はじめに・ご挨拶

はじめまして、虐待サバイバーのみどりゆめ子と申します。Twitterにて虐待及び虐待サバイバーについて発信しています。私はこの活動を通して、虐待の影響や虐待サバイバーについてしって貰い、児童虐待をなくしたいと思っています。


このプロジェクトで実現したいこと

今回のプロジェクトは虐待サバイバー同士が交流出来るサイトを作る事がメインですが「このサイトを見れば虐待についてよく理解できる」と言われるようなサイトにすることが目標です。今、子育てをしていて虐待について知りたい親世代には、虐待とはなんなのか、どんな影響があるのか知って貰える。虐待サバイバーには体験や気持ちを吐き出せる場になる。そんなサイトを作り上げたいと思っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

私自身、10歳~中学卒業まで虐待されて育ちました。そして、その間には児童相談所への通告や警察も自宅を訪問しましたが、助けて貰えなかった過去があります。そんな自分と同じような経験をした人が沢山居ることを、Twitterでの発信を通して知りました。そして私の発信で「救われた」「同じような体験をしたけど上手く言えなかった気持ちを代弁してもらえた」という言葉を多くもらい、虐待サバイバー同士がより交流できる場所が必要だと思ったからです。


これまでの活動

・Twitterでの虐待及び虐待サバイバーについての発信活動


資金の使い道

・製作会社に依頼しサイト作りの費用とします。(見積り50万円~)

余裕がありましたり

・オンラインサロンの開設(機材10万円程)

・発信や活動資金



リターンについて

オリジナルグッズとなります。 

また、リターンのグッズなしでも受付要望ありましたので追加致します。

数字「4771」これは「死なない」を意味しています。辛い過去があってもこれからも死なない、生きる味方になれるようなグッズを作りました。

・1000円(お礼のメール)

・500円(缶バッジどちらかおひとつ)

・1000円(缶バッジ二種セット)

・2000円(タグ風キーホルダー)

・5000円(サコッシュ)

・7000円(マグカップ)

・10000円(ビッグトートバッグ)


・20000円 オリジナルグッズ(マグカップ、サコッシュ、トートバッグ、キーホルダー、缶バッジ) 及び直筆の感謝のお手紙。



実施スケジュール

クラウドファンディング終了後、地元のサイト製作会社への依頼

2021年8月頃までにサイトの運用開始を目指します。

オンラインサロンについては2021年下半期に開設予定。適時、専門的な知識のある方への協力依頼を予定しています。 

リターンの発送は2021年4月頃を予定しております。



最後に

虐待について世間の関心も高まりつつあります。どうか虐待についてより知って貰える場、虐待サバイバー同士の交流の場が作れるよう、ご支援よろしくお願い致します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、予算を見直し支援額内でなんとかサイトを作れるように精一杯尽力します。また、リターンもお届け致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください