はじめまして
shirasu_kun です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

はじめまして。目に留めていただきありがとうございます。

私は千葉県に住む一児の母です。

個人で保護猫活動を行っております。

人間の勝手で犠牲になるのは物言えぬ小さな命たちです。小さくても感情はあります。嬉しいとき、恐怖や痛みを感じているときの顔は全然違います。

生きたいのに生きられない子たち、一生懸命生きているのに虐待や事故によって命を奪われる子たち。

1匹でも多くの猫たちが安心して幸せに生きることができるよう、できる限りの活動を続けていきたいと考えています。


このプロジェクトで実現したいこと

せっかく生まれてきた命が簡単に捨てられたり殺されたりする悲しい現実を少しでも変えるため、TNRに取り組んでいきます。

コンテナハウスに猫たちの居場所を作り、成猫も子猫も人との暮らしに慣れてもらい、体調を整えたうえで生涯かわいがってくれる里親さん探しをしていきます。 

なお、目標金額に到達できずコンテナハウスの購入が難しい場合、自宅にて頭数を減らしてプロジェクトを遂行します。その際、かかる費用よりも多めにご支援をいただいた場合は、ボランティア団体に寄付し、活動報告いたします。


⭐TNRとは⭐
T=TRAP(つかまえる)

捕獲器を使って野良猫を捕まえます。

N=NEUTER(不妊手術する)

これ以上不幸な猫が増えないように、不妊手術を行います。この時に不妊手術をした証として耳をカットします。

耳をカット(さくら耳)することで、再度捕獲されることを防ぐしるしになります。また、この子は誰かに見守られているというしるしです。

R=RETURN(元の場所に戻す)

その猫が暮らしていたもとの地域に戻す。

TNRは、殺される命を生ませないこと、そしてその子には一代限りの命を全うしてもらうことです。



プロジェクトをやろうと思った理由

私が猫と関わるようになったのは6年前カラスに襲われて大怪我をした子猫を保護したことからでした。その子は7日間生きようと頑張ってくれましたが、残念ながらお空に逝ってしまいました。それ以来不思議とその子の母猫が子猫を産むたびに我が家に連れてくるようになりました。小さな命を託されている気がして、もう死なせたくない一心で、毎回保護をして22匹は里親さんに譲渡、里親さんの見つからなかった子は我が家で暮らしています。5匹はオス猫やカラスに殺されてしまい助けることはできませんでした。それだけ外で生きていくのは厳しいことなのだと思い知らされる瞬間でした。母猫は避妊手術を試みるたびに妊娠しており、堕胎の選択ができなかったことや、何度か試みた保護に失敗はしましたが、2019.11にやっと保護に成功しました。今まで小さな命を守り育ててきた母猫には我が家で残りの猫生をゆっくりと過ごしてもらうことにしました。

殺処分ゼロに向けた活動が広がってはいますが、簡単に保健所に持ち込まれたり、捨てたりする人もあとを絶たないのが現実です。辛い思いをしたり、殺されるために生まれてくる命ではないはずです。

今の住まいの周りも猫を捨てに来る人が多く、寒さや餓えで亡くなる子猫や、車にひかれてなくなる子も沢山います。

夏にはガリガリに痩せている子を保護しました。突然現れたその子は、出会ってすぐに足元にすり寄って来て、あとをついてくるような人懐こさをもっていました。その姿に、「捨てられたんだ…」という怒りと悲しみと切なさで胸が苦しくなりました。その子は子猫を産んでいて、栄養失調で母乳も出ず、数匹いたはずの子猫も1匹しか生き残れませんでした。運良く親子で同じ家に迎えていただき幸せになることができましたが、そうでない子が沢山いることを考えると胸が痛みます。

11月に入ってからも風邪をひいて弱っている子猫が捨てられ、一晩中さ迷っていたようで保護しました。

周りには餌やりをして、子猫が産まれたら知らないふりをする人、捨ててくればいいと考えてる人が多くいます。野良猫に対して水をかけたり棒で叩いて追い払う人もいます。住む環境が選べない彼らは毎日を必死に生きています。

10月にTNRした子で妊娠している子がいました。もうすぐ産まれる命、すごくすごく悩みましたが、今産まれていて生きている子たちをまずは考えようと、堕胎を選択しました。しかしお腹を開けてみると2~3日前に出産したばかりのようでした。微かな希望を持ちつつ恐らく子猫は助からないだろうと言われ、申し訳ない気持ちと、なんのためにやっていることなのか、自分を責めました。でも手術をしていかなければもっと助からない命が増えてしまいます。助からない子が1匹でも減っていくこと、そして、過酷な環境で生きていかなければいけない子たちが少しでも減っていくことを願って、幸せになってもらうために活動を続けていきたいです。


これまでの活動

実家の近所に住み着いていた1匹の野良猫ちゃんが産んだ子猫たちを6年前から保護し始め、22匹の子猫たちを保護し、離乳までのお世話や通院をして譲渡してきました。4匹の里親さんが決まらなかった子たちは実家と私で引き取って一緒に暮らしています。

2019.11にその子たちの母猫を捕獲して避妊手術。リリースせずに我が家に家族として迎えました。

周りにいたオス猫も2匹TNR

自治会に働きかけ、正式な地域猫活動として、2020.10スタートするとこになりました。

現在の住まいで野良猫2匹のTNR、

引き続きTNRを進めていく予定です。

1匹捨てられたと思われる子の避妊手術と、その子の産んだ子猫を一緒に保護・譲渡。

最近捨てられた子猫を保護し、風邪の治療後に避妊手術やワクチンを行い、譲渡。


資金の使い道

7~8畳のコンテナハウス購入:100万

エアコン設置と電気の引き込み工事 :15万

ケージやトイレ、フード等の必要物品の購入

TNR(飼い主のいない猫の専門の病院でやっていただく予定です。):5500円

ワクチン、ノミダニ、ウイルス検査(手術時に一緒にやった場合):約8000円、(体調等の理由で後日やった場合):約1万円

その他医療費(風邪や寄生虫、ケガや病気の状態で費用は異なります)

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料17%:約30万円

リターン品


リターンについて

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


実施スケジュール

2021年2月中旬 掲載終了

2021年3月  必要物品の購入期間(コンテナの購入やエアコン等の設備工場などもここに含みます)

2021年2月末~3月初め  TNRスタート

2021年4月中旬  リターン品発送

環境が整い次第、保護や預かりボランティアを初めていく予定です。


最後に

長文に目を通していただきありがとうございました。

1匹でも多くの猫たちが安心して幸せに生きることができるよう、できることをコツコツやっていきたいと思います。皆様、どうかご支援よろしくお願いいたします。


  • 2022/07/02 18:07

    今までTNRしてきたお宅周辺に少し前から新規の猫ちゃんを見かけて気になっていました。早いうちに手術を、と思っていた矢先に、子猫を連れて来たがどうしたら良いかと相談がありました。とりあえず子猫は里親を探す方向で家の方が頑張ってくださり、3匹中2匹は保護できました。あと1匹……。保護を試みましたが...

  • 2022/06/21 13:27

    かりんの子供たち2ニャンズが同じお家にトライアルで出発しました。デラ→たら、シャイン→なると  と名前を決めて楽しみに待っていてくれたようです。ママのかりんは預かりさんのお宅で他のニャンズと共に人慣れ修行中です。ベリーちゃんは今現在も酸素を使いながら入院中で、手術にギリギリ堪えられる大きさにな...

  • 2022/05/31 11:31

    5/29にかりんママの避妊手術が終わりましたので、子供たちと離して、幸せを掴むための人慣れ修行に入りました。子猫たちは預かりさんが名前をつけてくださり、入院中の三毛ちゃん→ベリーちゃん  茶トラちゃん→シャイン  ベージュちゃん→デラ  となりました。シャインとデラは、離乳を進め始めています。...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください