ごあいさつ
 こんにちは。私は鹿児島市在住のナカハラと申します。このたび、実家のある鹿屋市にソロツーリストのためのゲストハウス『風と太陽』をつくることになりました。

 もともと、実家の持つ空地を活用してコンテナハウスでゲストハウスをつくる計画でしたが、その土地が県のガケ条令で使える部分が制限されることが分かりました。使える土地が狭くなる上に、そこに建物を建てるには土木工事が必要で、工事には少なく見積っても400万円が必要だということが分かりました。建物どころか初っ端から私自身が崖っぷち…でした。 この時すでに私の夢や希望は簡単に諦めることができない程大きくなっていましたので、新たな物件を求めて不動産屋さんを渡り歩くことになりました。広さ等の条件を満たして大幅なリフォームができる賃貸物件を探しましたが見つからず、売り家も狭かったり古過ぎたり場所が今イチだったり、住居専用地域だったりでなかなかでした。モチベーションも低下する中、やっと古家と緑の芝生と青い空が付いた物件に辿り着きました。が、今度はパーソナル重視のベッドの配置を希望する私の思いが大工さんに伝わらず、これまでお世話になった工務店の社長さんには申し訳なかったのですが一旦白紙に戻すことにしました。

 私の考えていることはそんなに非常識なんだろうか…自信を失いかけて、実家の知り合いのリフォーム屋さんに自分の何が大工さんに受け入れてもらえなかったのか、聞いてみました。すると物件を見てくださり、私のプランをすぐに理解してくださった上で、初期費用は抑えた方がいいと、リフォーム可の貸し家を紹介してくださいました。旧島津の外城の門前でランドマーク的にはバッチリです。

ここを管理されている地域再生グループの会長さんがとても良心的な方で、遠くに住む家主さんとすぐに連絡をとってくださり、リフォームにかかる費用は全額私が負担し、数年後を目処に購入することを前提に安価で貸して頂けることになりました。ただ、家主さんが持て余すくらいの古さで、古民家としての風情は申しぶんないのですが、特に汚水処理に関しては更地も同然で、外溝までの距離もかなりあるため浄化槽や排水パイプの工事が思っていた以上に高額になるとのこと。汚水処理の問題はどうしてもクリアしないと、保健所から営業許可を貰えません。その他、長年放置され大きくなりすぎた数十本の庭木の伐採にも想定外の費用がかかるそうです。

 とにかく問題なのは私の脆弱な資金力です。これを補うためにご支援を賜りたく投稿させて頂くことにしました。


ゲストハウス『風と太陽』

 宿の名称は、風=「旅人」・太陽=「旅人を守り力をくれるもの」というイメージと私個人の風と太陽に纏わる思い出に因んでいます。コンセプトは

“ソロツーリストが気兼ねなく休める宿”

小規模ですが、対象を絞り、宿泊そのものを楽しみにしてもらえる宿を目指します。

大きなポイントは

①ソロツーリストのために、気兼ねなく泊まれるパーソナルスペースを、コンパートメントの形で提供する。

②ソロツーリスト同士が交流しながら穏やかな夜を過ごせるように、広間の他、外部に囲炉裏付きのサンデッキを設置する。

③駐輪場は全て屋根付きにする。

④ソロ活では体験しづらいようなチャレンジ企画を随時提供またはアシストする。

 この四つを柱に、小さい宿ならではの柔軟なサービスを提供したいと思います。

大隅半島の道路について

 大隅半島の道路の多くが鹿屋市を経由して観光地から観光地を結んでいます。その間にはあまり知られていない絶景ポイントがたくさんあります。また、辺鄙な土地にはもったいないくらいの広くてきれいな道路が整備されています。おまけに自動車の交通量が少ないので、バイクツーリストが爽快に走ることができる貴重な道路事情となっています。


ソロツーリスト向けである理由

 まず、小規模の宿でどうすればコンスタントに宿泊客を呼べるか考えました。既存の宿を利用したくない人がいるとしたらどんな人?屋根付きの駐輪場がないと困る人。知らない人との相部屋宿泊を避けたい人。割高のホテル宿泊に躊躇する人。キャンプ場での野営もやむなしと考える人。そんな人々のための宿にすれば良いのだという結論に至り、ソロツーリストのためのゲストハウスをつくることにしました。

 その前に…私がゲストハウスをつくりたいと思ったのは、はるか昔の20代の頃。ほとんどの週末を海辺で過ごし、マリンスポーツに熱中する日々でした。海辺の民宿に泊まることもあり、隙間がない程敷き詰めた布団に何人もで雑魚寝しながら、自分が民宿を始めるとしたら…と外が白み始めるまで考えたのが最初でした。それを現実的なことだとは思ってなかったのですが、そこから色々な時間を積み重ねて今に至っております。

 ソロ活は気楽ですが、気まずさを感じることもよくあります。特に今はキャンピング・グランピングが流行る中、休日のキャンプ場はグループや家族連れでいっぱいです。せめて『風と太陽』では気を使うことなく泊まってもらいたいと考えています。


プロジェクトの進捗
現在、リフォーム計画と上下水道工事と木の伐採費用を含めた見積もりをリフォーム業者さんに依頼中です。水道工事屋さんが年度末の繁忙期で2月まで対応できないとのことで時間がかかっています。見積もりができたところで、賃貸契約、着工と進めて行く予定です。


資金の使い道

クラウドファンディング目標金額:2500000円

⚫︎古民家のリフォーム工事

・主に汚水処理工事費用として2075000円

⚫︎CAMPFIREへの手数料として425000円


実施スケジュール

2021年1月8日〜2021年2月8日クラウドファンディング実施

2021年4月リフォーム完成予定・営業許可申請  『風と太陽』でTumblrとInstagram開始

2021年5月オープン予定


最後に

 皆様が遊びに来てくださりたくなるようなゲストハウスをつくります。ゴールはまだ見えませんが頑張ります。ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ゲストハウス「風と太陽」プロジェクト 代表者 中原朱実


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施いたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください