はじめに・ご挨拶

滋賀ユニバーサルツーリズムセンターでは、滋賀を拠点とした障がい者・高齢者などが旅行やレジャーに出かける際の情報提供や気軽に何でも相談できる窓口の設置をめざして、様々な取り組みをすすめております。

 その一環といたしまして、障がい者や高齢者など多くの方々に、たくさんの「いいとこ」を紹介するため、情報誌「みんなの滋賀たび」を発行してしています。


このプロジェクトで実現したいこと

障がい者や高齢者がたびをしやすくするための
滋賀ユニバーサルツーリズムセンター情報誌「みんなの滋賀たび」第6号を発行します。

◎テーマ・掲載内容

 ~車いすで空を飛ぶ 車いすパラグライダー体験~
  専用の車椅子「パラグライダーハーネス」を使用して、障がいのある人でも
  プロのインストラクターと一緒にパラグライダーによる空中散歩が楽しめる
 「車イスパラグライダー体験レポート」

 ~草津をめぐる~
  東海道と中山道が交差し、古くから交通の要衝と知られる「草津」の魅力を紹介します。
  琵琶湖とその流出河川にあたる淀川水系(瀬田川・宇治川を含む)にのみ生息する
  ビワコオオナマズを見ることのできる滋賀県立琵琶湖博物館や、ハスやスイレンなど
  数多くの水生植物を見られることで有名な「草津市立水生植物公園みずの森」をはじ
  め、草津市内の宿泊情報・草津の銘菓・新鮮野菜のお買い物情報などを紹介します。

☆本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、
 リターンをお届けします

これまでの活動

滋賀ユニバーサルツーリズムセンター情報誌「みんなの滋賀たび」は、障がい者自身が滋賀のバリアフリー観光情報や滋賀のグルメ・魅力を当事者目線で取材し発信するため、2017年に創刊しました。

これまで、琵琶湖の南湖を周遊する「ミシガンクルーズ」の紹介・歴史と文化のまち「長浜」の紹介・焼き物のまち「信楽」の紹介などを掲載してきました。

情報誌「みんなの滋賀たび」のバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。

また、公式サイト「みんなの滋賀たび」http://shigautc.html.xdomain.jp/でも、滋賀のバリアフリー観光情報や滋賀のグルメ・魅力を紹介し、障がい者や高齢者の方からの相談を受け付けております。

資金の使い道・実施スケジュール

滋賀ユニバーサルツーリズムセンター情報誌「みんなの滋賀たび」第6号の発行のため、大切に使わせていただきます。

12月中に発行予定。

情報誌「みんなの滋賀たび」での情報発信を通じて、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行「ユニバーサルツーリズム」の充実に向けて取り組みます。


リターンのご紹介

☆ご支援いただいたすべての方に、滋賀ユニバーサルツーリズムセンター情報誌「みんなの滋賀たび」第6号をお届けさせていただきます。


☆5,500円以上のご支援で、次号(情報誌「みんなの滋賀たび」第7号・2021年発行)のA4 1/4枠(5,000円相当)広告掲載と、2021年オリジナルカレンダーおよびオリジナルポストカード5枚をお届けさせていただきます。
※備考欄に「みんなの滋賀たび」第7号協賛広告希望とご記入ください。
 広告掲載につきましては、プロジェクト終了後、別途ご連絡させていただきます。


☆3,500円以上のご支援で、次号(情報誌「みんなの滋賀たび」第7号・2021年発行)のA4 1/8枠(3,000円相当)広告掲載と、 オリジナルポストカード5枚をお届けさせていただきます。
※備考欄に「みんなの滋賀たび」第7号協賛広告希望とご記入ください。
 広告掲載につきましては、プロジェクト終了後、別途ご連絡させていただきます。

最後に

私たちは、情報誌の発行を通じて、障がい者や高齢者が旅がしやすくなることを願うと同時に、滋賀の観光産業振興に尽力できるよう努力してまいります。

みなさま、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください