はじめに・ご挨拶

はじめまして!

薛大勇と申します。

私は高校進学を機に渡日し、現在日本では現代美術を中心とした制作活動を行なっております。

今までは主に台湾と日本のアイデンティティをテーマに制作を行ってきましたが、本プロジェクトはそんな長年向き合ってきたテーマを一旦締めくくるものにしようと思っています!

本作は3本目の短編映画になります。

応援のほどよろしくお願い致します!

instagram https://www.instagram.com/xiedayon_/

twitter      https://www.twitter.com/dadada_yon/

Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100002683975387

このプロジェクトで実現したいこと

「第23回写真1_WALL展」でのグランプリ

大きく空間を用いて室内での会話劇を撮ること

劇映画と現代美術を同居させること

タイトル「中国語講座」

あらすじ

故郷台湾を離れ、中国生まれの恋人と日本で暮らす男。ある日数年ぶりに台湾の友人と電話で話すが、そこで言語上の疎外感を感じてしまう。

普段日本語で会話している恋人に中国語を教えてもらうよう頼み入るが...


キャスト

男 薛大勇

女 夏凡


プロジェクトをやろうと思った理由

私はこれまで自分の生い立ちや、アイデンティティをテーマに制作してきました。

徴兵制や二重国籍、主に自分を取り巻く国家の制度を主題として表現活動を行ってきましたが、自分自身の本当に根幹に関わる言語上の問題について、作品を通じて語ることはあまりありませんでした。

我愛你という言葉があります。中国語で「私はあなたを愛してる」という意味です。ものすごく一般的な言葉ですが、私は本当の意味でこの言葉を使ったことがありません。

仮に今私が中国、台湾の方とお付き合いしても、日本語で愛してると相手に言うでしょう。

私のアイデンティティの喪失は国籍でも居住地でもなく、愛の伝え方に表面化していると考え、

アイデンティティの異なる恋人同士を描く映画を制作する運びとなりました。



これまでの活動

これまで現代アーティストとしてアイデンティティをテーマに写真や映像作品を制作

第二十二回写真「1WALL展」ファイナリスト。

2019 
私はこうして見つかった
2020
逃亡者

2020
火事の夜
資金の使い道

衣装代

小道具の費用

キャスト、スタッフへの報酬


リターンについて

ご支援額に応じてリターンをご用意しております。

※お送りするDVDの権利は起案者に帰属するものとします。


実施スケジュール

11月下旬 脚本、絵コンテ完成

12月上旬 撮影開始

12月20日 完成予定

最後に

私はこれからも映画を作り続けます。本作品は自分のスタイル、原風景を探る重要な作品になります。

応援のほどよろしくお願い致します!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください