目標達成の御礼と2nd目標への挑戦!!


明けましておめでとうとございます。
はなの舞相模大野店の大友です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、当店がおこなっております、クラウドファンディングですが、皆様のお陰で1st目標である150万円を1月3日達成する事が出来ました!

開始1週間での達成はご支援頂いた皆様のお陰です。感謝してもしきれませんが、ご支援を頂いた皆様に感謝と御礼を申し上げます。有難う御座いました!

そしてまだまだご支援のお声がけを頂いておりますので、2nd目標である300万円というネクストゴール目指して頑張りたいと思います。

感染拡大が続く中、緊急事態宣言も発出しようとしています。
国難とも言える状況で有りますが、皆様のお力添え無くしては当店もこの危機を乗り越える事が出来ません。どうぞお力添えの程宜しくお願い申し上げます。


プレミアムなネーミングライツ権をリターンに追加しました!!

限定3つのネーミングライツ権、その名も「壁面ライツ」
画像のとおり、特別な場所(壁面)にネーミングライツすることができます!
サイズ:縦94㌢×横76㌢
金額:100,000円


20年間成人の門出を祝い続けて来た店を存続させたい!!
はなの舞相模大野店の存続、補修支援のお願い。


この度は、はなの舞相模大野店のクラウドファンディングをご覧いただきましてありがとうございます。はなの舞相模大野店、店長、兄貴、お父さん、マスター、BOSS、色々な呼び名が有りますが・・・ 大友 正一と申します。

プロジェクト発起人 / 大友 正一

当店は2000年、平成12年7月より営業を開始し、今まで地元の皆さまや企業様、商店様や近隣の学生さん地元を愛する常連さん等、沢山の方々に支えられて営業してまいりました。

成人式やお盆、年末年始の地元の集まり等で沢山の皆様にご利用いただき、地元の皆様に支えられて20年間営業してまいりました。

しかしながら新型コロナウイルスの影響を受けて4月.5月は、売り上げは75%減まで下がりました。
緊急事態宣言も時短営業も自粛期間も終わり、次第に売り上げは回復傾向にありますが、経年劣化による備品の傷みや機器の故障は待ってくれず、買い替えの時期が来てしまいました。
コロナの影響を受けた現在の売り上げでは買い替えや補修は難しく、このままでは店が存続できません。

新型コロナウイルスの影響により製氷機の補修が出来ず、毎日近所のカラオケ屋さんに80キロ~120キロ の氷を取りに行き、毎日台車で運ぶ状況が続いています。
影響は計り知れず、同じビル内の商店が立て続けに2店舗も閉店してしまいました。
当店も例外ではなく、お店存続の危機に立たされております。

20年間、たくさんの方々に支えてここまでやってこれました。
毎年必ず成人式後には、ここで成人の皆さんをお迎えして門出を祝ってまいりました。

そんな当店も、今年で20年。やっと成人の歳を迎えました。
この危機を乗り越え、さらに地域に愛されるいいお店にしていきたいと本気で思っております。

そんな思いから、実施するかしないかかなり悩みましたが、背に腹は変えられない状況の為、大変厚かましいお願いではありますが、皆様にご支援を頂きたく、このクラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。

皆様も大変な中、大変恐縮なお願いでは有りますが、温かいご支援、ご理解、ご協力、是非ともよろしくお願いいたします。


資金の使い道

お店を存続させるために経年劣化した備品を補修・買い替えします。
経年劣化した備品・機器


応援の声

佐々木岳大さん

大学4年間バイトをさせて頂き、みっちりはなの舞と共に過ごさせてもらいました。
地元の友達との飲み会もここ、彼女とのご飯もここ、バイト代の半分はお店に還元されてたんじゃないですかね!笑

お店には常連さんも多く、近隣の同業の方や商業施設からもたくさん飲みに来てもらっていましたし、あだ名で呼び合うような方もたくさん居ました。

ここで行われた合コンがきっかけで結婚までした友達もいますし、バイト仲間とも20年近く繋がり続けているという、青春の舞台として皆んなの記憶に刻まれていることは間違いないです。

店大友さんは接客、調理、仕入れや経理関係など、信頼感の中でどんどんやらせてくれまして、同期のバイトの中でいい競争の中で気持ちよく働き、成長させてもらったなと社会に出てから気づかされました。

僕ら世代にとっては良き兄貴的な存在で、当時は年上の社員と年下のバイトをまとめて、お客さんとも仲良く、お店の看板として人としての魅力にみんなが集まって来ていました。

あ、まかないが旨いのと仕事が早いのは尊敬しますが、車に乗るとスピード出しがちなところだけ気をつけてほしいです!笑

贔屓にしてくれるお客さんがいて、お店があって、そのコミュニティで楽しく過ごす時間が世代を変えて繋がっているという事で、withコロナ時代においても、そんな場所であり続けてほしいなと思います。


瀧澤幹太さん

私はアルバイトとして、大学1年〜大学院卒業、就職までの約7年間をはなの舞で過ごしました。

お店については、本当に常連さんに恵まれているなという印象です。居酒屋は週末や土曜日が混みますが、平日でも常連さんで賑わいをみせていました。

はなの舞はチェーン店居酒屋の中でもそこまで安くない印象ですが、相模大野店は激安で、かつ、料理やお酒のクオリティは他のはなの舞とは変わらないというのも大きな魅力です。

アルバイト同士も仲が良く、忙しい中でも冗談を飛ばしたりして笑いながら働けていました。卒業した人の結婚式に呼んでもらったり、年末の繁忙期が終わった後にみんなで夜通しカラオケや飲み会をしたのはいい思い出です。

就職した後も何度かお店に行きましたが、雰囲気は変わらずとても楽しく過ごせました。

大友さんは、お客さんに好かれるお店がどういうものかということを考えているんだなと思います。常連さんたちは大友さんが大好きで、ご意見番みたいなポジションでした。

アルバイトから見ると、働いている中で、どんな風に仕事を身につけていけばいいのか指示が明確でした。経験が豊富なので、色んなエピソードを聞くのは楽しかったし、参考になることも多かったです。

誰よりも働いていて、いつでも明るくみんなを引っ張ってくれていました。
私が働いていた数年でアルバイトがすぐに辞めてしまうということはほとんどありませんでした。

はなの舞相模大野店は私だけでなく多くの人の思い出が詰まった大切なお店です。コロナ禍という未曾有の経済危機をなんとか乗り越えるため、お力添えをいただければ幸いです。


佐々木宇宙さん相模大野店は夢がいっぱい詰まったアットホームなお店だと思います。
北里や相模女子大などの最寄りなんでやはり学生が多いですし、若者がたくさん集まる印象です。

右も左も分からない若者たちが何かしら夢を持ち、大友さんの大きな身体と大きな心でたくさん成長させてもらって些細なことでもたくさんアドバイスもらって羽ばたかせてくれるお店、そんなお店がはなの舞相模大野店です。

若者が成長出来る且ついつでも地元で集まれて帰ってこれるアットホームなお店としてずっと残ってくれたら嬉しいです。

ーーーーー

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください