■はじめに

アルバ・エデュは、「すべての子どもに話すちからを!」をモットーに、子どもから大人までがプレゼン力を高め、元気になれるよう設立されました。全国の幼小中高大・特別支援学校・専門学校などへ講師が赴く出前授業教員研修デジタル教科書を提供しています。

本年3月に実施された全国一斉休校に際し、「オンラインおうち学校」を立ち上げ、これまで全国9,200人の子どもたちに著名人による珠玉の授業無償で届けました。

当初受講者の皆さまからの投げ銭で運営しておりましたが継続が厳しい状況に。11月からプログラムの多くを有料にしたところ、一部のご家庭にしか届かなくなりました。しかしながら、家庭環境の差にかかわらず、すべての子どもたちに受講してもらいたいという考えに変わりはありません。

そこで、このたび、経済困窮世帯にも授業を届けるために、こども宅食団体と協働して授業を届けることになりました。この活動を皆様に支援していただきたいと考え、クラウドファンディングに初挑戦します。


■解決したい社会課題とこのプロジェクトで実現したいこと

●学ぶ楽しさを伝えたい
先進国の中でも高水準の子どもの貧困率が改善されない日本では、それゆえに習い事や進学をあきらめる子どもが多くいます。学ぶ楽しさを知る機会が持てない子どもがたくさんいます。
授業についていくための学習支援はありますが、アルバ・エデュはさらに明日を生き抜く力を引き出すチャリティオンライン授業を子どもたちの人生に贈りたいと考えています。

●コロナ禍でも学びを止めない
コロナ禍での一斉休校中、民間のオンライン講座にアクセスできる家庭とそうではない家庭で、学びの継続に格差が生まれました。世界的に劣後する日本のICT環境が教育格差、経済格差をさらに広げています。アルバ・エデュのオンラインおうち学校は、スマホにZoomアプリをダウンロードすれば、誰でも気軽受けることができます。

●親が勉強を見られないご家庭にも
オンラインであっても双方向の授業を実現することで、一方的な配信授業にはない、参加型のプログラムを実現しました。各界の第一人者とやりとりできる1時間で、子どもたちの人生は変わります。

これ以上の格差に繋げないために、いかなる家庭に生まれても授業が受けられる、この活動を推進したいと思っております。

■これまでご登壇いただいた講師(一部)


■受講者からの感想

【山崎先生の受講者感想より】
宇宙飛行士の方とやりとりをするなんて滅多にない機会だったので、質問を取り上げていただいて娘は大喜びでした。
【植松先生の受講者感想より】
植松先生のお話はTED札幌版も拝見したことがありましたが、子供向けに愛情たっぷりに語ってくださり、息子はとても感銘を受けていましたし、親として私も考えさせられることがたくさんありました。有難うございました。
【安宅先生の受講者感想より】
お話そのものも、もちろん良かったですが、このようなお話を子ども達が聞いているこの環境に感動しました。子ども達にはいろいろな大人との出会いが必要だと感じました。
【ひきた先生の受講者感想より】
一方通行でない、双方向のやりとりが取れる。しかも、一流の講師と!は本当に貴重な時間でした。有難うございました。
【岩佐先生の受講者感想より】
岩佐さんの「しんどい時はみんなしんどい。だからこそ差別化できるチャンス」という言葉が印象的でした。子供も大人も心に留めるべき言葉だと思います。ファシリテーションも素敵で非常にポジティブな授業でした。ありがとうございました。

■資金の使い道

一般社団法人こども宅食応援団(事務局:認定NPO法人フローレンス)を通じ、応援団が連携する全国の「こども宅食」等のご利用家庭に、授業の無償提供を行います(協力団体は順次こちらにアップしてまいります)

【オンラインおうち学校 実施の流れ】

 講師へ登壇の打診・調整/授業の構成など打ち合わせ/スライド作り
 告知画面作成や本文の作成/ポータルサイトへの掲載登録/授業開催の告知/集客
 受講者からの問い合わせ対応/リハーサル/授業中の司会進行・トラブル対応
 受講者へのアンケート送信回収/講師へのフィードバック(アンケート結果や写真等)
 開催報告/動画配信用のコンテンツ編集 等

このような工程があり、授業を1回催すのに約5~10万円の経費、見逃し視聴の動画作成には1本あたり1万円以上がかかります。
これを今般のクラウンドファンディングで賄いたいと考えています。

その他リターンの送付等諸費用に2万円程見込んでおります。

2021年1~3月のオンラインおうち学校の授業を最低でも、計300世帯の方をご招待します。
ファンディングの金額が上振れる場合には、世帯数を上乗せします。

オンラインおうち学校の授業は学習支援ではなく、幅広い分野への好奇心を掻き立て、生きる力を手にするための授業です。こども宅食世帯の子どもたちに、明日を拓くエネルギーを!

ぜひ皆様のご支援をお願いします!

■実施スケジュール

・1月~3月の間に全国のこども宅食団体様へ本事業のご案内、希望者の募集等を行います。
・応募者の中から、1月16日以降のオンラインおうち学校に順次お招きします。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■リターン

100,000円ご支援で代表理事・竹内明日香の講演(教育・起業・グローバル社会等のジャンル)開催権
50,000円ご支援で「オンラインおうち学校・講師として登壇」
50,000円ご支援で代表理事・竹内明日香のオンライン講演開催権
20,000円ご支援で「子どもによりそう声掛け講座」
10,000円ご支援で「オンライン発声練習&表情練習講座」
5,000円ご支援でエレピカード🄬提供
3,000円ご支援でステッカー&お礼のお手紙送付
1,000円ご支援でサンクスメール

■最後に

「全国一斉休校」は、もうずっと昔のことのように思い出されますが自宅待機を余儀なくされ、大量の宿題が課された日々は、子どもたちも保護者様も辛い経験だったと思います。

私たちは、オンライン事業を、「学びを止めてはいけない」という熱意だけでやってきました。失敗もたくさんしましたが、応援もたくさんいただきました。受講するこどもたちのうれしそうな表情、素直な反応に日々元気づけられました。講師の先生もボランティアでご参加くださり、感謝やご寄付をくださる先生もいらっしゃいました。

「オンラインおうち学校」は各界の第一人者とこどもたちが繋がる命綱です。

この命綱を断たないために。ぜひご協力をお願いいたします。

■チーム/団体/自己紹介・活動実績など

アルバ・エデュ ウェブサイト
https://www.alba-edu.org/
Facebookページ
https://www.facebook.com/albaedu.whynotspeakup
Twitterページ
https://twitter.com/albaedu_speakup
授業掲載ポータルサイト
https://www.kidsweekend.jp/portal/schools/A179CBBA


  • 2021/02/18 11:15

    リターンの目玉の一つ、エレピカード🄬を発送いたしました!もともと社団内で学生様向けに使われていたこのカード。この度、リターンとして20名の方のお手元にお届けすることが出来ました。ご支援いただいた皆様、誠にありがとうございました。エレベーターを降りる前にチャンスを掴めるか!?そんな意味が込められ...

  • 2021/02/10 18:44

    オンラインおうち学校、2月の授業!第一回目は保科眞智子先生の「英語で日本文化を紹介しよう」英語を勉強している子どもも、全然知らない子どももみんな一緒に受講しました。なぜならば!日本の伝統文化は世界中に知れ渡っているから!「こい(鯉)」は英語で「carp」だけど、観賞用の鯉は海外の人も大好きだか...

  • 2021/02/03 15:23

    クラファンのリターン❰発声講座❱が始まりました。プレゼンのスライドの作り方や企画の作り方の講座はあるけど、発声講座は珍しいと言われます。気持ちを伝えるのはやはり「声」。日本語と発声に関係がある?科学的観点から迫ります。参加者の皆様も普段お仕事をしている中で悩むところがあったようで質問タイムも盛...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください