▼「FQKids」とは? 

こんにちは! 子供たちの遊びと学びを考えるメディア『FQKids』編集部です。

まず、私たちについて簡単に説明させてください。

私たちは東京・代々木にある社員30人ほどの小さな出版社です。「持続可能な社会」をコンセプトに、さまざまなライフスタイル&ビジネス誌を制作しています。
2015年に国連で採択された「SDGs」でも、“持続可能”が世界共通の目標に掲げられています。(写真:nozo_min/Shutterstock.com)


その中で『FQKids』は「子供たちの生きる力を育てる遊び&学び」をコンセプトに、2019年11月に創刊しました。雑誌とウェブサイトを通じて、世界の幼児教育の情報を発信しています。


ではなぜ、世界の幼児教育なのか――?


それは、子供たちの内側にある「生きる力」を伸ばす幼児教育を伝えたいからです。


これまでの日本の教育は、いわゆる「詰め込み教育」でした。

「いい会社に入るためには、いい大学に入らなければいけない」という考えは、おそらく日本では一般的な価値観でしょう。

そのため、子供たちは「何か良い仕事に就く」ことを前提に、小さい頃からひたすら勉強をしてきました。

しかし、その勉強は、子供たちの心からの「幸せ」につながっているのでしょうか?

「その子が何に興味があるのか?」

「どうしたらその子自身の幸せを見つけられるのか?」

子供たちの好奇心を伸ばすヒントは、日々の遊びの中にある、と私たちは考えます。そして、その先駆的な取り組みは世界中、そして日本の中にもあるのです。


私たちがこれまで取り上げてきたテーマは、「自然教育」や「北欧の幼児教育」「ダイバーシティ」「非認知能力」など、多岐にわたります。

 雑誌制作時のミーティングの様子。より良いコンテンツをお届けするため、編集部全員でアイデアを出し合っています。 


読者の方々からは「無駄なページが1枚もなく見入ってしまった」「子供の自然との触れ合い方、どんないい影響があるかわかった」「スポーツ教育特集が面白かった!」など、さまざまな反響をいただきました。

そして、創刊1周年の節目を迎え、私たちは新しい挑戦をすることにしました。

それが今回皆さんにご支援をお願いする『FQKids』フリーマガジンの継続発行です!

より身近に、より手軽に、より多くの人に『FQKids』を手に取っていただくため、皆さんの力を貸してください。

クラウドファンディングの詳細についてお話する前に、これまで私たちがどのようなことをお伝えしてきたのかご紹介します。


▼FQ Kids編集部の活動

・「ダイバーシティ&インクルージョン 子供たちの未来のために」
 (2020 AUTUMN ISSUE vol.04) 

偏見や差別は、知らないものに出会ったときにびっくりして避けようとする自己防衛から生まれます。大切なのは、いろんな人がいることを知り、認め合うこと。本特集では、障害かある若者の育成プログラム「DO-IT JAPAN」や、LGBTs当事者で、講演や絵本制作などを行う鶴岡そらやすさんの活動などを紹介しました。


・「身体感覚・美的感覚・社会性を育む 子供の本能を刺激する自然教育」
 (2020 SPRING ISSUE vol.02)

便利な暮らしが広がり、本能が働きにくくなった現代。広い原っぱや坂道、ゴツゴツとした岩など、豊かで複雑な自然は子供たちの本能を刺激します。東京大学名誉教授の汐見稔幸先生へのインタビューや、自然体験型農場「KURKKU FIELDS」のおすすめ情報を収録。


・「北欧の幼児教育」
  (2019 SPECIAL ISSUE vol.01)

国民への教育が充実していることで知られる北欧。その秘密はどこにあるのか? 世界がお手本にする教育先進国・フィンランド、若くして環境保護活動家として活躍しているグレタ・トゥーンべリさんが育ったスウェーデンから、現地の幼児教育事情をお届けしました。


このほか、著名人インタビュー(狂言師・野村萬斎さん)、連載コラム(エッセイスト・小島慶子さんによる「子育て 親育て 世育て」)など、毎号充実のコンテンツをお届けしています!


▼このプロジェクトで実現したいこと

 今回のクラウドファンディングで、私たちが皆さんにお願いしたいのが、『FQKids DIGEST(フリーマガジン)』の配送費の一部をご支援いただくことです。

現在、有料版の雑誌『FQKids』は、年4回・各2万部を発行し、全国の書店やAmazon、楽天ブックス、Fujisanなどのオンライン書店で発売しています。

また、ウェブサイトでは子育てや遊び、ヘルスケアに関する最新情報をお届けしたり、読者参加型の企画も行っています。

そして『FQKids DIGEST(フリーマガジン)』は、雑誌『FQKids』のダイジェスト版として、2020年10月に1号目を発行しました。

現在、都内の小児科や幼稚園・保育園を中心に5万部を発行していますが、ゆくゆくは、全国の親御さんや教育関係者の方々にフリーマガジンを手にとっていただきたいと考えています。

しかし、そのミッションを実現するためには、配送コストが膨らんでしまいます。

今後『FQKids DIGEST』を継続して制作し、より多くの人の手元に届けていくため、今回のクラウドファンディングへの挑戦の決断に至りました。目標金額は80万円です!

 

▼リターンのご紹介

今回、支援をいただいた方に、ささやかながら編集部より以下のリターンをご用意しました。

※表紙画像は2020年秋号のものです。みなさまにお送りする雑誌の表紙とは異なりますのでご了承ください。


【FQKids 提供コース】1,500円 ※100名様まで



【FQ JAPANも提供コース】2,000円 ※50名様まで 



【FQKids 応援コース】3,000円 ※50名様まで



【パパ友・ママ友とシェアコース】5,000円 ※50名様まで



【雑誌にお名前+写真を掲載します! コース】7,500円 ※30名様まで 



【WEBサイトにバナーを掲載します! コース】100,000円 ※3社様まで 



【WEBサイトに取材記事を掲載します! コース】300,000円 ※3社様まで


▼資金の使い道

プロジェクトでいただいた支援金は、『FQKids DIGEST』を幼稚園や保育園、小児科などへ配布するための配送費として使用させていただきます。

▼実施スケジュール

2020年11月
 プロジェクトを開始

2020年11月30日
 プロジェクト終了

2021年1月15日
 『FQKids』『FQKids DIGEST』2021年冬号発行

2021年1月末日まで
 リターン品の発送



▼応援メッセージ

◎エッセイスト 小島慶子さんより 

子供が小さい時は大変だけど、後から思えばあっという間。親子が楽しみながら一緒に学ぶ体験や、のびのび遊ぶ体験をたくさんして欲しいです。

知育も大事、でもそれ以上に大事なのは「一緒に笑う、一緒に驚く、一緒に感動する」こと。

新しいものと出会う時、そばにいる人が心からそれをエンジョイしている姿を見るのは、何よりの幸せですよね。

FQ KIdsには、そんな貴重な親子の時間をより豊かにする知恵や、便利な情報、ちょっと迷ったり疲れたりした時にほっとできる話などが盛り沢山。親になった喜びを何度でも噛み締めることができます

日本の子育てをもっと豊かに楽しくするために、もっとたくさんの人にFQ Kidsを届けたい。

ぜひ、あなたの力を貸してください。

 

――小島慶子(エッセイスト)



◎構成作家・京都芸術大学客員教授 谷崎テトラさんより 

子供の成長に必要なことは、すべて今の地球に必要なこと。

持続可能な社会を作ることは、子供の未来を作ること。

そんなふうに僕は考えます。

SDGs時代の幼児教育を考える「FQ Kids」を応援します。

 

――谷崎テトラ(構成作家・京都芸術大学客員教授)



◎社会学者 宮台真司さんより

周知の通り、本や雑誌を読む時間は激減したが、ブログやSNSを読む時間は激増したので、文章に接触する時間は多くの世代でむしろ増えている。

だがそのぶん、著述家と企業が、文章の市場で収益を上げて生き残るのは難しくなった。編プロの同分量あたり編集単価はウェブだと1/3に過ぎない。

良い文章に対価を支払う文化は定着しておらず、今後も見通しは暗い。そんな中、有料メルマガとクラウドファンディングが数少ない手法となった。

他方、民主政の前提となる感情的にマトモな存在は稀少になりつつある。理由は、言葉と法と損得に閉ざされた成育環境にある。鍵は成育環境の再編だ。

成育環境の再編は、体験教育とコンテンツ教育が柱になる。「鬼滅の刃」(漫画・アニメシリーズ・アニメ映画)などコンテンツには良い動きが出て来た。

体験教育とコンテンツ教育は、ともに体験テザイナーとしての大人の自覚が必要になる。その自覚と方法を指南するFQ Kidsに、ご支援を賜りたく思う。

 

――宮台真司(社会学者)



▼さいごに - 代表メッセージ

みなさんはじめまして。『FQKids』を発行している出版社・アクセスインターナショナル代表の清水です。

これまでの日本社会は、組織の中で上を目指す“競争社会”であったように思います。

しかし、そのような社会は人々の真の心の余裕につながるのでしょうか。

私は「持続可能な社会」というのは、「寛容性の高い社会」であると思います。それには、他人の心を理解し、多様性を受け入れる姿勢が必要不可欠です。

なぜなら、さまざまな立場、価値観を認め合うことで、周りの人との心の壁が和らぎ、自然と思いやりが生まれてくるからです。

皆さんは「マイノリティ(社会的少数者)」と聞くと、どのように感じるでしょうか。

もしかしたら、自分は当事者ではないから身近に感じない……と思うかもしれません。

しかし、新型コロナウイルス以降に社会や経済が大きく変わったように、私たちが住むこの世界は、いつ何が起こるか予測不可能です。

あなたや、あなたの子供が明日から突然、マイノリティとして生きていくことになるかもしれません。これは誰でも起こりうることなのです。

様々なバックグラウンドを持つ人たちを尊重し、お互いが当たり前に助け合える――これが、私たちが目指している社会です。

“競争社会から協調社会へ”。

社会がもっと優しくなれるよう、私たちは日々、世界の、そして国内の情報に耳を傾け、皆さんにお届けします。

 

株式会社アクセスインターナショナル
代表取締役社長 清水 朋宏

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<プロジェクト形式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください