ご挨拶


この度は本プロジェクトに目を留めてくださり有難うございます。

私は本プロジェクトを起ち上げました喜咲花園(きさきかえん)の塚越と申します。

下仁田ネギやコンニャクが名産の群馬県下仁田町で園芸農家をしております。


【プロジェクト立ち上げの経緯】

実家は、春はカーネーション、冬はシクラメンを栽培する園芸農家。

私は園芸農家を継がずにパティシエを3年ほどしていましたが喘息に悩み、会社を退職して実家の園芸農家を手伝うことになりました。

シクラメンの栽培方法を学び、「良い品を届ける」ことに拘れば拘るほど、栽培の奥深さを感じて仕事が楽しくなってきました。

そして、あじさいの栽培も学び、気付けば13年間シクラメンとあじさいの栽培の修行に励みました。


2013年、私は意を決し、実家から独立することを決意。

一からの農園起ち上げに、たくさんの方々から支えられ、ビニールハウスの建設費用など多額の融資も受けることができました。

そして2013年12月に待ちに待った栽培の拠点となるビニールハウスが完成。


~第一の試練~

準備していた苗を完成したビニールハウスで育て始めた2014年2月、まさかの大雪。

独立の夢の象徴であったビニールハウスは雪の重みで大破。

ほとんどの苗が無駄になってしまいました。


~再出発~

「助かった苗たちをこのままにしていいの?」

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=430706803726545&id=100003616865102

愕然とした私に妻の一言が再出発する気持ちに火をつけてくれました。


今度は更に頑丈なビニールハウスを建設。

2015年あらたな再出発を成し、年末年始にはシクラメンを、


母の日にはあじさいを

出荷することができるようになりました。


~厳しい現実(第二の試練)~

花の市場は、買値が段々に上がっていく競り上げ方式の食品市場とは違います。

花は、ある程度定めた値段から下がっていく競り下げ方式。需要の時期が過ぎた花の価値はどんどん下がり、例えば母の日を過ぎた花は商品としての価値はほぼゼロと見なされてしまうのです。酷い時には、原価割れし送料の分赤字になることもありました。

わずかな売り上げは、諸経費やビニールハウス建設費返済で消え、独立という厳しい現実を目の当たりにしました。

虚しさと葛藤の中でも、毎年、市場に出荷しました。なぜなら、

喜咲花園の花を指名して買ってくれる花屋さんがいる。頑張って売ろうとしてくれるバイヤーさんが居てくれる。

でも、このままでは成り立たない。


~販路の試みそして第三の試練~

愛情込めて育てたシクラメンやあじさいを待っているお客さんがいる限り、最高な品質の花を届けるために、花の卸売市場だけでなく、ふるさと納税の返礼品や直売など様々な販路を模索しました。

経営が苦しいながらも可愛い苗たちを大切に育て、そして美しく咲いた花たちを毎年出荷することができ、これからも頑張って育てて行こうと切磋琢磨していたところに、新型コロナの猛威が襲ってきました。皆、コロナ対策に追われる毎日。世間は外出自粛で花屋で花を買うお客さんも減ってしまいました。


~花への思い~

私の実母はもうこの世にはいません。

私を大切に育ててくれた母に直接感謝したくてももうできないのです。

母の日は、普段伝えられない感謝の気持ちを届けるキッカケを後押しする日。

あじさいの花言葉には「元気な女性」という意味があります。

私ができることは、大切な人に感謝を届ける手助けをすること。

それは、愛情を込めて大切に大切に育てたあじさいを全国に届けること。

母が大切に私を育てたように。


~皆さんの力をお借り致したい~

あじさいを全国に届けたい思いだけでは実現できません。

「母の日」に私たちが育てた自慢のあじさいを全国にお届けするために皆さんのお力をお借りしたく、今回クラウドファンディングを起ち上げることにしました。

そして、農家から厳選したあじさいをお客さんひとりひとりにお届けします!!

懸命に生きるあじさいの様に、私たちも全力であじさいを全国にお届けします!!

どうぞあたたかいご支援宜しくお願い申し上げます。

このプロジェクトで叶えたいこと

大切に育てた花を

①処分なんかしたくない!!  

②思いを添えて大切な人へ届けたい!!

③市場に左右されることなく、喜咲花園の花を希望される方に届けたい!! 

④時間のロスなく最適な状態で届け、長時間楽しんでもらいたい!!  

⑤贈っても、贈られても喜んでもらえる最高の花を育てたい!! 

シクラメンを再開したい!!

と、思っています。

そのためには

まず、今年の冬を     

      乗り越えなければなりません

1シーズンで8000L程の重油を使うビニールハウスでの暖房費が約50万円程必要です。

ただ、どうしても資金が足りません。

そこで皆様へ心からのお願いです。 

是非、喜咲花園にご支援をして頂けませんか?


資金の使い道

ご支援していただいた支援金は

重油代: 約50万円 

直売所設置後の準備費用

翌年の準備費用

として、大切に遣わせて頂きます。

また、支援してくださった方への  

リターンの箱代+送料:2390~5160円/箱

の支払いに使用させて頂きます。


応援メッセージ


実施スケジュール

2021年2月28日 支援申し込み終了

2021年4月~ 直売所運営開始

2021年5月母の日までに リターン発送

 注:母の日までに届くよう調整して発送しますが、自然災害や配達業者の都合等含め、不測の事態で配送日にお届けできないこともある旨をご了承下さい。発送は日本国内に限らせて頂きます。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

フェアリーアイ、フェアリーラブ、ピンキーリングは群馬限定育成品種です。

群馬でしか生産できません。環境が良いと秋色まで楽しむことができます。ドライフラワーにも適しています。


おまかせあじさいは約30品種育てている中でも厳選したあじさいをお届けします。


最後に

長文を最後までお読みになってくださりありがとうございました。

最高な花をこれからも続けて育て、お届けする事ができますよう、どうかご支援の程宜しくお願い致します。

             喜咲花園  塚越 誠


  • 2021/02/03 15:40

    こんにちは。ご無沙汰しております。最近は日中はポカポカとしてますね。花粉が飛び出したのか、何だか鼻がムズムズしてきました。皆さんお変わりありませんか?喜咲花園のビニールハウスの中で育っているあじさいちゃんたちもぬくぬくと育ち、いくらか花芽もふっくらしてきました。そして、この時期やらなくてはなら...

  • 2021/01/12 19:41

    皆様今晩は。毎日、寒いですね。今日はここ下仁田でも少し雪が降りました。あっという間に新年明けて12日も経ってしまいましたね…。ビニールハウスでは紅葉したあじさいが落葉し始め、枝を整える作業も終盤となってきました。品種によっては葉を全然落とさないアジサイもあります。なので、可哀想ですが…その葉っ...

  • 2021/01/02 08:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください