今若年層の引きこもり、不登校、メンタルヘルスの問題などが深刻化しています。
主催者である私、隼人ポルナレフにも今年の5月に生まれたばかりの子どもがいます。

生まれてきたこの子や、この子の子どもがいつか生まれてきたことを後悔するような社会には絶対にしてはならない。そんな思いを強く持ち教育事業について活動しています。

誰もが自分の「やりたいこと」や「生きたい生き方」を見つけ、やりたいことを「出来る」に変える為の「実行力」と「思考力」を身に付ける教育空間をこのプロジェクトを知った一人一人の方と一緒に創り上げたいのです!

まもなく2020年も終わろうとしていますが、今年は本当に激動の年だったと誰もが感じていることと思います。経済や地方行政、世界的な環境の問題などあらゆる分野の警鐘が鳴りっぱなしでSDGsへの関心も高まっている中、マゼルプロジェクトではその根本的な問題の解決を図るには若者の活力が絶対的に必要だと考え、人材を育てることが重要と捉えています。


最近では中高生向けのキャリア教育事業も様々増えていますが、概ねその中で実施されているのは「お仕事体験」や「社会人とのトークセッション」のような内容かと思います。
マゼルプロジェクトももれなくその2点を軸として考えている訳ですが、重要視しているのは文化祭的な「体験」ではなく、その後の人生の血肉となるような「経験」を積む環境を整えたいということ。

俗っぽい言葉にすれば経営も対話も“ガチ”で長期的に挑む訳です。
失敗しない段取りの組まれた経営では意味がないし、子供を暖かい目で見守る人生相談的な対話でもあまり意味がない。まして経営なんて何年も関わらないと浮き沈みを乗り越える経験が出来ません。

↑こちらは中高生が運営する中で考えた
「気持ちカード」

来校時と下校時に引いてもらい、生徒の気持ちをこちらが理解しつつ、生徒自身も自分の気持ちの理解を深めるきっかけにします。
ちょうど良いアイスブレイクになってます。

私が教育に関心を抱いたのは芸能人の養成所で勤めた経験から。養成所では高校生でも小学生でも5歳児でも、子供扱いはされません。子どもは“小さな人間”です。

大人と同じように経営の苦労を知り乗り越えることが出来るし、時に大人よりも鋭い意見を持っています。

恐らく芸能養成の経験から教育事業を行っている人間はあまりいないと思うのですが、年齢関係なく仕事をすることを前提とした教育機関という意味では芸能養成の現場は非常にユニークで今必要な考え方を実践してきた現場ではないでしょうか?



マゼルプロジェクトの具体的な取り組みは、「考える力」と「行動する力」の2つの力を身に付ける4つの企画を実践しています。
公式ホームページをご覧頂くとより詳しい内容をご覧頂けます!)



今回のクラファンはその中でも最も特徴的な取り組みである中高生が経営する小学生向けプログラミング教室の活動を各地に広げたい!!という思いで実施しています。

この取り組みでは経営を通して実践的な社会経験を積むことを目的としています。
中高生に教室運営なんて出来るの!?と思われるかも知れませんが、プログラミングの知識が不要なカリキュラムを提供するロジカアカデミー様の教材を活用するので、中高生もプログラミングを学びながら取り組むことが可能ですし、中高生と一般の企業家の主な違いである社会(就業)経験については常に相談役となるメンター役の大人が身近でサポートをしています。 

実績十分の「ロジカ式」様が提供するカリキュラムなので、プログラミング教育のクオリティは間違いありません。

またマゼルプロジェクトでは既存の基礎学習(いわゆる国語、算数、理科、社会)が不必要という立場ではなく、基礎学習にとって重要なのは学習プロセスであり、その学習プロセスの経験値を社会活動に変換する能力が必要であるという立場からアウトプットの場としてこの経営の機会を活用してもらいたいと考えています。つまりこの活動に取り組むことで結果として基礎学習を学ぶ本当の意味に気付いてもらうことが狙いです。

更に【小学生でプログラミング(論理的思考)を学ぶ】【中高生になり経営に挑戦】【大学生になり中高生達のメンターになる】【社会人になり企業人として当プロジェクトに参画】という継続的な関係構築を目指し、独自の教育文化を創り出すことを目指しています!

現在具体的に展開を検討している地域は

滋賀県(大津市)、岐阜県(恵那市)、大阪府(泉大津市)
奈良県、愛知県(名古屋市)、高知県

です。
様々な地域の中高生に取り組んで頂き、その地域の中高生同士がオンラインで交流を持つことで、地域性を知りつつ観点を増やしていく相乗効果を狙っています。


この【中高生が経営するプログラミング教室】の取り組みはどの地域でもメンターとなる大人がいれば可能になります。
学校に行く意味がわからなくて不登校になっている方や、発達障害と言われて居場所を失っている方にとっても、自分が何かの役割を担うことが出来ると知ってもらう為に、一緒にこの教室を全国各地に広げていきたいのです!

現在の教室では赤ん坊も出勤中。
小学生や中高生が乳児と関わることで、将来の子育ての準備になります。

今現在教育に関わっている方もそうでない方も、「うちの地域でもやってみたい!」という方がおられれば飛んでいきますのでぜひお声かけください!
メンターに必要な考え方や、評価の仕方、教材などについてお伝えさせて頂きます。
様々な地域の中高生が同じ取り組みを行い情報共有することで、それぞれの地域性や経営手法について多角的な視点を持つことが出来ると考えています。

 

本クラウドファンディングでは120万円を目標金額にしています。
 集まった費用は14%がCAMPFIRE(Good Morning)の手数料、10%がマーケティングコンサルの手数料で、

残った90万円が3ヶ月分
・中高生が赤字を出し続けても続けられるだけのプログラミング教室の運営費
・【中高生が経営するプログラミング教室】を各地域で展開する為のポルナレフの活動費
→ 滋賀と岐阜の2地域での4月までの開講を目指し、視察とPC等を調達します。
→ 名古屋、大阪、奈良での展開の為、月に複数回視察に向かう予定です。
・中高生を募集する為の広告宣伝費
・「生きる力」を身に着ける為の様々なまなび講座(食育、情報リテラシー、経営塾など)の開催費用
として活用させて頂きます。

9月には素晴らしい新コースが出来ると聞いて
高知県の土佐塾中学高等学校へ。
こういった視察の資金としても活用させて頂きます。

食を通して子ども達の心と身体の健康を保つ為、
食学ミネラルアドバイザーを招いた
講演会も実施しています。

マゼルプロジェクトの取り組みは最終的には企業と人材を繋げることで事業化させていくことを目標としていますが、それには人材が企業に提案出来るレベルまで育つ必要があり、時間がかかります。
それまでの資金は企業を交えた様々なイベントなどでも調達することを考えていますが、定期的なクラウドファンディングや寄付も必須となります。ぜひ子ども達の未来、そして日本の未来の為にご協力をお願い致します!


実は今回のこのクラウドファンディングでは、本来は完全寄付型の形式を考えていました。
結果的に法人格が必要だった為寄付型には出来なかったのですが、これは教育は本来“消費”ではなく“投資”で行うべきという考えを貫こうという考えに基づきます。
社会人、一人一人が教育にコミットし、投資(お金に限らず時間や労力も含めて)することで巡り巡って自分に還元されると思うのです。

そこで今回ご支援頂いた方に対しての“返礼”は基本的に自分自身が得る為の返礼ではなく、中高生達に与える為の返礼を考えました。この考えは非常にニッチで人を選ぶことになるかも知れませんが、まずは同じ志を持つ同士と繋がりたいという想いでこの形を取っています。
こんなコロナの時代です。お金のご支援は余裕のある方だけで十分です。知恵のある方は知恵を、身体を動かせる方は身体を、想いのある方は想いを、届けて下さいませんか?

↑企業向けリターンとして「企業の課題解決プレゼン大会」について。
自社の社員だと思ってフィードバックすることによって
机上の空論ではないリアルな社会観を身に付けることが出来ます。

最後に、マゼルプロジェクト が目指す重要な取り組みが『早期スカウト型就活』です。
今日本の教育は大学受験を目的とした学習と言う構造があり、“社会に通用する能力開発”ではなく“有名大学への入学”が目的となってしまっていることで「学校から社会・職業への移行」がスムーズに行われないと言う問題を残してきました。
そこでスポーツの世界のように中高生の段階で学生が企業との接点を持ち、コミュニュケーションを重ね、就きたい仕事に就く為に進むべき大学を企業の方と一緒に考え、大学入学後数年にかけインターン等で企業と長期的な関わりを持つという就活形態を目指したいと考えています。
これにより企業と人材のミスマッチのリスクを減らし、「採用したけどすぐに辞めてしまった。」「入社したけど思ったような会社じゃなかった。」というお互いの不幸を減らします。

とはいえ現状の高校生の就職活動・採用活動には厳格なルールがあります。
これは「仕事に関する知識・経験に乏しい高校生」を守る為のルールであり、「学業の優先」を守る為のルールです。
マゼルプロジェクトでは改定された学習指導要領を元に【優先させるべき学業とはなんなのか】という問いにスポットを当て、「生きる力」を身に付ける為の機会提供仕事に関する知識・経験を蓄積する機会提供を行いつつ、最終的には保護者と連携しながらこの『早期スカウト型就活』の実現を目指します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/01 09:00

     城陽キッズファーム × マゼルプロジェクトで送る新企画【城陽農育クラブ】が始まります! 農業体験城陽キッズファーム様との連携の元、用意された作付計画を元に、土づくり、種まき、苗植え、管理、収穫など行います。1〜2ヶ月に1度程度全員参加の苗植えや収穫などを行い、日々の管理は当番制で行います。【...

  • 2021/02/11 22:11

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/02/04 09:00

    皆さん、こんにちは。マゼルプロジェクト校長兼メンターの中川彩です。約1ヶ月に及ぶマゼルプロジェクトのチャレンジが終了し、合計1,224,500円もの支援金が集まりました!私たちの想いに賛同してくださったこと、共に未来を考えてくださったこと、協力するよと手をさしのべてくださったこと・・・全てに感...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください