はじめまして、石原製作所です。私たちは親子3代つづく照明専門のちいさな板金工場です。

創業から60年。オーダーメイドの照明製作をし続けて、私たちの製品はテーマパーク・空港・ブランドメゾン・ホテルなどたくさんの施設に設置されています。
そして今回、これまでに培った技術や、製造者だけが見ることができる鉄製品のカッコよさを発信したい!という熱い想いから「照明板金職人が作る無骨なキャンプギア」の第一弾を作りました。

私たちが作るキャンプギアは、手入れが必要な素材ばかりを使用しています。自分が好きな道具を手入れする時間や経年で変化する表情をみる楽しみも、全て味わえるモノを使ってほしい。そんな想いが詰まった私たちのキャンプギアと一緒に、モノがある素敵な時間をお楽しみください。



プロダクトのご紹介

今回リターンでご用意するプロダクトはどれも黒皮鉄で作られており、その無骨な個性と経年変化をお楽しみいただく製品です。

<Lantern stand>

ランタンスタンドは黒革鉄板を使用し、面を活かしたデザインになっています。面にする事で、吊るしたランタンの灯りが鉄板に反射し、美しい光のグラデーションをお楽しみいただけます。

お気に入りのランタンに灯るあかりをスタンドがまとい、無骨なのにどこかやさしく光る姿は思わず時間を忘れて見とれてしまう光景です。手入れを繰り返し黒皮の艶が増したり、錆がでて表面に凸凹ができたり。ご自身の好みに合わせ、唯一無二のキャンプギアに育ててください!


ヘッド部分と脚を分解することで、100cmまで短くすることができます。
地面に挿す際には、脚の上部を木ハンマーなどで叩きやすいよう面になっており、組み立ても蝶ネジで固定するのみですので、誰でも簡単に組み立てることが可能です。


ランタンの吊り下げにはカラビナなどを別にご用意ください。吊り下げるランタンの重さや形状・お好みによってお好きな吊り下げ穴をご利用いただけます。


<coffee stand>

お好きな場所にどんと置き、お気に入りのドリッパーを設置してコーヒータイムをお楽しみください。
デキャンタや小型の保温ポットが使用可能なサイズですので、ソロキャンプはもちろんグループキャンプやご自宅でも活躍します。


<PC stand(Iron/Wood)>

黒皮鉄の脚に、個性的な天板を組み合わせたPCスタンドです。今回はIronとWoodの2種をご用意しました。
Ironは黒皮の縞板を天板に、Woodにはアンティークの木材を天板に使用しているため、よりひとつひとつの差が出ます。
キャンプでノマドワークをする時や、無機質なデスクに自分好みの無骨な色を加えたり。存在感のある自分だけのPCスタンドで、デスクワークも道具を育てる時間として楽しくお過ごしください。




素材の特徴

製品は全て「黒皮鉄」を使用しています。
黒皮は鉄を高温で熱するとできる黒い皮膜がついた鉄材で、角度により青みがかって光るように見えたり、少しマットな手触りが魅力です。この皮膜は塗装と違い、鉄材の製造過程で自然にできるものですので色や濃淡のムラなどにそれぞれの表情があります。
黒皮鉄は鉄本来の味わいを持った素材ですので、凸凹、細かい傷などの素材の個性が見えることがあり、その飾り気のない無骨さが魅力です。
無垢材のように素材に個性があるため、ひとつとして同じ製品にはなりません。

皮膜効果により他の鉄よりは錆びにくいと言われますが、手入れをしないと

錆びが生じたり、皮膜が剥がれる場合もあります。ボイルオイルやミツロウなどを表面に塗る事で錆びにくくなり、黒革の色も深くなります。また、鉄製品は錆もひとつの味わいですので、ご自身のお好みに合うメンテナンスで経年変化をお楽しみいただくことができます。



こだわり

主な素材の黒革鉄は、その特徴的な被膜があることで溶接の強度が落ちやすい一面があります。しかし石原製作所の全ての製品では強度を保つために溶接箇所の被膜を最小限のみ剥がし、充分な強度が出るように溶接加工しています。




プロダクト誕生までのお話

私たちはオーダー製作を専門にしている工場のため、これまでは一般のお客様向けの製品を製作する機会がありませんでした。しかし、黒革鉄のカッコよさや、溶接後の味わいのある無骨さ。鉄加工品は、そんな製作段階でしか見られない姿が一番カッコいい!と常に感じ、その素晴らしさを伝えたい職人の想いを実現するべく、この企画が始まりました。

キャンプギアは鉄製品の無骨さ、手入れが必要な面倒さ、気に入ったモノを大切に所有し続ける喜び、そしてメンバー達の山経験の全てを込めることができるモノでした。

職人の手で作られる、ちょっと面倒だけれど手入れして成長するモノ。それが「モノ好き」のみなさんの手に届き、共に過ごす時間の素晴らしさを発信する工場でありたい。第一弾のランタンスタンドは、照明板金工場が作るキャンプギアとして、私たちのモノづくりへの経験と想いを形にしました!




リターンのご紹介

今回のプロジェクトでは、ランタンスタンドを含む3アイテム(計5種)のリターンをご用意いたしました。


【 1. Lantern stand 】

¥22,000- / 30個 
(クラウドファンディング終了後: ¥25,000-)


<素材>
本体:黒皮鉄
留具:ステンレス

<サイズ(mm)>
組み立て時:W230×D50×H1600
分解時:ヘッド W230×3.2×H600 / 脚 W50×D50×H1000

・脚を地面に挿してご利用いただく仕様です。
・ランタンなどを吊り下げはカラビナなどをご利用ください。

※画像で使用しているランタンのサイズはW19cm×H46cm(ハンドル込み)です。
※ランタンスタンドのみのお届けです。

お届け時期 2021年3月


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 2. Lantern stand with Table】

¥25,000- / 15個 
(クラウドファンディング終了後: ¥28,000-)

1のランタンスタンドと、スタンドに装着できるテーブルのセット

お届け時期 2021年3月


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 3. coffee stand】

¥8,000- / 25個 
(クラウドファンディング終了後:定価 ¥10,000-)

<素材>
黒皮鉄
<サイズ(mm)>
W170×D170×H170 (上部穴:直径70)

※コーヒースタンドのみのお届けです。

お届け時期 2021年4月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 4. PC stand (Iron)】

¥18,000- / 20個 
(クラウドファンディング終了後: ¥20,000-)

<素材>
脚:黒皮鉄
天板:鉄縞板

<サイズ(mm)>
W340×D220×H175 (天板 W340×D230)

※画像で使用しているパソコンは13インチです。
※PCスタンドのみのお届けです。

お届け時期 2021年4月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 5. PC stand (Wood)】

¥23,000- / 20個 
(クラウドファンディング終了後: ¥25,000-)

<素材>
脚:黒皮鉄
天板:木材(アンティーク木材を使用)

<サイズ(mm)>
W340×D220×H175 (天板 W340×D230)

※画像で使用しているパソコンは13インチです。
※PCスタンドのみのお届けです。

お届け時期 2021年4月




製品情報・仕様

【 1. Lantern stand 】

<素材>
本体:黒皮鉄
留具:ステンレス

<サイズ(mm)>
組み立て時:W230×D50×H1600
分解時:ヘッド W230×3.2×H600 / 脚 W50×D50×H1000


【 2. Lantern stand with Table】

<素材>
本体:黒皮鉄
留具:ステンレス

<サイズ(mm)>
組み立て時:W230×D50×H1600
分解時:ヘッド W230×3.2×H600 / 脚 W50×D50×H1000


【 3. coffee stand】

<素材>
黒皮鉄
<サイズ(mm)>
W170×D170×H170 (上部穴:直径70)


【 4. PC stand (Iron)】

脚:黒皮鉄
天板:鉄縞板

<サイズ(mm)>
W340×D220×H175 (天板 W340×D230)


【 5. PC stand (Wood)】

<素材>
脚:黒皮鉄
天板:木材(アンティーク木材を使用)

<サイズ(mm)>
W340×D220×H175 (天板 W340×D230)




※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<必ずお読みください>

・当プロジェクトのリターンの発送は日本国内に限らせていただきます。
・使用素材、デザインの特性上、色や質感に個体差があります。「素材の特徴」をお読みいただきご理解いただける方のみご支援ください。
・掲載している写真は試作製品です。開発中の製品ですので、デザイン・仕様が一部変更になる場合がございます。変更が生じた場合は、速やかに活動報告にてご報告いたします。

  • 2021/01/24 23:18

    CAMPFIREご支援者さま限定〝FIRST CUSTOMER Service〟この度はご支援、また、たくさんのコメント・お気に入りをありがとうございます。皆様に感謝をお返しする方法を考えようと、ミーティングの日々でした。当プロジェクトでご紹介しているプロダクトはプロジェクト終了後もご購入いた...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください