◆はじめまして

こんにちは!宮田康宏(みやた やすひろ)です。

このプロジェクトを見ていただきまして、誠にありがとうございます。


◆プロジェクトをやろうと思った理由

約40年前、パソコンが世の中に出始めた頃のゲーム開発は、開発環境もツールもなく、紙と鉛筆でゲームを開発していた時代でした。

そのため当時の開発資料は非常に少なく、保存状態も良くないため、本活動を通して当時の開発時の苦労話や資料を多くの方に知っていただき、残していきたいと考えています。


◆このプロジェクトで実現したいこと

開発者が個人保管している、ゲーム開発時の資料(方眼紙デザイン、アイデアメモなど)を書籍・アーカイブとして残していきたいと考えています。

また、黎明期のパソコンゲーム開発の時代背景・開発までの苦労話などを資料化し、多くの方と共有して残していきたいです。

本プロジェクトでは筆者が37年前に作成した3本のゲーム(FANFUN,NEWFANFUN,ZAXUS)を対象に資料化・アーカイブを進めてまいります。

※書籍の巻末にアーカイブにご協力頂いた方のお名前を入れたいと考えており、期間限定の募集とさせて頂いています。


◆資金の使い道

今回ご支援いただいた資金は、心から感謝の気持ちを込めて以下に使用させていただきます。

目標設定金額:¥550,000

・原稿作成:¥100,000

・印刷代:¥200,000

・アーカイブ作成:¥100,000

・リターン発送費:¥50,000

・手数料:¥100,000

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


◆リターンについて

リターンは以下をご用意しています。

(ご要望次第でリターンは追加いたします)


※リターンに関しては、全て送料込となっております。

※「書籍・開発資料は不要だけれど、プロジェクトは応援したい!」そう思っていただける方には『「黎明期のパソコンゲーム開発」(PDF版)』にて応援いただけますと幸いです。


■「黎明期のパソコンゲーム開発」本

 パソコン黎明期の時代のゲーム開発秘話(全50話)を掲載

 印刷版はA4フルカラー78ページ

 レジェンドの目にも優しい大き目の文字

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(PDF版)+お礼メール:¥1,000-

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(印刷版)+お礼メール:¥2,000-


■開発資料アーカイブ

 FANFUN/NEWFANFUN/ZAXUS開発資料(カラーコピー、バインダ3冊)

 N-BASICで楽しめるワンラインBASICプログラム(10本程度)

 「黎明期のパソコンゲーム開発」本の巻末に名前を入れる権利

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(印刷版)※巻末名前掲載

 +開発資料+BASICプログラム+お礼メール:¥8,000-

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(印刷版)※巻末名前不要

 +開発資料+BASICプログラム+お礼メール:¥8,000-


■イベントセット

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(印刷版)10冊

 +BASICプログラム10冊+お礼メール:¥20,000-

・「黎明期のパソコンゲーム開発」(印刷版)50冊

 +BASICプログラム50冊+お礼メール:¥90,000-


◆実施スケジュール

2020年11月15日:クラウドファンディング終了

~11月30日:リターン作成

12月01日:リターン発送開始

12月31日:リターン発送完了


最後に

今回のクラウドファンディングは、Noteで公開した「黎明期のパソコンゲーム開発」を書籍化したところ、多くの書籍化希望・応援を頂き企画させて頂きました。

当時の紙の資料は年月とともに劣化もしており、是非ともご協力・応援を頂いて皆さまと共有できればと思います!

  • 2020/10/24 10:01

    開発資料のアーカイブ状況ですが、手元にある方眼紙データなどは全てスキャンしデータ化が完了しました。それを記念して、リターンにささやかながらの特典追加のご案内です!(すでにご支援済の方も対象です)■開発資料アーカイブデータ(開発資料アーカイブセットご支援者様向け)開発資料のアーカイブデータ(DV...

  • 2020/10/22 09:00

    皆さんのご支援のおかげで、開始から4日目にして目標額の50%越えとなりました!初のクラウドファンディング、開始前は1人も支援者がいなかったらどうしようとドキドキしていましたが、既に60名もの方から支援を頂き良いスタートダッシュが切れてうれしいです!残り期間もまだまだあり、目標達成にはまだ少しご...

  • 2020/10/21 08:06

    開発資料アーカイブに同梱予定の、「N-BASICで楽しめるワンラインBASICプログラム(10本程度)」の試作状況報告です。1982年頃に月間ASCIIで開催された「ワンラインプログラムコンテスト」の応募作品を資料化するというものですが、これもPC-8001用のアーカイブ資料として試作中です。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください