はじめに・ご挨拶

東京オリンピックの種目にも採用された3x3バスケットボール。

3x3バスケットボールの普及・発展のため、そしてスポーツによる地域創生のため、

私たちは活動しています。


このプロジェクトで挑戦したいこと

コロナの影響により、例年行われているバスケ大会の中止が相次ぎました。

大会を楽しみにしていた子供たちへの影響も計り知れず、子供たちはコロナ禍で改めてスポーツができることのありがたさ、スポーツができる喜びを感じていると思います。

そこで、今回は子供たちにトレーニングの成果を発揮する機会、仲間との思い出を残せる機会を提供するために本大会の開催をいたします。


また、3x3のグローバルプロリーグ“3x3.EXE PREMIER”のチーム「ミナカミタウンドットエグゼ」と「サンジョウビーターズドットエグゼ」の2チームによるエキシビジョンマッチも行われます。そこに、女子プロチームの「ペリテックインテルナシオナルオオイズミドットエグゼ 」も駆けつけてくれることになりました。

プロ同士のエキシビジョンマッチを大会の中に組み込み、プロの迫力・技術を目の前で体感し、子供たちに夢を持ってもらいたい。      

プロチームのご紹介

【ミナカミタウンドットエグゼ】

群馬県みなかみ町を拠点とする 3 人制 プロバスケットボールチーム。 過疎化の進むみなかみ町をプロチーム を通して盛り上げるために設立。群馬 県唯一の男子プロ 3x3 チーム。地域創 生を目的とし、地域一体型で活動中。 テーマは “みなかみから世界へ”

【サンジョウビーターズドットエグゼ】

 新潟県三条市を拠点とする 3 人制プロ バスケットボールチーム。 半農半バスケで、農業に取り組みなが らプロ選手として活動で地域に根づい た取り組みをおこなっている。また、 スポーツまちづくりを目指してチーム を立ち上げ盛り上げている。                                                                                     

【ペリテックインテルナシオナルオオイズミドットエグゼ】

群馬県唯一の女子プロチーム。スポーツを通じた多文化共生社会の実現を目標に「インターナショナルタウン」群馬県大泉町のシンボルチームとして誕生した多国籍スポーツクラブです。”Realization of a multicultural society"を目標に群馬県一小さな町から全国制覇を目指します!                        


大会紹介

大会開催また、各種事業の再開に向けて、日本バスケットボール協会の活動再開に向けたガイドラインにのっとり、新型コロナウイルス感染症拡大予防に努めた大会運営を行う。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により、入場制限や遠方のため訪れることができない、物理的制約に対応するため、動画配信を行い、ウィズコロナ時代の新しいスタイルを広げていきたい。

                                                         

資金の使い道・実施スケジュール
経費一覧


大会看護@15,000×230,000大会審判員@1,000×47試合47,000スポーツ選手招聘(交通費含む)100,000大会会場代
8,490パンフレット、ポスター62,000大会司会(MC)
20,000動画撮影編集
100,000参加賞Tシャツ@1,000×200枚200,000集計
567,490


【開催スケジュール】
2020年11月29日
◆10:00〜 U12 女子ゲーム
エキシビジョンゲーム
◆14:00〜 U12 男子チーム
エキシビジョンゲーム

※コロナウイルス感染拡大防止のため、男女で時間をずらして 入場人数を制限します。                        


【場所】
群馬町体育館


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください