はじめに

ピンチをチャンスに! シナリオライターが乳がんになって、芝居をつくることにした。

日本人女性の10~12人に1人が乳がんに罹患する時代なのに、ほとんどの人がこの病気について予備知識を持っていません。患者は告知の動揺の中で、想像もつかない治療法の選択に迫られ翻弄されます。

「ブレストウォーズ 恋する標準治療!」(ブレ恋!) の作者である私、鹽野佐和子SARA(しおのさわこ・さら)も、そんな怒涛の乳がん体験をした一人です。手術、放射線治療などを終え、サバイバー(生き続けている者)となりました。

シナリオライターであり、演出家である自分が乳がんになった意味を考えた時、浮かんだのが、闘病をなんらかの形で発表すること。小説?映画?最終的に、ポップなコメディテイストの演劇にすることにしました。舞台には同じ乳がんサバイバーたちに出演してもらい、乳がんのリアルを広く発信していこう。そう決めて、台本を書き、企画を立ち上げました。


乳がんx横浜x演劇=ブレ恋! 

劇の主人公は横浜に住む40代の平凡な女性。告知を受けた彼女が葛藤しながら成長する姿を描きます。
笑いと涙と恋、そして歌とダンスの物語。演技経験のない素人のサバイバーたちとプロの俳優がコラボして、楽しいメディカル・ラブコメディを創り上げ、乳がんコミュニティに捧げたいと思います。

公演情報
日時:2021年 3月19日(金) 19:00- *プレミア上演(公開ゲネプロ) 
       3月20日(土) 13:30- / 18:30-
       3月21日(日) 14:00-
会場:横浜市緑区 みどりアートパークホール
  (横浜市緑区長津田2丁目1-3 JR横浜線/東急田園都市線 長津田駅 徒歩4分)
脚本演出:鹽野佐和子SARA(しおのさわこ さら)
出演:皆川和彦 中山由紀子 村上弘子 峰岸優子 渡部希 小金井敏邦 大野高義 加藤敦 琴音 他
制作:ブレ恋制作実行委員会 THE RABBITS' BASE


<2020年5月コロナ自粛期間に発表したブレ恋!Zoom劇。フィナーレはキャスト、スタッフ、サポーターたちの笑顔でいっぱいでした>


ブレ恋!を支える市民とクリエーターたち...ブレ恋制作実行委員会
ブレ恋!は、企画に賛同する多種多様な技能を持った人たちが力を出し合って支えている市民プロジェクトです。俳優やドクターはもとより、漫画家、デザイナー、税理士、ファイナンシャルプランナー、映像、音楽、振り付け、防災専門家に至るまで!また患者会や、横浜のNPOの後援もたくさんいただいています。

<モーションコミック Vol.1 原画>

演劇は乳がんコミュニティを救う! 女の胸はときめくためにある。

2020年5月のコロナによる自粛期間に発表した『ブレ恋!Zoom劇』に出演した乳がんサバイバーの声をご紹介します。
「プロの俳優さんと共演できて、こんな素敵な経験ができるなんて、本当に良かった!!」
「これまで自分の乳がん体験を生かす場がなかった。ようやくその場を見つけられた!」

Zoom劇を見た30代の女性からは、こんな感想もいただきました。
「おばあちゃんが乳がんからの転移で亡くなったので怖い病気と思ってきたけど、今は治る病気だとわかったし、仲間と明るく乗り越えていこうというポジティブなメッセージを感じました」

2021年3月の舞台公演でも、再びサバイバーの胸をときめかせ、ご家族にも希望を与えて、コミュニティを盛り上げていきたいと思います。

<ブレ恋!Zoom劇から、患者ハウス「ラビッツベース」のシーンで大活躍する乳がんサバイバーたち。演技初挑戦とは思えない!>


乳がんを他人事から自分事へ

多くの人は「乳がん」を他人事と思っています。私もそうでした。

しかし、今やがんは国民病。罹患しないことがベストですが、もしもの場合に備えて、予備知識をもっておくことは、災害に備えるのと同じくらい重要です。

大切なのは、「もしも乳がんになったとしても、あなたは一人じゃない。道はある。諦めなくていい」と誰かが伝えてあげること。

ブレ恋!は、まさにそんなメッセージを伝えるプロジェクト。

そのゴールを目指して、私たちは稽古に励んでいます。


<演劇ワークショップから〜見えない大縄跳びに大はしゃぎで挑戦する40~50代の女性たち>


メディアから評価も!

ブレ恋!は各種メディアに取り上げられ、評価をいただいています。

ヨコハマ経済新聞
タウンニュース 緑区版
港北経済新聞
Fm Yokohama  ファンケル YOKOHAMAナデシコ
神奈川新聞
東京新聞様↓

<2020年10月9日東京新聞夕刊。許可をいただいて掲載しています>


お志を、ブレ恋!は誠意と感謝をもって使わせていただきます。

舞台制作費は全体で900万円で、そのうちの250万円をクラウドファンディングで募りたいと願っています。舞台制作費とは会場、音響、照明、装置、音楽、歌唱指導、振り付け、衣装、ヘアメイク、宣伝広告、配信、出演、稽古場、脚本、演出、その他の人件費などが含まれます。

スタッフもキャストもギリギリの予算で動いてくれています。それでも舞台はお金がかかります。
コロナ感染症対策のため劇場の入場制限も考慮するとチケット収入は半減が見込まれます。
当初より、チケット収入の一部は、さらなるサバイバー支援を目指し、後援団体へ寄付させていただく計画でした。その計画も遂行したいです!どうぞ、お力をお貸しください。


ブレ恋!だからできる特別なリターン〜『プロ俳優があなたのメッセージを届けます!』

ブレ恋!クラウドファンディングのリターン品は心をこめてお贈りするものばかりです。

♡まずは公演チケット。こちらは2021年3月20-21日(土日)の3回の上演からお選びいただけます。

♡プレミアチケットは、同3月19日(金)夜、本番前の最後のお稽古「ゲネプロ」を演出家がダメ出しする会場で一緒に見ることができます。舞台裏のワクワク感満載です。

♡目玉のリターンは、プロの俳優による、あなたから大切な方へのメッセージの朗読。お寄せいただいたメッセージをブレ恋公式チャンネルで配信し、YouTube内にアーカイブします。オンタイム視聴を逃しても、遠く離れた方へのメッセージでも、いつでもご視聴いただけます。
メッセージは自由形式で200字以内。サンプル動画↓をご覧ください。医師役の皆川和彦、ブレ恋モーションコミックの声優・長良真里。二人のベテランが心を込めて、あなたから大切な方への思いをマイクに向かって読み上げます。配信は2月中旬の予定です。

皆川和彦、長良真里プロフィールへリンク


<『プロ俳優があなたのメッセージを届けます』のデモ・ダイジェスト版です。フルバージョンはブレ恋YouTubeチャンネルにて10/23のライブ配信アーカイブをご覧ください>


♡もう一つご注目いただきたいのは「乳がん検診」。ブレ恋!を応援してくださる東京都内のむらさき乳腺クリニック様と、くさのたろうクリニック様が提供してくださいます。お母様やお嬢様へのプレゼントとしてもご利用いただけます。

♡他にも、上演記念台本(クラウドファンディング・サポーター全員のお名前入り。出演者直筆サイン入り)やグッズ。輝く女性たちを応援する「若返りエステ」は、出演者でもあるサバイバーの手で施されます。あなたに合ったリターン品をお選びください。


稽古・上演・クラウドファンディングのスケジュール

2020年11月現在 乳がんコミュニティのための応援演劇ワークショップ開催中

2020年11月16日 クラウドファンディング開始

2020年12月中 上演台本決定稿

2020年12月19日 イベント配信「ブレ恋だよ、クラウドファンディングだよ、全員集合!」(仮)

2021年1月9日 稽古初顔合わせ

2021年1月15日 クラウドファンディング終了 リターン品ミニ台本印刷発注

2021年1月下旬より クラウドファンディング リターン品発送

2021年2月中旬 イベント配信「プロ俳優があなたのメッセージを届けます」(仮)

2021年3月19日 19:00〜プレミア公演(公開ゲネプロ)

2021年3月20日 13:30〜昼公演 18:30〜夜公演

2021年3月21日 14:00〜昼公演(千秋楽)


最後に...   困難を乗り越えたサバイバーに輝く舞台を!

私の乳がん治療はまだ続いています。1日1粒のホルモン剤は時にきつい副作用を引き起こすこともあります。同じように何万人ものサバイバーが今、この瞬間、副作用を受け入れながら再発と戦っています。

乳がんと戦う女は一様に清らかで頼もしいです。ブレ恋!の舞台に立つ彼女らが精一杯頑張れるように。そして舞台を観る人たちにさらなる勇気が与えられるように、あなたの力を貸してください。

輝ける舞台を作るため...。

女の胸はときめくためにある。


<医師役/皆川和彦 乳がんサバイバー・脚本演出/鹽野佐和子SARA 乳がんサバイバー・出演者/中山由紀子>


【団体名】THE RABBITS' BASE / ブレ恋制作実行委員会

【代表者】鹽野佐和子SARA(しおのさわこ さら)

【HP】https://brekoi.com

【facebook】@brekoiwars  

【Twitter】@BreastWarsKoi

お問い合わせ info@brekoi.com



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/11/26 12:00

    ぴょん!クラウドファンディングも11日目を迎えました。あっという間に11月が終わって、しわすっていう忙しい月がやってくるね。でもでもちょっと待ってぴょん!忙しくなる前に、ブレ恋!の演劇ワークショップの様子を、チラッと覗いていってぴょん!乳がん専門のお医者さんと、患者さんの診察室でのシーンを、プ...

  • 2020/11/23 15:00

    ぴょん!今年最後の連休はそろそろ終わりだぴょん。そういえば、先週のトークライブは皆さん見てくれたかな?トーク後半では、ファンドのお知らせもしているから、ぜひ見てみてぴょん!そして、今日は、とーぉっても素敵なメッセージをお届けするね!テッパンこと「曽根山哲二」を演ずる皆川さんからのメッセージだぴ...

  • 2020/11/21 10:00

    こんにちは。鹽野佐和子SARA(しおのさわこ さら)です。乳がんコミュニティのための演劇「ブレストウォーズ 恋する標準治療!〜女の胸はときめくためにある。」の脚本・演出を担当しています。どうぞよろしくお願いします。11/16 18:00にリリースしたクラウドファンディング。さっそく支援を寄せて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください