はじめに

はじめまして。

『神社仏閣カード』を運営しております、『未来に残したい日本文化財普及協会』代表の岩田翼(いわたたすく)と申します。

『神社仏閣カード』を通じて、神社・仏閣(仏閣=寺)に関心を持つ人を増やしたいために、活動しております。


自己紹介

簡単ではありますが、自己紹介をさせてください。
私の神社仏閣の記憶は、幼少期に徒歩圏内にあった寺院にお参りしていた記憶からです。

屋台に行きたくて、子供ながらに意味もわからず、毎月21日は「おだいしさまの日」と覚えて、
「お寺の鐘を撞く!」「頭が良くなる煙を被りにいく!」とはしゃいで、亡き祖父と参拝していたのを覚えており、当時、頻度高く参拝して、子供ながらにお願い事をしておりました。                

毎月21日になると、大好きだった祖父と行った「おだいしさま」を今でも思い出します。
それぐらい幼少期の私にとって、神社仏閣は身近な存在でした。

中学、高校、大学と年齢を重ねていく中、気が付くと神社仏閣に出向く機会は減ってしまっていました。
一方、父が転勤族だったため、成人するまでに6回の転居を伴ったことから、住んだ地域それぞれが持つ魅力を肌身を持って感じつつ育ちました。
社会人になった後、改めて自分の仕事や、進路を考えていく中で、幼少期の祖父との参拝の楽しい記憶や、転居しつつ住んだ各地への想いが思い起され、地域の魅力を伝える仕事をしたいと思い、旅行会社への就職を決めました。

旅行会社では、仕事柄、様々な地域を訪れるのですが、ライフスタイルが多様化し、頻繁にお寺や神社に参拝する方も減って来ているようで、神社仏閣を持続的な運営を行うことが大変な状況であることを知りました。

神社仏閣での楽しかった思い出を持つ身として、少しでも興味を持つ参拝者を増やしたい、神社仏閣を巡って、少額でも支援できるものを作りたいという思いをカタチにした授与品として、2020年8月18日より、中国地方の観音様を信仰する霊場会『中国観音霊場』の8ヶ寺と一緒に、『巡る・知る・集めることで神社仏閣への貢献』をコンセプトにした『神社仏閣カード』を始めました。

神社仏閣カードとは?

2020年8月18日(火)より、中国観音霊場の8ヶ寺で開始した『巡る・知る・集めることで、神社仏閣への貢献』をコンセプトにした新しい参拝授与品です。

 伝統的な『神社仏閣』の歴史や伝承、ご利益などを、分かりやすく伝えるため、カード型にしたもので、お盆後明け後からの授与開始にも関わらず、これまで来なかった新しい参拝層が訪れ、開始から4日で在庫が無くなってしまう状態になり、急遽増産するなどの対応となりました。その後、数々の新聞・雑誌にも取りざたされるなど、非常に高い関心を集めております。 

 


【取り上げられたメディア(一部)】 

――――――――――――――― ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー                                       

山陽新聞社 8月27日 掲載
https://www.sanyonews.jp/article/1045415

朝日新聞社 8月31日   掲載
https://digital.asahi.com/articles/ASN8Z72G7N8QPPZB004.html?iref=pc_ss_date

毎日新聞社   9月11日   掲載
https://mainichi.jp/articles/20200911/ddl/k33/040/375000c

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『神社仏閣カード』をさらに、日本全国へ広めるべく、頑張りたいと願っております。


今回のプロジェクトで実現したいこと

神社仏閣へ今まで関心を持っていない方も興味を持てるような、”きっかけ”を作りたい!
特に若い世代の方に興味を持ってもらい、参拝者を増やしたい。

日本の神社仏閣という文化財をこの先も残すためには、1人でも多くの人が関心を持ち、参拝することが最初の1歩と考えております。

今回の『神社仏閣カード』は、一時的かつ、見返りを求めない「寄付」ではなく、神社仏閣へ興味関心を持つ方を増やし、その神社仏閣自身が、持続的に魅力を伝えることで、存続していける仕組みを作ることを実現したいと考えています。

神社仏閣カードを構想し始めた頃より、多くの神社仏閣の方とお話しさせていただいておりますが、それぞれの神社仏閣に、興味深い歴史やエピソード、由来・伝承・発祥などが数多くあります。

さらに、境内の見どころや、ご利益のポイントなど、参拝時にも、知っていたらもっと楽しめるであろう情報が、多くの方が知らずに終わってしまっていることに気がつきました。

そのような御朱印や、お守り、祈祷では伝わらない神社仏閣の魅力を分かりやすく伝えられる、今までには無い授与品を作ることで、参拝するきっかけを作り、かつ参拝後も思い出せて、愛着を持ち続けられるようにしたいため、『神社仏閣カード』を制作致しました。

有形文化財、無形文化財含めて、カード型にすることで、世界中の方が興味を持って、参拝しながら知ってもらうきっかけを作りたいと考えています。

(法界院様とのお写真)

神社仏閣カードとは、どんなカードなのか?(詳細)

『神社仏閣カード』は、その神社仏閣へ参拝した方が、記念として、また、その神社仏閣に愛着を持ち、深く知れるように、現地でのみ授与いただけるようになっております。

カードの絵柄は、各神社仏閣毎に3種類あり、内1種類は、仏像などの幸運なレアカードになります。

A寺のカード(全3種類)は、A寺を参拝しなければ授与頂けないようになっており、

同様に、B神社(全3種類)も、B神社へ参拝することでのみ授与頂けるようになっております。

カードは、カードより一回り大きいサイズのミニ封筒に封されており、全3種類のどれを頂戴できるかは、開封するまで分からなくなっております。                    

カードは、各神社仏閣ともに、3種類用意しており、境内や建屋の写真、仏像や本殿、イベントや祭りの一コマ、神社仏閣の重要な文化財など、その神社仏閣のことが伝わるデザインを3種類用意しています。

その3種類のうちの1枚は、レアカードとして、カード全体がデザインになっており、神社仏閣名が箔押しで金色に輝くものになっております。寺院の場合、レアカードは仏像になっています。

神社仏閣カードの中には、1年に1日のみ御開帳される仏像のカードもございます。その仏像のカードを引き当てることが出来れば、いつでも手元で拝むことができます。


カードデザインのこだわり

カードには、あえて神社仏閣の写真を載せるだけにはせず、情報を分かりやすく、なるべく見やすく記載することにこだわりました。

関心を持ちやすくするため、文字の羅列ではなく、視覚的に分かりやすいように工夫しています。 

そのため、表面には、ご利益を八角形の「パラメーター」と、神社仏閣の特徴として、4つの『アイコン』をデザインしています。

◆「パラメーター」                           

その神社仏閣が、項目として、

「健康・長寿」、「交通安全」、「学業・芸能運」、「仕事・出世運」、「家庭運・子宝運」、「恋愛運」、「厄除け・招福」、「金運・商売繁盛」のご利益の中で、どれが特にご利益があるかをわかるようにしています。

◆「アイコン」                    

おすすめ の参拝季節や、境内の特徴や、取組みなどをアイコンで表すことにより、その神社仏閣の魅力を一眼でわかりやすくすることを心がけています。

『神社仏閣カード』は、神仏に纏わるカードのため、カード同士での勝負や、バトルなどは出来ません。

ただし、パラメーターなどで、ご利益が分かりやすく記載されていますので、
仕事・学業・恋愛・安全など、みなさまご自身の勝負の際に、お手元のカードにお祈りいただくことで、良い結果に繋がるかもしれません。

また、他にも、カード裏面には、「参拝した神社仏閣の説明」、「境内の見どころ」 、 「寺宝 or 社宝」、「創建者」、「創建年」など記載していますので、帰宅した後でもカードを見返せば、その神社仏閣の情報や、魅力などを再確認ことができます。

これらの情報は、各神社仏閣の和尚様や、神職様と会話させていただきながら、1つ1つの項目を神社仏閣の伝えたい想いや、背景とともに会話しながら、作成しております。

カードの項目1つずつに神社仏閣様の想いが込められているため、それを感じながらご帰宅された後も読み返していただくことが可能です。

そのため、参拝時は、よりその現地での空気感や雰囲気を含めて、五感で様々なことを感じていただけるかと考えております。

カードは縦88mm、横63mmで、一般的なコレクションカードと大差ない大きさですので、
お財布などにも入れて持ち歩くことが可能です。

下の写真は、金剛山遍照寺法界院の1年で1日しか御開帳されない貴重な「聖観世音菩薩像」ですが、
このカードを引き当て、財布に入れて持ち歩けば、1年中拝むことが可能です。

気になるご利益や、お気に入りのデザインのカード、好きな神社仏閣のカードなど、集めて眺めながら、
ご利益までいただけそうなカードになります。



『神社仏閣カード』のこれまでの歩みと今後

『神社仏閣カード』ですが、授与開始当初より、話題となり、TVのニュースや、新聞各紙にも掲載され、多くの反響と話題を頂戴しました。

参拝者が楽しみながら巡って、神社仏閣に詳しくなれる仕組みとして、各地の神社仏閣の方からも、非常に高い関心を頂戴しましたが、一方で、これまでに無い新しい取り組みでもあるため、第一歩を踏み出すことに躊躇される方もいらっしゃいました。

そんな中で、一部の神社仏閣様に共感を頂き、企画の段階から一緒に検討を重ね、作ってきました。

本年8月より、岡山県にて授与開始したことを皮切りに、メディアにも多く取り上げていただけたおかげにより、『神社仏閣カード』という名称も少しずつ知られてきております。


                   

「神社仏閣カード」が創りたい世界と目標

「神社仏閣カード」が、大きな流れの小さな「きっかけ」になれば嬉しいです。 

「この1枚のカードから、神社仏閣に興味を持った!」

「カードで知りながら、巡ってみると楽しくて、家族・友人などとの交流が増えた」

と思ってくださる方が、多くなり、
周りの方々と一緒にみんなで楽しく各地の神社仏閣を巡りながら、伝統・文化に触れ、観光しながら、集めることで、より楽しめるようになることを願っています。

そして、参拝者の方と神社仏閣の方が、より交流するようなきっかけになれたら幸いです。

実際にカードを集めている参拝者の方が、寺院の方へ
「お寺って気軽に行けないなぁって思っていたけど、このカードだと行きやすいですね!」(原文ママ)という、寺院の方も、私も嬉しいコメントを頂戴しております。

新型コロナウィルス感染症が終焉したいつの日にか、日本人だけではなく、
世界各国の方が、日本各地の神社仏閣が知れる「神社仏閣カード」を集めながら、参拝を楽しんでくださるようになり、世界中から日本の歴史・伝統・文化が愛されるようになることを願い続けています。

今年、2020年を「立ち上げ期」、
2021年を「拡大期」と捉え、
再来年の2022年には「全国展開されて、どこの都道府県でも参拝したら、授受できるカード」にしたいと考えております。

今後もこの取り組みを継続するために、みなさまのお力添えを頂戴できますと幸いです。

よりみなさまのお住まいの地域近く、そして旅先でも参拝して集められるように、神社仏閣のみなさまと連携して参ります。


(瑜伽山 蓮台寺様 受付)

立ち上げから、ご協力いただいている御住職様から

近年は朱印ブームに火がついていますが、集めるという楽しみを朱印とは別の角度から体験できるのがこの『神社仏閣カード』です。特に若い方に人気の高いトレーディングカードの神社仏閣版で、歴史や見どころ、ご利益が数値化されており、パワースポット写真など、インスタ映え効果のある有難いレアカードを集めることができます。

このカードを通じて、少しでもお寺や神社に関心を寄せて頂き、巡礼の新たな魅力にして頂くことを、切に願っています。

(高野山真言宗 別格本山 金陵山 西大寺 御住職 坪井綾広様より)


リターンのご紹介

(箇条書きで書く)

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


今後の展望

2020年12月30日より、岡山県の8ヶ寺に続き、岡山県の5つの神社でも、授与開始致します。

さらに、石川県の22寺社(内訳:14神社、8ヶ寺)でも、新しく神社仏閣カードが授与開始されます。他、いくつかの地域でも検討が進んでいるため、引き続き、共感をいただけるように頑張りたいと考えております。

(金沢神社様とのお写真)


資金の使い道

新しい神社仏閣カード 開発・製作費用

よりみなさまに知っていただくための告知費用

巡って、知って、集めて楽しい「神社仏閣カード」をより広めて参ります。

カードをきっかけに、参拝者を増やしながら、神社仏閣へ愛着を持ってくださる方を増やしたいと考えております。また、参拝者を増やすことで、ひいては神社仏閣自身で維持をできる仕組みを整える一助となることを願っております。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
目標金額を超えて集まった資金に関しましては、商品の品質向上などに充てさせていただきます。


最後に

『神社仏閣カード』は、参拝者と神社仏閣を繋げる、新しい参拝授与品です。

この手のひらサイズのカードにより、日本だけではなく、世界中から参拝者を増やす「きっかけ」になりたいと考えております。

集める喜びを得ながら、伝統・歴史・文化を楽しく知れ、
神社仏閣の支援につながるという取組みとして、広めていきたいと考えております。

100年後の神社仏閣と、そこへ興味をもたれるであろう未来の方々のために。
そして、何より創建から続く、過去の先人達の想いを絶やさない為、より多くのみなさまにご賛同いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。


未来に残したい日本文化財普及協会  

岩田 翼 拝

  • 2021/01/10 21:47

    こんばんは。ここ数日の大雪で、石川県を含む北陸の方々は、大雪に見舞われていらっしゃると存じます「神社仏閣カード」も、石川県内の22寺社と一緒に進めております。みなさまや、みなさまの大切な方がご無事であることを、心より願っております。『神社仏閣カード』は、2020年8月に中国観音霊場(8ヶ寺)で...

  • 2021/01/08 15:22

    2021年明けましておめでとうございます。年初、初回の活動報告となります。昨年12月の年の瀬より、クラウドファンディングをスタートしましたが、開始早々より、多くの方より御支援いただきまして、誠にありがとうございます。新型コロナウィルス感染症の中で、旅行や初詣を見送られた方も多くいらっしゃると存...

  • 2020/12/19 13:32

    12月18日18時より、スタート致しました『神社仏閣カード』のクラウドファインディングですが、初日からご支援くだされた方もいらっしゃいましたこと、誠にありがとうございます。クラウドファンディングの期間は、来年2月4日までございますが、その期間も活動を引き続き続けて参り、トピックスなどは随時共有...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください