はじめに・ご挨拶

京都府宇治市で活動するポラン朗読グループです。朗読会を開催して作品を発表する他、ご依頼に応じて出張朗読会を行っています。


このプロジェクトで実現したいこと

性能の良い撮影機材・音響機材で録画して、映像や音声の質の高い朗読会を配信したい。


プロジェクトをやろうと思った理由

コロナ禍で訪問しての朗読会ができなくなりました。手持ちの機材で録画しておききいただいていましたが、一度、プロの手を借りて、ライブ配信したところ、画質・音声の質の違いに驚きました。

プログラムを作り、練習を重ねて配信する朗読会です。少しでもライブに近い、見やすく聞きやすい録画にしたいと思い、購入を決めました。


これまでの活動

観客を入れての朗読会のほか、ご依頼に応じて出張朗読会を行っています。

小学校・幼稚園・福祉施設・街角カフェ・子供会・自治会でのミニ朗読会

紫式部文学賞授賞式での受賞作品朗読など



資金の使い道

撮影用ビデオカメラ・録音用ミキサー・照明の購入

撮影用ビデオカメラ:約25万円
録音用ミキサー:約5万円
照明の購入:約5万円


リターンについて

1口1万円以上ご支援下さった方には、ご挨拶状をお送りし、配信の際に協力者名(仮名可)を掲載いたします。


実施スケジュール

春・秋45分プログラムを作り配信いたします。

本格的な朗読会(2時間)を編集し、配信いたします。

2020年12月2日 慰問用プログラム撮影

2021年3月(予定) 慰問用プログラム撮影

2021年5月 朗読会撮影

2021年7月 朗読会撮影


最後に

離れても届く「語り」

クリアな映像・音声で朗読会を配信いたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください