はじめに・ご挨拶

多数あるプロジェクトの中から当プロジェクトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

シノンの家族の「カズ」と申します。

シノンはノルウェージャンフォレストキャットの2歳で、我が家にやってきた二人目の家族です。

先輩猫のノルンにいつもとても可愛がられています。

後輩猫のレオンもべったり。

ノルン、シノン、レオンで時には威嚇したりしていますが、仲良く暮らしています。

そんな中、2020/10/23 シノンがFIPと診断されてしまいました。


プロジェクトをやろうと思った理由

まずFIPがどのような病気なのかを説明させていただきます。

◆猫伝染性腹膜炎(FIP)とは 

猫伝染性腹膜炎は、猫や子猫の命にかかわる重篤な病気です。罹患率は非常に低く、猫と子猫の間で一般的に見られる猫コロナウイルスによって引き起こされます。猫伝染性腹膜炎を発症すると、腹膜(胃や肝臓など臓器の表面とそれらの臓器がおさまっている腹腔を包んでいる膜)に炎症が起こります(腹膜炎)。症状は、「ウェットタイプ」と「ドライタイプ」の2つに分類されますが、どちらのタイプも、主な初期症状は、発熱や食欲低下など、初期の段階では気づきにくい病気です。多くの場合、治療への反応が悪く、診断後、数日から数ヶ月で亡くなってしまう致死率の高い病気です。 

数年前まではかかったら最後、安楽死を勧めるしかなかった死の宣告ともいわれた病気ですが、ここ1~2年の間に海外で新薬が開発され、寛解が望める病気となりました。MUTIAN(ムティアン)は日本において動物医薬品として承認されていません。
シノンの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでシノンにとって投与が必要と考えていますが、
全てのFIPの猫に「MUTIAN」が有効であるという趣旨ではありません。

経緯

シノンはとても大人しく、「10年に1匹いるかいないかの大人しさ」と獣医に言われるほどゆったりとした猫です。そんなシノンが一か月ほど前から少し痩せ始め、食欲も元からあるわけではありませんが、より食べなくなってきたなと感じましたが、その時風邪の症状もあったため病院でもまあ風邪だろうと診断され、その後少し回復もしたのでしばらく様子を見ることにしました。

しかしその後も体重は戻らず、ますます弱るシノンを見てこれはおかしいと、もう少し大きな検査もできる病院に駆け込んだところ、検査の結果猫伝染性腹膜炎の可能性が非常に高い。と言われました。猫伝染性腹膜炎?聞いたことのない病名によくわからない状態でしたが、この病気に治療法はなく、100%近い将来死んでしまう病気だと伝えられました。その時は本当に何を言っているのかわからず、ただ茫然と「はい」といっていたのを覚えています。その時に先生がぽつりと「100万円以上かかる薬なら治せる可能性があると聞いたことはあります」とつぶやいていましたが、あまり頭には入ってきませんでした。

更なる検査のためいったんシノンを病院に預け、帰宅すると同時にその薬について調べ始めました。まだ可能性があるなら諦めるわけにはいかない。ここで行動しなければ一生後悔してしまう。そうして色々調べたりするうちにシノンの検査も終わり病院に行くと、やはり全ての検査結果からほぼ100%FIPであると告げられました。

更には心肥大、心雑音、溶血性貧血、低血糖、血小板の減少による血栓の可能性など様々な症状が出始めていることが分かりました。ステロイドやインターフェロンを使って進行を遅らせることはできる。それでも1か月前後でみんな死んでしまうと改めて告げられました。

帰宅後すぐに専門の病院に電話を入れたところ「FIPであればすぐにでも来て下さい」と電話口で告げられ、シノンに水を与えて即向かいましたが、その道中で意識が混濁、痙攣などを起こし一刻の猶予もない状態でした。

二件目の病院に駆け込んだ時はすでに意識はなく、担当医から「この状態から回復した猫はいない。覚悟はしておいて下さい」とまで宣告されてしまいました。

治療を待つ20分は過去にないほど長く感じました。

その後治療が終わり何とか一命をとりとめましたが、「先ほど申し上げた通りここから回復できた子はいない。入院をお勧めしますが、最悪病院で死んでしまう可能性が高い」と告げられました。それでもまだ可能性があるならと、シノンの入院を決意し、帰りを待っているところです。

処置後のシノンです。本当に沢山頑張ってくれました。今も必死に戦っております。


先生から今後の説明を受け、MUTIANの投与量は猫伝染性腹膜炎の末期であり、さらにドライ・ウェットタイプ混合型という最悪な状態で、普通の2倍量に値する550mgの投与が必要と説明を受けました。最終的に回復すれば4kgには少なくともなる猫種なので、最終投与量は750mg前後になる計算です。既に現在2.68kgなので、550mgが必要になります。


10/26

シノンが奇跡的な回復を見せ、なんと処置から4日で無事に退院することができました!急に病院から電話がかかってきたときは心臓が止まるかと思いました。一つの山は越えましたが、3ヵ月生存率はそれでも5割以下と厳しい状況です。MUTIANを84日間必ず同じ時間に投与しなければならないという油断できない日々が始まります。

ほんとよく頑張った…奇跡…

検査結果


料金



奇跡的に帰宅できたシノンですが、これからもっと沢山の奇跡を起こし続けなければならない過酷な戦いの始まりでもあります。3ヵ月生存率の山、再発率の山…いずれも高く険しい山をいくつも乗り越えてやっといつもの生活に戻れるはずです。そう信じます。


資金の使い道

皆様からのご支援は、全てシノンの治療費に充てさせていただきます。 

・MUTIANの費用

MUTIANの単価…100mg=2400円(税抜き)

1日当たり550mg×14日 13,200円×14日=184,800円

600mg×21日 14,400円×21日=302,400円

650mg×21日 15,600円×21日=327,600円

700mg×21日 16,800円×21日=352,800円

750mg×7日 18,000円×7日=126,000円

入院費+交通費+診察代+その他薬+クラウドファンディング手数料等+税

計約200万円

全て治療の為の資金として使用させていただきます。

◆ 支援について重大なお話

シノンは病状が「最悪」という形ですので、先生から「治療しても亡くなる可能性が高い」と何度も念を押して言われています。志半ばで…という可能性も正直とても高い状況です。更には再発率も普通と比べかなり高いそうです。そうなった場合でも、頂きました支援に関しましては申し訳ありませんが返却することができません。御理解の上御支援を頂けると幸いです。もし手元に多く残ってしまった場合、半年~1年の経過観察の後、同じようにFIPに苦しむ猫ちゃんへの支援などに全て充てさせていただきます。


リターンについて

わずかではありますが、ご支援いただきました感謝を込めてリターンをさせていただきます。

必要に応じまして配送先の住所、メールアドレスを頂けると幸いです。3000円以降でリターンはいらないという方はその旨もご記載くださいませ。

◆ 共通

・活動報告にてシノンの現状を週1回はご報告

◆ リターン

500円…心を込めたお礼のメール。シノンの画像1点。

500円…リターン無しで大丈夫という方は、こちらでお願いいたします。

1000円…心を込めたお礼のメール。シノンの画像2点。

1000円…リターン無しで大丈夫という方は、こちらでお願いいたします。

3000円…心を込めたお礼のメール、シノンの画像2点、ポストカード※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。

5000円…心を込めたお礼のメール、シノンの画像3点、ポストカード、缶バッチキーホルダー※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。

10000円…直筆のお礼のお手紙 シノンの画像3点、ポストカード、缶バッチキーホルダー、マスクケース※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。

30000円…直筆のお礼のお手紙 シノンの画像3点、ポストカード、缶バッチキーホルダー、マスクケース、カレンダー※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。

50000円…直筆のお礼のお手紙 シノンの画像3点、ポストカード、缶バッチキーホルダー、マスクケース、カレンダー、ポーチ※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。

100000円…直筆のお礼のお手紙 シノンの画像3点、ポストカード、缶バッチキーホルダー、マスクケース、カレンダー、ポーチ、Tシャツ※ご指定の住所・メールアドレスにお送りさせていただきます。送付以外の目的で住所情報を使用しない事をお誓いいたします。



実施スケジュール

10/23日からMUTIANの投与を開始しております。そこではもっと高額な注射によるMUTIANの投与を行ってまいりました。1/14までMUTIANの投与は続きます。活動報告にて、随時状況は更新させていただきます。


最後に

自分の知識不足が、ここまでシノンを追い込んでしまったと思います。正直自分が許せなくて本当に悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。またそれと同時に命を預かるものとしての重い責任も痛感しました。とにかく目の前の大切な命を救いたい、これで自分が諦めてしまったら絶対に一生後悔することになる。結果はもしかしたらうまくいかないかもしれない。もっと苦しめた挙句死んでしまうかもしれない。でもここで諦めてしまったらこの子の命はたった2年ちょっとで終わってしまう。飼い主のエゴかもしれないですし、実際そうだとも思っています。お金がないのも不甲斐ない飼い主のせいだとも自覚しております。でも何かの縁でうちに来てくれた子なのだから、シノンには家族として長く一緒にいたい。恥だとも思いますし、図々しいとも思いますが、どうか皆様のお力をお貸しいただけると幸いです。

最後まで長い文章を読んでいただき、誠にありがとうございました。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/01/30 09:00

    ご無沙汰しております。まずはリターンにつきまして、1月発送予定の物は全て送付させていただきました。今日明日には届くかと思いますので、よろしくお願いいたします。2月発送分に関しましては準備を進めております。デザインも無事決まり、製作に入っているところです。今回はサンプルとしてマスクケースをお見せ...

  • 2021/01/13 16:44

    皆様ご無沙汰しております。長らく更新が出来ず申し訳ありませんでした。さてシノンですが、長かった84日間の投薬も明日で終わりを迎えます。FIPも現在所見上は無事克服し、元気を取り戻し投薬を終えたらまた日常生活に戻る。はずでした。残念ながら元々体の弱かったシノンは1/8に心不全を発症してしまい、そ...

  • 2020/12/10 08:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください