自己紹介




はじめに
皆さんはタトゥーにどんなイメージをお持ちですか?
きっと世間的には、マイナスなイメージが大半だと思います。



日本ではあまり良い印象を持たれないタトゥーですが、
生まれつきのアザや事故痕、手術痕をタトゥーで目立たなくすることも出来るのです。


今回立ち上げるタトゥースタジオは、一般的な『彫る』タトゥーではなく、
ペイントに近い『染める』ジャグアタトゥーのスタジオです。

ジャグアタトゥーとは、植物由来のインクで肌を染めることでタトゥーを施す
消えるタトゥーのこと。ボディーアートの一種と言われています。

通常の彫るタトゥーとは異なり、皮膚の深くまでインクは入れないので
だんだんと薄くなっていき約2~3週間で消え、アレルギー反応も少ないです。

また、最近広まりつつあるヘナタトゥーと類似していますが、
茶色のような発色をするヘナタトゥーに対してジャグアタトゥーは黒っぽい紺色に
近い色合いになります。より彫るタトゥーのように綺麗に仕上がります。



そんな方達をイラストの力で幸せにしたい
コンプレックスをアートで昇華させたい。
その思いから、アクセス面も考慮して、東京都内スタジオを構えたいと思いました。



スタジオ開設経緯

アメリカンテイストを得意とするフリーランスイラストレーターとして独立し、

初めは友人が仕事を引っ張ってくれたことで色々なお仕事に携わって来ました。

そのなかの1つにジャグアタトゥーの依頼がありました。


もともとHIPHOP等のアメリカンアンダーグラウンドな文化は大好きで、タトゥーに対する偏見はなかったのですが、
この依頼からさらにタトゥーへの見方が変わりました。

その依頼内容は、生まれつきあるアザを生かしたイラストをジャグアタトゥーで表現してほしいとのことでした。


偏見はなくとも、正直タトゥーは少し怖いというイメージがあったのですが、

タトゥーは自身のコンプレックスを昇華させてくれるアートでもあると気づきました。

単に自分が大好きで描いていたイラストを、

誰かのために絵を描いていきたい。

イラストレーターとしての在り方が変わり、スタジオ開設に至りました。

また、スタジオではこれまでの作品も販売していく予定です。

ショップとスタジオの融合、そして新型コロナウイルス感染対策を施した完全プライベートスタジオを目指します。




クラウドファンディングをする理由

これからスタジオを運営していくにあたり、

あまり類をみないジャグアタトゥーに興味をお持ちの方が

どのくらいいらっしゃるのかを知るためのテストマーケティングの為です。

もともとあまりお金に興味がなく、好きなことを仕事にしたいとの思いで

個人事業主として活動しています。

活動していく中で感じたのは、

1人ではお仕事はいただけない』ということです。

当初は自分本位で仕事ができればいいと考え独立しましたが、

本当に多くの方に助けられ、ご愛顧いただいてここまで来れました。

この恩を忘れずに、今度は皆様をジャグアタトゥーで幸せにします。



リターンについて

本来であれば、ジャグアタトゥーの施術をリターンさせて頂きたかったのですが、現状スタジオがないため、ご支援者様保護の観点から、未成年を含む不特定多数の閲覧者様に及ぶ影響等を勘案し、不適切であると判断いたしました。

よって、ご支援いただいた方には、これまでの作品や、スタジオのオリジナルグッズ、をリターンさせて頂きます。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

スタジオ公式ラインアカウントはこちら↓

資金の使い道

・約40万:スタジオ契約初期費用

・9万3500円:CAMPFIRE利用手数料(17%)

・残額:スタジオ設備購入費用等

※スタジオ契約に約100万円掛かります。
足りない50万円に関しては、小田嶋の全財産で補います。


実施スケジュール

2020年11月30日
・クラウドファンディング締め切り

2020年12月〜
・レンタルサロンでの施術開始(東京都内)
・日本金融政策公庫からの創業融資準備
*融資が降り次第スタジオ開業になります。

2020年1月〜2月頃
・スタジオ開業予定(東京都内)

なお、実施スケジュール及び活動報告につきましては、代表小田嶋のインスタグラムにて動画の配信もございますので、動画での説明の方が好ましい支援者様は小田嶋のインスタグラムをご覧ください。

代表 小田嶋のInstagram

最後に

【最後に】

テレワーク等の発展で、これからは個の時代だと言われていますが、私はあえて皆さんに"来て"いただくスタジオを開業します。それはオンラインだけでは繋がれないものがあるからです。


最近、芸能人の悲しいニュースが多いですよね。芸能人に限らず日本では自ら命を絶つ人が多いと世界でも知られています。

私1人ではそれを無くすことはできないかもしれない。それでも、私のイラストで少しでも人生を楽しむきっかけを得てくれたら、明日も頑張ろう!と思ってくれるなら。

このスタジオを運営する意味と価値があると思います。

無事に開業出来たら、ぜひいらしてください。そして、今度は皆さんの夢を聞かせてください。


小田嶋凱




Project Leader
Graphic Designer 小田嶋 凱

Twitter:@JIKOMANZ09
Instagram:@parliament.9mg @cb223s_jpn @cribaholic


Writer
Editor Asami




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください