1. ①バネのようにしなってフィット!足の動きに合わせて足裏を支える。
  2. ②足裏を立体的に支える!本来の自然な歩行をサポート
  3. ③薄くて軽いから今ある靴のどんなサイズ・デザインにも差し込んで使える!

歩いていても、立ち止まっていても、足裏には絶えず負担がかかっています。足裏にかかる負担の配分を決めているのは、インソールです。自分に合ったインソールを選ぶことは、よいシューズライフを送るうえで欠かせません。

だからこそ、私たちは少しでも多くの人に喜んでもらえるようなインソールをつくりたい。その想いを胸に、インソール開発に取り組んできました。

5年の開発期間を経て、ついに私たち「リゲッタ」が理想とする、立体形状によるフィット感と足圧分散機能を持ったインソール「バイン」が完成したのです。


従来のインソールとは明らかに違う、履き心地の良さをお手持ちの靴で実感してください!
 


平たいインソールで、足を痛めていませんか?

一日中靴を履く日。だんだん疲れが溜まり、夕方頃には、かかとや指の付け根付近が痛んできた経験はありませんか?

「靴を買い替える」というのも選択肢の一つですが、もっと足に注目してみてください。実は、足裏の疲れに関係する要素の一つは、「インソール」なのです。

歩く時の足裏は想像以上に負担がかかっています。全体重を支えながら、かかとから指先への体重移動。インソールはそんな足の動きを邪魔せずに、負担を減らすサポートをしなければなりません。


しかし、世の中のインソールは足を守る機能を持っていないものが大半。立体的な足の形状に沿っていない平たいインソール等、足裏のアーチ形状をサポートできていない物がほとんどです。


ハードな立ち仕事や動き仕事をする際に、歩行時の足にかかる負担をカバーできないインソールを使い続けることはおすすめできません。歩く衝撃が足だけでなく、膝や腰・背骨などに響いて全身の疲れの原因となりえます。


私たちが作ったインソール「バイン」は、そんな日々の足にかかる負担から足を守ります。足、そして身体全体を大切にしたい、すべての人におすすめできるインソールです。

人によってバラバラな足の形状に合わせてしなやかにフィットし、足裏の動き・圧力に合わせて押したり引いたり、程よく「バイ~ン」と反発してくれるバネ効果!

インソールの構造と特殊素材を掛け合わせたことで、足の負担を減らす機能と薄さ・軽さを実現しました。

足裏を立体的に支え、他にはない安定感を実現。

インソールの中には、足裏の形を考慮していない平らなインソールが多数存在しています。平らなインソールの靴しか履いたことがない方も多いのではないでしょうか。

平らなインソールは足裏でインソールに接地するポイントが少なくてもったいないのです。一方で、バインは足裏の接地面積が広くて足裏が安定し、足裏のパフォーマンスを存分に使えるようになるのです。


足裏の形状に合わせたように見えるインソールもあるにはあり、インソールに衝撃を吸収するスポンジがついているものを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。


しかし、スポンジの厚みが不十分だったり、位置が不適切だったりして、歩行時の衝撃をカバーしきれない製品が多いのです。

バインは裸足で芝生を歩いている時のように、足裏が地面と対話できるような感覚のある快適なインソールです。



かかと着地の衝撃を緩和し、体重移動をスムーズに。

「バイン」の特徴は、本体に掛かる力に応じて"インソールがしなって形が変化する"ことにあります。人によって形の違う足に対応するだけでなく、歩くときに生じる負担を程よく支えて緩和することが可能です。


「バイン」のかかと部分(ヒールカップ)は、球型の器のように設計されています。着地時にかかとへかかる衝撃をヒールカップ部分のしなりと、曲面の接地で受けることで緩和。その衝撃を、前方へ進む力に変換します。


また、立体構造によって、足裏のアーチをサポートするため、足裏にかかる荷重を分散。着地から蹴り出しの体重移動がスムーズになり、足裏の疲労軽減をサポートします。



「バイン」のバネのようなしなやかさを実現させたのは、リゲッタの立体構造インソールのノウハウとダイヤテックス社の特許出願中の素材"カルボ™ "。 


カーボン素材と比較して、クッション性が高く、何度曲げても割れにくい。1枚たったの15gと、持ち運びに便利な軽い素材であるだけでなく、しなやかで強いのです。


これまでも私たちはさまざまな素材でインソールを開発してきました。インソールの開発は足裏の隙間を意識し、形状や角度を素材に応じて工夫することが重要です。私たちは「どうすれば足裏の負担が減り、快適になるのか」という課題にずっと向き合ってきました。


しかし、いくら開発してもインソールが沈んだら沈みっぱなし、広がったら広がりっぱなしになってしまうという課題は残ったままでした。それでは、足裏の動きに十分対応できないのです。


立ち仕事メインの人は、土踏まずの部分をしっかり支えられた方がよく、たくさん動く人は土踏まずの下にある程度空間がある方が良いのですが、カルボという素材との出会いによってそれらを両方実現。


立ち仕事の時はしっかり支え、動き仕事の人には柔軟に変化して支えられるようになったのです!



「バイン」は足裏にぴったりフィットし加圧に応じてしなるので、足裏のクッション性とパフォーマンスを最大限に活かせるようになります。


靴のサイズやデザインを選ばず使える!


バインは装着する靴のサイズやデザインを選ばずに利用することができます。メンズもレディースも取り揃えているので、様々な靴にご使用いただけます。



ビジネスシーンに使う革靴やパンプスはもちろん、スニーカーなどカジュアルシーンでも活躍します。


ハーフインソールなので、入れ替えが簡単。デザインの異なる靴同士でも、気軽に使い回しできるのが便利なポイント。


スポーツシューズのインソールとしても活用でき、様々な場面にフィットします。お手持ちのシューズでぜひ履き心地を試してみてくださいね。


外回りや展示会も
丸一日、疲れ知らずで乗り切ろう

外回りの営業でたくさん歩いたり、階段を登ったり。

展示会の日は準備から撤収まで立ちっぱなしで業務に集中。もはやスポーツと呼んでもいいくらいに足を動かしているにもかかわらず、足元は細くて硬い革靴。足から悲鳴が聞こえてきそうです。



ハードな日でも足の疲れに気を取られず、業務に集中できます。足の疲れは全身の疲労に影響するのはもちろんですが、毎日のモチベーションにも影響します。仕事の能率を上げるためにも、インソールは大切なのです。
 


おしゃれなデザインの靴でも、履き心地が良くなかったり、痛くて履けなかったりすることもありますよね。ぜひインソールを「バイン」に変えてみてください。

お気に入りのシューズとの付き合い方が変わります。


スポーツシーンでも大活躍!

「バイン」はビジネスシューズだけではなく、スポーツシューズのインソールとしても使用できます。

とくに「バイン」最大の特徴であるバネ効果が活きてきます。スポーツ時に必要な踏ん張りや推進力をサポートするのです。


日々のランニングにおいてもスムーズな体重移動ができるので、足が自然に前に出てくるような感触。弾むように軽やかな走りを実現し、ランニングが楽しくなるので、ついつい走る距離が伸びていきます。

もっと走るのが楽しくなるインソールです。


日常使いのスニーカーにもおすすめ。


「バイン」は暮らしの中で、もっとも多く履いている靴に使うことをおすすめします。ぜひ日常使いのスニーカーにも活用してみてください。



レジャーやショッピングなど日々の暮らしの様々な場面でも、ハードに足を使います。とにかく足は疲れがちです。特に子育てをしているパパ・ママは、外出するだけでへとへとになることも多いでしょう。

そんな方はぜひ「バイン」を暮らしにフィットさせ、毎日の疲れを軽減させてくださいね。


楽しく歩く人をふやしたい。


私たちは創業50年のコンフォートシューズメーカーです。


「リゲッタ」の理念は「楽しく歩く人をふやす」ことです。お客様はじめ、靴を提供する私たちも、人生を楽しく歩んでいこうという願いを込めています。


私たちが開発に取り組んでいる靴の大前提は「足を守ること」です。その大前提に基づいて、これまでも数々のインソールを開発してきました。



「リゲッタ」のインソールは「足裏にピッタリと沿う」「ガチガチに足裏を持ち上げる」というものとは違い、「そっと足裏を持ち上げる」という設計にしています。足を縛りつけるのではなく、歩くたびに足裏が沈むこんで、じんわりフィットするというイメージです。

しかし、これまでの素材では足裏の中でも「踵骨の前くぼみ」を支えることが十分にできていませんでした。


「踵骨の前くぼみ」をしっかり支えることができれば、足裏の安定性が大きく変わるため、この部位をバネで支えたいという構想は以前から持っていたのです。しかし、適切な素材が見つかっていませんでした。


運命のインソール素材「カルボ™」との出会い


しかし、2015年。「うわ!これや!」と思う素材と出会いました。ポリプロピレン樹脂を特殊加工した素材"カルボ™ "です。「これでインソールをつくれば、絶対にたくさんの人の役に立てる」と確信しました。



開発には素材の模索と形状の追求に多くの時間がかかりました。カルボ™との出会いは素晴らしいものでしたが、その加工は難しく企画は難航。何度も何度も失敗を重ねながら、5年の月日を費やしてようやく納得のいくものが完成したのです。


「バイン」で楽しく歩んでいこう


「バイン」は弊社代表の高本やすおが27年間の靴職人人生の中でようやくたどり着いた、インソールの「答え」なのです。


インソールの役割は「靴の中の足を心地よくするもの」だと考えています。


人生の限られた時間の中で「バイン」を使って、「心地よい」と思ってもらえる時間を提供できたら、どれだけ素晴らしいことでしょうか。そんなことができたら最高だと思いながら、真心こめてつくったプロダクトです。


「良い靴」の条件はいろいろあります。しかし、結局「良い靴」とは「自分が好きな靴」だと思います。ぜひあなたの一番好きな靴に「バイン」を装着してみてください。そして、外へ出かけてみましょう。弾むように軽やかに歩いた先には、きっとこれまでとは違う景色が見えるはずです。


「バイン」で楽しく歩く人が増えることを心から願っています。

歩行はもちろん、人生も!


リターンについて
[ バインインソール ]

サイズ:

男性用フリーサイズ対応 目安25~28cm (商品寸法: 175mm 横幅85mm)

女性用フリーサイズ対応 目安22~24.5cm (商品寸法: 155mm 横幅70mm)

カラー:ブラック or グレー (リターンの選択項目よりお選びいただけます)

素材:ポリプロピレン

使用対象の靴:靴全般

※サンダルなど踵が露出した靴等には、インソールがズレてしまいますのでお使いいただけません。



上記バインインソールに加えて、セットでお得になるリゲッタオリジナルのルームサンダルもご用意しております!

(こちらはメンズサイズのみのご用意となります。予めご了承下さい。)


[ ルームサンダル ]

サイズ:メンズのみのご用意

LL (25~26cm) / XL (26.5~27.5cm)

カラー:グレー


リスク&チャレンジ

・デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 ・ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。



----特定商取引法に関する記載------------------------------------------------------------------
◯ 販売事業者名: 株式会社リゲッタ

◯ 事業者の所在地:〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9-24

◯ 事業者の連絡先:Tel: 0120-212-315 メール: support@regeta.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください