新潟県十日町市にある無人駅「ほくほく線 美佐島駅」を音楽祭&アウトドアウェディングの会場にするプロジェクト!高齢化の進む中山間地で老若男女が歌って踊る!十日町市の大自然の中でおりなす音楽祭×結婚式のコラボレーション!増えていく移住者や移住者夫婦の結婚を毎年「音楽祭で祝うことのできる場所」にしたい

プロジェクト本文

中山間地の無人駅でアウトドアウェディングフェスを開催!


中山間地域の年間定期利用者数1人の無人駅を舞台に、「アウトドアウェディングミュージックフェスティバル」を開催いたします!

その名も「月見結婚祭(ウェディングフェスティバル)」

限界集落に暮らしている住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」の住人たちと地域の人々が一致団結して、関わってくださる皆さまにHAPPYをお届けします。

音楽祭のパワーを最大限に発揮して、高齢化が進む中山間地と無人駅の広場では考えられないような新しいにぎわいと交流、そして可能性を無限大に広げます!

月見結婚祭は地域と旅人が音楽を通じて交わる祭り


「月見結婚祭」は、地域と旅行者が音楽を通じて美佐島地区を知ってもらい、十日町市の自然の魅力を伝えるとともに、音楽を通じた地域の交流を目指しています。また、月見の名を冠し、皆さまと一緒に夜空に浮かぶお月さまを見ながら御馳走を食べ、お酒を飲みかわし、音楽で生まれる一体感を得ることにより、自然を敬い、歴史や文化を尊重し、美佐島の魅力を次世代につないでいく地元が誇れる音楽祭として育てていきたいと考えています。

音楽は地域を変える力を持っています。この音楽祭を通じて「この場所に住んでもいいかな」と思ってもらい、住み、暮らし、パートナーと出会って、この月見結婚祭の場で仲間たちに祝われる。そんなサイクルを生み出していきたいのです。

このような私たちの想いから、無人駅である美佐島駅前広場でステージの設営を企画しています。

今回のプロジェクトでは、わずか5世帯の集落に移住して、住みびらきの古民家「ギルドハウス十日町」を運営するギルドマスター西村治久×山形真知子の両家の結婚式を「手作り音楽フェス」で祝福するために必要な設営費、材料費、アーティスト招待費を支援してくださる方を募集いたします。

■月見結婚祭開催概要
日時:2017年8月05日(土)
日程:17:00ー開場 17:30ーオープニングイベント 18:00ー開演 22:00ー終演
会場:美佐島駅前広場
住所:〒948-0000 新潟県十日町市牛
主催:月見音楽祭実行委員会・ギルドハウス十日町

お問い合わせ 月見結婚祭実行委員会

mail:kawaiyoutaro19900326@gmail.com  

■募集金額目標(内訳)

・会場設営費、音響費、照明費:30万円

 

2015年、古民家の二階で開催した音楽祭が全ての始まり


2015年5月から、お店でも宿でもない、山奥の古民家をセルフリノベーションで再生をした新潟県の十日町市(とおかまちし)美佐島地区の世帯数5世帯の限界集落にある築100年以上のギルドハウス十日町。オープン後1年間で全国各地や海外から延べ3,000人が訪れています。みんなでわいわいセルフリノベーションをしている最中に偶然が重なり生まれたミュージックフェスティバルは、旅行者や地元の方々を巻き込み年間定期利用者数一人の美佐島駅前広場に300人近くの賑わいを魅せました。

音楽祭第二回開催以降も、美佐島地区山間部工事により、開催場所を変えざるおえない時期も、手段を変え、開催する方法を試行錯誤して多様な価値観と交流を加えながらどんどんワクワクできる楽しい音楽祭に変貌致しました。

■美佐島駅って?
美佐島駅(みさしまえき)は、1997年(平成9年)3月22日に営業が開始された新潟県十日町市午にある北越急行ほくほく線の駅。駅舎は地上にあり、ホームは地下のトンネル内にある無人のモグラ駅。そして、ギルドハウス十日町の最寄り駅になります。

 

僕達、私達の目指す音楽祭×結婚式

山々に囲まれた美佐島駅前広場の芝生で、大人がゆっくり食事を楽しんでいる間に子供たちは、山に登ったり、水遊びをしたり、虫を捕まえて駆け回ったりして自由に遊び回っている。お色直しや出し物、パフォーマンス、両家の思い出の映像やスピーチを挟みながら、場はゆっくりと進行していく。披露宴が終わりに向かうに連れて、アーティストによるライブ演奏が始まり、披露宴は音楽フェスへと姿を変えていく。少しずつ日が落ち、心地よい夏の夜風を感じながら、ロウソクでライトアップされていく会場で聴く音楽は人々を魅了して感動を与えていく。「さあ、この後はみんなで楽しもう!」という声と共に、老若男女がなだれ込み、会場が沸き上がる。その様子を微笑みながら、新郎新婦は退場していく。。。

そんな最高のミュージックウェディングフェスティバルにしていきたいです!

 

人生を発展させる月見結婚祭へ

月見結婚祭は単発的な企画にするつもりはありません。無人駅や過疎集落を元気にするために音楽フェスを開催して人を集める!ウェディングフェスでブランディングして、この集落で結婚するとフェスの時に祝ってくれる!豊かな食事、自然、音楽、暮らし方に魅力を感じて私たちも住んでみたい!と思ってくれる人たちを増やして地域を楽しく発展させ人口減対策になりえると考えます。皆様、ご支援を何卒よろしくお願いいたします!そして、月見ウェディングフェスでお会いしましょう!

■自己紹介
愛知県田原市出身、ギルドハウス十日町がオープンしてから居候している河合勇太朗と申します。ギルドハウス十日町に居候している間は、無人駅の美佐島駅前広場で「月見音楽祭」を企画、地域行事の手伝いをしました。沢山の学びを経験をして、地域の魅力を発見できたこと、関わってくださる方々の想いに出会えたこと、いままで過ごした日々は、ギルドハウス十日町があったおかげで成立しています。このたび、ギルドハウス十日町のギルドマスター西村治久 女将 西村真知子(旧姓 山形)は、12月30日で入籍を致しました。いつもお世話になっているおふたりの為に、そして、これまでお世話になった皆さまとご一緒に楽しいひとときを過ごしていきたいです。どうぞ何卒よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください