<はじめに・ご挨拶>

はじめまして!
パウンドケーキ専門店 くみぱうんどをしている小野 公美と申します。
さいたま市浦和区で『パウンドケーキ専門店 くみぱうんど』という小さな店をしています。

この度、現在の店舗がマンション建設をする為移転をする事になり、新天地で新たな挑戦をしたく、クラウドファンディングをさせて頂く事にいたしました。


<お菓子の世界に入ったきっかけ>

私は学生時代、特にしたい事が無かったので高校卒業後は就職をし、会社勤めで事務職をしていました。
しかし、同じ事が繰り返される毎日に
『自分は何の為に生きているのだろう?』
と自問自答する毎日が始まりました。

人生の大半の時間を占める仕事なら人から喜ばれる仕事がしたい、という事だけはハッキリしていましたが、何が向いているのか、何をしたいのか…。

そんなある日、姉とケーキを食べにお店に入った時『これだ!!!』と直感で思いました。
ケーキが美味しそう、という事はもちろんですが、ケーキに使われている素材や、構造、製法に食い入るように興味を持ちました。その時の私の様子は気持ち悪かったそうです(笑)。

そういえば幼い頃、たまたま家にあったお菓子の本に載っていたマドレーヌを初めて姉妹で作った時、小麦粉、卵、砂糖、バターを混ぜて、スプーンでお弁当用のアルミカップに入れ、オーブントースターで焼いた、ほんの少~しだけ膨らんだ時の感動、焼き立ての美味しかった事、そして作っている時のあのワクワク感が忘れられず、小学校の頃は見様見まねでしょっちゅうお菓子を焼いていました。

幼い頃からのワクワクを取り戻し、その夜早速製菓専門学校の資料を取り寄せ、翌年から専門学校の夜学に通いながら昼間は現場で働き始めました。

製菓学校に入ってからはお菓子の基礎から学ぶことができ、大好きなお菓子の話が思う存分できて、とても楽しく、働いた後学校に向かうのも、復習をする事も全く苦ではなく充実した日々でした


<店を始めたきっかけ>

現場での仕事はやはり思っていた以上に大変で、ケーキ屋さんの販売からスタートしましたが、最初はケーキをトングで上手に掴む事すらできず壊してばかり。リボンも上手に結ぶ事すらできずしょっちゅう叱られていました(笑)

段階を経て製造の現場に入りましたが、仕事量は膨大です。
ケーキ店にいた頃は普段は朝7時からですが繁忙期は朝5時から仕事でした。
朝からせかせかとすごい勢いで店頭のケーキの仕上げや焼き立ての焼き菓子を並べ、その後の焼き菓子の仕込みでは何十キロもあるクッキーの生地をひたすら擦って生地を均一にした後成形したり、オレンジジュースに使うオレンジを短時間で何十個も絞って腱鞘炎になったり…(笑)と書ききれませんが体力をとても消耗する仕事でした。

休みの日は疲れて1日中寝て終わり、友人との約束もキャンセルが当たり前になっていきました。

そんな生活を数年続けていましたが、ある時身体を壊し、若かったからか精神的にも追い込まれてしまい、一度製造の仕事から離れることに。

製菓業界からは離れたものの、少しでもお菓子の仕事に携わっていたい、と体調が回復した後、デパ地下で某焼き菓子専門店の販売員をしていました。

そのお店は全国発送のご依頼がとても多く、多いときは1日に100件を超える出荷をする事もありました。
贈答用にもとても人気のあるお店で、贈られた方が『美味しかったから買いに来た』といってご来店される事もしょっちゅう。

『焼き菓子って美味しければこんなにも求められるものなのか…。
 お菓子の地方発送をされる方ってこんなに多いのか…。』

と衝撃でした。


数年後、仕事にもすっかり慣れ気持ちにも少し余裕が出来ると、再びまた仕事としてお菓子を作りたくなりました。

けれど現場に戻っても同じ事の繰り返し。また辞めてしまうのではないか、となかなか勇気が出ず悩んでいた時、姉が『シフォンケーキのネット販売をしている人の講演会があるけど行かない?』と声を掛けてくれ、即行くことに。

その方はシングルマザーで3人のお子さんを育てながら、お菓子初心者・独学でシフォンケーキを作り、無店舗でネット販売をされているとの事でした。

その話を聞いて、そういう方法があるのか!といても立ってもいられず自分でも始められる方法を探し始めました。


<アパートの1室で通販店をスタート>

まずは保健所に行くと無店舗でも営業許可を取る方法を教えてくれる、との事で保健所へ。

アパートでも営業許可を取得できる条件をクリアしている間取りであればできそう。
あとは許可を取る為に必要なのは作業場にシンク以外の手洗い場が必要でした。
知り合いの工務店さんに聞いてもらったら水道の分岐は出来るとの事で条件クリア。

無店舗で通販専門のお菓子屋さんをする事を決めました。2009年9月の事でした。

小さなミキサーとガスオーブンなどを買い、最初は販売ページを依頼して作ってもらいました。

最初の店の名前は『Puits d amour(ピュイ・ダムール)』。

フランス語を全然わかりもしないのに、お菓子屋さんならフランス語でしょ、と迷いもなくつけました。

まずは3種類のお菓子、タルト、お花のアーモンドケーキ、キャラメルナッツパウンドからスタートし、その後種類を増やし10種類程を季節によって変えていました。

しかし、始めたものの最初の知り合いからの注文以降注文は全く無し。
どんなに種類を増やしても、試作を重ねて改良しても注文はありませんでした。

家賃を払うことも難しい為、アルバイトをしながらの生活でした。

当時まだ少なかったイベント販売にも挑戦し、母にも手伝ってもらい沢山のお菓子を詰めて電車に乗り、都内の会場で販売するも、閑古鳥が鳴きました。

目の前のお菓子屋さんは行列しているのに、なんでだろう…。
と朝より重たく感じる荷物を抱えて帰った日の夕日は今も忘れられません。


いつまでも落ち込んでいる訳にもいかず、ああでもない、こうでもない…と模索し、ふと専門店にしようと思いました。

通販なのでわかりやすいラインナップの方が伝わりやすいのではないか…。

実は最初に目を付けたのはロールケーキでした。
『他にはない食感のロールケーキを作らねば!!』と尖っていて、生地にタピオカ粉を混ぜて焼いたモチモチ食感のお餅ロールケーキを目指し、ひたすら作っていました(笑)。
が、作っていると段々背伸びをしている事に疲れてしまい、断念。

自分らしいお菓子とは何か、お菓子作りで一番大切に思っている事は何か、初めてその時考えました。


<パウンドケーキ専門店にリニューアル>

浮き彫りになったのが『生地自体の美味しさ』でした。
それと、お菓子の美味しさはまず『素材の美味しさ』があってこそ。

ここに気が付くと腑に落ちた感じがしました。

しかし素材の美味しさを活かせるお菓子って何だろう…。

そんな時、ピュイ・ダムールの通販で取り寄せをしてくださった方の言葉を思い出しました。

『おまけの抹茶大納言のパウンドケーキが、抹茶の香りがすごくして美味しかったです』

と言われ、その時は『おまけが美味しいのもなんだか情けないな…』と思いましたが、パウンドケーキなら使う素材がシンプル(小麦粉、卵、砂糖、バター)だから、より素材の味も引き出せたら美味しいパウンドが作れるのではないか、バリエーションが無限にできるもの面白いし、日持ちもするから贈答にも良いかも!

~~~

店名は『くみ(公美)』が作る『パウンドケーキ』の店で『くみぱうんど』にしました。

以前のピュイ・ダムールの失敗から、まず覚えてもらいやすく、検索しやすい名前であること。
ケーキ屋さんやパン屋さんはカタカナや英語表記のお店が多いので、ひらがなだと目に留まりやすいのではないかという事、自分の名前を店名にする事により責任感が持てると思ったからです。変な名前ですけどね(笑)。

通販ページはイチから自身で作り、再出発したのは2010年9月の事でした。

最初は通販でもイベント販売でもなかなか売れませんでした。

『パウンドケーキならコンビニで100円で買える』
『家でも簡単に作れるからわざわざ買う人なんていないんじゃない?』

という声もあり、落ち込む事もありましたが、いつかわかってくださる方が必ずいるはず!!

とイベントにも積極的に出店したり、当時ブログを書いたり、SNSで発信していく事にしました。

その甲斐あってか、1度お試しに1個購入して下さった方が次回も来て下さり、4個5個…と購入してくださることが少しずつ増えていきました。


<念願の店舗オープン>

イベントでは何度か出店するうちに持参した分は完売することが増えていき、常連様もできました。

通販もリピートをして下さる方が増え、『お友達から頂いて美味しかったから』といって購入してくださる、など嬉しい事が少しずつですが増えてきました。

しかし通販という特性上、どのような方がご購入くださっているのか、わかりませんでした。
イベント販売では直接購入してくださるお客様のお顔がわかるので、そういった意味で喜びを感じることが出来たので、直接お渡しができる店舗販売なら楽しいだろうな、と漠然と思うようになりました。


ある日、どんな物件があるのか見るだけみてみよう、と不動産屋さんに行ったところ、すぐに紹介してもらったのが今の場所でした。

こじんまりとした間口でしたが、一人でするにはちょうど良いし、思い描いていた通りの物件でその場で即決。

資金調達は少し大変でしたが、店頭や内装の工事は友人の会社に大変お世話になり、手作りできるところは手作りをし、友人や家族に助けてもらいながら想いを形にしていきました。


<店舗経営の大変さと楽しさ>

2015年12月、念願の店舗がオープンしました。

最初はSNSで見てくださった方や事前にポスティングをしていた近所のお客様が来て下さり、オープン2時間もせず完売に。
1人での製造では間に合わず、最初は週3日からのスタートでした。
その後正社員を雇い、ようやく週5日の営業ができるようになりました。

しかし焼き菓子は秋~春は良くても夏は売り上げがとても厳しく、コツコツとプールしてきた資金が夏の数か月で諸々の経費でガツンと消えていく…という厳しい状況でした。

私も夏の暑い日に焼き菓子を進んで食べたいかと言われると…(笑)

ならばこの閑散期だからこそできる事をしよう!
という事で、パウンドケーキの教室を開催する事に。

4つの材料を混ぜて焼くだけのパウンドケーキですが、シンプルがゆえに難しく、気温や湿度に左右されやすいお菓子なので、条件の悪い夏に開催する事で、そのブレの回避ポイントをお伝えするようにしたり、基本の生地から応用アレンジのパウンドなど、デモンストレーション形式でレッスンをするようになりました。


そして、いつかやってみたい事の1つにキッズのパウンド教室があったので挑戦してみました。

親子や兄弟でご参加頂き、オリジナルのパウンドケーキを作る実践型の教室です。

基本の生地を作り、バイキング形式で用意した具材を自由に組み合わせてオリジナルのパウンドケーキを作りました。

お子さんならではの自由な発想のパウンドケーキは、私の固定概念を打ち破る斬新な組み合わせが多く、学ぶ事が多かったです。

しかし開催側としてはまだまだ課題が多く、今後はお菓子作りの『なぜ?』がわかる教室にしていきたいなと思っています。

『ケーキはなぜ膨らむの?』『なぜ膨らまない事があるの??』 『なぜ焼き色がつくの?』など、子どもたちが知りたい『なぜ?』を拾って、それが実践でわかる、五感を使ったレッスンにしていきたいと思っています。


<移転・新店舗の挑戦>

移転後の店舗は今より広くなるので、少しですがカフェスペースも設ける予定です。
外にはベンチも置きます。


今まではテイクアウトのみの店舗だった為、駅から徒歩15分程かけて歩いて来てくださっていたお客様にはご購入後すぐにリターンで計30分は歩かせてしまい、申し訳なく思っていました。

雨の日や風の強い日、暑い日寒い日など、わざわざお越しくださった事にありがたさ以上に申し訳なさが入交り心苦しく思っていました。

今度の店舗は駅から徒歩8分程になり、ご購入後少し腰をおろして一息つけるスペースを設けるので安心してお越し頂けるようになるかと思います。

また、店内や外から工房が見えるようになるので、作っている所をご覧頂けます。
販売するパウンドケーキは全てお客様の目の届く所でお作りするので安心してお求めください。

また、店内入り口は常にオープンにし、商品陳列カウンターには状況に応じて開け閉めができる窓を付け、コロナ禍に対応した造りになっています。


現在くみぱうんどは私と3つ子の姉のふみえがメインで店を切り盛りしています。

姉は元々紅茶専門店で店舗の責任者として勤務していた経験があり、お茶の知識と鼻腔の感覚が鋭いので、当店のパウンドケーキに合った紅茶のセレクトを任せています。

新店舗ではコーヒーはもちろんですが、紅茶やハーブティーに特に力を入れるのでぜひ楽しみにしていてください。


<資金の使い道>

新店舗の設備費用や、パウンドケーキを少しでも多く製造ができ、かつ従業員の労働時間を少しでも減らせるように今より大きなミキサーや、オーブンの購入費用に充てさせて頂きます。


<新店舗オープン予定>

2021年1月下旬頃を予定しています

住所:さいたま市浦和区仲町2-17-7 (玉蔵院 裏門通り商店街)

<リターンのご紹介>

■オリジナルトートバック…くみぱうんどの赤いリボンのロゴと英語表記が入った、パウンドケーキを持ち帰る時にちょうど良い大きさの厚手トートバックです。ランチバックにもおすすめです

■季節のパウンドケーキ…毎月の季節限定パウンドを1カットずつプレゼントいたします
(専用のカードをお渡しいたします)

■無料ドリンク券…店内で販売するコーヒー又は紅茶を1枚につき1杯サービスいたします

■パウンドケーキ教室…くみぱうんど工房でのデモンストレーション形式のパウンドケーキ教室にご招待いたします。(2021年7月~9月の間に開催)

※コロナウイルスの状況を見ながら人数調整等いたします

■マンツーマンパウンドケーキ教室…くみぱうんど工房にて開催。1組2名様でご参加頂けます。作ったパウンドケーキ2本/1組お持ち帰り頂けます。種類は数種類の中からお選び頂く事ができます。(2021年7月~9月の間に開催) 

■毎月限定パウンドの定期便…2021年4月~半年間、又は1年間毎月宅急便にてお届けします。

※配送ではなく直接店頭に取りに来て頂ける場合は、お好きなパウンドケーキ1カット付き


お問い合わせ

パウンドケーキ専門店 くみぱうんど

https://www.kumipound.com/contents/category/contact/


みなさまのご支援、どうぞよろしくお願いいたします!


株式会社クミパウンド
代表取締役 吉川(小野) 公美

 

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/11/12 19:15

    本日目標金額を達成する事ができました!ご支援くださったみな様、応援してくださったみな様、本当にありがとうございました!現店舗の通常業務をしながら水面下での移転準備は、時々キャパオーバーになっておりますが、応援してくださるお気持ちが何より励みになっています。今月下旬から新店舗の工事に入りますので...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください