はじめまして、今回の「itten-itten」プロジェクトを担当している関岡です。
コニー株式会社は、鞄の聖地・兵庫県豊岡市に拠点を置き、鞄袋物革小物の
製造と販売を行う企業です。


豊岡市は、鞄の製造において最盛期は全国生産の80%のシェアを占める地域でした。

1936年に開催されたベルリンオリンピックでは、選手団の鞄として豊岡のファイバー鞄が
採用されました。

また、1953年には、従来のスーツケースの胴枠を改造して外型崩れ防止にピアノ線を
使用した鞄をはじめ、軽くて強靭かつ欠陥を補った商品に着手。

鞄作りにおいて他を圧倒するイノベーションを起こしてきました。 

そして現在、豊岡には300を越える鞄関連の企業があります。



コロナの影響で様々な業種が大変な状況に陥りましたが、我々の鞄業界も例外ではありません。豊岡市の鞄工場は前年比8~9割まで受注が激減しました。

海外旅行、国内旅行の需要が著しく低下し、鞄業界の最も大きなマーケットであるトラベルバッグが売れなくなったのです。

経営45年の中で、多くのお客様に支えられてコニー株式会社、そして豊岡市の鞄産業は成り立っています。

私たちも経営上の厳しい状況を迎え、このような危機の中で雇用調整助成金などを活用して、じっと回復の機会を待つのも一つの方法ではありました。

ただ、このようなコロナ禍の困難な状況だからこそ、自分たちの手で打開の道を見つけなければいけないと奮い立ちました。

私たちは前に進むことを決めたのです。

その決意と想いを込めて始めたのが、今回のプロジェクト革小物「itten-itten」への挑戦です。



itten-ittenは、ファクトリーブランドならではの「一点一点に誠意を込めた丁寧なモノづくり」と、「探し物トラッカー(Tile)の一点とスマホの一点を結ぶ」という意味をこめて名付けられました。

フォーマルでも十分ご活用いただける上品なフォルムと、日々の生活でも活躍する華やかなカラーと、十分な収納力を備えた、大人の女性のためのレザーウォレットです。



探し物トラッカーTileを専用の「Tileポケット」にセット。
Tileアプリと連動させることで、ウォレットとスマホを音で探す、落とした地点をマップで表示等ができる安心のウォレットです。


豊岡という鞄の聖地で培われた特殊な立体成型技術を活かし、“Tileポケット”を完成させました。成形型で革を立体にしぼり出す工程では、型に入れて2日間ゆっくり乾かすことにより、型崩れのないきれいな形状に仕上げました。


また、立体ポケットは通常のミシンでは縫製できないため、鞄で使用するコンピュータミシンで緻密に縫製しています。


大容量の小銭入れ

現金払いの機会にも簡単に小銭の出し入れが出来る為、小銭を多めに持つ方にもおすすめ。


ゆとりのある紙幣入れ

仕切りを開くことによって大きく開いて、簡単に紙幣の出し入れが可能!
領収書やレシート、クーポンなどを一緒に入れても管理しやすいゆとりのあるデザインを実現しました。



長財布にも負けない収納力

カードに小銭や紙幣などを十分に収納できるスペースを確保しました。
見た目以上に収納できるので、長財布に劣らない機能性を発揮します。


手に馴染む、丸みのあるフォルム

デザインの特徴は、曲線美。距離に反比例して半径が小さくなる「クロソイド曲線」の概念をデザインに取り入れることで自然な丸みを作り、手に収まりやすいデザインに仕上げています。

収納量が増えてもフォルムは崩れず、クロソイド曲線による摩擦の減少がファスナーのスムーズな開閉を手助けします。

まるでフルーツのように鮮やかなビタミンカラーや、穏やかなピンク、柔らかいペールグリーン。特徴的カラーリングは、コーディネートのアクセントになることでしょう。さらにモバイルガジェットがプラス
されることにより、テクノロジーと職人技が融合した新時代のファッショングッズになりました。

バッグの中に忍ばせても、使う人をワクワクさせるアイテムです。


FURLA、COACH、などの世界的なブランドにも多数採用されているイタリア産の原皮を使用。ヨーロッパの最上級の原皮のみを選別しております。染色に独自の薬品を使っており柔らかいソフトな革ですが繊維のしまりがあり、通常繊維の粗くなるお腹の部位でもしっかりとなる加工を施しています。


他の人からは見えない内装にこそ、ものづくりへの思いが現れると考えます。外側こそ単色に統一しましたが、内装にシルバー泊の革を差し色に取り入れるといったさりげないこだわりは、実際に使ってこそ得られる満足感です。


財布の開閉部には一般的に金属ファスナーが使われることが多いのですが、今回はあえて樹脂を射出成型して作られた「ビスロンファスナー」を採用しました。

キレイな革の色とファスナーの色を合わせることでファッションアイテムとしての軽やかさが感じられるのと、金属ファスナーで起こりがちな磨耗による不具合も防げます。


私たちは革小物を生産する少数精鋭の工房のようなチームです。
鞄とは違う繊細な工程に気遣い、心を込めたものづくりにこだわっております。また立体成型などこれまでの鞄製造で培った技術も最大限に活かし、革小物を作っています。


「持つ人を際立たせること…」

「素材の持ち味を活かすには…」

「手になじませるには…」


私たちは職人のプライドを懸けて、常にお客様に愛される商品の開発に挑戦していきます。

おかげさまで、「itten-itten」は豊岡鞄の認定企業が製作し、厳しい認定審査を経て選ばれる「豊岡財布」としても認定されております。

ラウンドウォレット

仕様

サイズ:W220mm×H105mm×D20mm

色:チャコールグレー、イエロー、ブルー、ペールグリーン、ピンク        

機能:Tile(探し物トラッカー)機能により、ウォレットとスマホを音で探す、
落とした地点をマップで表示等ができる安心感。

生産国:日本

予定販売価格:18,700円(税込)


Lジップウォレット

仕様

サイズ:W120mm×H100mm×D20mm

色:チャコールグレー、イエロー、ブルー、ペールグリーン、ピンク        

機能:Tile(探し物トラッカー)機能により、ウォレットとスマホを音で探す、
落とした地点をマップで表示等ができる安心感。

生産国:日本

予定販売価格:15,400円(税込)


千年の歴史を持つ鞄の聖地、兵庫県豊岡市で1975年に創業。

鞄袋物のOEMを主軸に置きつつ、2015年にファクトリーブランド「CREEZAN」を立ち上げ、この度「itten-itten」生産・販売に取り組みます。

大量生産では実現できないこだわりを詰めた本格的な製品を、職人が一つ一つ丁寧に作り上げてお届けいたします。


私達はSDGsの取り組みのひとつとして、本社を構える豊岡市が取り組むコウノトリの野生復帰を支援しております。

コウノトリの野生生息を支えるには、豊かな自然環境と、人と自然が共生できるおおらかな文化環境が必要です。それは地域の発展というサスティナブルな取り組みへと通じます。

私達はではこうした取り組みに共鳴し、このプロジェクトで得た金額の3%を2021年6月13日にコウノトリの支援として豊岡市コウノトリ基金に寄付いたします。


・本革を使用しておりますので多少の傷、血筋、色ムラなどが入ることがあります。
天然の素材となりますので味としてお楽しみください。

・皮革の特性上、水分や摩擦によって色落ちします。ご了承ください。

・ご支援の数量が予想を大幅に上回った場合、革の納期の関係上出荷が遅れる場合がございます。

・Tileはご自分で開封お取り付けください。また電池交換版(電池寿命約1年程度)となりますので電池が切れた際は新しいものと交換してください。
(詳細はTileホームページをご確認ください。)

・ご利用にはTileアプリのダウンロードが必要です。

・Tile製品仕様
  商品名:Mate(電池交換版)
  カラー:ホワイト
  電池タイプ:交換可能(CR1632)
  電池寿命:約1年間
  最大接続距離:約45m
  商品サイズ(mm):35.0×35.0×6.2
  防水性:防滴(IP55)
  重さ:7.5g

・Tileの挙動については、Tileのサポートページをご確認ください。

よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください