はじめに・ご挨拶

2012年、広島市西区横川・三篠地域の方々の手でアンジュヴィオレ広島は誕生しました。
現在はなでしこリーグ3部にあたるチャレンジリーグに所属しています。
地域に夢・感動・希望を与えられるチーム、そして
選手が身近な存在となり親近感がもてる地域に密着したチームを目指し、
アンジュヴィオレ広島に関わる全ての皆様と
より良い地域社会を作っていきたいと考えています。

資金難で存続の危機

2020年で9シーズン目となりますが、今年襲ったコロナウイルスの影響でホームゲームの延期や試合数の減少や、スクール活動の停止など収入の減少やさらに来シーズン運営していく上で来シーズンのスポンサー収入の減少もあり、2021シーズンの資金目処もたたなくなりました。


地域に皆様やサポーター、スポンサー、メディアのサポート受け存続を決断

一時期はチームの解散も検討されましたが、アンジュヴィオレ広島を応援いただいている地域の皆様、サポーター、スポンサーから「続けていけるようサポートする!」というお声や、「アンジュヴィオレ広島応援プロジェクト」を有志がたちアカデミーの保護者の皆様からのご支援などにより、このまま無くしてはいけないと奮起し、存続を決め現在資金集めに奔走しています。


これまでの歩み・軌跡

<市民サポーターの方が絵と文章を考えてくださったアンジュヒストリーです>

日本では珍しい地域だけで立ち上げ育ててきたなでしこリーグ所属の女子サッカーチームの物語です。どうか、このチームの事を知って下さい!

アンジュヴィオレ広島誕生のきっかけは、かよこバスやアートの街としての取り組みにより、「何だか面白い街、広島市西区横川」として各所からの注目を集めていた10年前、あるところから広島に女子サッカーチームを作るので応援してほしいと相談があった。

街はJリーグの試合で広島ビックアーチ(現エディオンスタジアム)に向かうハブとしても機能しているJR横川駅があり、サンフレッチェ広島の試合がエディオンスタジアムであるたびに、ユニフォームを纏った大勢のサポーター達で横川駅周辺が紫色に染まる光景に馴染みがあり、「サッカーの街」としてさほどの抵抗感を持たないままに軽い気持ちでお手伝いを承諾した。

おりしもその年に開催された女子サッカーのワ―ルドカップで日本代表チームなでしこJAPANが優勝し、町民達がトップリーグ入りを目指す女子サッカーチームの立ち上げを手伝う事が話題となり、「広島市西区横川=サッカーの街」構想は大きく前進した。選手が紹介などにより集められ、チーム名が決まっていく。街はやってきた選手達の住居や就職先探し、チームを支える支援者やボランティア集めに奔走した。街はこの時点では、主役ではなく事業を応援する立場。

構想の代表者から相談される案件について出来るだけの協力をする関係であった。当然、チームの運営は経験実績が豊富な話を持ちかけてきた方々で担うものと思っていた。
ところが…である。
サッカーチームが出来るという事が決まったあたりから、雲行きが怪しくなる。いつの間にか実際の運営を広島市西区横川の町民達が担わねばならなくなった。

(サッカーチーム運営には莫大な経費がかかる。肝心なその経費についての話も宙ぶらりんなまま「横川サッカー構想」は実施が決まってしまっていたのである。後に残ったのはプロのサッカー運営など、未経験者ばかりの街のサッカー支援者と選手達だけだったのである。どうしようか…。

既にチーム誕生のニュースは流れてしまっている。選手達も集まってしまっている。今更、この事業を中止する訳にはいかない。これからは素人のお手伝い気分ではダメだ。彼女達を守るため横川は急遽、組織の立て直しを図る必要に迫られた。サッカー事業は素人でも、危機を乗り越える事や団結する事なら今まで何度もやってきた。江戸時代から水害のたびに助け合いの精神で困難を乗り越えてきた。困難に打ち勝つ為の団結力は今も息づいている。)

広島市西区横川の有志たちは、いばらの道を歩む決心をした。チームの運営は通常、オーナー企業が専用グランドをもち、その管理や試合の運営の経費を負担し、必要な人員を手配する。アンジュヴィオレ広島にはその全てがないので、試合のたびに町内会長や商店街店主などのボランティア約50名が参加して、試合会場づくり、選手やスタッフのお世話係、広報、関連グッズ販売etc…を全て自分達で行った。


人員でカバーできる部分は何とかなったが、経費面については問題山積みであった。出来たばかりのチームは知名度も低く、観客動員で運営をまかなえる状態にはなく、スポンサー集めも苦戦した。

また、選手達にとっては専用グランドが無い事が問題であった。このため身体づくりのトレーニングは河原で走り込みをし、サッカーの練習については芝のないグランドを時々、有償で借りる日々であった。借りる事が出来たグランドはサッカー用のものではなく、芝が無かった為、雨天時には田んぼのぬかるみのような酷い状態となる。

日本中探してもこんな酷い環境でサッカーをするチームがあるだろうか。しかも、女子が、である。彼女達は文句も言わず泥にまみれて街の期待に応えようと必死に頑張っていた。彼女達の練習への真摯な態度を見るうちに、この事業に関わる意義を初めて自分達なりに整理ができた。雨に紛れて自然と涙がにじみ試合の運びがうまく見えない。わしらで彼女らをしっかり支えてやらんといけんわい…。


そんなある日、いつもの(グランドがないから河原で走っている)練習風景がとある番組で報道された事をきっかけに「スポーツ選手にもう少しまともな環境を用意してあげたい」と有志が集まった。広島は元々、地元の結束により、スポーツを支える文化が根付いている。横川の取り組みはカープの誕生にもあったみんなで支えるわしらのカープを連想させた。当面の運転資金を得て、その後、紆余曲折あったものの運営できるだけのスポンサーも徐々に集まり、手弁当とボランティアの持ち出しにより発足から8年間、町民たちはアンジュヴィオレ広島を支え続けた。

ところが、2020シーズン。コロナ禍によるスポンサー継続の見通しが暗くなったり、リーグ戦延期や無観客試合などの度重なる不運に見舞われたこともあり、元々潤沢ではなかった資金不足問題が立ち行かなくなり、チームを存続する事が困難な事態に発展した。

2020シーズン。運営の危機とは反対に選手達の成績は好調である。2020プレナスチャレンジリーグWEST(3部リーグ)では優勝を決め、2021シーズンからなでしこリーグ1部へ昇格を決めた。彼女達の頑張りに応えようと運営しているアンジュファミリーたちは目下奮闘中である。

絵:村上渚 文:粟河瑞穂


アンジュヴィオレ広島にはU-18,U-15,スクールなどのアカデミーもあります。

アンジュヴィオレ広島が結成された頃には中学校で女子サッカー部ある学校は皆無であり、小学生まで男子と一緒にサッカーをしていた女子選手はサッカーをやめてしまうという課題がありました。女子選手が子どもの頃から思いっきりサッカーできる場所を作るべく、アカデミーを組織しました。このアカデミーからトップチームやなでしこジャパンに入り世界で活躍する選手が出てくることを夢見て、日々トップチーム同様トレーニングに励んでいます!

アンジュファミリーであるアカデミーのご支援、応援もよろしくお願いいたします。




資金の使い道

いただいたご支援金については、クラブの運営資金として使用させていただきます。




サッカーで夢を描く女性とその選手を応援する地域をつなぐクラブになれるように奮起していきます!

市民で立ち上げ、試行錯誤しながら9年間アンジュヴィオレ広島を運営継続してきました。その中でスポンサー、サポーターを初め多くの方に支えられて、このチームは成長してきました。

なでしこリーグというカテゴリーでアンジュヴィオレ広島を存続させてくという強い思いを、皆様のお声やサポートおかげで再確認できました。そのためには更なる皆様のご支援がどうしても必要です。

コロナ禍で個人では家計や、企業では経営も大変な状況であるのも十分承知しております。そんな中こんなお願いをするのはとても心苦しいのですが、何卒ご協力をよろしくお願いいたします。

ご支援いただいた分、しっかりお返しできるクラブに成長していきます!




リターンのご紹介 ※ご紹介は一部です。随時リターンを追加いたします。

【2020シーズン選手着用サイン入りオーセンティックユニフォーム(半袖シャツ・ホーム 紫)】

50,000円

1選手一点限り

【2020シーズン選手着用サイン入りオーセンティックユニフォーム(半袖シャツ・アウェー シルバー)】50,000円

1選手一点限り

【10周年記念ユニフォーム】30,000円

【食協コラボ キューブ米6個セット】6,000円


【アンジュファミリーTシャツ】7,000円

【TO NL1記念パーカー】15,000円

【TO NL1記念Tシャツ】7,000円


【純粋ご支援プラン】3000円



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/01/18 23:35

    本日1月18日時点で、100名の皆様、そして150万円を超えるご支援いただきました。本当にありがとうございます。第3弾の追加リターンも企画しており、近々アップする予定ですのでそちらも是非チェックしてください。なんとか目標を達成できるように皆様のお力添え引き続きよろしくお願い致します。シェアして...

  • 2021/01/04 19:47

    ご支援をいただいた方、こちらのページをご覧いただいた方、ありがとうございます!まだまだ目標には遠い状況ですが、皆様の応援できっと達成できると信じています。アンジュヴィオレ広島がクラウドファンディングを実施していることをシェア、拡散いただけましたら助かります。よろしくお願い致します。

  • 2021/01/03 11:51

    2021年あけましておめでとうございます選手からANGE FAMILYの皆さまへ新春のご挨拶です! 2021年、頂点を目指して突き進みます! アンジュヴィオレ広島をよろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください