はじめに・ご挨拶

初めまして。神奈川県在住、32歳の達也と申します。

今年の3月に怪我やコロナの原因で職を失いました。

怪我(背骨・右横突起4本骨折)の影響で一般的な仕事が難しく、ある程度は自分のペースで働けるフリーランスカメラマンとしてのも道を選びました。カメラ歴は12年です。

【実績】

SIGMAフォトコンテスト2017・入賞

第1回写真出版賞・アート部門優秀賞

全国の書店・ネットショップにて写真集が発売

(契約書の確認不足で印税は入ってきません)

その他にも小さな賞などを頂きましたが、コロナの影響が強く仕事は充分になく、機材や生活用品を売却するなどして、現在もギリギリの生活を送っています。


プロジェクトを立ち上げた理由】

自己紹介では写真について書かせて頂きましたが、今回のプロジェクトは映画製作になります。なぜ映画製作なのかといいますと、それは私の過去に理由があります。

私は義父による厳しい躾のもとで育ちました。なにかと理由をつけられ、毎日のように躾され、毎日のように泣いていました。そんな私を元気づけようと、祖母が内緒で映画館へと連れて行ってくれました。

人生で初めて見た映画は「ジュブナイル」というSF映画でした。薄暗い空間に見たことがない大きなスクリーン。そして大音量。初めての経験だからこそ、あの迫力は今でも忘れられません。

それからも義父の隙をついて、幾度となく私を映画館へと連れだしてくれました。いま思えば祖母は高齢で、尚且つ電車移動だったので、凄く負担だったんだろうなと思います。それでも「躾によって性格が捻くれないように」と、様々なジャンル、世界を見せてくれた祖母には感謝しています。

そして時は経ち、高校を卒業して就職をしました。映像関連への進学も考えたのですが、経済的な理由で進学は諦め、映像や写真とは関係のない職種に就きました。

なんの目標もなく働く毎日でしたが、休日は映画館に足を運び、DVDを大量にレンタルし、一日中見るほど映画好きになっていました。

そして、ひょんな事から一眼レフを手に入れ、みるみるうちにハマっていきました。

そして一眼レフ、アイフォンなどでの動画制作が流行り始めました。私も写真に関しては、それなりに力がついたと思い、いよいよ映画製作にチャレンジしてみようと考えました。

ジンバルやマイク。映像撮影に強いと言われているカメラ、その他の機材。撮影資金。安月給だったので節約をしながら、それらを少しずつ購入し、勉強をしながら準備をしていました。

しかし背骨の怪我、コロナの大流行。最初に書かせて頂きましたが、状況は大きく変わってしまいました。貯金は家賃や生活費の支払いで底をつき、営業をかけてもコロナだからと断られ、背に腹は変えられないと思い、集めてきた機材や生活用品を現在まで売却して生活を送っています。

映画製作用に購入したカメラもレンズも手放してしまい、現在は昔に購入した型落ちしたカメラを所持していますが、それすらも手放す日は近いと不安な日々を過ごしています。

もっと大変な方はいますし、私の夢など小さなものだと重々承知しています。しかし諦めきれず、たまたまクラウドファンディングというものを知り、誰のためでもない自己的なものですが、お力を借りられたらと思い、これを書かせて頂いています。

もちろん映画を製作したからといって生活に余裕がでるわけではありません。もしコロナが治まらず、全ての機材を失うことになっても、生きる為には仕方ないと思います。ただ、そうなる前に一度でいいので夢を叶えたいのです。よろしくお願い致します。


【資金の使い道】

※撮影機材の購入

※室内用のライティング機材・5万円(キーライト・バックライト・フィルライト)

レンタルスペース・スタジオなとの場所代・約22万円(15回を予定。1万5千円×15回)

小道具、衣装代・約5万円

SONYの一眼レフ(中古)・18万円

SONYのレンズ・19万円

演者さん達への交通費や飲食代・2万

(昔から撮影している方々に声をかけたので、ギャランティは無料になりました)

リターンの郵送代など・1万円

計・約72万円+プロジェクトの手数料17%=約84万円

動画編集ソフトは無料のものを使用します。


【映画のタイトル・黒い羊】

あらすじ

クラスに馴染めずに浮いた存在の“みずき”

自分の本音を隠して馴染もうとしていた“あかり”

同性でありながらも密かに交際していた二人は、ある日を境に高校を自主退学する。

「……私たち一緒に住まない?」

みずきの言葉をキッカケに、二人の関係は大きく動きだす。

「シャボン玉を吹くとね、小さな気泡のなかに間違えた私、汚(けが)れた私が入っていって、ふわふと飛んで弾ける。嗚呼、また少し綺麗になれたと思えるの」

平凡な家庭環境で育った、あかり。

悲惨な家庭環境で育った、みずき。

対極ともいえる二人の結末はいかに……

※大まかな流れは変わりませんが、撮影していく中で台詞など言いまわしが変更になる可能性があります。

※ジャンルはホラー系になります(幽霊や化け物の類は出ません)

間に合わせ程度になってしまいますが、最後の資金を使ってレンタルスペースを借り、実際に登場する演者を使ってポスターの写真を撮影したので載せさせて頂きます。

ライティング機材もなく、Photoshopで誤魔化しているため正直クオリティが低いです。そのため改めて撮り直し(演者の名前なども入れ)L版にプリントしてリターンにあります、完成したDVDに同封して郵送させて頂きます。








【リターンについて】

エンドロールにて支援者様のお名前および企業名の掲載。

完成版DVDの郵送。

上記のポスター完成版のL版プリント写真1枚同封。

製作風景やオフショットを掲載したフォトブックの郵送。


【実施スケジュール】

2020年・10月20日から金銭的に可能なシーンからの撮影開始しており、年内〜年始には撮影・編集が完了する考えで動いています(演者の予定、天候、レンタルスペースの借りられるタイミングによっては変動する可能性もあります)

2020年・10月20日/クランクイン

2020年・11月10日/クラウドファンディング終了

2020年・11月11日~12月31日/撮影※

2021年・1月中/編集作業・必要であれば撮り直し作業。

2021年・2月20日/リターンの郵送作業

※支援が手元に届くまでは、所持している型落ちでスペック不足のカメラを使って金銭がかからないシーンから撮影していき、頂きしだい機材や小道具、場所をレンタルして撮影を進めていきます。

※詳しい撮影日程については、天気や場所の予約状況・演者のスケジュールによって変動してしまうので、現段階で詳細の記載が難しくなっています。

撮影の進行具合はInstagramのストーリー機能。NOTEというアプリ内で報告していきます。

支援して頂けた方は上記のサイト内でメッセージを頂ければ、詳しい進行具合やご質問にお答えさせて頂きます。

https://note.com/tatsuya0626

https://www.instagram.com/tatsuya_6d

映画は40分〜90分の尺で考えています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください