〜 はじめに・ご挨拶 〜

はじめまして!
当プロジェクト【 ホビモ 】をご覧いただきありがとうございます!


私たちホビモは、
趣味リモートワークの拠点を全国定額で利用できる
サブスクリプション型賃貸サービスです。
大好きな趣味をしながらの働き方や価値観の多様化に応じた多拠点生活を実現できるのがホビモです!

今回のクラウドファンディングではサーファーやアングラーの方に利用していただけるような、海近の物件を優先的にご用意いたしました!



〜 このプロジェクトを通して実現したいこと 〜

コロナ禍の真っ只中である現在、良くも悪くも働き方は大きな変化を迎えました。
多くの企業でリモートワークが推奨される昨今、ビジネス的にみても多くの有意義な点が再認識され、リモートワークをこれからも積極的に取り入れていく企業が増えることが予想されます。

働き方は多様化の一途をたどっています。

そこで私たちホビモは全国に住み放題なサービスをご提供いたします。


私たちホビモは上記のように様々な価値を創出することで、新しい時代の価値観に心地よくフィットする多拠点サブスク型賃貸サービスをご提供いたします。

そしてホビモは各物件にコンセプトをもち、毎日の通勤と代わり映えしない休日から一転ホビモだからこそ提供できる景色や体験をお届けいたします。

今回のクラウドファンディングではサーファーやアングラーの方に利用していただけるような、海近の物件を優先的にご用意いたしました!


また、ホビモはコンセプトする物件の立地的環境に加えて、様々な人との出会いもご提供いたします。

同じ趣味を持つ者同士の交流って意外と生まれにくかったりしませんか?
例えばサーファーの方が海で何十人、何百人という人とフィールドを共にしたとしても「その中のほとんどの人と友達になった!」とはなりません。
しかしホビモのご提供する各物件は「立地的コンセプト」がハッキリとしているため、同趣味の人のなかでも更に価値観の近い者同士が集い、フィールドやその土地での時間を共にすることで『新しい仲間との素敵な出会い』に繋がるでしょう。


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらからリターンをご選択ください

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


〜 サービス概要 〜

ホビモは月々4.5万円の定額で全国の空き家をリノベーションした物件を「住居」「別荘」·「隠れ家」·「リモートオフィス」などの使い方でご利用を頂けるサービスです。

(月間滞在最大日数:15日間 人数:2名まで/1ヶ月 初期費用/光熱費 0円 3か月先まで予約可能)

月額4.5万円ですが、1人のパートナーを同行させることが可能ですので、2名でご利用いただければ実質月額2.25万円でご利用可能です。


初回限定100名:月額会員になったけれど予約できないなどを防ぐため会員数の上限を設けます
新しく施設が開設される度に会員数を新たに募集していきますので、是非こんなサービス欲しかった!という方はぜひ、今回のクラウドファンディングでのご登録をお待ちしております。

※プランの詳細はホビモのサイトからご確認ください:https://www.hobimo.life/plan/



〜 提供予定の拠点 〜

2021年4月サービス開始拠点予定場所 7拠点

・千葉県 白子町 海 徒歩2分

・千葉県 白子町 海 徒歩3分

・千葉県 勝浦市 海 徒歩1分

・静岡県 浜松市 ゴルフ場 車で3分 4階建てビル

・兵庫県 神戸市 駅 2分 4階建てビル

・高知県 四万十市 川 徒歩2分

・宮崎県 日向市 海 徒歩5分

ホビモの拠点は、温泉·ゴルフ·ペット·釣り·サーフィンなどの野外の趣味やアクティビティを楽しめる物件を優先的に展開していきます。
2021年4月のサービス開始時点では7拠点(交渉11拠点)から始まり、今後は100拠点を目指します。

↑直近の追加拠点予定地


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらからリターンをご選択ください

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


〜 ホビモを立ち上げた背景 〜

ホビモはSPOTT株式会社が主催している『サーファー経営者の会』で集まった際に生まれたサービスです。

コロナウィルスが世界的に蔓延するよりも前からホビモのサービスを考えていた私たちですが、サービスの発想はもともと弁護士事務所に勤めていた代表が相続相談の悩みの中で「空き家の処分に困っている」という話を多く聞き、これは何とかできるのではないか?と考えていました。

プライベートでは、ホビモのメンバーが波乗りの趣味が高じて東京と千葉の多拠点生活を9年間続けており、平日は都心・休日は海の近くに住むという働き方に多く人達の共感を受け、趣味をターゲットとした”趣味のポイントの近くの空き家を集めて定額賃貸のサービスを提供できたらいいのでは?”
という着想に行き着き、まずはサーファーをターゲットとした拠点を中心に集めたら面白いのではないか?とサーファー経営者の会で同士を集めサービスの構想から始動しました。


サーファー経営者の会は、 「サーフィンで強い人脈づくり」をコンセプトに定期的に開催され、参加経営者は、広告代理店、出版、物流、建設、不動産、人材紹介、飲食店運営など、業種や規模が様々。
年齢も30代~50代と幅広い層で60名が趣味を通じてビジネスを活性化するコミュニティでTVでも紹介された実績もあります。

サーフィンは、柔軟な発想を喚起して世代間の壁を取り払い、コミュニケーションを促進する効果もあるため、お互いの本質をシンプルに理解した上でビジネス間交流に繋げることが出来ます。

そんな『サーファー経営者たち』のニーズから生まれたサービスの発想がホビモでした。
ホビモの各物件は様々な趣味のシェアハウスをイメージしていただければと思いますが、初回である今回はサーファーの方にターゲットを絞り、海の近くの拠点を積極的に交渉を進めております。


~ 空き家問題×地域創生×地域雇用の問題を解決 ~

ホビモは全国の空き家をうまく活用し、地域に人を呼び・集め、地域を活性化し、シルバー人材を中心に雇用の創出に貢献します。

空き家問題のリスク、デメリット
使わなくなった建物は急速に老朽化していき、街の外観悪化や倒壊の危険性が社会問題となっています。
また、空き家をそのままにしておくと持ち主の方の固定資産税の経済的なデメリットもあります。


過疎化と高齢化による地域問題
総務省地域力創造グループの資料によると、過疎地域では、著しい人口減少と高齢化の進展、農林水産業の衰退、維持が危ぶまれる集落の発生、身近な生活交通の不足、地域医療の危機などの様々な問題に直面しています。

ホビモは今後、イベントで地域の特産品・工芸品・文化を紹介し、移住を検討している方への地域との交流を繋げる橋渡しも行いたいと考えています。
さらに、ホビモを通じて、旅行者や移住者を増加させることで、観光エリアへの売上増加や宿泊施設の集客拡大の波及効果に繋げることで、地域復興に貢献します。

新たな雇用の創出

利用した会員費の一部は地域のシルバー人材の雇用に役立てます。

例えば使用したベットのシーツの交換·部屋の掃除·庭のお手入れなど地域の方へ費用をお支払いして地域の仕事の提供をいたします。


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらからリターンをご選択ください

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!

〜 空き家・管理者の募集 〜

ホビモでは追加の拠点としての空き家や空きスペースを継続して探しております。
空き家や空きスペースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、コチラをご覧のうえホビモサイトのお問い合わせフォームよりご相談ください。

ホビモは地方の空き家・空きスペースで以下の悩みを持った方などと協力してサービスを提供してまいります。
「相続の関係で実家が空き家になり、固定資産税だけを払い続けている」
「居酒屋・サーフショップなどで空いているスペースを貸してお客を呼びたい」
「趣味のコミュニティを作りたい」
「市・町で使用していない施設を何とかしたい」
「親が高齢化し、二階を使用してないのでうまく活用したい」
「民泊で落ちてしまった売り上げを戻したい」
「旅館・ホテルが空いているので1室貸したい」

空き家を有効活用した集客を行うことで街の景観を改善したり、物件の価値を再創出します!!

同時に、ホビモではヤモリと呼ぶ物件管理人も募集しております。
ヤモリとは、ホビモの賃貸管理物件での生活をサポートしていただく道先案内人兼お世話役です。
家の管理をしながら、その地域の方と会員様の交流の架け橋となる存在を担っていただきます。
ヤモリについて詳しくはコチラから


〜 最後に 〜

ここまでホビモのプロジェクトをご覧いただきありがとうございました。

このクラウドファンディングのページに書ききれなかった情報やお役に立つであろうコラムなどもホビモのホームページにございますので、ご興味を持っていただけた方はどうぞコチラからご確認ください。

ウイルス感染症の影響によるリモートワークの推奨や、新時代の価値観によって地域や地方、田舎の魅力が再発見されている昨今、ホビモは地域と皆さまの架け橋になるようなサービスを目指して尽力して参りますので、今回のクラウドファンディングにもどうぞお力添えの程よろしくお願いいたします。

ホビモチーム一同


↓ご支援いただける方はこちらからリターンをご選択ください

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください