はじめに・ご挨拶

初めまして、中沢と申します。学生時代は野球をやっていて甲子園に出場した経験があります。2010年より会社経営しております。今回、とても良いビジネスをスタートするべく活動してきましたがコロナの状況もあり資金がショートしてきていることもあり、こちらで賛同を募ることにさせていただきました。


このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトでは、需要と供給どちらの視点からもとても素晴らしいものとなります。ビジネス概要としては、洗車ビジネスです。需要側はいつどこでもシステムを利用することにより、希望の場所で洗車をすることが可能となります。供給側は働き方を自分で決定することが出来、本人の目的と時間により作業及び報酬が変わってくる仕組みとなります。水道を使うことなく、車を傷つけることなく利用出来ます。地方での仕事が少ないエリアでもニーズが出てくるビジネスとなり、地方再生にも繋がり国や自治体との連携や助成金の授与なども可能になり得るプロジェクトです。

プロジェクトをやろうと思った理由

洗車サービスとなります。ただし、普通の洗車とは画期的に違いがあります。 1.いつでもどこでも洗車が出来る。  2.立ち会いの必要なし。       3.当日の希望時間で対応可能。    洗車においては、現状さまざまな懸念点があります。ガソリンスタンドなどに移動して待ち時間があったり、または数日後の予約をしています。その間に雨が降ることもあったり、予定が変わることも多々あります。洗車は基本的には思い立った今、行いたい物だと思います。そこで、自分の希望の場所で希望のタイミングで洗車を行うことが出来たらどれだけ楽で助かるか。

これを解決する方法を生み出しました。

完全オリジナルとなるビジネスモデルで、とてつもない収益が出る可能性が大きくあります。

洗車をしたいユーザー側のメリットも大きなものがありますが、洗車を行うキャストにとって大きなメリットがあります。現在世の中で似たようなサービスが莫大な利益を生んでいる事実があります。

私の知っている企業は、ここ5年ほどで20億ほどの売上となっています。

背景としては、大きく3点。1.洗車をしたい時にガソリンスタンドは満員で断られたり、その場で待って2.3時間かかることが多々ある。2.ゴルフ場でのプレー中、ショッピング中など何かをしているときに洗車をしていてくれればと言う思い。たまに打ちっぱなしやショッピングセンターで洗車サービスがありますが、混んでいて当日連絡してやってもらえることは非常に少ないです。3.ゴルフ場で思うのが、地方は仕事が少なく給与も安い。このサービスを利用することで自分のリズムで仕事を行うことが可能となります。

これまでの活動


・オリジナル洗剤溶液の開発の打ち合わせ・代理店システムを用いた研修の実施実験・研修場所の確保・システム会社との今後の展開の打ち合わせ      以上、完了しております。

水を使わずに車に傷がつかず、綺麗な仕上がりとなる洗車を追い求めてきました。液体の溶剤やクロスを何通りも試し、溶剤に関しては化学の機関に問い合わせして現在のものが最善だと思っております。また、個人が扱うため講習も設けていて簡潔により伝わりやすい仕組みつくりをしております。

資金の使い道

アプリ開発費(サーバー含む)2500万円特殊溶剤オリジナル開発費  300万円広告費(代理店募集・商品認知) 300万円代理店研修費 100万円       その他備品等 150万円


リターンについて

カードの配布            応援金額に応じた洗車無料サービスもしくは優先サービスの実施


実施スケジュール

2020.10上旬現在、仕入れ、仕組み、広告媒体の選定は完了しております。資金調達完了後、広告施策開始。11月下旬までに掲載予定。12月に全国各地で代理店研修作業。2021.1より実施予定。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。車をお持ちの方も時間に縛られずに働きたい方も当てはまるビジネスだと思います。賛同いただいた方には最大限の感謝として大きなリターンを考えております。将来IPOの可能性も大いにあるビジネスだと思います。自分で会社も投資も行ってきましたが、アンテナを張って行動を起こす事が成功するために必要だと思っています。コロナで自分1人で出来ないもどかしさはありますが、これも何かの縁だと思い、是非皆様と成し得ることが出来ればいいと思います。 画期的なサービスのスタートアップに携わり協力いただける方と会社を大きくしていきたいと思います。


何卒よろしくお願い致します。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

現在、1000人の人間に対して講習を行う試算ですが、資金が集まらない場合は人数を減らして実行していきます。またシステム内容も資金によって内容を変更します。現時点でスタートは確定しており、賛同者の方にはリターンの確約をしております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください