特別なことはできないけれど・・・
子どもたち若者たちの「日常」を支えていきたい!!!

子どもたち若者たちは 未来を担う宝物だ。

少子化の進んだ今こそ、社会の中で少数派になってしまった彼らサポートしていきたい。

5年間の経験からサミートスには、彼らと、彼らを育てているお母さん・お父さんたち笑顔にするツールが育ちました。新たなカタチで、このたび再始動を目指しています。

みなさま、どうか私たちの活動のご支援をお願いいたします。


・はじめに

 こんにちは! NPO法人居場所づくりサポート サミートスの今田裕子です。

 私には17〜24歳の4人の子どもがいます。子どもが小さかった時、夫は仕事が忙しく、何かの時に子どもを預かってもらえる環境がありませんでした。

“その時にできる仕事”を転々とし、慌ただしい日常の中、子育ての不安や仕事についての悩みを誰かに話すことができないでいました。

さらに、教員として関わった親たちや、保護者として地域や職場や保育園のママ友たちとの交流で、親になった人たちはみなそれぞれ、私と同じような不安や悩みを心に抱え込んでいるという実態を痛感いたしました。

 そこで“親同士が集い励まし合える居場所“ “子どもたちが安心できる居場所”を作りたい!この夢を13年間思い続け、5年前の2015年12月「給食カフェ&ホッとスペース サミートス」というお店を立ち上げました。

『サミートス』とは、子ども4人の名前の頭文字 さ・み・と・す をつなげた愛称です。


~ サミートス これまでの5年間 〜

 これまで、「食育活動(給食カフェ)」「子育て支援(キッズルーム運営・ 子ども食堂)」「 学習支援」「対話のできるカフェ 」という『地域の居場所』を具体化した4つの活動をしてきました。

 おかげさまで、赤ちゃんからご年配の方までたくさんの人たちにご愛顧いただき、昨年度のサミートス利用者は総数12,150名、そのうちキッズルームは909家族、自習室利用者は4,256名でした。(全てのべ人数)

 しかしながら、理想と現実はなかなかうまくかみ合わず、経営はど素人なため赤字が続きました。朝から晩まで頑張りましたが、借金返済には遠く及ばず擦り減っていくだけ。そんなアンバランスによって、周りの人々にかなり迷惑をかけてきました。


 そんな中でも、集ってくれるお客様やスタッフから笑顔をいただいたり、個人様や企業・団体様が サポーター会員として、またご寄付などで、たくさんの応援をしてくれたことで、何とか5年間続けることができました。ところが3月からのコロナ禍によってとどめを刺され、「給食カフェ&ホッとスペース サミートス」 は2020年8月末をもって閉鎖を余儀なくされました。


 このたび小さな店舗に移転して、日々の家賃などの運営費等事業内容を見直しいたします。たくさんの方に必要とされていたサミートス。スペースは小さくなってしまいましたが、さらにパワーアップしたカタチで、再始動を目指します。そのための新店舗の改修費がどうしても足りませんどうかみなさま、私たちにお力を貸してください。



〜 5年間の活動で、さらに膨らむ思い 〜

  5年間、たくさんの方と触れ合いました。ありがたいことにサミートスには、「誰かの役に立ちたい」「やさしさをプレゼントしたい」というエネルギーを持った方がたくさん集まってきます。“その方々の気持ちをよりくむことができたら““その方々の活躍できる居場所になれたら”という思いが日々強くなりました。


 また、たくさんの子どもたち・若者・お母さん・お父さんとお話しをしました。その“世代”に関わる人たちは、みな何らかに不安定で、信じる気持ちと同時に心配な気持ちがあり、「今の自分(自分の子ども)は大丈夫だろうか?」「誰かに自分(自分の子ども)を認めてもらいたい!」という心の叫びを持っていました。

 そしてその多くが、他人と自分を比較したり、集団の中の相対的な自分の立場によって思い悩み苦しんでいることがわかってきました。本当に頑張っているのに、結果がともなわないから「これではだめだ」と自己否定感を持つ。このように考えていくと、その苦しみは果てのない底なし沼です。頑張り屋さんほど親子で沼にはまっていきます。特に思春期の子どもたちや親たちが、そこにもがき苦しんでいる現実にたくさん出会ってきました。

 「今の社会一般の基準でなく、その子らしい良さを見てほしい」「お母さん(お父さん)自身もご自分の良さを見てほしい」 これが、サミートスの思いです。ご自分の良いところ、お子さまの長所を見つめられたら、自己肯定感がアップします。自己肯定感こそ、日々を生きる喜びのエネルギーなのです。できたら、サミートスに集う小さな子どものお母さんお父さんに、その思いを直に伝えていきたい。早ければ早いほど子育てが楽しくなって、その結果、親子関係の礎をしっかりと築くことができるから・・・。

 だからこそ私たちサミートスは、いつもいつも子どもたちや親たちを認めていきたい。

良いところをたくさん見つけて「素晴らしいね!」って、たくさん声かけしたい。

頑張っていることに「よくやっているね!」って、励ましていきたい。

子どもたち若者たちは未来を担う宝物です。サミートスの活動は彼らと彼らを支える人たちを大切にすることができる。小さなことだけど、大事なことだと思うから・・・


〜 サミートスにできること 〜

 次の4つの活動で「誰かに認めてもらいたい」「やさしくされたい」人たち 「誰かを応援したい」「優しさを届けたい」 人たちをつなげます。相手のことを大切にしながら、直接関わっていきます。

 [食材をご寄付してくれる方々]と[お料理するサミートススタッフ] 両方の愛情たっぷりのランチメニューを低価格にて提供いたします。月・水・金・日、予約制にてオープン。ゆったり完全貸切スペース。年間およそ400家族のお腹と心をサポートします!(毎回2家族ご来店としての概算数)


 [食材をご寄付してくれる方々]と[お料理するサミートススタッフ] 両方の愛情たっぷりメニュー第2弾。月・火・水・木・金の平日、毎日5食を無料にて、困っている方に提供いたします

 サミートスはコロナ禍がきっかけとなり、困っている方との中継ぎネットワークを構築いたしました。まずは、そのネットワークを通して本当に困っている方へ。わずか1日5食ですが、愛情のこもったお弁当でお腹が満たされることで、その瞬間心が安らいでいただければうれしいです。

 年間およそ1,200食でみなさんのお腹と心をサポートします!(平日5食を1か月20日として概算)


 おしゃべりすることをメインにした新たな試みです。「お話しするだけでも、心が和らぐことがあるよね。」月・水・金・日の14時30分~16時、サミートススタッフがあなたのお話をお聴きします。無料で事前予約制です。

 場所は店舗でも、電話でも、オンラインでも。安心して、おしゃべりしてください。どなたでも参加できます。おもちゃも使えます。店舗では、揚げパンやドリンクを提供できます。(事前予約制、有料)

 私自身経営が困窮している時に、たくさんの方にお話しを聴いていただきました。何度も何度も同じことを話しました。なかなか変わることはできなかったのですが、そんな自分自身を受け止めてくれることがとてもうれしかったです。 

 またサミートスに集う「困っている方にやさしくしたい方々」の居場所になれたら・・・!その方々がこの「おしゃべりサミートス」を拠点に傾聴ボランティアとして活躍していただけたらどんなに素敵だろう!と野望を抱いています。

 まずは、初めはサミートススタッフによる傾聴からスタートします。年間およそ200組の方をサポートします!(毎回1組利用として概算)

 寺子屋サミートスもパワーアップ。コロナ禍でオンライン化がいっきに進み、たくさんの学習支援の可能性が広がりました。4月より大学生のオンライン指導の「キャッチボール指導」をスタートします。学習に対して、喜びを感じることができなくなってしまった子どもたちを対象とした活動です。コロナ禍以降何人かの生徒さんでスタートしていまして、とても効果的であることが実証されました。もちろん、マンツーマンにて相手の気持ちに寄りそったサミートスならではの指導方法です。

 誰かに自分のできることを認められ、ほめてもらえたら、本当にうれしいことです。このサミートスの原点を、大学生の力をお借りして、たくさんの方の学びを喜びに変えていきます。

 このキャッチボール指導は、利用者側にとって①一人一人に寄りそった完全個別指導  ②低価格  ③サミートスの講師によるバックサポート  という利点、学生側にとっては①自分の一生懸命頑張ってきた「学習」で、人の役に立てる経験ができる ②隙間時間の有効活用 という双方向のメリットがあります。その間を仲立ちしていきます。

 このシステムを軌道に乗せて、生活に困窮している子どもたちのもとへ、無料で学習支援を行いたい!次の野望はここにあります。学習の楽しさを感じるとともに、誰かに自分自身の成長を寄りそい喜んでもらえる。その嬉しさとともに自己肯定感をアップすることができる

 オンラインを活用しての取り組みなので、日本中の子どもたちと学生をつなぐことができます。この「キャッチボール指導」は、失ってしまった地域社会のつながりを、今ここに新しいカタチで復活できる 無数の可能性を感じています。



〜 応援メッセージ ~

応援者第一号

藤居 峻介さん

私が今まで出会った団体の中で、最も協力を惜しまない団体の一つです。理事は、かつては教師をされていましたが、今の教育の在り方を見つめ直し、子供の為、ひいては今後の日本の為に日々活動されています。お話を聞けば聞く程、子供や社会に対する愛を感じます。

これはその第一歩です。その第一歩に協力できる事は私にとって、とても幸運な事です。


動画クリエイター

畔見 薫さん

繋がりやすくなった現代は、人の繋がりが「見える」時代でもあります。そんな時は却って孤独を感じる人や親子もいると思うのです。 大変な時や苦しい時こそ声をあげられないもの。そんな時に寄り添ってくれるのがサミートスさんだと思っています。誰でも明るい未来を思い描きたいもの! 私はサミートスさんを通じて、子どもや若者が自己肯定感を上げ、未来を切り拓く力を培えるよう応援していきます。 あなたも是非応援してくださいませんか? 

畔見さん(ポラ子さん)がサミートスの思いを通して、動画を作成してくれました。ぜひご覧ください!!!】


ママの働き方応援隊トレーナー/学童保育支援員

木暮 紘子 さん

私も学童保育支援員として子どもの教育にたずさわっています。今の学校教育で足りないものを補うサミートスの活動にとても共感し、応援したいと思います。私の小さな支援が未来の子ども達の役に少しでも立てれば、とてもうれしく思っています。


〜 お金の使い道 〜

○「おやこ屋サミートス」改修費 約84万円 (新店舗を親子がワクワク集うことができるように改修いたします。)およそ200万円の改修費・コロナ対策設備費用のうち、半分を目標にクラウドファンディングにて募りたいと思います。みなさま、ご支援をお願いいたします。

○GoodMorning手数料  約16万円 


〜 スケジュールについて 〜

2020年12月28日(月) クラウドファンディング終了

2021年2月下旬     改修工事スタート

2021年3月下旬     改修工事終了

2021年3月31日(水) 新サミートス リニューアルオープン


〜 最後に ~

 サミートスの活動は、まだまだ始まったばかりです。これからの世の中を幸せにしていくためには、まず、大人たち一人ずつの気持ちを変えていかなければならない。自分の利益の追求ではなく、ましてや他人よりも高学歴になることでもない。

 サミートスが「他人にやさしくすることはかっこいい!」「これからの世代の人こそ、支援していかなくては!」というムーブメントを起こしていきたいと思います。社会にやさしくされた若い世代が増えれば、その世代が大人になった時、次の世代にやさしくする行動を起こしてくれることでしょう。

 さあ、未来への種をまいていきましょう。 大人たちの日々の暮らしのあり方で、きっと変えることができるはず。そう信じています。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください