プロジェクト本文

皆様、はじめまして!戦極MCBATTLE主催のMC正社員です!
皆様はMCBATTLEという言葉からどんなイメージを思いつくでしょうか?当イベント戦極MC BATTLEの目標は、HIPHOPカルチャーの一つ「MC BATTLE」というコンテンツの持っているエンターティメント性を更に追求し、質・規模共に一般層に通用するレベルの見世物に昇華させる事にあります。
MCBATTLEは日本語を最大限に生かした頭の回転の速さを競う、高度な言葉遊びでありスリリングな格闘技です!HIPHOPに興味が無い、という方も是非一度このプロジェクト,動画をご覧ください!よろしくお願いします。


(1)MC BATTLE とはなにか?

MC BATTLEとは、HIPHOP音楽等に代表される歌唱法である「ラップ」の技能を競う形式の一つです。 対戦者同士が、同一のトラック(音楽)に乗せ、Freestyle(即興のラップ)を交互に披露し、その優劣を競う。勝敗の判定は、かっこいいと思ったMC(ラッパー)に観客が声をあげ観客の歓声の大きいもの勝者となる形が一般的です。

アメリカの白人ラッパー、エミネム主演で映画化された、8mile のような大会が日本にもあると言った方が、わかりやすいかもしれません。
勝敗のポイントは実に様々ですが、その性質上、ラップバトルはしばしば罵り合いや、
大喜利の様なとんちの化かしあい、文章における押韻の巧みさ、扇情的な演説力の多寡、歌唱力の競い合いなど、対戦相手に勝つための様々な試行錯誤が見て取れ、その楽しみ方は多岐に渡ります。エンターティメントとして、高い可能性を秘めたコンテンツです。

画像2

画像3


(2)当イベント戦極MCBATTLEとは?

現在、日本ではMC BATTLEの大会が各地で行われており、当イベント「戦極MCBATTLE」もそのひとつとして埼玉の浦和にて開催しております。
2007年より前進となるイベント「戦慄MCBATTLE」が開催されており、これまで述べ1000人以上のMC(ラッパー)の参加者があり、youtubeへ配信してる動画は200試合以上配信されており、合計視聴数は30万再生以上を記録しています。

イベントのコンセプトとしてはレベルの高いMCBATTLEイベントを目指すことはもちろんですが、「大人から子供まで老若男女が参加できるエンターティメントショー」「大会に参加するMCへの知名度アップ」の2点に重点を置いています。
オールナイトで開催される事が多いHIPHOPイベントの中、あえて昼間に開催されているのも特徴の一つです。昼間のイベントなので参加者は14才の中学生から38才の女性まで多種多様です。一度動画を見て頂ければその参加者の幅広さ、HIPHOPカルチャーにとらわれないキャラクターの多様さに驚くと思います。


▲戦極MC BATTLE 第一章(2012.1 .22) ダイジェスト動画


(3)戦極MC BATTLEがCAMPFIREの力を借りてやりたいこと

幅広い年代のMCが集まり、プロからアマまで参加している戦極MCBATTLE。
youtubeやクチコミで話題になり、参加MC、お客さんも確実に増えています。
しかし、これはHIPHOPシーンの中での話です。世間的には戦極MCBATTLEは無名であり、HIPHOP文化は一般層には浸透していません。

今回CAMPFIREの力を借りて主催側がやりたい事は「戦極MCBATTLEを世間にアピールできる特別な大会」の必要な資金の一部を募りたいということです。
音楽不況のこの時代、スポンサーについてくれる企業はなかなかありません。イベント会場を借りるのにも出演者を集めるにも費用がかかります。
また大会を撮影する機材やスタッフにも経費も渡したいですし、現在3万から5万の優勝賞金も今の倍の価格は出したいと考えています。
またいずれは運営費を使って参加MCの音源を紹介できるコンテンツも作る事も目指しており、優勝賞金を上げたり大会に参加するMC達を後押しするシステムを作れば参加者たちの制作費用やプロモーション方法にも役立つはずです。

しっかりしたイベントを開催し、現場の素晴らしを伝えるDVDを作成し、全国各地の音楽ファンにMCBATTLEの素晴らしさを伝えたい。戦極MCBATTLEに参加している出場MC達の音源、名試合を広め、このカルチャーがビジネスとして成り立つことを証明する事が主催側の目標です。
支援金はステージを作り上げるの為に必要な機材・カメラ撮影・優勝賞金などにあてます。そしてイベント側の利益を使いMCが音楽家として活動できるプロモーションコンテンツ(DVD・web用ページ・フリーペーパー紙等)を作って行きたいと考えています。


【今回の集まった費用で行われる事】

機材レンタル・カメラマン・編集代50,000円
雑費(ステージの装飾など)10,000円
優勝賞金 100,000円
合計160,000円の予定です。
*全て2013年1月に行われる戦極MCBATTLE SPECIAL GAME 2013 -CAMPFIRE杯-への費用です。

画像4


(4)最後に伝えたいこと

今、日本のHIPHOP,MCBATTLEに参加しているMC達には素晴らしい才能を秘めたラッパーがたくさんいます。参加するMCのフリースタイル(即興のラップ)のレベルもここ数年で飛躍的に上がっており、その凄さはHIPHOPを知らない方にも届く物だと思っています。
少しづつでもかまいわないので世間との距離を縮めていきたいのです。
それには、世間にアピールする大会、コンテンツを増やすことが肝心です。もし少しでも興味を持って頂き、私の夢に共感して下さる方がいれば支援して頂けると嬉しいです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。本大会の動画も楽しんで頂けたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します!


▲戦極MCBATTLE 第三章 vs 罵倒埼玉予選 (2012.6.24)PONY vs TK da黒ぶち


▲戦極MC BATTLE 第一章(2012.1 .22)  チプルソvsDOTAMA


▲戦慄MC BATTLE Vol.18 (2011.6.18) NAOMY vs MATTUN


▲戦慄MC BATTLE Vol.10 (2009.11.22)PONY vs 腐悪akaハハノシキュウ


(5)開催イベントの概要

□イベントタイトル
【戦極MCBATTLE SPECIAL GAME 2013 -CAMPFIRE杯-】

□開催予定日時
2013年1月中旬 昼間

□開催予定場所
会場:浦和BASE or 200~300人収容できる都内のクラブ・ライブ会場
※収容人数に限りがある為CAMPFIREでご支援いただいた方を優先入場とします。

□イベント内容
2012年度4回行われた戦極MCBATTLEのレギュラーシリーズの優勝者、準優勝者、そして主催側推薦枠を含む計16名が集まり真の王者を決める SPECIAL MCBATTLEイベントを開催!豪華アーティスト出演予定!

□出演予定者
確定次第公式サイト等にてお知らせいたします。

□公式サイト
blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc


□主催者
MC正社員aka吉田圭文
戦極MCBATTLE blog
http://sengokumc.exblog.jp/
戦極MCBATTLE twitter
http://www.twitter.com/sengokumc

FruitPonchi blog
http://fruitpon.exblog.jp/
FruitPonchi twitter(イベント用兼MC正社員個人アカウント)
http://twitter.com/FruitPonchiii

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください