紙幣20枚、カード6枚、小銭30枚、領収書やクーポンの保管も可能!







・時代はキャッシュレス。世界中のブランドから次々と「小型財布」が販売され、まさに財布の小型化が進む中、日本国内ではまだまだ長財布にこだわりを持たれる方も根強いのが現状です。

「お札を曲げたくない」「十分な収納力が必要」「小さすぎる財布は使いにくい」など


そんな方々に長財布の持ち味を十分に活かしながら、財布の小型化というトレンドにも十二分に対応した、そんな都合の良い財布を作りたい!

そんな思いからFRAGMANプロジェクトは始まりました。



まず最初に、一般的な長財布と小型財布の「メリット」「デメリット」を私なりに挙げる事から始めました。

※あくまで私個人の印象であり、人によって異なったり、また財布のデザインや用途によっても変わります。 


これらの情報から極限まで「理想」に近づけるため、型紙と試作品を繰り返し作る日々が続きました。 

そしてついに、思い描く理想の極小長財布『初代 FRAGMAN』が誕生しました。 


2020年8月 国内クラウドファンディングにて初代FRAGMANは目標金額の5453%、金額にして10,906,600円の支援を頂きました!!

非常に多くの方々から「想像以上に使いやすい!」「もう一つ買えばよかった!」「高級感があってカッコイイ!」などの嬉しいお言葉を多く頂き、小さい長財布の需要の高さを実感したプロジェクトでした。


初代FRAGMANはモノ・マガジンやYAHOO!ニュースなど多くのメディア様にも取り上げて頂きました!


※モノ・マガジン2021年5月16日号


そしてさらに今回は、さらにワンランク上の「特別なFRAGMAN」を作るべく「FRAGMAN bloom」プロジェクトを立ち上げさせていただきます!!




一般的な折り畳み式の長財布であれば、財布を開いてから札入れへアクセスする。ファスナー式の長財布であれば、さらに最初にファスナーをあけるというアクションが追加されます。 


『FRAGMAN bloom』は札入れを開いたそのままの流れで紙幣を出すことが出来、支払い時のもたつきを無くせます。

「カード」「紙幣」「小銭」と3ステップで簡単に支払いが可能です。



※意匠登録済 登録第1684965号 







周りからカードを見えにくくするために、カードスペースを通常よりも深く設計しております。

また、カードの角を出す事で取り出しやすくもしています。

もちろん、カードは落ちにくい設計になっています。また、フラップを留めている間は紙幣が落ちる事もありません。 

※レシート入れのスペースは下に向けて振ると落ちる事があります。レシートやクーポン券を長期間保管しない断捨離効果も期待できます。 




栃木レザーは栃木県にある1937年創業の皮革製造メーカーで、今や国内を超えて世界的にも高い評価を受けています

栃木レザーは「皮」から「革」へと改質するための鞣し工程に、有害な化学薬品を一切使わず、自然由来の成分のみで鞣します(植物性タンニン鞣し)。

20以上の手間と時間をかけた工程と独自の鞣し方法により優れた風合いはもちろん、耐久性、放質性を持ち合わせた他には真似できないオリジナルのレザーを生み出しています。


「FRAGMAN bloom」に使用される栃木レザーはブルームという特殊なホワイトワックスに元革を長時間浸透させることで吟面からホワイトワックスがにじみ出るような表情になります。

このブルーム状態は、数か月から1年以上の長い期間をかけて徐々に元の革色が浮き出、圧倒的な存在感を引き出します。


徐々に年月をかけて元の革色が現れます。

本物の証として「赤タグ」が付属いたします。

この「赤タグ」は栃木レザーを使用した製品の証明となります。 

革製品の醍醐味は、何といっても「使い込むごとに味が出る」ことです。

特に栃木レザーのようなタンニン鞣し革はエイジング(経年変化)がよくあらわれ「自ら育てる革」という印象が強いでしょう。

天然素材のため、動物本来の血筋痕や色の濃淡、自然傷やしわが見られることがありますが、それさえも味に見えてくる革。一つ一つ異なる「世界に一つの個性」としてお楽しみいただければ幸いです。





よく内装には、牛革より安価な豚革や人工生地などを使用されることが多いですが、『FRAGMAN bloom』は札入れ内装にも同じ栃木レザーを贅沢に使用しております。高級感と使いやすさが段違いに向上します。 




FRAGMAN bloomは工場による大量生産は出来ません。

それは、豊富な経験と高い技術力を持つ職人達の手によって実現され、1点1点ハンドメイドで作り上げていきます。

国産にこだわり、企画・デザインから制作まですべて関西エリアで行い、質の高い日本の技術を支援者の皆様へ直接お届けいたします。

ファスナーにはYKKの高級ファスナー「エクセラ」を採用!他のメタルファスナーとは違い、エレメントの1つ1つの全面に入念に磨きをかけており、スライダーの滑りもとてもなめらかなファスナーです。




大切な方とお揃いで使用されるのもいいと思います♪




スケジュール

2021年 5月13日(木)~ プロジェクト開始

2021年 6月30日(水)  プロジェクト終了

2021年 7月上旬頃 ~ リターンの発送開始

2022年  春頃 一般発売開始予定(日時未定) 


最後に

最後まで目を通していただきありがとございました。


『FRAGMAN』シリーズを始動するに当たり、数か月前からSNSを通じて多くの方々のアンケートやご意見を頂きました。

財布に求める様々な要素に加え、自分なりに今ある財布のメリット、デメリットを分析し、何度も型紙と試作品を繰り返し作り、ようやく求めていた財布が出来上がりました。


世の中全ての人を満足させる財布は存在しないかもしれません。

しかし、今回の『FRAGMAN bloom』をお使いいただく事によって、以前よりも生活が快適になったり、毎日がハッピーになっていただける人がおられることを私は信じています。

そして数年後も、多くの方の「ライフスタイルの相棒」として、お使いくださる日が来ることを、強く信じています。


私にはどうしてもかなえたい夢があります。

STATUSY(ステータシー)を世界から認知していただけるようなブランドに育てたい。

まだまだ未熟な私たちにとって長い長い道のりですが、夢に向かって全力で走り続けます。そんなSTATUSYに応援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。


STATUSY 代表 田中比呂達

資金の使い道

1.極小長財布「FRAGMAN bloom」の制作費用及び、作品の撮影費用の補填の使途。

2.新製品の開発及び撮影費の補填の使途

3.CAMPFIRE手数料


リスク&チャレンジ

※革は最初硬く、使いにくさを感じるかもしれませんが、使用を重ねるたびに馴染んでき、お使いやすくなっていきます。 

※カード入れはカードが落ちにくい仕様にはなっておりますが、念のため持ち歩きの際はカードが落ちないような方向で持ち歩いてください 

※天然皮革を使用しているため、動物本来の自然傷、ムラ、血筋痕などが見られる場合がございます。また、エイジング(経年変化)が特徴です。

 ※天然皮革の特質上、1点1点表情が微妙に異なります。世界に一つの個性としてお楽しみいただけると幸いです。 

※表記サイズ、重さには多少の個体差があります。

※ご支援の数が想定数以上を上回った場合、製造工程所の都合等により、出荷時期が遅れる場合がございます。 

※開発中の工程において、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。  

※無料保証サービスにおける送料の負担について 到着より10日以内の初期不良については、往復分の送料をSTATUSYで負担させて頂きます。それ以降の往復分の送料はご購入者様ご負担となります。 ご購入より366日以降の修理も有料ではありますが、しっかりと対応させていただきます。 

※ご支援に対する返金は、機能的な初期不良に限り承ります。  

※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整える事ができた場合、正規販売価格が予定価格より下回る可能性がございます。 プロジェクトに記載している内容に変更がある場合は、できるだけ早く活動レポートなどで共有を行なっていく予定です。

  • 2021/06/05 22:22

    皆様こんばんは!お陰様でステータシーのプロジェクト『FRAGMAN bloom』が目標金額の500%を達成しました!!https://camp-fire.jp/projects/view/353676ご支援くださった皆様、本当にありがとうございます!!次は700%を目指して引き続き邁進してまい...

  • 2021/06/03 11:23

    みなさんこんにちは!ステータシーの代表 田中比呂達と申します!この度、ステータシーのプロジェクト『FRAGMANbloom』プロジェクトが目標金額の400%を達成いたしました!ご支援くださった皆様、誠にありがとうございます!!https://camp-fire.jp/projects/view...

  • 2021/05/22 01:00

    おはようございます!!ステータシー代表の田中比呂達です。お陰様でFRAGMAN bloomプロジェクトが目標金額の200%の支援を達成しました!!https://camp-fire.jp/projects/view/353676ご支援くださった皆様、ありがとうございましたm(__)m引き続き皆...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください