内の某大学で行われるイベントの企画から運営までを任せてもらえたりもしました。

さらに、マーケティングの知識から、数年前から適応障害になった今でも、変わらずに頼っていただける経営者の方にはコンサルタントとして、ビジネスのアドバイスなどもさせていただいております。

また、適応障害になり、実家に帰った後では、対個人でも行えるビジネスとして、少しずつ行動できるようにと、マンツーマンでのパソコン教室をスタートさせて、近隣の方からご厚意いただき、何人もご紹介いただけたり、趣味からギター教室をはじめることで、人にものを教えることの喜びも知りました。そんな中で、人にものを教えることが向いているとも感じました。

そのため、この自問自答コーチングも始めようとも思えた次第です。
もちろん、自問自答を発見したのはごく最近であり、自問自答を使ったコーチングという仕事は行ったことがありませんが、仕事柄、経営者からのご相談、それはビジネスだけでなく家族のことなども含めて、多々されてきた経験、それに対するアドバイスをした経験などがあり、さらに、パソコンおよびギター教室で人に教えることも得意だと感じています。

また、本文中でも書いてきましたが、ボク自身が適応障害に悩み、苦しんだ過去、そこからさらに、自分を見つめ直し、自分を変えることができたことで、適応障害に悩むことがなくなりました。

これは、適応障害を克服できたわけではなく、適応障害を発症しないような工夫を自分でできるようになったり、適応障害と上手く付き合えるようになったためです。

その経験から、適応障害に悩みながらも、今の環境や自分をなんとかしたいと思われている方をサポートしたいと、自問自答コーチングをはじめました。

7月19日現在、広報などは続けて行っておりますが、「あなたを変える自問自答のメソッド」の購入者はおられますが、コーチングは未経験となりますので、こちらで最初のクライアントを募らせていただいている次第です。

【経歴まとめ】
2000年 平安高等学校卒業
2001年 大阪学院大学中退
2003年 税理士事務所入所
2007年 株式会社プライムサンズ設立
2010年 結婚(第一子誕生)
2012年 第二子誕生
2015年 某大学SEとして派遣会社就職(ご縁から)
2016年 派遣会社の都合でSEを離職
2018年 某大学のイベント企画運営を担当
2019年 適応障害発症
2020年 離婚/Youtubeチャンネル開設/パソコン教室&ギター教室開始
2021年 ブログ開設/自問自答のメソッド発見/自問自答コーチングを始める


このクラウンドファンディングは、自問自答コーチングを提供させていただきたいということが主な目的であるため、資金の全てに明確な使い道はありませんが、目標金額である300万円が集まった場合、概ね次のように使わせていただきます。


■広告費 約30万円

6ヶ月ほどFacebook広告を月の予算5万円ほどで出稿したいと考えています。
広告の目的は、適応障害の方に向けて「自問自答のメソッド」の存在、「自問自答コーチング」の存在を知っていただくためです。

メソッドに興味を持たれた方には、別途「コーチング」を50%オフでご提案させていただきます。


■コーチング費用支援 約135万円

このクラウンドファンディングの大きな目的の1つがこれです。

上記の広告でメソッドに興味を持たれた方を対象に、「自問自答コーチングライト4週間」(販売価格15万円)を50%オフで提案し、その際に残りの50%分の費用は、クラウンドファンディングにてご支援いただいたことをお伝えさせていただきます。

内訳としては、一人あたりのコーチング費用をひと月辺りに対応できる最大人数分(3名)かける広告掲載期間分(6ヶ月)として計算しています。

・コーチング費用(自問自答コーチングライト4週間)
15万円×50%=7万5000円
7万5000円×3人=22万5000円
22万5000円×6ヶ月=135万円

実際には、支援いただいた分だけの人数の申し込みがあるまで、広告の継続するつもりです。
その際の広告費は、再度クラウンドファンディングで募集するなどする予定です。
また、支援いただいた方には、クライアントが決まれば随時、ご連絡をさせていただきます。

※支援額によって50%オフと80%オフをご用意しております。


■コーチングのための新サービス開発費 約111万円

残りの金額は、今後作成する新サービス(「現在開発中の「あなたを変える自問自答のメソッド」音声解説プログラム、および同パワポ版など)の開発費およびそれらをご購入いただいた方へのフォローアップ(LINEおよびZOOMによる個別相談など)の活動資金としてご利用させていただきます。

①活動を応援したい!人向けコース

3,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・定価4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


②より詳しく「自問自答のメソッド」を知りたい!人向けコース

30,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(音声解説プログラム)をご提供いたします。
・・・7万9800円で販売予定の「あなたを変える自問自答メソッド」の音声解説プログラムのダウンロードURLをメールアドレス宛にお送りいたします。(※現在作成中:2021年9月上旬完成予定)
※商品およびサービスの価格は税抜です。


③広告からの申込者のコーチング費用50%を支援しても良い!人向けコース

75,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■広告やコーチング申し込みなどの経過報告をいたします。
・・・広告の成果報告およびそこからコーチングに申し込みされた方の有無などを、6ヶ月間報告させていただきます。
※プライバシーポリシー保護の観点から受講者を特定できるような情報は伏せさせていただきます。

 
■「自問自答コーチングライト4週間」の50%割引をさせていただきます。
・・・広告からお申込みいただいた方に「自問自答コーチングライト4週間」(販売価格15万円)を75,000円にてご提供いたします。
※広告からのクライアントが決定次第、ご支援者にはメールにてご連絡を差し上げますので、re.lemonium@gmail.comからのメールを受信できるようにご設定願います。
※2021年10月の広告掲載以降、申し込み順にご対応させていただきます。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


④広告からの申込者のコーチング費用80%を支援しても良い!人向けコース

120,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■広告やコーチング申し込みなどの経過報告をいたします。
・・・広告の成果報告およびそこからコーチングに申し込みされた方の有無などを、6ヶ月間報告させていただきます。
※プライバシーポリシー保護の観点から受講者を特定できるような情報は伏せさせていただきます。

■「自問自答コーチングライト4週間」の80%割引をさせていただきます。
・・・広告からお申込みいただいた方に「自問自答コーチングライト4週間」(販売価格15万円)を30,000円にてご提供いたします。
※広告からのクライアントが決定次第、ご支援者にはメールにてご連絡を差し上げますので、re.lemonium@gmail.comからのメールを受信できるようにご設定願います。
※2021年10月の広告掲載以降、申し込み順にご対応させていただきます。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


⑤最初のクライアントになって応援してあげる!人向けコース

120,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■「自問自答コーチングライト4週間」をご提供させていただきます。
・・・ご支援いただいた方に「自問自答コーチングライト4週間」(販売価格15万円)をご提供いたします。
※ご支援者にはメールにてご連絡を差し上げますので、re.lemonium@gmail.comからのメールを受信できるようにご設定願います。
※2021年10月以降、ご支援順に毎月3〜5名様をご対応させていただきます。
※スケジュール調整の関係で順番が前後する場合もございます。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


⑥最初のクライアントになって応援もするし、自問自答を習慣化もしたい人!向けコース

300,000円
■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■「自問自答コーチング12週間」をご提供させていただきます。
・・・ご支援いただいた方に「自問自答コーチング12週間」(販売価格39万円)をご提供いたします。
※ご支援者にはメールにてご連絡を差し上げますので、re.lemonium@gmail.comからのメールを受信できるようにご設定願います。
※2021年10月以降、ご支援順に毎月3〜5名様をご対応させていただきます。
※上記人数は「自問自答コーチングライト4週間」と合わせての人数となります。
※スケジュール調整の関係で順番が前後する場合もございます。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


⑦最初のクライアントになって応援もするし、自問自答をマスターもしたい人!向けコース

600,000円

■お礼のメールをさせていただきます。
※不要の場合は、お手数ですが備考欄に「不要」を入力ください。
※2021年9月頃実施

■ブログ「自問自答のおと」にて、お礼を述べさせていただきます。
※個人名、企業名どちらでも大丈夫です。
※ブログ「自問自答のおと」内にてご支援者様を紹介するページを作成いたします。
※不要の場合は、お手数ですが、備考欄に「紹介不要」と入力ください。

■「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)をご提供いたします。
・・・4万9800円で販売している「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)のダウンロードURLをメールアドレス宛に送らせていただきます。(re.lemonium@gmail.comから届きます)
※データでの提供のため、送料などは発生いたしません。
※商品およびサービスの価格は税抜です。

■「自問自答コーチング24週間」をご提供させていただきます。
・・・ご支援いただいた方に「自問自答コーチング24週間」(販売価格66万円)をご提供いたします。
※ご支援者にはメールにてご連絡を差し上げますので、re.lemonium@gmail.comからのメールを受信できるようにご設定願います。
※2021年10月以降、ご支援順に毎月3〜5名様をご対応させていただきます。
※上記人数は「自問自答コーチングライト4週間」「自問自答コーチング12週間」と合わせての人数となります。
※スケジュール調整の関係で順番が前後する場合もございます。
※商品およびサービスの価格は税抜です。


ボクが3月21日にはじめたブログの中で行っていた「自問自答」から、エッセンスを抜き出し、体系化してまとめたものがこの「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)です。

この「自問自答のメソッド」では、自問自答に取り組むための心構えから、取り組む方法、そして本当の自分に気付くまでの手順を全34ページに渡って書いております。(※ワークのページ含む)

このメソッドは、ご支援いただいた方全員にお渡しするものですが、これが完成形ではないと考えております。そのため、お手元に届いた方は、ご一読の上、できれば実践もいただきたいです。

そして、この冊子へのご意見やご感想、メソッドへの疑問などがありましたら、ぜひメールにてPOMAにお伝えください。

そういったフィードバックを反映させて、このメソッドをよりわかりやすく編集し、完成形に近づけたいと考えております。

未完成のものを人に公開するのかと思われるかも知れませんが、バージョンアップの都度、最新版をお渡しできるのもネットならでは、データならではの強みだと考えております。最新版が出れば、あなたにも改訂版としてデータをお渡しさせていただきますので、ご理解とご協力いただければ幸いです。

なお、リターンとして提供する当PDFの著作権は、すべて著作者(起案者)に属しますので、転売や配布、支援者以外への公開、開示などはすべて禁止させていただきます。

販売価格4万9800円の商品となります。


自問自答コーチングでは、「書き出す」ということが重要となります。
なぜなら、書き出すことで、思考が整理され、内容を見直すこともでき、情報を共有することも可能となるからです。
コーチングでは、ボクがあなたの自問自答の流れを把握しなければ、アドバイスなどできませんので、このような形を取らせていただきます。

この書き出しは、主にLINEを使用して行います。
LINEをされていない方であれば、MessengerやSkypeなどでも構いません。

つまり、基本的なやり取りは、メールなどを使って文字で行います。

また、お申込みをいただいてから、3〜5営業日以内に、当方から個別にメールにてご返信させていただきます。(※コーチング費用ご支援の場合は、9月以降広告の実績や申し込みの状況、申し込み以降の進捗などを個別および活動報告にてご報告させていただきます)

そこでスケジュール調整をさせていただき、コーチング開始日を決定いたします。

その上で、LINEなどのテキストにて自問自答を実際に書き出してもらい、それをボクにシェアしてもらうという形からコーチングをはじめてまいります。長文になることもございますので、「ノート」機能をご利用いただいても構いません。次に、実例をあげておきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なぜ私は自分に自信が持てないのだろう?
自信が持てないというのは、実績を評価されたことがないからか?
いや、仕事の実績は評価されているし、喜ばれている。
だとしたら、自信が持てないのは他者の評価が原因ではない?
ということは、自分に対する評価が低い?
なぜ自己評価が低いのだろうか?
過去に自分を否定するような出来事があったか?
そう言えば、妻から「無能」とか「クズ」と言われていた。
そんな評価を受け入れてしまっていたのか?
妻に反論するのが怖かっただけじゃないのか?
自分で無能だと思ってはいないのだから、これが原因ではないかも知れない。
そう言えば、幼い頃から母が他の男性から求婚されていた話を聞かされていた。
自分も好きなおじさんだったが、このおじさんからも母に求婚していた話を聞いた。
母は父と結婚したにも関わらず、こんな話をしたのはなぜ?
本当は、そのおじさんと結婚したかったのか?
だとしたら、自分は望まれて生まれてきたわけじゃないのか?
そのことを子ども心ながらに気付いてしまったんじゃないのか?
実際には、母は自分を愛してくれているし、父のことも愛しているけれど、この話を聞いて、生まれてきてよかったのか?と自分で自分でを否定してしまったんじゃないのか?
ってことは、自分に自信が持てないのは、自分が生まれてきてもよかったのかが分かっていないから?
自分が生まれたことを自分で認めれていないから、自分を否定しているから自信が持てないのか。
そうだとしたら、自分は生まれてきてよかったと思えるようになればいいのかも知れない。
そのためには、まず幼かった自分を認めてあげよう。
生まれて来てよかったし、お陰で好きな人と出会えたし、今は楽しくて幸せな日々を送れている。
やりたいことも見つかって、それで人の役に立ちたいとも思えるようになった。
すべては、自分が生まれてきたお陰だ。
今まで気付かずに、否定したままでごめんなさい。
私は自分を愛しています。
もう、自分で自分を愛していいよ。
これからは、自分を愛して、自信を持って生きて大丈夫だよ。
私が生まれてきたことで、たくさんの人が幸せになっているし、喜んでくれている。
私はそんな自分を認めています。
これからも私として、たくさんの幸せな時間を過ごしていくから、今日から自信を持って生きていけます。
本当に、今までありがとう。

※この例は、実際にボクがブログで自問自答したことを端的に写したものです。
※この例は、自問自答のメソッドに則って行っております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記のような自問自答を送っていただくことで、メソッドに則って実施されているかなどを確認し、アドバイスやヒアリングを行いながら、自問自答のメソッドのご理解と実践を繰り返していただきます。

コーチング開始後、隔週または毎週に1度(※進行具合による)ZOOMでの対面コーチングも実施いたします。顔出しに抵抗のある方は、音声だけでも構いません。

ZOOM内では、自問自答のメソッドにおいて抱かれた質問、疑問への解説や回答を行います。
加えて、送っていただいた自問自答に対してのアドバイス、質問などをこちらからもさせていただくことで、自分でも気付かなかった自分を見つけていただきます。

ZOOMでのコーチングは、

自問自答コーチングライト4週間であれば、ZOOMは最大4回。
自問自答コーチング12週間であれば、ZOOMは最大12回。
自問自答コーチング24週間であれば、ZOOMは最大24回。

この期間を通じて、自問自答のメソッドをよりご理解いただきながら、実践してもらい、本当のあなたにきづけるように、サポートさせていただきます。

なお、お申込み後には初回コーチングをZOOMにて行います。
この初回コーチングでは、自問自答をLINEでどのように行えばいいのか?など、自問自答のメソッドに沿って実践していただく方法をアドバイスさせていただきます。

その上で、実際にLINEにて自問自答を行っていただき、その内容をPOMAのLINE公式アカウントに送っていただきます。(※自問自答を行う際は、他のメモアプリなどでも構いません。コピペしてLINEにて送っていただきます)

スマホなどで打つことが苦手な場合、うまくできないと感じた場合は、ノートなどに書いていただき、写真を送っていただく形でも可能です。

もちろん、コーチングでは全力でお応えいたしますが、あなたがボクにとって最初のクライアントとなるため、至らぬ点もあるかと思います。その時は、どうぞご指摘ください。

ボク自身、ここでの経験も踏まえて、コーチングを自分のものにしていきたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

スケジュール調整などは、申込後、別途メールにて順次対応させていただきます。

なお、通常申し込みの場合、
自問自答コーチングライト4週間は、販売価格15万円。
自問自答コーチングライト12週間は、販売価格39万円。
自問自答コーチングライト24週間は、販売価格66万円。
でそれぞれ申し込みを受け付けております。
※価格はすべて税抜です。



2021年7月24日
クラウンドファンディングスタート

2021年8月23日
クラウンドファンディング終了

2021年9月
メールでのお礼順次開始
ブログ「自問自答のおと」にてリターン用のページ作成&公開
「あなたを変える自問自答のメソッド」(PDF)データ送信開始

2021年10月
自問自答コーチングライト4週間第1期スタート
自問自答コーチング12週間第1期スタート
自問自答コーチング24週間第1期スタート
Facebook広告出稿開始
(※コーチングのスタートは、申し込み後3〜5営業日以内に申込者に個別に連絡いたします)
(※広告の出稿については、広告画像および申し込み用のLPのURLを活動報告にて報告いたします)

2021年11月
自問自答コーチングライト4週間第2期スタート

2021年12月
自問自答コーチングライト4週間第3期スタート

2022年1月
自問自答コーチングライト4週間第4期
自問自答コーチング12週間第2期スタート

2022年3月
自問自答コーチング24週間第2期スタート
Facebook広告出稿終了予定

※自問自答コーチングライト4週間のスタート時期は、個々人のスケジュール調整により異なるため、翌月以降などにずれこむ可能性がございます。
※自問自答コーチング12週間のスタート時期は、個々人のスケジュール調整により異なるため、翌月以降などにずれこむ可能性がございます。
※自問自答コーチング24週間のスタート時期は、個々人のスケジュール調整により異なるため、翌月以降などにずれこむ可能性がございます。
※各リターン実施の報告などは、当サイトおよびブログ「自問自答のおと」にて実施させていただきます。


ここまでお読みいただいたあなたに、まずお礼を言わせてください。
本当にありがとうございます。

ボクが適応障害を抱えるようになった原因は、正直なところ外部環境であると思っていません。
もちろん、原因が環境に全くないとは言いませんが、ボクの中では「自分の弱さ」が発端だと認識しています。

適応障害を抱えているすべての人が、同じ原因を抱えているわけではありませんので、これはあくまでもボクの場合の話です。

ですが、もしも適応障害を抱えながらも、「自分を変えたい」と思われている方がいるのだとしたら、それはボクと同様の原因、つまり「自分の弱さ」にあると考えることができます。


ボクは、そのような方のために「自問自答コーチング」を通じて、自問自答のメソッドを学んでもらい、実践してもらい、、、

・自分を変えることの素晴らしさ
・自分を変えられるという心強さ
・自分を変えることで生まれる新しい人生

を実際に体感していただき、明日を希望に満ちたものにしていただきたいのです。


適応障害を抱えたお前に本当にできるのか?


そう思われている方もいるかも知れません。
それに関しては、「できる」と答えますが、正直なところボクができるかどうかではありません。

コーチングは、あくまでも主体性がメインです。

これは本当にスポーツのコーチと同じで、やるかやらないかは本人によるのです。

コーチの仕事は、方法を教えること、アドバイスすること、見守ること、応援することだけなのです。

適応障害を抱えている人に主体性を求める事自体、酷なのかも知れません。

ですが、ボクは自分が変わりたいと本気で思っているのであれば、少しずつでも行動はできると思っているし、ボク自身はそうやって小さな行動を積み重ねて積み重ねて、その先で恋人と出会い、彼女の支えもあって、大きな変化ができました。


これから始める仕事なので、ボク自身不安や怖さもあります。
それは認めますし、そのために至らぬこともあると思います。

ですが、ボクが39年間かけて築き上げてきた自分を変えれたという事実だけが、今のボクにとっては大きな自信です。

そして、そこから生まれたボクの「やりたいこと」を実現させてください。


どうか、あなたの応援をお願いします。

ボクを助けてください。

そして、ボクと同じように適応障害で悩みながらもなんとかしたいともがいている方の助けになってください。



文中でも書いておりますが、ボクは恋人に本当に支えられています。
プロジェクトを応援する場で私情はマイナスなのかも知れませんが、彼女への恩返しとこれからの2人の幸せのためにも、ボクはこのプロジェクトを成功させて、近い将来結婚できれば、それがこのプロジェクトのもう一つゴールだと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたからの支援をお待ちしております。


POMA


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※リターン内に記載されている商品やサービスの価格はすべて税抜で記載しております。

■ 著作権について

リターンの商品やサービスおよびそれに付随する情報などすべての著作権はPOMAに帰属します。
私的かつ非商業目的で使用する場合、その他著作権法により認められる場合を除き、事前にPOMAからの書面による許可を受けずに、複製、公衆送信、改変、切除、お客様のウェブサイトへの転載等の行為は著作権法により禁止されています。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 株式会社プライムサンズ
 ● 事業者の住所/所在地:〒520-0107 滋賀県大津市雄琴北1-24-37
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください