この度はJaggy Dance Clubのページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今年度Jaggy Dance Clubの部長を務めます、岩見誓子と申します。


Jaggy Dance Clubは東京女子大学の公認サークルであり、今年で40年目の節目を迎える長い歴史をもったジャズダンスサークルです。


本サークルは、毎年春に、新入部員を迎えてから初の舞台となる「春パーティー」というイベントに参加し、12月には1年の集大成である自主公演を行っています。

部員は先輩後輩関係なくとても仲が良く、練習においても切磋琢磨しながら笑顔溢れる日々を送って参りました。


しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響で通常通りに練習を行うことができず、新しい仲間を迎えるとても大事な新歓活動を行えなくなってしまったことに加え、春のイベントも中止となりました。現在はオンラインと制限のある対面練習を通して日々練習を重ねている状況です。


今年の12月には、1年の集大成であると同時に、幹部である3年生最後の舞台となる自主公演が控えています。

この公演までにはどうか事態が収束してほしいと強く願うばかりですが、公演を成功させたいという強い思いもあり、部員やスタッフの方々、来てくださる皆様の安全を配慮した上で公演を行うという方向で、現在は準備を進めています。


世の中が大きな不安に包まれ、オンラインという新たな練習スタイルにも慣れない中、ここまでついてきてくれた部員の努力や輝きをこの自主公演でお届けし、少しでも多くの方の心に残るものを披露できたらと考えております。


私たちJaggy Dance Clubの作品を通じて、皆様に笑顔と感謝の気持ちをお伝えしたいと思っておりますので、どうかご支援のほどよろしくお願い致します。


Jaggy Dance Club は毎年12月に自主公演を行っております。


本公演を行うにあたり、舞台運営費として毎年多額の費用が必要となります。例年では、毎月部員から集める部費や企業様に協賛していただいたお金の積み立て等により、本公演に必要な資金を補ってまいりました。


しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により練習日数の減少や企業様からの協賛の機会が失われてしまったため、経済的に本公演の開催が厳しい状況です。


サークルの部員たちも日々の練習や学業で忙しい中、さらにアルバイトをして練習にかかる費用を工面しております。この状況下で、不足分の費用を補うために部員から費用を集めることは、経済面での負担だけでなく、精神的な負担も大きくさせてしまうと考えました。このクラウドファンディングを通していただいた資金を活用し、例年続けてきた公演を今年も成功させたいと思います。以上の理由から、クラウドファンディングによってご支援をいただきたいと考えた次第です。


どうか皆様のお力添え、ご支援をよろしくお願い致します。


 ご協力頂いた資金はJaggy Dance Clubの自主公演を行う際に、照明費または会場費など舞台運営のために十分に吟味して使わせていただきます。

※新型コロナウイルスなどの影響により本公演が中止となった場合、資金は来年の自主公演の運営費として活用させていただきます。


私たちがこのプロジェクトを通して一番実現したいことは、【本公演を成功させる】ということです。そして、今年で40周年という節目を迎えるJaggy Dance Clubの歴史をさらに盛り上げていくことが主な目的です。


今年は例年とは異なる状況下であるにもかかわらず、9人もの新しい仲間たちが入ってくれました。今まで先輩方から受け継いできたダンスの技術や愛情を、今後に引き継いでいくためにもこの公演を絶対に成功させたいと考えております。

この新たな仲間と共に部員一同、舞台に立てること・日頃から応援してくださる多くの方々に感謝をし、見に来てくださるお客様に楽しんでいただける公演をお届けします。


2月 新体制での活動開始

前年度の公演をもって幹部の3年生が引退しJaggy Dance Clubは新たな一歩を踏み出します。ここから4月に行う新入生向けの新歓パフォーマンスの練習を行っていきます。


3月 球技大会

3月には球技大会を行います。部員全員が本気で対決し合い、様々なスポーツを思い切り楽しみます。また、毎年行う打ち上げでは球技大会で負けたチームは勝ったチームに奢るという伝統もあります。


4月 新歓活動

毎年4月は新歓期間として、Jaggy Dance Clubに入ってくれる新たな仲間たちを迎えるためにたくさんの準備をします。

新歓パフォーマンスだけでなく、新入生向けの体験練習や、新入生に配るビラの作成、学内に設置する立て看板の作成等を行います。

Jaggy Dance Clubに興味を持ってくれた新入生には、これらの体験や見学を通して本サークルの魅力をたっぷりと知ってもらい、サークル選びの手助けをします。


6月 春パーティー

毎年、関東大学学生ダンス連盟Σが開催している春パーティーというイベントに参加しています。一年生にとっては入部して初めての舞台であり、この経験が今後の大きな成長へと繋がります。また、日本大学芸術学部のDance Company BAKUさんとコラボレーションし、同じ舞台に立ちます。たくさんの人と関わることで様々な刺激を受け、色々なことを学べるとても良い機会です。


8月 公演練習開始

12月の自主公演に向けての練習が8月から本格的に始まります。公演練習は一段と力が入り、1年生も先輩にしがみ付きながら一生懸命練習に励み、ますます上達していきます。


11月 合宿

毎年11月に2泊3日の合宿を行っています。毎日朝から夜まで汗だくになって練習し、心身ともに成長するのはもちろんのこと、仲間とともに切磋琢磨できるかけがえのない時間を過ごすことができます。


12月 自主公演

1年間の集大成とも言える自主公演。広い会場でたくさんのお客様に見ていただく中、カラフルな照明に照らされ、綺麗な衣装に身を包み、今までの練習の成果を発揮する大変貴重な場です。この公演をもって幹部代である3年生は引退となり、Jaggy Dance Clubはまた新たな一歩を踏み出していきます。


10月22日 クラウドファンディング開始

11月23日 クラウドファンディング終了

12月13日 公演開催

12月末 リターン発送


オリジナルTシャツデザイン(3種類)

・黒


・白

・エンジ


11月上旬にデザインを公開しました。Tシャツを含むリターンコースにご支援くださる際は、【ご希望の色を選択】、指定されない方は【指定無し】をお選び下さい。


プロジェクトを最後まで見てくださり、ありがとうございます。


私達には太刀打ち出来ない新型コロナウイルスではありますが、そのおかげで多くのことに気付くことができました。それは部員全員でダンスをすることや、舞台に立てることが当たり前ではないということ。そして、代々続くダンスを通した暖かい繋がりが私達の大学生活を豊かにしてくれていたということです。


1年間の集大成である本公演を舞台上からお届けすることを目指し、ご支援をいただける皆様に感謝をお伝えできるよう邁進していきたいと思います。


何卒ご支援とご協力のほどよろしくお願い致します。




※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

___________

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください