このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

陸上競技・三段跳びの角山貴之(つのやまたかゆき)です。

私は「2021年夏、オリンピックに出場し、東京の空に向かって跳びたい」

その想いをあきらめきれずトレーニングを続けています。35歳の今、これが最後のチャンスです。

ところが、コロナ禍でスポンサーも半減し、競技生活を続けていくことに、赤信号が点滅しはじめました。そこで少しでも皆さんにお力をいただきたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。
※私の経歴や競技実績はこのページの一番最後に掲載しておりますので、ご一読いただければ幸いです。



生まれ育った東京で開催されるオリンピックに出場するために、今後の選考会に120%の力で臨みたいと思っています。そのためには、最高の環境でトレーニングし、最高のトレーナーにサポートをしていただく必要があります。

今回はその強化費用をご支援いただきたいと思っています。
コロナ禍でだれもが大変な状況であることは十分理解していますが、私の最後の挑戦にお力を貸していただければ幸いです。

それではまず、ここに至るまでの経緯をお伝えしたいと思います。

・2013年6月
東京で開催されたモスクワ世界陸上の選考会も兼ねた日本選手権にランキング1位で臨みましたが、優勝することが出来ませんでした。

5本目の大ジャンプは数センチのファールで幻と消えました。その距離は、自己ベスト16m40cmを大きく超え、その年に開催されたモスクワ世界陸上の標準記録を突破する大ジャンプでした。
地元東京で勝てなかった悔しさは、今でも記憶に残り続けています。
そして、もう陸上競技を続けて行く気力を失いかけていました。

2013年東京・味の素スタジアムでの日本選手権

・2013年9月
オリンピックが東京で開催されることが正式に決まりました。

その時
「どんなことをしても東京オリンピック出場を叶える為に、陸上競技を続ける」
と改めて決意しました。

現在、東京・八王子市で小学生から大学生までを対象とした、陸上クラブ「SEIV」を運営し、スポンサー様のサポートをいただきながらプロ陸上選手として活動しています。

・2015年 9月 
一身上の都合で所属していた実業団「株式会社モンテローザ」を退社しました。

その後、ある先輩に声をかけられ、八王子市内のパーソナルトレーニングジムの責任者として仕事をしながら、クライアントさんのトレーニングも行っていました。 また、八王子は陸上競技の強豪校が多いことを知り、小学生向けの陸上クラブを立ち上げ運営を始めました。

そこで新たな夢も出てきました。

それは
「オリンピックに出場し、その後自分の陸上クラブの教え子がオリンピックに出場すること」


ところが、知り合いが殆どいない八王子で、パーソナルトレーニングジムや陸上クラブの責任者として、運営や集客もしなければならず、慣れないことが多く大変でした。

なかなか集客も思うように行かず、いつしか自分の夢を諦めかけていました。

しかし、二人の八王子の方と出会い、その方から八王子の皆様を紹介して頂き、
八王子のイベントにも積極的に参加し、徐々に八王子でも知り合いが増えていきました。

八王子八若会

お世話になっている八王子の方々@磯沼牧場

・2017年6月

日本選手権で入賞しました。その時に、陸上クラブのクラブ生達が

「コーチ凄いよ!おめでとうございます!」と言ってくれました。保護者の方にもお言葉を頂き、改めて諦めかけていた夢を必ず実現するという強い気持ちになりました。

今の自分があるのもお世話になった皆様のおかげです。

世界陸連により選考基準が変更になり、より競技に集中する為パーソナルトレーニングを辞め、陸上クラブを運営しながらプロ陸上選手になる事を決意しました。

クラブとして初めて日本陸連登録して試合に参加したwoman's陸上

・2019年1月
世界の舞台に立つには、その舞台を知っているアスリートに世界一のトレーニング、コーチを受ければ 世界に近づけるのでは?と思い、色々な繋がりもあり、ロンドン、リオ五輪の金メダリスト、クリスチャン・テイラー選手と南アフリカのケープタウンでトレーニング合宿を行う事になりました。

彼とオリンピックにも出場している彼の仲間達と合宿を行い、とても素晴らしい環境でトレーニングを行う事が出来ました。

南アフリカ・ケープタウンで世界チャンピオン、
メダリスト達との合宿

クリスチャンは、日本人の誰もが行うトレーニングを当たり前のようにしっかり行ってました。

ジャンプの強さ、ウエイトの強さ、走りの強さ、やはり目標に近づくためには、一つ一つのトレーニングに取り組む意識が大切だということを目の当たりにしました。

クリスチャンからは、

「タカユキの跳躍は17m跳べる跳躍をしている。今後しっかり走るトレーニングを行い、走るときに脚を後ろに流さないことを意識すれば、記録は伸びるよ」とフィードバックももらいました。

そして、クリスチャンと

「必ず、また2020年の東京の舞台で会おう!」と約束しました。

私は必ず約束を果たしたいと、

2020年に向けてさらに気持ちが高まりました。


そんな中・・・

・2020年3月
新型コロナウイルス感染症により、オリンピックが延期になってしまいました。 

そして多くのスポンサー様もコロナ禍の影響を受け、継続してサポートをしていただけなくなりました。収入が半減する中で、貯蓄も使い、このままでは選手生活をあきらめなければいけない状況にまで追い込まれそうです。


ご支援いただいた資金の使い道はおおまかには次のようになっております。

120%の力でオリンピック出場に挑戦する為、2人の一流トレーナーさんのご協力を受け、トレーニングを行っていきます。そのトレーナーさんをご紹介します。

個々の身体に合わせたトレーニングをお願い致します。

ケア、合宿での帯同をお願い致します。

・お礼のメール

・お礼のハガキ

・お礼の動画

・八王子磯沼牧場ヨーグルト

・走り方指導(小学生~大人)

・陸上競技指導(走り高跳び、走り幅跳び、三段跳び)

・チーム指導

(今現在プロの女子ラクビーチーム・東京山九フェニックスのスプリントコーチを行っています)

・ウエアスポンサー

・ユニフォームスポンサー

・メインスポンサー

これからの冬のトレーニングで、全てが決まります。ご支援頂いた方のお気持ちに応えられるよう全力で精進していきますので御声援宜しくお願い致します!

東京2021に向けて、大切な冬の期間を全力で覚悟を持って、精進していきます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

※万が一オリンピックが中止になった場合でも、返金は出来ませんのでご理解ください。


角山 貴之 (つのやま たかゆき)

【経歴 】

1985年6月9日生まれ  35歳 

東京都江東区生まれ

東京都江東区立東川小学校

東京都江東区立深川第七中学校

私立本郷高等高校

国士舘大学体育学部体育学科

町田市教委育委員会

(株)モンテローザ陸上部

八王子パーソナルトレーニングKAKUSEI

【競技成績 】

2000年 日本中学ランキング1位(走り高跳び)

2001年 ジュニアオリンピック優勝(走り高跳び)

2010年 日本陸上競技選手権大会3位(三段跳び)

2012年 オリンピック強化指定選手

2013年 日本ランキング1位

【保有資格 】

・中学・高等学校一種免許(保健体育)

・IAAF CECS Level I Coach (国際陸上競技連盟公認Level1コーチ)

・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンススペシャリスト)

・KOBA式体幹バランス KOBAトレスペシャルアドバイザー


【陸上講師&普及活動 】

・2012年 ヤクルトスローズ全国ジュニア選抜クラブ指導 

・2012年 熊本県球磨郡多良木町陸上競技室講師 

・2012年& 2013年東京都陸上競技高校選抜合宿講師 

・2013年福島県塙町産業祭内陸上競技体験教室講師 

・2013年&2014年北海道江別市陸上教室講師 

・2016年~2020年渋谷区陸上教室講師 

・2017年会津若松市陸上教室講師
・2017年11月 「第1回日本陸上パン食い選手権大会」 企画実施

「プロアスリートと真剣勝負でパン食い競争 をする」という企画が話題を呼び、幼児から 

大人まで100名を超える方々にご参加いた だきました。

今後も陸上競技普及の活動も続けて 行きます。 

https://www.facebook.com/bread.eating.race/


・2018年1月~5月 イオンモールXよしもとキッズプロジェクト

「笑って!走って!全国縦断かけっこツアー」の トークショー&かけっこ教室にゲスト講師として出演




  • 2020/11/16 16:08

     御支援して頂きました皆様本当にありがとうございます。クラウドファンディングをしながらも、トレーニング自体は目標に向かって行っていますので活動報告としてさせて頂きます。今年の冬期練習は・怪我をしない・いきなり無理をしない・跳躍練習をしっかり行う11月から2月まで鍛錬期になる為、ウエイトトレーニ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください