「Voice Things」 は、シンプルでありながら多機能な、スマートフォンを活用した 「1:N近距離通信ソリューション」です。 



■「Voice Things」のポイント

・トランシーバーと異なり、レシーバー不要。アプリも不要。
・製品による独自のWi-Fi網を使用することで、圏外エリアでも音声通信が可能。
・機器とユーザーの距離が直線100mまでは、音飛びのないクリアな音声を提供。
 *外付けWi-Fiアダプターを活用すれば、通信距離をさらに拡大可能。
・いつでもどこでも使えるように、本体は縦約9㎝×横6㎝のコンパクトな設計。


■「Voice Things」の紹介動画


“ライブ音声配信サービスが無料”


1.回収・返却・再充電するレシーバーはもう要らない ⇒ 顧客満足度、3倍UP!
2.会議・セミナー・カンファレンスで録音と記録はもう要らない ⇒ 顧客時間、1/3節約!
3.故障・紛失・再購入・通信料はもう要らない ⇒ 顧客管理費用、30%削減!



■ 「Voice Things」使用事例
① グループツアー・体験授業など

旅行やアウトドアのガイドにおいて拡声器やマイクはもう必要ありません。
ガイドは大声で話す必要がなくなり、参加者は周囲の騒音に邪魔されることなく、自分のスマホやイヤホンなどでガイドの声をはっきりと聞くことができます。
他人が使用した受信器を再利用しなくてよいため、とても衛星的です。
美術館や観光地で使用する場合、大声で話すことを気にせずにプレゼンテーションに集中することができます。遠くからでも解説がはっきり聞こえるので、ストレスなくゆったり楽しむことができます。
「Voice Things」さえ持っていれば、世界中どこでも音声通信サービスを無料で利用できます。
電波が届かない山や島、砂漠などの環境でも、独自の通信コミュニティを構成することができます。


② 講演・会議など

講義・講演などでは、参加者にその内容を効率よく伝える手段として無線受信機を積極的に活用しています。講演者のストーリーを伝えたり、コミュニケーションを図る上で必須のITソリューションです。しかしそれには、周囲の環境騒音、受け渡しする煩わしさ、不衛生的なヘッドセットの再利用、講演内容をデジタルデータとしてスマホに保存できないなどの技術的限界があります。
スマホをWiFiに接続するだけで、座っている場所に関係なく、環境音フィルタリングを通じたHD並の高品質オーディオストリーミングサービスがリアルタイムで提供されます。


すべて「Voice Things」VT2010R(simplex)が解決してくれます。


③ 店舗・倉庫管理など

現場では、管理者と作業者間の円滑な情報伝達とコミュニケーションを図るために無線送受信機を積極的に活用しています。緊急作業指示や安全管理、現場点検などに必須のITソリューションです。
しかし既存の無線送受信機は、受け渡しや回収・返却の煩わしさ、充電を繰り返す不便さ、やり取りした内容が記録に残らないなどの技術的限界があります。 現場のすべての作業内容は保存・記録されてこそ、企業にとって価値ある資産になります。
通信キャリアの基地局を介さない管理者と作業者間のスマートフォンを用いた円滑なローカル通信、および送信ボタンを押す必要のないインタラクティブなリアルタイム通信を提供します。
やり取りしたすべての会話と現場の指示内容をデジタルデータ化して提供します。



すべて双方向モデルの「Voice Things」VT2010D(duplex)が解決してくれます。 



■ 使用方法

① 本体にマイクを取り付る。(VT2010Dモデルはマイク不要)

② 本体にモバイルバッテリー(電源アダプター)を取り付ける。

③ スマホ(Android/iPhone)のWi-Fi接続画面から「Voice Things」専用SSID「_start.com」に接続。

④ ブラウザ(Chrome/Safari)を開いて、「http://start.com」に接続。

⑤「Voice Things」のイントロ画面から「agree(同意)」ボタンを選択。   

VT2010R(片方向):WEBアプリ画面から「start(開始)」ボタンを押して聞く。
VT2010D(双方向):WEBアプリ画面から「talk(話す)」ボタンを押して話す。

(※接続方法は機種により異なる場合があります。)



■ 商品スペック


※Wi-Fiリピーターを利用すれば、使用可能距離を伸ばすことができます。


■ 特許&認証

※技適認証あり
「本製品は電波法に基づく「技術基準適合証明」を取得しております。」

 

“「Voice Things」は、
あなたを
スマートガイド・スマート先生・スマート管理者に
変身させてくれます!”


■ リターンについて
・VT2010R(片方向):本体・ハードケース・USBピンマイク・パウチの4点セットです。

・VT2010D(双方向):本体・ハードケースの2点セットです。

※VT2010D(双方向)は、ユーザー同士(7ch)の会話型モデルのため、本体のマイクは不要です。



■ 実施スケジュール

2021年5月中旬: クラウドファンディング開始

2021年6月30日: クラウドファンディング終了

2021年8月上旬: リターンお届け開始

※この商品は量産済みではありますが、製品改良などの必要な仕様の変更が発生する可能性があります。


■ 配送について

配送は日本国内発送となり、通常1週間程度かかります。

配送は全部8月中に完成する予定です。


■ お問い合わせ等対応可能言語について

※このプロジェクトのリターン品に関する問い合わせやプロジェクトオーナーに対する問い合わせは、日本語・韓国語のみの対応となりますので、ご了承ください。


■ メーカーについて

会社名:Lui Technology, Inc. 

ウェブサイト:https://en.luitechnology.com/

事業内容:

Lui Technology, Inc. は、「世の中に役立つ製品を心を込めて作り上げる」という企業理念を基に2017年に設立したIoT専門企業です。音声認識や無線通信プロトコルの独自の特許技術を保有しおり、20年以上培ったIT開発技術のノウハウを生かし、時代のニーズに応える革新的な製品を持続的に開発しています。


■ 販売許可について

弊社は、Lui Technology, Inc.の海外正規代理店として販売許可を取得しております。


■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: 株式会社UNIARK

◯ 事業者の所在地:
〒530-0044
大阪市北区東天満2-9-2
AXIS南森町ビル別館8階

◯ 事業者の連絡先:Tel. 06-6226-7799 / Fax. 06-6226-8622 / E-mail. voicethings@uniark.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:

各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:

クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。


株式会社UNIARK
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-2 AXIS南森町ビル別館8階
TEL : 06-6226-7799 / FAX : 06-6226-8622

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください